ストーリー、エピック、イニシアチブ

このシンプルな構造が、アジャイルチームのスムーズなスコープ管理と業務の体系化に役立ちます。

Max Rehkopf Max Rehkopf
トピック一覧

宇宙へのロケット打ち上げのように、チームで何か大きな計画を立てているとしましょう。最大の目標から細かな事項まで、成し遂げるには作業を構造化する必要があります。変化に対応して進捗をレポートし、そして計画に従うことが必要です。エピック、ストーリー、イニシアチブは、まさにそのために必要とされるツールです。

これらの一般的なアジャイルDevOps 手法が作業の体系化にどのように役立つのかを理解することで、チームは構造、柔軟性、目標達成の健全なバランスを維持できます。

ストーリー、エピック、イニシアチブとは?

  • ストーリーは「ユーザーストーリー」とも呼ばれ、要件またはリクエストをエンドユーザーの観点から簡潔にまとめたものです。
  • エピックは、より小さなストーリーに分割できる、まとまった作業です。
  • イニシアチブは、共通の目標達成のためのエピックの集合体です。
アジャイルのエピック、ストーリー、テーマ | アトラシアンアジャイルコーチ

アジャイルのエピックとストーリー

アジャイルのストーリーとエピックは、映画や文学のストーリーとエピックに似ているところがあります。映画や文学では、内容を簡潔に示したものがストーリーで、相互に依存する関連ストーリーをまとめたものがエピックです。これはワーク マネジメントにも当てはまり、関連するストーリーを完了することでエピックが完了します。ストーリーは完了した一連の作業を示すのに対し、エピックは 1 つの目的の概要を示します。

アジャイル チームは、ストーリーを 1 週間から 2 週間のスプリント内で終了することを約束します。大体、開発者は 1 か月に数十件のストーリーを処理します。一方、エピックはストーリーと比べると数が少なく、完了までの所要時間は長くなります。チームで各四半期に 2 つ 3 つのエピックを処理して完了するケースが一般的です。

宇宙へのロケット打ち上げを会社で計画しており、打ち上げのためのストリーミングサービスを改善する必要がある場合、ストーリーを以下のように構成します。

アジャイルストーリーの例 :

  • iPhone ユーザーは、モバイルアプリを使用してライブフィードの縦型表示にアクセスする必要があります。
  • デスクトップユーザーは、ビデオプレーヤーの右下にある [全画面表示] ボタンを押します。
  • Android ユーザーは、Apple Store へのリンクが必要になります。

上記のストーリーは互いに関連性があり、すべてがまとまった 1 つの作業 (エピック) の完了につながる個別のタスクとして考えられます。この場合、エピックはたとえば「Q1 ローンチに向けたストリーミングサービスの改善」となります。

作業をストーリーとエピックに体系化することで、組織内で個人およびチームの効果的なコミュニケーションが実現します。チームの進捗をエンジニアリング部門の責任者にレポートする場合は、エピックを用います。開発チームの同僚とは、ストーリーレベルで話をします。

定義、例、ベストプラクティスの詳細については、以下を参照してください。

アジャイルのエピックとイニシアチブ

エピックがストーリーで構成されるのと同様に、イニシアチブはエピックで構成されます。組織内でエピックの 1 つ上のレベルにあるものがイニシアチブです。複数のチームのエピックをまとめたもので、ひとつのエピックよりも大きな目標の達成を目指します。エピックは 1 か月から 1 四半期で完了できますが、イニシアチブは完了まで数四半期から 1 年かかることもよくあります。

ユーザーストーリーの例 | アトラシアンアジャイルコーチ

イニシアチブを構成するエピックの例:

ロケットの製造会社が、今年の 1 回の打ち上げあたりのコストを 5% 削減することを目指しています。1 つのエピックではこのような大きな目標を達成できないため、これはイニシアチブとして最適です。「打ち上げ段階の燃料消費量を 1% 削減」、「各四半期の打ち上げ回数を 3 回から 4 回に増やす」、「すべてのサーモスタットを 71 度から 69 度に下げる #Dadmode」などのエピックがこのイニシアチブを構成します。

アトラシアンのケース:

アトラシアンの社内では、イニシアチブを「PC (Project Central) チケット」と呼びます。PC チケットは、エピックと同様に Jira Software 内で設定されます。各チームは、各年の最重要目標を 4 つまたは 5 つ決定し、各目標に対して PC チケットを作成します。これらの PC チケットは、創設者と経営管理者が社内で実行中のすべての作業を把握するために使用されます。

イニシアチブを超えるレベル

多くの組織の創業者やリーダーシップ チームは、野心的な目標を立てることを推奨します。これが (時に壮大すぎる) 年間目標または四半期目標です。通常、イニシアチブはエピックの集合ですが、カスタム フィールドまたはラベルを利用して、チーム、戦略的支柱、または期間ごとに分類して、カスタム階層を作成してより全体的な組織目標に合わせて作業を調整できます。

Atlassian の多くのお客様は Jira Software の Advanced Roadmaps を活用して、アジャイル エピックの上に 5 つのレベルを導入して下記のようにプロジェクトを定義して正しい方向に導きます。

Twitter が Jira でプロジェクトとチームワークを統合した方法をご確認ください。全文を読む

ユーザーストーリーの例 | アトラシアンアジャイルコーチ

Atlassian のケース: クラウド ファンデーション部門が、何百人ものエンジニアが所属する部門全体の作業を可視化する必要がある際に、Jira の Advanced Roadmaps に活用して、分散したチームを持つ組織が直面する重要な課題を解決できるようになりました。Jira Software の Advanced Roadmaps 機能によって、このチームは全体像の確認、進捗状況の追跡、関係者との容易な情報共有を行える計画を策定できました。

Atlassian のクラウド ファンデーション部門の Advanced Roadmaps を利用した計画は次のとおりです。詳細

スプリントの例 | アトラシアンアジャイルコーチ

作業の構造化

アジャイルであることと構造の重視は相反するものではなく、ここで提示されている構造はすべてのケースでそのまま適用すべきものではありません。自分とそのチームでこれらのコンセプトを理解して、ニーズに合わせて調整することが成功に繋がります。Atlassian では、ストーリー、エピック、イニシアチブを使用します。

はじめに、Jira Software におけるエピックの設定方法に関する記事をご参照ください。その後、Jira Software の Advanced Roadmaps を利用して、複数のチーム全体で作業を戦略的に計画して追跡する方法をご確認ください。

次の記事
Epics