Close

毎年恒例のユーザー カンファレンスである Team '22 の基調講演、人気の高いセッション、詳細な製品デモをご覧ください。詳細はこちら。

インシデント管理改善への道はここから始まります

独自のインシデント コミュニケーション プランを作成する

Statuspage は、インシデントとダウンタイムを顧客に伝えるのに役立ちますが、ツールは 1 つの要素にすぎません。また、適切な人材とプロセスも用意する必要があります。これらが揃えば、「独自のインシデント コミュニケーション プラン ワークショップを作成する」準備が整います。

この 4 本のビデオ ワークショップ シリーズでは、次の方法を学びます。

  • チームのためにインシデントを構成する要素を定義する
  • インシデント対応のロールと責任を作成して文書化する
  • 適切なインシデント コミュニケーション チャンネルを選択する
  • できるだけ早くアップデートを入手するために役立つ、事前に作成されたインシデント テンプレートを作成する
  • インシデント対応時の意思決定の指針としてインシデント値を使用する

ビデオを順に視聴するか、適切なトピックを選択して視聴してください。ワークシートをダウンロードして、ビデオを観ながらカスタム インシデント コミュニケーション プランの作成を開始してください。ドキュメント化されたインシデント コミュニケーション プランは、チームと共有できます。その過程で、役に立つ Atlassian Team Playbook のプレイをお勧めします。

ステップ 1: 組織でのインシデントの定義

ステップ 2: 役割と責任の割り当て

ステップ 3: インシデント コミュニケーション チャンネルの準備

ステップ 4: インシデント対応をガイドする価値の確立

インシデント コミュニケーション計画を作成するためのリソース

上記のビデオで説明されている、Atlassian Team Playbook のプレイのすべてをこちらでご覧ください。

  • インシデント対応ハンドブックでアトラシアンでのインシデントの定義や、インシデント対応計画の詳細をご確認ください。
  • 役割と責任: 個々の責任を明確にし、埋める必要があるギャップを見つけることで、チームが効果的に連携できるよう支援します。
  • インシデント対応コミュニケーション: 優れたインシデント対応とは、問題を解決するだけでなく、顧客と透明な関係を築くことでもあります。
  • インシデントの価値: インシデント対応中にチームにとって最も価値のあるものを特定し、それらの価値を一貫して実践するための計画を作成します。

インシデント コミュニケーションに Statuspage などのツールを利用することに加えて、インシデント管理のためにソリューションを適切に整理することも重要です。Jira Service Management では、チームが系統的なインシデント対応を実行するのに役立つツールを提供しています。アラート管理、課題追跡および分析、コミュニケーション統合などの機能 (Statuspage、SMS、メール、Slack などを含む) を利用して、チームはより協調的な対応からメリットを得ることができ、インシデントを迅速に解決できます。

Jira Service Management がコラボレーションを促進し、チームがシームレスにコミュニケーションを取り、インシデントを可能な限り迅速に解決できる方法の詳細をご覧ください。

次の記事