Close

ベロシティの高い ITSM の準備

ITSM チームの変更管理タイプ

変更管理は、重要なシステムとサービスを変更しながら、IT サービスの中断を最小限に抑えるように設計された IT プラクティスです。変更とは、サービスに直接または間接に影響を与える可能性のあるものを追加、変更、または削除することと定義されています。

変更ビジュアルのタイプ

標準変更

標準変更は低リスクでよく繰り返され、事前承認されます。また頻繁に実行されてドキュメント化され、承認されたプロセスに従います。

これらの変更は共通しており、明確に定義されたプロセスに従います。このプロセスはすでにリスク評価と承認の各プロセスを経ているため、このアクティビティの別のインスタンスで毎回プロセスを再度実行する必要はありません。

このような標準的な変更こそ真っ先に自動化の対象となるため、チームは通常や緊急の変更に注力できるようになります。企業によっては、標準的な変更の自動化が 70% にも達していると報告されています。

標準的な変更の例

  • メモリやストレージの追加
  • 障害が発生したルーターを正常に機能する同一のルーターに交換
  • データベースの新しいインスタンスを作成

通常変更

通常変更とは、定義および事前承認されたプロセスがない非緊急の変更です。

データ センターの切り替えなどの一部の通常変更は依然として高リスクで、変更諮問委員会によるリスク評価と承認が必要になる場合があります。その他の変更はリスクが低い場合があり、指定された変更権限者または自動チェックとピア レビューによって迅速に承認できます。

通常変更の例

  • 新しいコンテンツ管理システムにアップグレード
  • 新しいデータ センターに移行
  • パフォーマンスの向上

緊急変更

予期しないエラーまたは脅威から発生するこれらの変更には、すぐに対応する必要があります。通常は、顧客や従業員向けのサービスを復元したり、脅威からシステムを保護したりします。

緊急変更の緊急性は、課題の迅速な解決に伴うリスクよりも時間のかかるレビュー プロセスのリスクが高いため、より厳しいタイムラインで処理する必要があることを意味します。

How you categorize your changes depends on factors including your organization, processes, and risk tolerance. We advocate dropping the "one size fits all" approach, and treating each change differently based on risk assessment. As your organization learns more about previous incidents, particular systems, and incorporates other relevant data, it should be possible to designate a higher share of changes as standard and pre-approve them. Modern change management should make change requests as simple and streamlined as possible.

緊急変更の例

  • セキュリティ パッチの実装
  • サービス停止の対処
  • 主要インシデントの解決

変更の分類方法

このような分類は有用なフレームワークですが、チームのニーズに応じた変更手法を進化させるための方針として使用することをお勧めします。チームが変更を分類する方法は、組織、プロセス、リスク許容度などの要因によって異なります。アトラシアンでは「すべてに適した」アプローチを廃止して、リスク評価に基づいてそれぞれの変更を個別に処理することを提唱しています。組織が以前のインシデント、特定のシステムについてさらに学んでその他の関連データを取り込むために、より高い割合の変更を標準として指定して事前承認する必要があります。最新の変更管理では、変更リクエストをできるだけ単純化して合理化する必要があります。

Jira Service Management による変更管理の向上

Jira Service Management の新しい変更管理機能によって、ソフトウェア開発ツールから豊富なコンテキスト情報を提供して、チームがより良い決定を下してリスクを最小限に抑えられるようにします。最新のソフトウェア ワークフローと統合することで、より迅速に変更を把握してイノベーションを進められます。