スプリント・バックログの概要、メリット、作成方法

Atlassian 作成者 Atlassian
トピック一覧

強固なスプリント・バックログがあれば、チームはスクラム・スプリントに集中できます。スプリントとは、作業を完了するために割り当てられた限られた期間です。スプリント・バックログは、スプリント時にチームが作業するタスク・リストであり、スコープ・クリープを防ぐのに役立ちます。これらのタスクは製品バックログを基にしており、これがスプリント計画に役立ちます。なぜならタスクに優先順位を付けられるためです。通常、プロジェクト・マネージャーとそのチームは、スプリント計画ミーティングでこれらのタスクを決定します。

この記事では、スプリント・バックログの目的と、Jira Software などのソフトウェアやツールを利用して効果的にスプリント・バックログを作成する方法について詳述します。

バックログのスクリーンショット

スプリント・バックログの目的を理解する

スプリント・バックログは、プロジェクト・チームのスプリントにおける特定のタスクとアクティビティの概要を示しています。製品バックログから項目を引き出すため、バックログ・リファインメントが重要になります。バックログを適切に管理しないと、顧客や製品ロードマップに関連のない項目に取り組んでしまうリスクがあります。

チームは製品バックログと現在のワークロードによって、スプリントの期間内に完了できるタスクを判断します。実行可能だと判断したタスクは、スプリント・バックログに移動します。タスクが大きすぎたら、より小さいスプリントに分割します。小規模で時間制限のあるスプリントで作業すると、チームはアジャイルを維持できます。

スプリント・バックログを、その特定のスプリントに関するチームの行動計画として考えてみましょう。これにより、チームは順調に進み、スプリントの目標を達成することに集中できます。毎日のスプリント・レビューで、プロジェクト・マネージャーはチームが目標に沿って進んでいるかどうかを評価し、その過程で成功を祝います。

スプリント・バックログと製品バックログの相違点

「スプリント・バックログ」と「製品バックログ」という用語は似ていますが、内容はまったく異なります。スプリント・バックログの内容と、製品バックログとの相違点を見てみましょう。

プロダクト バックログ

スプリント バックログ

製品バックログは、新機能、顧客からの要望、バグ修正、その他の改善点など、特定の製品に含まれる項目のリストです。

スプリント・バックログは、製品バックログの特定の項目で構成され、サブセットを形成します。チームはスプリントで取り組む製品バックログの項目を選択し、スプリント・バックログに追加します。

ビジネス・ニーズと目標により、製品バックログの項目の優先順位を決定します。

チームのキャパシティとスプリント目標により、スプリント・バックログの項目の優先順位を決定します。

製品所有者が製品バックログを所有します。

開発チームがスプリント・バックログを所有し、管理します。

製品バックログは、製品の長期的な戦略計画の一部を形成し、製品とともに進化します。

スプリント・バックログは、スプリント内で一連のタスクを完了するための短期的な計画です。チームはスプリント時にスプリント・バックログを変更できません。

製品バックログのスコープは製品全体です。

スプリント・バックログのスコープは、スプリントに含まれる製品バックログ項目のサブセットです。

スプリント・バックログは製品バックログから作成されるため、スプリント・バックログは製品バックログがなくては存在できません。各スプリント計画ミーティングでは、プロジェクト・マネージャーとチームがバックログ項目の優先度について製品マネージャーと話し合います。次に、チームはスプリント・バックログに含まれる項目を提供するための行動計画を決定します。

スプリント・バックログを利用するメリット

スプリント・バックログは、特にスクラムなどのアジャイル方式を実践しているプロジェクト・マネージャーにとって強力なツールです。スクラム・マスターであれば、チームの作業量を構造化・管理するのにスプリント・バックログが役立ちます。

スプリント・バックログのメリットを詳しく見てみましょう。

  • 見積もりの精度が上がる:行動計画としてのスプリント・バックログにより、成果物のタイムラインと見積もりをより正確に見積もることができます。これにより、チームに負担がかかる不当な締め切りを回避できます。
  • 生産性の向上:達成可能な目標を設定すると、チームのストレスが軽減されます。これらの目標により、チームは集中できるようになり、生産性が向上します。
  • 今後のスプリントの予測を改善する:チームは、スプリント内でタスクを完了する能力を分析できるため、今後のスプリントで処理できる作業量を正確に予測できます。
  • アカウンタビリティの向上:チームはスプリント計画のプロセスに参加します。チームのキャパシティに基づいてスプリント・バックログのタスクに合意して、作業に責任を持ちます。

スプリント・バックログの主要な要素

では、スプリント・バックログの特定の構成要素を見てみましょう。

ユーザー ストーリー

ユーザー・ストーリーは、機能がエンド・ユーザーにもたらす効果を説明しています。ユーザーが機能をどのように利用するかを説明する、過度に技術的な専門用語を含まないシンプルなストーリーです。これにより、項目がバッグログにある理由がわかります。

ユーザー・ストーリーによって、開発チームは製品がユーザーに与える影響の重要性を理解し、チームが構築している製品とその理由についての情報を得られます。アジャイル手法の重要な要素は人であり、ユーザー・ストーリーは製品やサービスの利用者を支持します。

タスクおよびサブタスク

タスクはユーザー・ストーリーから作成され、各タスクは多数のサブタスクで構成されます。タスクは、ユーザー・ストーリーを実現するために必要なアクティビティです。たとえば、新機能では、ユーザーがいくつかのステップを実行する必要のある場合があります。各ステップに必要なその機能を、タスクに変換できます(より複雑なステップにはサブタスクを追加します)。

各タスクとサブタスクには、名前、説明、優先度、担当者、成果物のリスト、期限が含まれます。たとえば、チームがソーシャル・アプリのコメント機能を開発している場合、タスク・リストは次のようになります。

タスク

コメント機能を作成する

説明

ユーザーが投稿にコメントできるようにする

Priority

担当者

設計者:Lanisha、開発者:Roland

成果物

コメント・ボックス

期日

8 月 24 日

技術的な障害

技術的な障害は、技術的負債やバグなど、製品開発中にチームが直面する可能性のある危険です。技術的負債は、製品を継続して稼働させるために開発チームが対処する必要のある保守やバグです。

これらは開発時やテスト時に発生するため、チームのペースが鈍化する可能性があります。この障害を取り除くには、タスクやサブタスクの追加が必要になる場合があります。

スクラムでは、それらの障害を妨害ともいいます。

担当者

チームのキャパシティはスプリント計画の主要な要素であり、チームがスプリント・バックログに含めるタスクに影響を与えます。タスクをバックログに登録したら、スプリント・バックログの作業を実行してタスクを完了する担当者が必要です。

スプリント・バックログには、アカウンタビリティと責任が示され、チームは各タスクを確実に完了させます。

バーンダウンチャート

バーンダウン・チャートには、完了済みの作業と残りの作業が視覚的に表示されます。このチャートは進捗がわかりやすいため、便利です。プロジェクト・チームはこのチャートを利用して、目標を達成しているかどうかを確認し、完了時期を推定できます。

バーンダウン・チャートは、チームの現在の作業量が多すぎるか、少なすぎるかを判断するのに役立ちます。また、推定所要時間と実際の完了時間との差異を強調表示することもできます。Jira Software でバーンダウン・チャートを簡単に作成できます。

推定時間と実際の時間

バーンダウン・チャートでは、タスクに割り当てられた時間とタスクの完了時間を視覚化できます。プロジェクト・マネージャーは、スプリント中にこれを毎日追跡します。

毎日、チームのタスク完了に要する時間を分析し、その時間を当初の推定と比較し、この情報をバーンダウン・チャートに記録できます。この時間管理により、チームは順調に作業を進め、締め切りを守ることができます。

スプリント・バックログを作成する方法

スプリントは指定された期間内に行われるため、プロジェクト・チームがタスクを順調に進めるためには、明確に定義されたバックログが必要になります。強力なスプリント・バックログがあれば、その期間中に作業を完了できるようになります。

強固なスプリント・バックログを作成する方法は次のとおりです。

1. スプリントの目標を決定する

スプリントは一定期間継続するため、最初にスプリントの目標を設定することが重要です。スプリント・バックログには明確に定義されたチームの目標を含めて、チームがタスクに集中できるようにします。スプリント・バックログはスコープ・クリープも防ぎます。目標が具体的で、スプリントの時間制限内に達成できるようにします。

2. バックログについてチームと話し合う

効果的なスプリント・バックログを作成するには、コラボレーションが不可欠です。スプリント計画ミーティングは、バックログ項目についてチームと話し合う絶好の機会です。チームが取り組むタスクに賛同してもらう必要があります。こうすることで、チームはプロジェクトに責任感を持つこともできます。

チームの現在の能力と技術力を考慮して、達成できる内容に関してメンバーの専門知識に頼りましょう。これらのセッションを構成するには、スプリント計画ミーティング・テンプレートが便利です。

3. タスクを整理して優先順位を付ける

チームが最も重要なことに集中できるようにするには、タスクを整理して優先順位を付けることが不可欠です。バックログ内のタスクを整理して優先順位を付けるには、ユーザー・ストーリーから始めます。チームは、これらのストーリーから、優先度の高いタスクを特定できます。この作業を完了したら、ユーザー・ストーリーでの重要度に基づいて他のすべてのタスクを順序付けできます。チームがタスクに優先順位を付けたら、さらにタスクをサブタスクに分割できます。

4. 監視し、必要に応じて更新する

プロジェクト・マネージャーはチームの進捗を監視し、チームがスプリントで順調に進んでいるかどうかを評価します。その後、必要に応じてプロセスを改善できます。スプリント中に、チームの作業量が多すぎたり、不十分だったりする可能性があるため、この工程は重要です。毎日のスプリント・レビューとスタンドアップ・ミーティングにより、全員が各チーム・メンバーの取り組んでいるタスクを把握し、チームのボトルネックを特定できるようになります。こうすることで、チーム・メンバーは必要なときに互いに助け合い、タスクを予定どおりに遂行できます。

Jira Software のスクラム・テンプレートには、スプリントを効果的に計画するために役立つツールが用意されています。また、Jira を利用してスプリント・バックログの作成を開始する方法には、役立つチュートリアル・ページもあります。

では、スプリント・バックログの例を見てみましょう。Jira を利用して、スプリント計画ミーティング時にスプリント・バックログを簡単に作成できます。スプリント・バックログには、タスク名、難易度、優先度、ユーザー・ストーリーが必要です。

タスク

コメント機能を作成する

説明

ユーザーは友人の投稿にコメント・返信したいと考えている。

Priority

労力のレベル

中程度の労力

所要時間

2 日

担当者

設計者:Lanisha、開発者:Roland

成果物

コメント・ボックス

期日

8 月 24 日

スプリント・バックログを管理するためのヒント

チームにとって、スプリント・バックログの管理は、製品バックログの管理と同様に重要です。両方のバックログにより、チームは製品や顧客に関連のないタスクに取り組んでしまうことを防ぎます。スプリント・バックログを効果的に管理するには、プロジェクト・マネージャーが継続的にチームに意見を求め、チームのプロセスを分析し、進捗を監視する必要があります。Jira software のスクラム・テンプレートを利用すると、バックログを簡単に管理できます。

スプリント・バックログを効果的に管理するためのヒントをいくつかご紹介します。

  • チーム・メンバーに意見を求める。スプリント計画の初期段階から、チームの意見を聞くことが重要です。スプリント時にタスクに対するチームの賛同を得ることで、チーム内に責任感が生まれます。
  • 「完了」の定義を活用する。すべてのスプリントには、完了と見なされる明確かつ現実的な確固たる基準が必要です。これにより、タスクが完了したことをチームに知らせます。
  • プロセスを合理化する。ワークフローと作業量をその過程で分析し、次のスプリントに向けてプロセスを合理化します。
  • バックログの柔軟性を維持する。スコープ・クリープを軽減することは不可欠ですが、問題は発生するものです。バックログは、問題を処理できるほど動的である必要があります。

Jira Software でスプリント・バックログをより適切に管理する

スプリント・バックログによって、スプリント前、スプリント中、スプリント後にチームの作業を構造化できます。スプリント・バックログを効果的に利用すると、今後のスプリントを正確に予測して期待値を管理できます。スプリント・バックログを適切に作成して維持することで、スプリントの効率が向上します。

Jira Software は、バックログ リファインメントとスプリント計画を容易にします。スクラム・バックログを簡単に作成して課題のキューを構築できます。これはスプリントを計画して実行する際に非常に便利です。

スプリント・バックログ:よくある質問

スプリント・バックログに責任を負っているのは誰ですか?

開発チーム全体がスプリント・バックログに責任を負っています。このような体制では、製品所有者、プロジェクト・マネージャー、スプリント・チームの意見が不可欠です。全員が協力して、どの製品バックログ・タスクをスプリント・バックログに移すべきかを決定します。その後、成果物とタスク完了の現実的な締め切りを設定します。

スプリント・バックログはいつ使用すべきですか?

スプリント・バックログはスプリント計画の一部です。ただし、どれほど頻繁に使用するかはスプリントの長さによって異なります。さらには、スプリントの長さも社内のチームごとに異なることがあります。しかし、アジャイル方式で作業しているのであれば、計画するスプリントごとにスプリント・バックログを使用するのが最良のプラクティスです。

スプリント・バックログはどのくらいの頻度で更新すべきですか?

毎日 1 回。スプリント・バックログは、チームの進捗状況を継続的に監視するのに役立ちます。各タスクを完了するための推定時間と実際の時間を照合できるので、チームがタスクに集中し、調整が必要かどうかを判断しやすくなります。