tutorial

Jira Software で課題に取り組む

Jira Software での課題に対する作業のガイド

Max Rehkopf Max Rehkopf
トピック一覧

Jira 課題のチュートリアル

このチュートリアルでは、Jira Software で課題を取り組む方法を説明します。Jira Software 外で行われるチーム行事 (スプリント計画ミーティング、ふりかえり、毎日のスタンドアップなど) については、ここでは取り上げていません。これらについては、Jira Software を使用したスクラムの方法に関する記事を参照してください。

所要時間:

読了までにかかる時間は 10 分。

オーディエンス:

Jira Software の使用を開始したばかりで、使い方がよくわからない人

必要条件:

  • Jira Software アカウントを作成済みであること
  • Jira Software プロジェクトを作成済みであること

無料トライアル

課題とは何ですか?

Jira では、チームは課題を使用して個々の完了すべき作業を追跡します。チームによる Jira の使用方法によって、課題はプロジェクトタスク、ヘルプデスクチケット、休暇願のフォームなどを表します。Jira Software では、課題は通常、大きな機能、ユーザー要件、ソフトウェアバグなどを表します。

課題を作成する

課題の作成方法はいくつかあります。

グローバルメニューから、Jira のどこへでも

From the global menu, anywhere in Jira

バックログ

On the backlog

ボード (Cloud のみのアジリティボード)

On your board (agility boards only)

任意: サブタスクの作成

課題には、個別に割り当てられ追跡されるサブタスクも含まれる場合があります。サブタスクは以下のいずれかの理由で作成されます。

  • 課題をより小さく分割する
  • 課題のさまざまな局面を別の人に割り当てる
  • 課題のやることリストを作成する

サブタスクを作成するには:

  1. 課題に移動し、[その他] を選択します (••• ) [サブタスクの作成] を選択します。
  2. 必要な情報を入力し、[作成] をクリックします。
課題の見積もり (スクラムのみ)

バックログで課題の見積もりを実施すると、バックログの長い部分をデリバリーするのにかかる時間の予測に役立ちます。

課題を見積もる理由は? 見積もりには、ベロシティが重要です。バックログ項目に見積もりを適用する一番の理由は、その情報を使用し、バックログの一部をデリバリーするのにかかる時間を推測するということです。

従来の開発チームでは、マネージャーは「工数」で項目を見積もっていました。それからバックログで時間を計測し、チームの人数と週の時間で割って、予測日を算出していました。もちろん、これらの見積もりは大きく外れている場合もよくありました。チームにおける見積もりの特性 (多く見積もる場合も少なく見積もる場合も)、予測できない障害、時間と共に変わるチームパフォーマンスの開発を考慮していなかったからです。

スクラムの世界では、見積もりを正確に遂行しようと考えているチームはほとんどいません。その代わり、信頼できるベロシティを達成しようとしています。ベロシティは、チームがスプリントからスプリントへと移動し、完了しようとしている見積もりユニット数の測定です。最初の数回のスプリントが終了すると、多くのチームはそれなりに一貫したベロシティを得ることができます。ベロシティとバックログ課題の見積もりを活用すれば、チームはどのくらいの時間でバックログの長い部分を完了できるのか予測できます。

たとえば、各スプリントにおけるチームの「工数」キャパシティが 120 時間で、ベロシティが 60 時間であった場合、60 時間のベロシティを、バックログの一部を完了するスプリント数を見積もるために使用できます。その場合、「他の 60 時間」はどうなったのか、チームの生産性が低いのかと気にしてしまいがちです。しかし問題はない場合の方が多いのです。チームの見積もりとは、項目がどれほど難しいものになるかという観点を示すもので、見積もりは常にチームの行動 (たとえば高すぎるまたは低すぎる見積もり) や組織的なオーバーヘッドに影響されます。計画の観点からするとベロシティのみが重要です。

ほとんどのチームはストーリーポイントを使用して見積もりを行います。ストーリーポイントは、課題を他と比較した時の複雑性を測定します。回答すべき主な質問は「このスプリントを完了するために、現実的に見てどれほどの作業をコミットできるか」、また「バックログのこの部分をデリバリーするまでにどのくらいの時間がかかるか」なので、意味のあることです。ストーリーポイントのアプローチは、時間で見積もるよう依頼された場合にチームが感じる「正確性」への不安を消したうえで、これらの質問の答えを提供できます。

見積もりとベロシティの追跡方法に関して詳しくは、バーンダウンチュートリアルをご覧ください。

課題の見積もりを設定するには:

  1. スクラムプロジェクトで、ボードまたはバックログで課題を選択します。
  2. 課題の詳細で、[見積もり] フィールドを選択します。
  3. 見積もりを入力します。

入力後に見積もりを変更できますか? 端的に言うと、可能です。しかし、スプリントが開始されてから見積もりの値を変更した場合、バーンダウンチャートではスコープの変更として表示されます。

課題の見積もりは難しいものです。アトラシアンの見積もりガイドをご覧ください。課題の適切な見積もりを行うヒントが記載されています。

課題に優先順位を付ける

課題を優先順にランク付けすると、チームは次にどの課題に取り組むべきかを理解できます。課題をランク付けするには、バックログまたはボードに移動し、課題をクリックしてドラッグすることで優先順に並べます。以下はいくつかの例です。

  • スクラムプロジェクトで、次のスプリントを計画している際、バックログの課題をランク付けし、最初の 10 (もしくはチームが完了できるだけの数の課題) をスプリントに入れることを決定します。

  • カンバンまたはアジリティプロジェクトでは、課題を To do 列でランク付けし、チームメンバーは作業に取り組めるときに、リストの上から課題をとっていきます。このアプローチでは、To do 課題のある列は優先順位が変更されるので頻繁に確認することが必要です。

注: ボードでより上位または下位に移動させたい課題の [課題のスケジュール] および [課題の編集] 権限が必要です。

課題にフラグを立てる

カンバンボードやアジリティボードを使用している場合、課題にフラグ付けをするという選択肢があります。アジリティボードでは、フラグがつけられた課題はこのように表示されます。

課題のフラグ付けは、チーム全体のコラボレーションとコミュニケーションを促すため便利です。以下はいくつかの例です。

  1. タスクを作業している時、完了するキャパシティがないことに気付きました。課題をフラグ付けすると、キャパシティのあるチームメンバーがボードを見て参加し、サポートできます。

  2. 作業していた課題がブロックされました。課題をフラグ付けし、ブロッカーについて説明するコメントを追加して、次のタスクへ移ります。ボードを見た人は、フラグ付けされていることを理解し、開けた時に課題の状況がわかります。

課題にフラグ付けするには:

  1. カンバンまたはアジリティボードに移動します。

  2. 課題を右クリックします。

  3. [フラグを追加] をクリックします。

課題の移行

課題の変遷は、ワークフローにおける進捗を示します。課題を 1 つの列から別の列へと動かすには、課題をドラッグし、新しい列に配置します。

課題を別の列に移行できない場合は、プロジェクトのワークフローが妨げているのかもしれません。Jira のメリットは、管理者が特定のルールをプロジェクトのワークフローに強制できるということです。特定のルールとは、バグに QA 列を経由させたり、ストーリーの To do から Done への直接の移動を許可しなかったりということです。詳しくは、ワークフロードキュメントをご覧ください。

課題のフィルタリング

課題フィルターを使用すると見る必要のない課題を隠し、注力したい課題に焦点を当てることができます。Jira Software にはクイックフィルターがあり、ボード上の課題をフィルターできます。スクラムまたはカンバンボードでは以下のように表示されます。

  1. 検索バー: 検索用語を含む課題を表示し、他の課題を隠します。

  2. クイックフィルターメニュー: デフォルトで自分に割り当てられた課題と最近更新された課題をフィルターできます。作成したクイックフィルターもここに表示されます。

  3. 担当者メニュー: 選択したメンバーに割り当てられた課題のみを表示します。

独自のクイックフィルターを作成するには (スクラムとカンバンボード):

  1. ボードに移動し、[その他] (Ellipses button) > [ボード設定] を選択します。
  2. [クイックフィルター] タブをクリックします。
  3. 名前、JQL クエリ、フィルターの概要を入力します。JQL について詳しくは、高度な検索文書をご覧ください。

  4. [追加] をクリックします。

その他の必要情報

Jira Software における課題への取り組みに関する詳細については、課題のドキュメントを参照してください。

質問はこちらまで: アトラシアンコミュニティ