Close

インシデント管理改善への道はここから始まります

インシデントの事後分析会議を設定して実行する方法

インシデントが解決された後に開催されるインシデントの事後分析会議は、対応者と関係者がインシデントを分析する機会を提供します。この会議は、事後分析プロセス全体の重要な構成要素です。

事後分析会議は、事後分析レポートと混同しないように注意してください。事後分析レポートは通常、事後分析会議の成果として作成されたドキュメントと一連のアクションです。

これら 2 つの構成要素は、多くの場合、同じ意味で使用されます。「事後分析」という用語を使用するとき、会議とレポートのいずれかまたは両方を指している場合があります。

Atlassian では、インシデントの事後分析という用語を使用して、インシデントを解決した後に分析するプロセス全体を表すようにしています。

  • インシデントの事後分析会議を実施する
  • 会議中のアクションと情報を記録する
  • フォローアップ行動の承認を取得して会議の結果を伝達する

Atlassian が事後分析をどのように管理しているかについては、インシデント管理ハンドブックをご参照ください。

事後分析会議招待テンプレート

明確な期待の設定と一貫したコミュニケーションは、事後分析会議の成功の鍵です。これは会議の前に実施します。

事後分析会議に参加者を招待するために使用できるテンプレートを次に示します。これは Atlassian で使用しているテンプレートであり、インシデント管理ハンドブックに記載されています。

<インシデントへのリンク> について、誰も責めることのない事後分析を行いますのでぜひ参加してください。<インシデントの要約>

事後分析の目的は、すべての根本原因の理解、今後の参考とパターンを見つけるための記録作成、再発の可能性または影響を軽減するのに有効な予防措置を設定することです。

この会議では、インシデントの根本原因を特定して緩和するための行動を決定します。

事後分析会議の目標

事後分析会議では、適切な人材を集めてインシデントを分析することにより、事後分析プロセス全体の目標の達成をサポートします。事後分析プロセスは、組織が原因となっているすべての根本原因を理解し、将来の参考とパターン検出のためにインシデントを文書化し、再発の可能性または影響を軽減するための予防措置を開始する上で役に立つことを狙いとしています。

良いインシデントの事後分析会議を実施するポイント

適切な人を招く

会議には、主要なインシデント対応者、および影響を受けたサービスとビジネスに関連する関係者を招く必要があります。担当部署に適切なエンジニアリング マネージャーがいない場合は、優先順位の決定に適切なコンテキストがないため、特定のアクションにすぐにコミットすることは避けてください。代わりに、会議の後にマネージャーにフォローアップして、特定されたアクション アイテムに取り組むためのコミットメントを得るようにします。

良いメモを取って、話を脱線させない

会議は自発的な会話のための良い機会ですが、話が脱線した場合はその限りではありません。そのため、インシデント タイムラインを準備することは非常に有効です。一貫した事後分析テンプレートを使用するのも良いでしょう。

決して誰も責めない

Atlassian を含む多くの企業が、誰も責めることのない事後分析を実践しています。

誰も責めることのない事後分析は、誰かを罰したり非難したりするのではなく、将来のパフォーマンスの向上に焦点を当てています。

インシデントの事後分析会議は、より広範な事後分析プロセスをサポートする上で重要な役割を果たしています。

効果的な事後分析会議を作成するアクションは、スケジュールされた開始時刻よりもずっと前から始まり、効果的な会議招待、会議自体全体を通じたアクション、結果として実施されるアクションも含まれます。

次の記事
Timelines