Close

ウェビナー開催: AI、自動化、バーチャルエージェントで ITSM を加速 登録はこちら >

ベロシティの高いチーム向けの ITSM

ADM(アプリケーション依存関係マッピング)とは

アプリケーション依存関係マッピングは、アプリケーション間の関係と、アプリケーションが IT 環境で達成する内容を視覚的に示すプロセスです。1 つのアプリケーションの変更が別のアプリケーションにどのような影響を与えるかを、IT プロフェッショナルが把握したい場合、このマッピングは非常に重要です。IT リスク管理では、これはスマートな戦略というだけでなく、アプリケーションを継続して稼働させるために不可欠です。

図、データの視覚化、ナプキンに描いたスケッチのいずれを利用する場合でも、ADM ではアプリケーションの構造を理解するために必要となる極めて重要な情報を提供します。この場合、X は 1 か所を示しているわけではありません。これにより、円滑な IT ワークフローの全体をマッピングできるようになります。

アプリケーション依存関係マッピングの重要性

アプリケーション依存関係マッピングは一種のリスク管理です。正確なアプリケーション・マップを作成したら、下流のリスクを特定したり、IT システムのパフォーマンスを向上させるための領域についても仮定を立てたりできます。最も重要なのは、ADM によって、次のアプリケーションでの取り組みの構造がわかるということです。

アプリケーション依存関係マッピングが完了していると、アプリケーション・ワークフローに対する今後の変更を適時に制御し、正確に実行できます。ADM はアプリケーション・ワークフローの GPS であり、その工程がかなり容易になります。

ADM の利点

アプリケーション依存関係マッピングは IT チームには不可欠であり、時間と費用の節約に役立ちます。しかし、プロジェクトの計画と実行を改善する以外にも、ADM には次のような数多くの利点があります。

IT システムのパフォーマンスと信頼性の向上

確かに、アプリケーション・マップは重要ですが、アプリケーション依存関係マッピングのプロセスも同様に重要です。このプロセスによって、IT システムのパフォーマンス上のリスク(2 つのアプリケーション間の互換性の課題や、1 つのアプリケーションが最新でない場合のセキュリティ・リスクなど)を明らかにできるため、重要な領域を特定して信頼性を向上させられます。

予期しないシステム変更のリスクを軽減

アプリケーション・マップがあれば、予期しないシステム変更があっても緊急性は低くなります。ADM プロセスを利用して、システム内の問題を特定できます。

IT システムでの可視性の向上

ADM とは、IT スタッフによる「内部」検証です。ADM は、IT システムをより詳細に検証する必要のあるスタッフに相乗効果をもたらします。たとえば、ADM では色分けされたフラグによって、リスクを一目で評価できます。これは、現在のリスクを評価しようとしている新しい IT プロフェッショナルのオンボーディングに役立ちます。

改善が必要な領域を特定する能力の向上

リスクの発見は、問題のある領域を特定するだけではありません。リスクは、IT システムを円滑に継続して稼働させるために注力すべき点を示しています。

今後の変更に向けて計画を策定する能力の向上

アプリケーション・マップは、期待や推測に基づいて今後の計画を立てるのではなく、リスクを低減してワークフローを変更するために必要な手順を示します。

今後の変更に向けて計画を策定する能力の向上

アプリケーション・マップは、期待や推測に基づいて今後の計画を立てるのではなく、リスクを低減してワークフローを変更するために必要な手順を示します。

変更によるシステムへの影響についての理解が深まる

1 つのアプリを変更する、別のアプリを導入する、またはこれらのアプリを定義する関係を変更すると、どうなるでしょうか。アプリケーションがワークフロー全体に与える影響を追跡すれば、当て推量は必要ありません。

課題を迅速に検出する能力の向上

不具合が生じた場合に、IT アプリケーションの「配管」(データの受け渡し)により、課題の検出が複雑になることがあります。この配管を示すマップによって、課題をその根本原因から分離できます。

ADM のベスト・プラクティス

アプリケーション依存関係マッピング・プロセスを円滑に進めるために、考慮すべきベスト・プラクティスをいくつかご紹介します。

既存のアプリケーション環境を理解し、依存関係を特定する

最初のステップは、その状況を把握することです。つまり、一部のアプリが機能するために必要な依存関係を特定し、それぞれの因果関係を理解できるようにします。

図やデータを視覚化し、アプリケーションとサービスの関係を説明する

IT プロフェッショナルにとっても、アプリケーションの関係は必ずしも明白ではありません。しかし、図やデータを視覚化すると、技術的な詳細を調べなくとも、重要な関係やリスクを伝えられます。

依存関係を分析して、潜在的なリスクや改善が必要な領域を特定する

アプリが別のアプリに依存していると、本質的にリスクになります。アプリケーション・マップにはこれらのアプリ間の関係を取り入れる必要があります。そうすることで、リスクやマップの改善点をより正確に理解し、リスクを最小限に抑えられます。

調査結果を文書化し、依存関係を定期的に監視する

リスクを特定した場合は、調査結果を Confluence などのツールに文書化し、依存関係を監視する繰り返し可能なプロセスを作成します。

ワークフローを自動化して正確性を確保する

システム・レポートの実行や、アプリケーションの更新が必要な場合のチーム・メッセージ・アラートの設定など、最も日常的なワークフローを自動化して、これらの IT ワークフローが予測どおりに動作するようにします。

アプリケーションの依存関係を定期的にテストする

マップが役立つ可能性はありますが、必ずしも現実を完全に表しているとは限りません。特定したアプリケーションの依存関係をテストして、現実がアプリケーション・マップと一致することを確認します。もちろん、アプリケーションが異なれば要件も異なります。そのため、ADM はテストのニーズを特定する上で非常に重要です。

マッピングが最新の状態であることを確認する

IT ワークフローを見直し、主要な関係者にインタビューして、マップを改善する必要があるか、今も IT を正確に表しているかを確認します。

効率を向上させるために、関係者はどのようなワークフローを実装するか?現在のマッピング・システムは IT リスクを正確に反映しているか?アプリケーションの更新が必要な場合に、関係者は「最新情報を共有している」と感じているか?これらの質問を見直し、アプリケーション依存関係マッピングが現在も適切であることを確認します。