Close

Ready for ITSM at high velocity?

この無料のインシデント管理テンプレートで事の真相にたどりつく

インシデント管理は、IT サービスのインシデントの原因を特定して管理するプロセスで、ITSM フレームワークの中核的な要素です。テンプレートを使用すると、プロセスの一貫性が確保され、チームが問題に関する適切な情報を毎回取得できるようになります。

以下に、Jira Service Management の問題チケットで使用できるカスタム フィールドと、その使用方法を簡単に説明します。このテンプレートを自由にコピーし、独自のインシデント管理に適応させてください。または、これを 1 つのソリューションで使用したい場合は、Jira Service Management を無料でお試しください。

フィールド

説明

報告者

説明

リクエストの送信者。

担当者

説明

リクエストの作業に割り当てられているチーム メンバー。

Priority

説明

リクエストの解決状況の重要性は、通常、ビジネスのニーズと目標に関連します。優先度が影響力と緊急性によって計算されることもあります。

影響

説明

通常、サービス レベル アグリーメントに関する問題の範囲。

緊急性

説明

ビジネスに問題の影響が感じられる前に利用可能な時間。

ソース

説明

問題が発生した資産またはシステム。

調査理由

説明

調査を要求するためのトリガー。たとえば、インシデントの再発、非ルーチンインシデントなど。

根本原因

説明

問題に関連するインシデントの元の原因。

概要

説明

サービスを回復するための一時的な、既知の解決策の詳細な説明。Confluence を所有している場合、ご使用のナレッジベースに回避方法をドキュメント化することをお勧めします。

コンポーネント

説明

要求に関連する IT インフラストラクチャのセグメント。たとえば、課金サービスまたは VPN サーバー。これらは、ラベリング、分類、およびレポートに使用されます。

添付ファイル

説明

リクエストに追加されるファイルまたは画像。

概要

説明

リクエストの短い説明。

説明

説明

リクエストの長く詳細な説明。

リンクされた課題

説明

リクエストに影響を与える、またはリクエストの影響を受ける他のリクエストの一覧。ビジネスで他のアトラシアン製品を使用している場合、この一覧に、リンクされている開発課題が含まれる場合があります。

ラベル

説明

レコードの分類またはクエリに使用される追加カスタム ラベルのリスト。

リクエスト参加者

説明

リクエストに参加した追加顧客のリスト (たとえば、他のチームやベンダーからの人)。リクエスト参加者の追加について、詳細をご覧ください。

承認者

説明

リクエストを承認する責任を負うユーザーの一覧。通常は、ビジネス、財務、または技術担当者。

組織

説明

リクエストの解決状況に関心を持っているカスタマーの一覧。Jira Service Management の組織の詳細をご確認ください。

保留理由

説明

問題が進行していない理由を示す短い説明またはコード。

製品分類

説明

リクエストが影響する IT 資産またはシステムのカテゴリ。

操作分類

説明

リクエストを遂行するために必要なアクションまたは機能の分類。

さらに詳しく: リソース、プラン、チュートリアル

テンプレートとサンプルは便利ですが、インシデント管理全体のほんの一部にすぎません。最適なサービス管理チームは、適切なツールと適切な実践を組み合わせ、プランを構築して改善します。ここでは、インシデント管理プロセスの構築に役立つリソースをいくつか紹介します。