Andrea Fryear とともにアジャイル マーケティングの課題を先取りする

マーケティング チームはどのようにアジャイルを採用して、より良い成果を上げてよりスマートに連携しているか

Kelly Drozd By Kelly Drozd
トピック一覧

マーケティング チームはかつてないスピードで動いていますが、多くのチームは従来の働き方を超えるスピードに苦労しています。これは、チームが市場の変化や顧客の要求にどれだけ迅速に対応できるかに直接影響します。

アジャイル マーケティングを始めましょう。オリジナルのアジャイル マニフェストでは、チームが顧客に価値をより迅速に提供できるようにするための新しいソフトウェア開発方法が導入されました。今では、マーケティング チームがエンドツーエンドのオーディエンス エクスペリエンスにアプローチする方法が変わりつつあります。

AgileSherpas の共同創設者兼社長である Andrea Fryrear 氏は、マーケティング アジリティをフル活用するためのインサイトをアトラシアン チームに示しました。重要なポイントをご確認の上、オンデマンド インタビューで完全な会話をご視聴ください。

#1: 一歩先を行くために、アジャイル マーケティングにはデータと顧客からのフィードバックが組み込まれている

アジャイル マーケティング担当者は、チームがさまざまなオーディエンス、顧客、見込み客、社内の関係者に頻繁に価値を提供できるシステムを構築します。マーケティング担当者は「大々的な」キャンペーンを開始するのではなくアジャイル ソフトウェア開発の価値と原則を活かして、プロジェクトをより小さい実験に分解してフィードバック ループを短縮し、より頻繁なイテレーションを可能にすることに重点を置いています。

データや顧客からのフィードバックを使用してすばやく学習できるため、アジャイル マーケティング担当者は効果的な戦略により多く投資できます。何か月もの時間と数千ドルを投資した後に、キャンペーンや戦術がオーディエンスの共感を呼んでいないことに気づいたり顧客の問題を解決したりするのではありません。デジタル化への移行によって、マーケティングはビジネス アジリティの最先端を担ってきました。デザイン、印刷、設置のための長いリード タイムを必要とする印刷広告や看板に関する作業はなくなりました。このデジタルの世界では、マーケティング担当者はソフトウェア開発チームと同様のペースで駆け抜ける必要があります。そうすれば、追いつくだけでなく先を行けるのです。

#2: アジャイルの考え方の開発にはプラクティスが必要

過去の経験 (勤務した企業から同僚まで) が考え方を形作っています。アジャイルの考え方を構築するには、意識的な選択をして次のような質問を自問する必要があります。

  • 私たちはどのようにしてオーディエンスを満足させて、顧客の問題を解決していますか?
  • 何を優先すべきかについて、私たちはどのように決定していますか?
  • チーム全体で情報やインサイトをどのように共有していますか?
  • 私たちは作業を効率的に実行していますか? どうすれば継続的に改善できますか?

黙って悩むのではなく、意識的に透明性を保ってチームとオープンに共有し、助けを求めるように努めましょう。自分の仕事をこなしているかどうかについての個人的な感情ではなく、チームそして価値の提供を尊重することが最も重要です。考え方を変えることは必ずしも簡単なことではありません。新しい習慣を形成して異なる考え方を促すプラクティスを採用するには、慎重な行動が必要です。アジャイルであることは、やるべきことや儀式を列挙することではなく、考えて行動することです。

#3: アジャイル マーケティング チームが連携して大きな成果を上げる

やる気のある個人を中心にアジャイル マーケティング チームを構築して、仕事を成し遂げるための環境、サポート、信頼を提供すると効果を発揮します。アジャイル チーム メンバーはチーム全体の作業バランスを改善するために連携することで、チームメイトを劇的にサポートします。

たとえば、イベント マーケティング チームについて考えてみましょう。従来、イベント チームのメンバーは、最初から最後まで独自の一連のイベントの実行を管理していました。そのため、数か月間、1 人のチーム メンバーが次の週に予定されているイベントを完了するために、週に 70 時間働くという負担を強いられました。一方、別のチーム メンバーはイベントがまだ数か月先であるため、最小限の作業しかできませんでした。ほとんどの作業はチームの誰もが実行できるため、イベント全体を 1 人のチーム メンバーに割り当てるのではなく、イベントの作業をチーム全体に分散させることにします。この変更によって、全員の予定のバランスが取れてチームの作業効率が向上します。

#4: プロセスの早い段階でチームを関与させる

優れたマーケティングには、優れた連携が必要です。アジャイル マーケティング チーム メンバーは会話を計画するだけでなく、より戦術的な作業の「実行者」を関与させて戦略を理解できるようにする必要があります。

従来、デザイナーなどプロジェクトの実行者は、製品のマーケティングや管理に携わって戦略を策定する「プランナー」から日々のタスクを受け取っていました。プランナーは作業を単に渡すのではなく、短期的な作業が全体像の中でどのような役割を担っているかについての概要をデザイナーに提供して、今後の作業の計画を共有する必要があります。これによって、デザイナーは自分が適切に作業しているかどうかをより広い視点から自問できます。実行に集中するチーム メンバーは「ノー」の発言権が付与されている必要があります。バックログは無限の To Do リストではなく、優先順位が付けられていて影響の少ない作業を特定して削除する必要があります。プロジェクトの「実行者」と「プランナー」の間で率直な会話が早期に行われると、チーム全体のメリットとなります。

#5: リアクティブから脱皮してアジャイルに

アジャイルであることは、ある突拍子もないアイデアから別のアイデアへと走り回ることではありません。

アジャイル チーム メンバーは戦略的かつ慎重に作業して、さまざまなオーディエンス、顧客、見込み客、社内の関係者に頻繁に価値を提供します。プラクティスとプロセスを確立することは、創造性と卓越性のためのスペースを作成するために役立ちます。たとえば、リーダーが「皆さんはアジャイルですね。今朝ポッドキャストで偶然聞いたアイデアを取り上げて、いますぐ実行してください」と言ったとします。しかし、アジャイル マーケティングとは、すべてのランダムなリクエストに同意したり、ある目立っているオブジェクトから別のオブジェクトに移動したりすることではありません。このようにリアクティブに作業すると、目的がなくチームの作業が過剰になります。代わりにアジャイルの考え方で作業すると、チームは次のことを行います。

  • 新しいプロジェクト リクエストごとに必要な時間とリソースを見積もります。
  • 事前に作業に優先順位を付けて、スプリントにどのタスクが含まれているかを関係者に明確に示します。
  • どのプロジェクトとタスクがスプリントの優先度の基準を下回っているかを共有します。

個々の貢献者は、自分の作業においてアジャイルの考え方を育み始められます。まず、進行中のすべての作業、作業を割り当てた人、作業をリクエストした組織の部門を示すバックログを作成します。すべてをデスクやデジタル ボードに配置して、チームに見えるようにします。これによって、作業をより俯瞰的に見て「何に対して『ノー』と言うべきか? 自分自身というよりもチームとして何をすべきか?」と自問できます。自分のタスクに優先順位を付けてチームメイトに助けを求めることで、落ち着いて作業を完了させられます。

結論

オーディエンスの期待の高まりから利用可能なチャネル数の増加まで、アジャイル マーケティングはマーケティング業界の変わりやすい情勢に対するソリューションとなります。マーケティング チームでアジャイルをフル活用することは最初は難しいかもしれませんが、適切な考え方、プラクティス、プロセス、ツール、データがあれば、それも実現できます。