継続的改善とは何か

Max Rehkopf 作成者 Max Rehkopf
トピック一覧

柔軟性はアジャイル・フレームワークで特に重視されています。何かがうまくいかなければ、変更を加えなければなりません。何かがうまくいけば、そこから学び、次のプロジェクトに活かすことができます。継続的改善では、プロジェクトを順次実行していくウォーターフォール型のプロジェクト管理とは異なり、変化するプロジェクトの必要に応じて絶えず調整していくことができます。

このようなわずかな調整や変更は、継続的改善プロセスの一環です。スプリントのふりかえりを実施し、リーン・プロセス改善を利用すれば、必要な変更を行い、会社の成長を促進できます。

このガイドでは、継続的改善とアジャイル・フレームワークにおけるその役割について知っておくべきことすべてを説明します。

継続的改善の定義

継続的改善とは、パフォーマンスを分析し、機会を特定し、プロセス、製品、人員を段階的に変更する継続的プロセスです。プロセスを分析して微調整することによって、会社は時間を節約し、総合的に優れた製品を提供できます。

継続的改善のツールと手法

継続的な改善を日々の業務に組み込むには、改善の意識を持つのに役立つツールやプラクティスを採用する必要があります。継続的改善に最も適したツールは実際の業務に沿ったものであり、ベスト プラクティスは何度も見直されるものです。

ふりかえり

アジャイルのふりかえりは、継続的改善の文化を築くために間違いなく最初に追加すべきツールです。チームのふりかえりでは、何がうまくいったのか、何を改善できるのかに関する会話を始められます。たいていのチームは、プロジェクトが終了した後にふりかえりを実施するか、ある時点に焦点を当てた 1 回限りのふりかえりを実施するかを選択しています。最も効果を上げているチームでは、特定の出来事に左右されない形で定期的にふりかえりの会議を実施しています。隔週でふりかえりを実施すれば、自分の継続的改善を確実に習慣づけることができます。

計画、実行、評価、改善の原則 (Plan-Do-Check-Act Principle、PDCA)

計画、実行、評価、改善の原則 (PDCA) は、継続的改善モデルで最も広く使用されているツールの 1 つです。「計画」とは、機会を特定し、変化に備えるための計画を立てる段階です。「実行」とは、小さな規模で変更を取り入れる段階です。「評価」とは、データを使用して変更の結果を分析し、その効果があったかどうかを判断するプロセスです。「改善」とは、範囲を広げて変更を実施し、その結果を継続的に評価する段階です。ある段階でうまくいかなかったら、最初からやり直すだけです。

ソフトウェア チームは、「機能フラグ」で新機能をリリースする際に PDCA ループを実行します。機能フラグとは、限定的なテストで実際に一部の顧客に新機能を公開するプロセスです。テストでは、新機能のない顧客よりもテスト対象の顧客に効果があったかどうかを判断します。ユーザー データを確認したら、チームはその機能を全体に公開して改善に努めます。

5 つの Why 分析または根本原因分析

幼児が「なぜ?」と両親に尋ね続けると、何かに気付くことがあります。この 5 つの Why は一般的な根本原因分析のテクニックであり、「なぜ」と尋ね続けると、5 回以内で根本原因が明らかになる傾向があります。根本原因分析は、兆候ではなく根本的な原因に焦点を当てて改善に取り組むため、継続的改善に役立ちます。

カイゼンとカタ

柔軟性を最も重視する場合は、改善のカタとカイゼンの哲学に基づいてプロセスを決定できます。改善のカタとは、動的な問題の解決策を生み出す 4 つのステップから構成されるプロセスです。チームはカンバン ボードを使用してこの 4 つのステップの進捗を追跡し、予定どおりに進められます。カイゼンの 10 原則は、継続的改善への取り組みを促すのに使用できる、もう 1 つのフレームワークです。

リーン生産

リーン生産はリーンの原則に基づいており、無駄な時間とリソースを排除し、プロジェクトを予定通りに完了させ、納品できるようにします。リーンは次の 5 つの主要原則を中心に展開します。

  1. 価値を定義する
  2. バリュー・ストリームをマッピングする
  3. フローを作成する
  4. プルを確立する
  5. 完璧を追求する

Amazon はリーン・マネジメントの代表的な例です。ワークスペースは生産性を最大化するように構成されており、Amazon が販売または出荷する製品が梱包され、出荷準備が整えらえます。

Adidas は、各店舗の在庫を少なく抑えながら、顧客がさまざまなタイプの靴を実際に手に取れるように、店舗への直接配送を採用しています。そのため、顧客が在庫のない靴を求めている場合は、その Adidas 店舗に直接発送できます。

リーン・プロジェクト管理ソフトウェアを使用すれば、社内でこのようなメリットを享受できます。

TQM(総合的品質管理)

TQM(総合的品質管理)は、顧客満足度と従業員の関与を高めるための継続的な改善アプローチです。全員が品質の向上に取り組むことによって、企業はエラーを減らし、重要なプロセスを改善することができます。これが継続的改善の核となる部分です。つまり、エラーを最小限に抑え、プロセスを合理化して品質を向上させます。

アジャイル

アジャイル手法は、大規模なプロジェクトをスプリントと呼ばれる小さな部分に分割するプロジェクト管理手法です。各スプリントの後、チームは次のスプリントに向けて変更や改善を行うために、スプリントのふりかえりを行います。アジャイル手法はコラボレーションと適応性に左右されるものであり、得られる結果とフィードバックによって変化します。

カンバン方式

カンバン方式は、チームがワークフローを視覚化し、負担を増やし過ぎず、効率を向上させるのに役立ちます。カンバン原則は、バックログ、現在の作業、終了した作業など、ワークフローの視覚化を中心にしています。これにより、自身の負担を増やし過ぎることなく、締め切りに間に合うように、仕事を安定して進めることができます。主要なカンバン指標は 4 つあります。

  1. リード タイム
  2. サイクルタイム
  3. 作業中としてマークする
  4. スループット

継続的改善のメリット

企業としては、継続的改善のサイクルによって、従業員の満足度、効率、全体的な品質を向上させる変更を行えます。継続的改善プロセスの主なメリットの一部をご紹介します。

業務効率

やるべきことが多い場合は、わずかな時間の節約から大きな違いが生まれます。継続的改善により、プロセスを合理化して生産性を向上させることができます。つまり、同じ時間でより多くの成果が得られます。

従業員の意欲向上

従業員が継続的改善のプロセスに参加できるため、チームの関与が高まり、従業員の意欲向上につながります。トヨタは、継続的改善を通じて従業員の意欲を向上させるために、1951 年に創意くふう提案制度を導入しました。

無駄の削減

リーン方式のような継続的改善の手法は、個々のプロセスの過剰な部分を削ることで、無駄を削減できます。1 つのプロセスをいくつかの簡単なステップに絞り込むことができれば、少ない時間でより多くの成果を上げられます。

コスト削減

非効率的なプロセスの排除、およびプロセスの合理化と効率向上は、コストの削減につながります。リーン原則の製造への適用は、製造プロセス全体での時間短縮とリソース節約を意味します。サプライ・チェーン管理の改善は、保管コストと配送コストの削減、および収益増につながります。

品質の向上

継続的改善では、最終的に製品やサービス向上させるために、絶えず小規模なプロセスの改善に取り組んでいます。プロセスを合理化し、少ないリソースでより多くの成果を上げることによって、それぞれの顧客やクライアントにより良い製品とサービスを提供できます。

継続的改善を実施する方法

社内での継続的改善の実施は、PDCA サイクルと呼ばれる 4 ステップのプロセスです。その仕組みは次のとおりです。

  • 計画:まず、どこを改善できるかを判断し、計画を立てることから始めます。たとえば、顧客が関心を持っていない場合は、割引やプロモーション・サービスをメールで提供してみます。
  • 実行:このステップでは、規模の小さい計画から実施します。これにより、会社全体に影響を及ぼさずに、計画にどれだけの効果があるかを判断できます。
  • 評価:次に、計画によって達成した結果を調べ、効果があったかどうかを確認します。計画の結果をふりかえることは、最も重要なステップの 1 つです。
  • 改善:計画がうまくいったら、さらに規模を大きくして実施します。計画がうまくいかなかった場合は、草案の段階に戻って計画からやり直します。

5 つの Why 分析など、他のツールや手法も使用して弱点を特定し、継続的改善のための計画を立てることもできます。始めるにあたっては、アトラシアンの 5 つの Why 分析テンプレートをご確認ください。

Jira の継続的改善のサポート

継続的改善はアジャイル手法の中核であり、Jira はアジャイル チーム向けに設計されています。バックログとスプリントを使用すると、大きなプロジェクトを小さなチャンクに分割できます。Jira スクラムやカンバン ボードを使用すると、プロジェクトをさらに管理しやすいセグメントに分割できます。Jira には、バグ、タスク、サブタスクなど、各種プロジェクトのニーズに応えるさまざまな課題タイプがあります。

カスタマイズ可能なワークフローにより、Jira を独自のワークフローにマッピングでき、リアルタイムのインサイトを得てベロシティ、生産性、その他の指標をより深く理解できます。サードパーティのプラットフォームから Jira にデータをインポートすることもできるため、チームが利用している他のシステムの関連データや情報を完全に把握できます。

継続的改善に集中し、必要な変更を加えてアジャイルであり続けるために、Jira がどのように役立つかを詳しく知りたい場合は、今すぐ Jira スクラム ボードをお試しください。

継続的改善:よくある質問

継続的改善のためのベスト・プラクティスは何ですか?

会社で継続的改善を実現する方法はいくつかあります。以下に、いくつかのベスト・プラクティスを示します。

  • 常に連絡を取りましょう
  • メリットを把握して検証する
  • ビジネスに影響する指標に焦点を当てる
  • 改善のためのアイデアを集める
  • アイデア・ファネルを使用する
  • プロジェクトの週次レビューを実施する

全員を関与させることは、長期にわたって継続的改善を維持するための優れた方法です。新入社員に継続的改善を指導したり、継続的改善プログラムを利用したりすると、従業員はさらにキャリアを展開できるようになります。

継続的改善の例には何がありますか?

Amazon は、業界における継続的改善の最も良い例の 1 つです。Amazon はリーン方式を使用して倉庫を最適化し、出荷プロセスを合理化しています。同社はまた、短期的な利益ではなく、長期的な顧客満足度の向上に焦点を当てた独自のアプローチを採用しています。

Apple は、Apple 製品について人々が何を好み、何を好まないかを知るため、広範囲にわたるユーザー調査を実施しています。この調査は Apple 製品の継続的改善と新機能の追加に役立ち、Apple がテクノロジーのリーダーであり続けるために貢献しています。

継続的改善の主な目標は何ですか?

継続的改善の主な目標は、小規模な段階的変更を経て会社を変革していくことです。これにより、従業員の意欲が向上し、生産性と効率、顧客満足度が向上します。常に自分には成長の余地があると感じられれば、成長のための新たなチャンスを見出し、ビジネスを改善できます。