Close

ベロシティの高いチーム向けの ITSM

効率的なハードウェア資産管理の戦略

今日のテクノロジー主導の世界では、ラップトップ、サーバー、モバイル デバイスなど、生産性向上のための機器の使用が急速に拡大しています。企業の成長と、変化する需要への適応が進むにつれ、IT 資産の数と種類も増え、このようなデバイスの追跡がますます困難になっています。

ハードウェア資産管理へのアプローチが効率的であれば、ビジネスの俊敏性が高まり、セキュリティが強化され、コストも削減できます。Jira Service Management のようなツールなら、このプロセスが簡素化され、ハードウェア資産を効果的に管理しやすくなります。

このガイドでは、ハードウェア資産管理、その利点、そして IT サービス管理 (ITSM) への適合方法について取り上げます。また、資産管理戦略を策定するための最新のアプローチについても紹介します。

ハードウェア資産管理とは

ハードウェア資産とは、デスクトップ、ラップトップ、サーバー、通信機器、その他の周辺機器など、ビジネスに必要な生産性向上のためのデバイスです。資産管理とは、資産のライフ サイクルを通じてその価値を追跡し、最適化するための体系的なアプローチです。

包括的なハードウェア資産管理の戦略では、物理的な資産を IT サービスおよび財務と統合することによって、効率的な使用と費用対効果を促します。関連性が高く、安全で手入れの行き届いた資産は、ユーザー エクスペリエンスを向上させます。効果的な資産管理は、IT チームがハードウェアのニーズを予測し、全体的なコストを削減するのにも役立ちます。

ハードウェア資産管理ライフ サイクルの段階

ハードウェア資産管理のライフ サイクルでは、物理資産の調達、監視、保守、廃棄の体系的なアプローチが可能です。資産がそのライフ サイクルのどこにあるかを理解しておくと、将来の計画と予算編成にも役立ちます。IT ハードウェア資産管理ライフ サイクルの各段階とアクティビティは次のとおりです。

リクエスト

組織のニーズを理解し、文書化します。物理的技術について、さまざまなチームから要件を収集します。これには、お客様とのサービス レベル アグリーメントを満たすためのキャパシティ要件、高解像度グラフィックの仕様、リモート コラボレーションのための接続性などが含まれます。IT サービス データを分析してパフォーマンスの低い既存の資産を特定することも、交換ニーズの計画に役立ちます。

実現

ハードウェア要件を特定したら、ベンダーを調査し、見積もりを入手し、契約について交渉し、機器を調達します。ベンダーの保証やテクニカル サポートだけでなく、既存の資産と計画中の資産の互換性を検討します。

このステップに財務チームを関与させると、コラボレーション環境を促進しながら、チームのハードウェアのニーズを予算内に収めることができます。

Jira Service Management のような資産管理ツールを使用すれば、得られる資産を記録し、デプロイ後のパフォーマンスを追跡し、交換を予測することができます。

デプロイ

デプロイには、物理的なセットアップ、ソフトウェアのインストール、セキュリティ構成、IT インフラストラクチャの統合が含まれます。互換性をテストし、デバイスが完全に機能することを確認します。サービス チームがデバイスをサポートできるように、標準以外の構成や回避策を文書化します。

監視

最適なパフォーマンスとセキュリティには、デプロイ後のハードウェア資産の監視が不可欠です。監視のツールとプロセスでは、ハードウェアの使用状況、セキュリティ上の懸念事項、そして全体的な状態を特定するためのダッシュボード レポートとアナリティクスが提供されます。

これらのツールは、IT チームがダウンタイムやセキュリティ侵害を引き起こす前に課題を特定して修正するのに役立ちます。また、チームがパフォーマンスを最適化し、資産から価値を最大限引き出せるようにします。

サービス

ハードウェア資産の継続的な保守を完了し、円滑に稼働させ続けます。監視レポート、メーカーの推奨事項、サービス履歴、統合とセキュリティ ポリシーを使用して、日常的な保守を計画します。ハードウェア資産管理ライフ サイクルにサービスを組み込むことは、投資から最大限の信頼性と寿命を実現するための最も重要なステップの 1 つになります。

廃止

ハードウェアがライフ サイクルの終了を迎えたことを認識できることが重要です。耐用年数に達したハードウェアを廃止、廃棄するための計画的なプロセスにより、予期せぬ生産性低下の問題やデータの損失や盗難を防ぐことができます。このステップは、環境に対する責任に関する会社のポリシーに合わせます。

在庫記録の更新、機密データの削除、在庫と廃棄の管理など、資産を廃棄するための計画またはチェックリストを作成します。

ハードウェア資産管理のメリット

効果的なハードウェア資産管理の戦略は、いくつかの重要な点で全体的な業績と俊敏性を向上させます。

  • 可視性の向上資産の状態とパフォーマンスの監視は、計画的な保守活動と交換スケジュールに役立ちます。チームが課題を早期に特定して修正できれば、問題管理が容易になり、不要なダウンタイムの発生を防ぎ、生産性を向上させることができます。
  • コンプライアンスの強化: ハードウェア資産管理のライフサイクルで定義される規制および法的要件により、すべての新規および既存のハードウェアが確立された基準を満たし、それに準拠し続けることを保証します。
  • セキュリティの強化: 継続的な監視とメンテナンス、および明確に文書化された資産廃棄のプロセスにより、不正なアクティビティやデータ損失を防ぎます。
  • コストの最適化: 現在の資産を監視し、メンテナンスをスケジュールし、交換を計画することで、予期しない問題やダウンタイムを削減します。資産の交換期限が分かれば、ベンダーの調査や新しい契約の交渉により多くの時間を使うことができます。
  • 意思決定の強化: レポートとアナリティクスにより、IT 部門があらゆる種類または個々の資産について、パフォーマンス、コンプライアンス、サービスの傾向を比較できるようになります。これにより、予知保全がサポートされ、欠陥の特定、高パフォーマンス資産の特定、ユーザーへのより適切な推奨が可能になります。

資産管理戦略の導入方法

明確な資産管理戦略があれば、企業は単に新たなリクエストや既存のハードウェア障害に対応するのではなく、計画を立てることができます。より的確な意志決定が可能になるため、コスト削減と資産耐用年数の延長につながります。

持続可能、そして反復可能な資産管理戦略は、ビジネス目標からスタートし、IT のベストプラクティスを取り入れます。

手順を確立する

ハードウェア資産管理ライフサイクルの各段階に関係するステップを文書化します。

新たなハードウェアのリクエスト、資産の詳細の保存や閲覧、さまざまなタイプのハードウェアの主要業績指標 (KPI) の評価、資産の廃棄と交換の手順に関する標準プロセスを作成します。

チーム メンバーが手順とパフォーマンスの測定方法を理解すれば、調達、メンテナンス、交換についてより適切な判断ができます。プロセスをきちんと文書化することで、チームは資産管理に関してリアクティブからプロアクティブになります。これにより、特に既存のハードウェアに障害が発生した場合に貴重な時間を節約し、ダウンタイムを減らして、コストを節約できます。

フルフィルメントやデプロイ時の規制遵守など、各ライフサイクル フェーズの要件を把握し、測定プロセスを記録します。

適切なツールを選択する

KPI に基づいてハードウェア資産を追跡および管理できる資産管理システムを使用します。ソリューションは、ハードウェア資産管理のライフサイクル全体をサポートし、パフォーマンスに関するアクセス可能なデータを提供するものである必要があります。このデータは、将来の生産性を最適化し、推奨事項を改善し、全体的なコストを削減するのに役立ちます。

Jira Service Management の機能は、最初のリクエストから廃棄、交換までのハードウェア資産管理ライフサイクルをサポートします。

スタッフをトレーニングする

手順、ツール、ベスト プラクティスについてチーム メンバーをトレーニングし、効率性を高めます。ビジネス目標、規制遵守要件、およびサービス レベル アグリーメントを理解することで、チームはハードウェアの取得、デプロイ、監視について十分な情報に基づいた意思決定ができます。

既存の IT 管理プロセスと統合する

ハードウェア資産は、IT の効率性とビジネスの生産性の鍵となる要素です。資産管理のコストと生産性のメリットを最大化するには、資産管理をより広範な ITSM プラクティスに統合する必要があります。これらには、サービス リクエスト管理、ナレッジ マネジメント、 インシデント管理、セキュリティ ポリシーとスケジュール、アップグレード、テスト、KPI レポートなどが含まれます。ハードウェア資産は、会社の目標を達成する上で重要な役割を果たします。統合された資産管理アプローチにより、ビジネス全体の生産性が向上します。

効果的なハードウェア資産管理のベスト プラクティス

以下の IT 資産管理のベスト プラクティスにより、ライフ サイクルの管理がより容易かつ予測可能になります。

  • 定期的な監査の実施: プロセスに監査スケジュールを組み込むことで、IT 環境と資産データベースを一致させることができます。リモート デバイスはネットワークに接続されていますか?それらはセキュリティおよび規制基準に準拠していますか?定期的な監査により、コンプライアンス違反や不明なハードウェアを特定できます。
  • 正確なドキュメントの維持: ハードウェアの取得、更新、交換時に資産情報を取得するための手順を定めます。ハードウェア資産管理ツールは、必要な情報を定義し、変更を追跡するのに役立ちます。
  • タスクの自動化: 場所、使用年数、メンテナンス、パフォーマンスのリアルタイム更新など、ハードウェア資産管理システムの自動化機能を調べて使用します。
  • 継続的な改善: プロセスを導入し、データを収集し、問題を特定しながら、継続的改善プロジェクトを計画して、ハードウェア資産管理ライフサイクル全体を改善します。これには、データベースをサービス デスク ソフトウェアと統合したり、新しいハードウェア リクエスト プロセスを簡素化したりすることが含まれる場合があります。

Jira Service Management による IT プロセスの強化

効率的なハードウェア資産管理は、資産の追跡にとどまりません。要件の文書化、健全性とコンプライアンスの監視、継続的なメンテナンスの実施、交換の計画、およびリスク評価は、成功に不可欠です。

Jira Service Management は、必要な情報の自動追跡、事前定義済みのスキーマ テンプレート、IP 対応の資産検出、外部ソースからの API 統合、資産の健全性を監視するための分析など、資産を追跡しサービス デスクと統合するための一元化されたプラットフォームを提供することで、ハードウェア資産管理のあらゆる側面を効率化します。追跡、監視、レポートがシンプルになります。

Jira Service Management は、要件の文書化から個々の資産の健全性の分析まで、エンドツーエンドのライフサイクル プロセスをサポートするためのチーム コラボレーションを促進します。

ハードウェア資産管理: よくある質問

ハードウェア資産管理における一般的な課題は何ですか?

ハードウェア資産管理の初期段階ではいくつかの課題が生じる可能性がありますが、導入が成功すればそうした問題を軽減または解消することができます。課題には次のようなものがあります。

  • 不正確な在庫データ: ハードウェア資産を徹底的に監査すると、予期しない項目が明らかになる場合があります。所有しているものを把握することが、機器の評価と管理の最初のステップです。
  • ユーザビリティ: 構成管理データベースは、セットアップとメンテナンスが難しい場合があります。資産管理ツールは、ハードウェアの特定、監視、管理の負担を増やすのではなく、軽減する必要があります。
  • コンプライアンス リスク: さまざまな種類のコンプライアンス リスクの重大度レベルを定義すると、ワークロードの優先順位付けに役立ちます。ハードウェア資産管理システムは、コンプライアンスの追跡をサポートし、即時に、または最終的にメンテナンスや交換が必要な資産を特定できるものである必要があります。
  • セキュリティの脆弱性: コンプライアンス リスクと同様に、重大度レベルを定義し、セキュリティの脆弱性がある資産を追跡することは、メンテナンスまたは交換の緊急性を優先順位付けするのに役立ちます。
  • 予算の制約: すべての企業が、ハードウェア資産の適切な予算編成に取り組んでいます。最初の監査で、想定しているよりも大きなニーズが明らかになる場合があります。ハードウェア資産管理ツールは、重大度の高い資産やリスクの高い資産に対するダッシュボード レポートを提供する必要があります。これにより、意思決定者は効果的に優先順位を付けることができます。

ハードウェア資産の例としてどのようなものがありますか?

ハードウェア資産には、サーバー、デスクトップとラップトップのコンピューター、ネットワーク ルーター、プリンター、モバイル デバイス、通信機器などの物理デバイスが含まれます。

ITAM と HAM の違いは何ですか?

IT 資産管理 (ITAM) には、ハードウェア、ソフトウェア、クラウド コンピューティング環境など、IT によって管理される幅広いツールが含まれます。

ハードウェア資産管理 (HAM) は、サーバー、ラップトップ、モバイル デバイスなど、IT 環境内の物理デバイスに重点を置いています。HAM は ITAM のサブセットです。