Close

ThinkTilt 社が Atlassian ファミリーに加わります。詳細をご覧ください。

インシデント管理改善への道はここから始まります

独自のインシデント コミュニケーション プランを作成する

Statuspage は、インシデントとダウンタイムを顧客に伝えるのに役立ちますが、ツールは 1 つの要素にすぎません。また、適切な人材とプロセスも用意する必要があります。これらが揃えば、「独自のインシデント コミュニケーション プラン ワークショップを作成する」準備が整います。

この 4 本のビデオ ワークショップ シリーズでは、次の方法を学びます。

  • チームのためにインシデントを構成する要素を定義する
  • インシデント対応のロールと責任を作成して文書化する
  • 適切なインシデント コミュニケーション チャンネルを選択する
  • できるだけ早くアップデートを入手するために役立つ、事前に作成されたインシデント テンプレートを作成する
  • インシデント対応時の意思決定の指針としてインシデント値を使用する

ビデオを順に視聴するか、適切なトピックを選択して視聴してください。ワークシートをダウンロードして、ビデオを観ながらカスタム インシデント コミュニケーション プランの作成を開始してください。ドキュメント化されたインシデント コミュニケーション プランは、チームと共有できます。その過程で、役に立つ Atlassian Team Playbook のプレイをお勧めします。

次の記事