リーン、アジャイルおよび DevOps の原則:どちらの方法がベストですか?

Atlassian 作成者 Atlassian
トピック一覧

目まぐるしく変化するプロジェクト管理の世界では、リーン、アジャイル、DevOps の 3 つ手法が支配してます。リーンは、効率の専門家であり、無駄を最小限に抑え、価値を最大化することに根ざしています。アジャイルは頭の回転が速く、常に新しい課題に適応する準備ができています。DevOps は技術に精通し、マルチタスクをこなし、開発と運用のギャップを埋めます。

主な違いは、その焦点にあります。リーンは効率性を、アジャイルは適応性を、DevOps の原則は自動化を目指しています。それぞれに独自の特徴と利点がありますが、このガイドでは、リーンとアジャイルの比較、そして DevOps の原則に焦点を当て、自社に最適なプラクティスを判断できるようにします。

 

リーン (Lean)

アジャイル

DevOps

主要な焦点

リーン (Lean)

  • プロセスの無駄の排除
  • 継続的改善

アジャイル

  • フィードバック・ループによる反復開発
  • 変更への迅速な対応

DevOps

  • 開発チームと IT 運用チーム間のコラボレーションの強化
  • デプロイ頻度とソフトウェア品質の向上

以下において最適です

リーン (Lean)

  • 製造
  • サービス産業

アジャイル

  • ソフトウェア開発

DevOps

  • ソフトウェア開発

ツールと手法

リーン (Lean)

  • バリューストリームマッピング
  • 根本原因分析(RCA)
  • 5S

アジャイル

  • スクラム ボード
  • スプリント
  • 毎日のスタンドアップ
  • ユーザーストーリー
  • カンバン ボード

DevOps

  • CI/CD パイプライン
  • コードとしてのインフラストラクチャ (IaC)
  • 構成管理ツール

実装の課題

リーン (Lean)

  • 従業員の抵抗
  • 複数のチームにまたがる複雑な実装

アジャイル

  • コラボレーションへの文化的転換が必要
  • 頻繁な変更を伴う

DevOps

  • 多様で複雑なツールを統合したワークフロー
  • チームのサイロ化を克服

リーン方式とアジャイル方式の比較

リーン方式とアジャイル方式は、プロジェクト管理と製品開発の 2 つの手法であり、多くの議論の的となってきました。このセクションでは、焦点と実行において明らかに異なるアジャイル方式とリーン方式の特徴を比較します。

リーン方式とアジャイル方式の目的は?

アジャイルの一部と誤解されることが多いリーンは、独自の主な目的、つまり無駄を排除し、運用フローを改善することを目的とした明確な手法です。リーンは、継続的な改善の文化に従業員を参加させることで、人間性尊重を強く強調しています。最終的な目標は、リソースを最小限に抑えながら価値を最大化するシステムを作成することです。

アジャイル・プロジェクト管理手法は、柔軟で、適応性があり、変更に対応することを目指しています。継続的な改善、緊密なフィードバック・ループ、周期的な計画と実行に重点を置いています。これらの特徴から、アジャイル方式はソフトウェア開発のようなダイナミックな環境の管理に特に適しています。

Jira Software は、リーン方式とアジャイル方式の両方を実践するチームに対応しています。チームがソフトウェアをより効率的に計画、追跡、リリースするのに役立つ機能を提供し、これら 2 つのアプローチの橋渡しの役割を果たします。

リーン方式とアジャイル方式の基本原則は?

リーン・プロジェクト管理では、リソースを活用した実践と不必要な工程の削減を原則としています。リーン方式は、顧客に最大の価値を提供するために、さまざまなチームや技術にまたがる製品やサービスの流れを最適化することに重点を置いています。無駄を排除し、業務を合理化することで、チームが取るすべてのアクションは目的に沿ったものとなり、最終目標に直接貢献します。

アジャイル方式は、顧客とのコラボレーション、適応性、価値の提供に重点を置いています。プロジェクトのライフ・サイクルを通じて変更や調整に対応する柔軟なアプローチを採用しています。アジャイルでは、部門横断型の自己組織化されたチームがコラボレーションして要件やソリューションを進化させる反復開発を奨励しています。

アジャイル方式では、スクラムやカンバンなどのフレームワークが、アジャイルの原則を効果的に実施するためにチームを導く構造化されたアプローチとして機能します。

  • スクラムは、スプリントと呼ばれる固定期間にわたる作業の計画、追跡、管理に重点を置いています。透明性を高め、ワークロードを効果的に管理し、顧客に価値をより迅速に提供することを目指しています。スクラムでは、バックログを構築し、スプリントを計画し、データ駆動型の意思決定のためにアジャイル・レポートを使用します。
  • カンバンは、ワークフローを視覚化し、進行中の作業を制限し、既存のプロセスと役割を尊重することを重視します。カンバン・ボード上でワークフローを視覚化することで、チームがタスクやプロジェクトを管理するのに役立ちます。カンバン・ボードは、タスクをカードとして列に表示し、ワークフローのさまざまな段階を表します。

Jira Software は、スクラムとカンバンの両方に対応した、すぐに使えるアジャイル・プロジェクト計画テンプレートを提供しており、これによりアジャイル・フレームワークを効果的に実装することが容易になります。

リーン方式とアジャイル方式の課題は?

リーン方式は常に順風満帆であるとは限りません。従業員が新しいプロセスに固執した場合、プロジェクト・マネージャーは障害にぶつかる可能性があります。この抵抗は、慣れ親しんだルーチンを放棄することへの抵抗や、潜在的な業務の中断への懸念など、さまざまな形で現れることがあります。

リーンの原則をさまざまなチームに導入することは複雑で、時間とリソースの多大な投資を必要とします。各チームには独自のプロセスとダイナミクスがあり、新しいプロセス・ルールを起草するためにそれらを見直す必要があります。

アジャイル方式は、柔軟な性質によるスコープ・クリープや、特にチーム・メンバーが同じ場所にいない場合のチーム・コラボレーションの難しさなど、独自の課題に直面しています。反復的なアプローチは有益ではありますが、頻繁な変更につながり、ワークフローが中断される可能性があります。

アジャイル方式とリーン方式を使い分けるのはどのような場合ですか?

業務を合理化し、プロセスの改善による手間を省きたい場合は、リーン方式が最適です。より少ない労力でより多くのことを成し遂げることを目的としており、製造業など効率性が重視される分野に最適です。

特定のプロジェクト管理のユース・ケース、特にテクノロジー、ソフトウェア開発、その他のペースの速く常に変化する分野では、臨機応変に対応できるアジャイル方式が適しています。必要に応じて素早く方向転換できるので、一方通行の道で立ち往生することがなくなります。

Jira Software は、アジャイル・チーム向けに設計され、アジャイル・チームによって使用される主要なソフトウェア開発ツールであり、リーン方式の原則をサポートするのに十分な汎用性を備えています。アジャイル・ワークフローのスプリント計画やバックログの優先順位付けなどの機能に加えて、さまざまなプロジェクト管理スタイルに適応する DevOps テンプレートカンバン・テンプレートスクラム・テンプレートも提供します。

リーンの原則とアジャイルの原則を同時に使用することはできますか?

はい、リーン方式とアジャイル方式は共存できます。これらの方式は相互に排他的でなものではなく、同じコインの裏表のような関係です。

無駄の排除とフローの最適化に重点を置いたリーンは、アジャイルの適応性と応答性を補完することができます。これらを組み合わせて使用すると、効率性と価値の原動力を生み出すことができ、企業は機敏で賢くリソースを活用できるようになります。

リーン方式と DevOps 方式の比較

リーンと DevOps は異なる目的を果たしますが、効率と価値の創造という共通の目標を共有します。リーンはさまざまな設定で広範な業務効率を適用することを目的としていますが、DevOps はソフトウェア開発と運用の特定のニーズに焦点を当てています。このセクションでは、それぞれの独自の特徴を解き明かし、それらがどのように連携できるかを探ります。

リーン方式と DevOps 方式の目的は?

DevOps の主な目的は開発チームと運用チーム間のサイロ化を解消し、より迅速により信頼性の高いソフトウェア・リリースを可能にすることです。重要なのは、継続的インテグレーション、継続的なデリバリー、自動化を利用して、ソフトウェア開発ライフ・サイクルをスピード・アップすることです。

対照的に、リーン方式は全体的な業務効率、無駄の削減、継続的な改善に重点を置いています。どちらも効率と価値に重点を置いていますが、DevOps はよりソフトウェア開発環境に特化しています。

これらのアプローチを組み合わせたい場合は、Jira Software の Open DevOps が確実な選択肢です。さまざまなツールが統合されており、チームが最も得意とするソフトウェアの構築と運用に集中できるようにサポートしています。Open DevOps は、すぐに始めたいと考えているチームに、シームレスですぐに使えるエクスペリエンスを提供します。

リーン方式と DevOps 方式の基本原則とは?

リーン方式は、無駄の排除と継続的な改善という 2 つの重要な原則に焦点を当てています。これは、最小限のリソースで最大の価値を提供するワークフローを構築することを目的とし、同時に従業員をプロセスの継続的な改善に参加させるものです。

DevOps の三大原則は、コラボレーション、自動化、フィードバックです。

  • コラボレーション は、開発チームと運用チームが緊密に協力し、サイロを壊して共通の目標を達成する文化を育みます。
  • 自動化は、コードのデプロイやインフラストラクチャの変更などの反復的なタスクを機械化することでプロセスを合理化し、効率を向上させ、人的エラーを削減します。
  • フィードバックにより、監視と分析を通じて迅速な応答ループが確立され、DevOps チームが継続的に改善し、変更する要件に適応できるようにします。

リーン方式と DevOps 方式の課題とは?

DevOps を実装するチームは、従来サイロで運用されてきた開発チームと運用チームの間に協力的な文化を構築するなど、特有の課題に直面することがよくあります。もう 1 つの課題は、専門的なスキルを必要とする複雑なツールチェーンの管理です。ソフトウェア配信ライフ・サイクルのさまざまな段階にわたる自動化の必要性もあります。

リーン方式の実装には、新しいワークフローの採用をためらう従業員からの反発や、さまざまな組織単位でリーンの原則を展開することに伴う複雑さなどのハードルもあります。リーン方式は企業文化全体を変更することであり、賛同を得るのが困難になる可能性があります。しかし、確実に成功するためには、調達から生産、販売に至るすべてのチームがリーンの哲学に沿って行動する必要があります。

リーン方式と DevOps 方式を使い分けるのはどのような場合ですか?

既存のプロセスを改善し、非効率な部分を排除することを目指している場合は、リーン方式が最善の策です。それは多用途であり、テクノロジーだけでなくさまざまな分野に適用できます。その原則は、具体的な成果を上げている産業で威力を発揮します。たとえば、製造部門では、リーン方式は生産上の無駄を削減し、ワークフローの効率を向上させるのに役立ちます。同様に、医療の分野でも、患者のケアのプロセスを最適化し、待ち時間を短縮するのに役立ちます。

ソフトウェア開発に携わっていて、コーディングや構築からデプロイや監視に至るまでのライフ・サイクル全体を合理化する場合、DevOps は当然の選択であり、業界でも人気があります。DevOps により、開発チームと運用チームが団結して、より迅速でスムーズなデプロイを実現できます。

Open DevOps では DevOps をさらに一歩進め、すぐに使える自動化を利用できる統合プラットフォームを提供するため、アジャイル・チームは担当する業務に集中できます。Jira Software が提供する DevOps テンプレートを利用すると、すぐに始められます。

リーンの原則と DevOps の原則を同時に使用することはできますか?

リーンと DevOps は共存できるだけでなく、互いに適切に補完し合うことができます。リーンは、プロセスの合理化と無駄の排除に重点を置き、DevOps に強固な基盤を提供します。DevOps はソフトウェア開発と IT 運用の作業を自動化して統合することを目的としています。

これらの手法を組み合わせると、アジャイルで効率的なシステムを構築できるため、デリバリー・サイクルが短縮され、品質やシステム全体の応答性が向上します。

実証済みの方法でプロジェクト管理を改善

リーン、アジャイル、DevOps にはそれぞれ、プロジェクトの合理化と効率の向上という独自のメリットがありますが、どの手法を使用していても、アトラシアンがサポートします。

Jira Software では、1 つのアプローチに限定するのではなく、プロジェクトのニーズに最適な手法を自由に選択できます。この優れたアジャイル作業管理ツールによって、ソフトウェア・チームは大きなアイデアを管理しやすいタスクに分割して、ソフトウェアの計画、追跡、リリースをより簡単に行えるようになります。

プロジェクト管理を強化する必要がある場合、ツールキットに追加するもう 1 つの強力な機能は、アトラシアンの Open DevOps でしょう。Jira Software が提供する Open DevOps では、アトラシアンとサードパーティのパートナーの両方によるさまざまなツールを、一元化したプラットフォームにシームレスに統合できます。数回クリックするだけで、独自の要件に合わせてプラットフォームを簡単にカスタマイズできます。これにより、チームは最高水準のソフトウェアを構築・運用することに集中できます。

リーン型とアジャイル型および DevOps の原則:よくある質問

リーンとアジャイル、どちらが先でしたか?

リーンが先に登場しました。その起源は、1950 年代のトヨタ生産方式に遡り、製造プロセスの最適化を目的としていました。アジャイルは、かなり後の 2000 年代初頭に、主に従来のソフトウェア開発手法の限界に対応するものとして登場しました。

DevOps はアジャイル・プロジェクト管理をどのように補完しますか?

DevOps とアジャイルは密接に関係しており、お互いの長所を強化します。アジャイルは開発面(迅速な反復、変化への適応、価値の提供)に重点を置いていますが、DevOps は運用面に対応しています。DevOps では、ワークフローを自動化し、開発サイクルのさまざまな段階を統合して、新機能や修正をリリースしやすくします。

これによりパイプラインが合理化され、アジャイル・チームは自分たちの作業をより迅速かつ効率的に稼働できます。

リーンとアジャイルのプロジェクト管理では、どちらの実装の方が簡単ですか?

リーンの方が通常、アジャイルよりスムーズに開始できます。アジャイルは長所である柔軟性により、実際に開始するのが少し困難になる場合があります。プロセスの変更だけでなく、チーム・ダイナミクス全体を変えることもあるからです。アジャイルには反復的な性質があるため、チームには高い適応性とコミュニケーション能力が必要になります。しかし、従来の直線的なアプローチに慣れているチームにとっては、頻繁にイテレーションを行うことに重点を置くことは難しい場合があります。

アジャイルでは、文化の刷新や継続的な習得が必要です。しかし、それを恐れることなく最初の障害を乗り越えれば、アジャイルは大きな効果をもたらしてくれます。