あなたのチームに最適なアジャイル・プロジェクト管理ツール 9 選

Atlassian 作成者 Atlassian
トピック一覧

今日の競争の激しいソフトウェア開発環境において、多くの企業はアジャイル・プロジェクト管理の実践の重要性を認識するようになりました。これらの慣行は、製品開発に関連するだけでなく、事業運営のさまざまな側面にまで及んでいます。

アジャイルは、複雑なプロジェクトをより小さく、より焦点を絞った作業に分割するために使用されるプロジェクト管理方法であり、チームは短期間で段階的に作業を進められます。その名前が示すように、「アジャイル」とは迅速に行動し、変化する優先度を管理することを意味します。ソフトウェア開発ではスプリントと呼ばれる小規模なプロジェクトにより、企業は継続的なリリースを繰り返すアプローチを通じて、顧客により大きな価値を提供します。

アジャイル・アプローチをサポートするために、さまざまなアジャイル・プロジェクト管理ツールが用意されています。これらのツールは、チームの計画、視覚化、コラボレーション、プロセスの合理化、プロジェクトの全工程における集中力の維持に役立ちます。

成長を続けるビジネスに適したアジャイル・プロジェクト管理ツールを選択する段階にいるお客様に、このガイドでは上位 9 つのオプションを紹介します。十分な情報に基づいた判断を下し、チームの成功に貢献するために必要となる情報を提供することを目的としています。

1. 課題管理とスプリント計画に最適:Jira Software

Jira Software は、アジャイルな作業方法に依存するソフトウェア・チーム向けに作成されています。大規模で複雑なプロジェクトを小さくて管理しやすいスプリントに分割することで、チームの集中力とモチベーションを維持し、予定どおりに進められます。

スプリント計画ツールとして、製品バックログのリファインメント、アイデアの生成と優先順位付け、ユーザー・ストーリーの文書化、リリースの成功に必要なタスクの定義をサポートします。プロジェクト・マネージャーは、アジャイル・プロジェクト計画テンプレートと、大規模なアジャイル・コラボレーション用のテンプレートにより、継続的なデリバリー・パイプラインを作成できます。しかも、最大 10 ユーザーまでは無料です。

2. 部門横断型チームとの連携に最適:Jira Work Management

ソフトウェア開発やマーケティングなど、複数のチームが関与するプロジェクトの調整は複雑なタスクとなる場合があります。各チームには、それぞれの専門分野と焦点に基づいた独自の作業方法があります。ソフトウェア以外のチームがアジャイル・プロジェクト管理方法を採用する場合、各チームの作業方法の違いを認識して対処することが特に重要です。

Jira Work Management では、アジャイル・プロジェクト管理は組織全体で同期され、関係するすべてのリソースと部門が包含されます。作業管理ソリューションを使用すると、事業横断的なチームがビジネス領域間の依存関係を特定し、リソースの割り当てを管理し、1 つの視覚的なワークフローでスプリント、さらにはエピックに関連するタスクを追跡できます。

3. スプリントのふりかえりに最適:Confluence

スプリントのふりかえりは、アジャイル開発チームが利用できる最も重要な継続的改善ツールの 1 つです。スプリントのふりかえりは、何がうまくいったのか、改善の余地があるのかを全員が共有する機会を提供します。最も成功しているチームは、1 つのスプリントにとどまらず、複数のプロジェクトにまたがるトレンドを見ています。1 つのスプリントで観察された異常は、実際には繰り返し発生する課題であり、プロジェクト全体で調査するとより明らかになります。

Confluence は、顧客からのフィードバックからスプリントのふりかえりまで、あらゆることに共同で取り組むための、リアルタイムの一元化されたナレッジ・マネージメント・プラットフォームを提供します。スプリントのふりかえりテンプレートを使用すると、Confluence はアジャイル・プロジェクト・チームに、即時の改善と将来の改善のための重要なフィードバックを収集するツールを提供します。

4. バックログ管理に最適:Jira Software

継続的なアジャイル・プロジェクト管理には、製品バックログを効果的に管理することが含まれます。これには、作業を論理的なグループに整理し、プロジェクト・ロードマップに基づいてタスクに優先順位を付け、チームが何をなぜ生成するのかを理解できるように要件を文書化することが含まれます。これは、しばしばスクラム・バックログ・リファインメントと呼ばれます。

アジャイルは、作業を導く包括的な手法であり、スクラムは、その実装の成功を促進するアクティビティの構造化されたフレームワークであると考えてください。Jira Software には、バックログ・リファインメントタスクの優先順位付け依存関係のマッピングリソースの最適化のためのスクラム・テンプレートが含まれており、バックログの管理が容易になります。よく整理され、優先順位が付けられたバックログに基づいてチームが作業している場合、スプリント計画が容易になり、納期が短縮されます。

5. プロジェクトの追跡とレポートに最適:Jira Software

リアルタイムのインサイトに関しては、Jira Software は必要なものを必要なときに提供します。スプリント計画中、バックログに関するインサイトは、チームがよりスマートなスプリントを計画するのに役立ちます。開発プロセス中、アジャイル指標、ダッシュボード、インサイトがボード上ですぐに利用できるため、リアルタイムでデータ主導の意思決定を行うために必要な情報をチームに提供します。そして、開発頻度とサイクル期間のレポートは配信パイプラインの最適化に役立ちます。

6. 毎日のスタンドアップに最適:Zoom

今日のチームは、多くの場合、非常に分散しています。スプリントの進捗について話し合い、障害に対処し、コラボレーションするためにスクラム・スタンドアップを毎日の確認として使用しているアジャイル・チームにとって、これは大きな課題となる可能性があります。

Zoom ビデオ・ホスティングにより、チームはまるで同じ部屋にいるかのように集まれます。画面共有により、チームはプロジェクト・ボードの議論や決定事項の記録ができます。記録機能を使用すると、不在のメンバーは後で議論に追いつくことができます。チャット機能では、リンクや他の重要な情報をリアルタイムで共有できます。

7. コラボレーションとナレッジ・マネジメントに最適:Confluence

アジャイル・プロジェクトには独自の内部向けドキュメントが含まれており、チーム・メンバーはスプリントの目標を達成するためにそれを使用します。それがユーザー・ストーリーの収集、要件製品仕様の定義、または製品認証などの外部情報に関するものであれ、情報はプロジェクトにリンクされ、すぐに利用でき、すべての関係者が常に確認できる必要があります。

Confluence は、製品開発ライフサイクルにナレッジ・マネジメントを組み込む中央リポジトリです。関連するプロジェクト情報を格納し、簡単なコラボレーションをサポートします。投稿者は、テキスト、画像、コード、表を追加したり、ファイルを添付したりして、真のコラボレーションを実現できます。

8. タスクとワークフローの自動化に最適:Jira Software

Jira Software は、リアルタイムでステータスを視覚的に更新するため、アジャイル・チームは変化が生じたときに対応できるため、タスク管理に効果的なツールです。Jira 自動化により、反復的なタスクを自動化することで、重要なことに集中できるようになります。アジャイル・チームは、特別なコーディングを必要としないので、チームの誰もがプロジェクトや製品間でタスクを同期できます。Jira テンプレートを使用すると、簡単にすぐに使い始めることができます。Jira 自動化は、Slack、Open DevopsBitbucket、GitHub などの他の一般的に使用されるツールと統合されています。

9. 非同期ビデオ・コラボレーションに最適:Loom

タスクの切り替えや中断は作業を遅らせます。プロジェクトのステータス、ロードマップの更新、または新しい戦略についてチーム・メンバーが報告を受けるために、必ずしもすぐに作業を中断しないといけないわけではありません。非同期コミュニケーションにより、チーム・メンバーは自分のワークフローに最適なタイミングで新しい情報を取得できます。

Loom を使用すると、アジャイル・プロジェクト・マネージャーはステータスやその他の情報を動画に変換して、チーム・メンバーは自分の都合の良いときにそれらを閲覧できるようになります。このツールは、タイムゾーンに関係なく、地理的に分散しているチームが常に情報を入手し、チームに参加できるようにするのに特に役立ちます。

アジャイル・チームが使用する No. 1 アジャイル・プロジェクト管理ツールをお試しください

Jira Software はアジャイル・ソフトウェア開発用にカスタマイズされています。これは、チームが複雑なプロジェクトを管理しやすい作業に分割するのに役立ち、スプリント計画、バックログ・リファインメント、優先順位付け、コラボレーションをサポートします。

Jira Software は、Jira Work Management と連携して、会社全体でアジャイル・プロジェクト管理を標準化・強化し、チームと組織を結び付けます。リソースの割り当てを管理し、1 つの視覚的なワークフローでタスクを追跡します。

アジャイル・プロジェクト管理ツール:よくある質問

Jira Software にはスプリント計画用にどのようなツールが含まれていますか?

アジャイル・ソフトウェア・チームが Jira Software を選ぶのは、それがアジャイル計画とプロジェクト管理を念頭に置いて設計されているからです。一般的に使用されているツールと統合して柔軟性を拡張し、分散した部門横断型チームをまとめて共通の目標を達成します。スプリント計画機能には次のようなものがあります。

  • インタラクティブ・タイムライン:この機能により、チームは作業項目、依存関係、リリースをタイムライン上にマッピングできます。
  • スクラム・ボード:スクラム・ボードは、アジャイル・チームと DevOps チームが大規模で複雑なプロジェクトを管理しやすい作業に分割して、製品をより速く、より頻繁にリリースするのに役立ちます。
  • カンバン・ボード:カンバン・ボードは、チームがリソースを最適化し、依存関係を合理化するのに役立つ視覚的なプロジェクト・フローを提供します。
  • レポートとインサイト:すぐに使えるレポートとダッシュボードは、プロジェクト完了中およびプロジェクト完了後のデータ主導の意思決定をサポートします。
  • カスタマイズ可能なワークフロー:カスタマイズ可能なワークフローは、あらゆる作業スタイルに合わせてプロセスをマッピングします。
  • 統合:アジャイル・チームは、3,000 種類以上のアプリと統合により Jira Software の機能を拡張できます。

Jira Software と統合される他のプロジェクト管理ツールにはどのようなものがありますか?

アジャイル・プロジェクト管理に関しては、万能のツールはありません。このため、Jira Software は次のような幅広いプロジェクト管理ツールと統合しています。

  • Trello:Trello は、あらゆる規模のチームにビジュアル・コラボレーションを提供します。
  • Figma:Figma は、ワイヤーフレームとプロトタイプを開発するための共同インターフェース・デザイナーです。
  • Slack:Slack はプロジェクトを円滑に進めるためのリアルタイムのコミュニケーションを提供します。
  • Google スプレッドシート:Google スプレッドシートは、チームがリアルタイムでコラボレーションできるスプレッドシートを提供します。

小規模で 1 回限りのプロジェクトでも、大規模で複雑な開発作業でも、追加のアジャイル・プロジェクト管理アプリを使って既存のプロセスと新しいプロセスを統合できます。

Jira Software は簡単に実装できますか?

はい、Jira Software は柔軟性があるため、簡単に実装して使用できます。既製のテンプレートを使えば、アジャイル・チームは準備に時間をかけずにすぐに作業を開始し、必要に応じてカスタマイズできます。Jira Software は、一般的に使用されているさまざまなツールと統合できるため、チームは独自のニーズに合わせて実装を設定および拡張できます。

次の記事
ツール