改善のカタを使って無駄のない作業をサポートする

Viktor Adam Viktor Adam
トピック一覧

要約: 改善のカタは、チーム リーダーやメンバーが、問題解決のための自分たちの能力を開発して伝えるカタ ルーチンを継続的に練習する方法です。これは、『トヨタ カタ』という本に説明されている一連の練習方法で、複雑な目標の達成に向かって作業するために、その目標を小さな直近の目標に分解する手法を使用しています。

武道において、カタ (型) とは、弟子が武道の動きを覚え、マスターするために振り付けられた動きのパターンです。この洗練された習慣として身につくまで続けるルーチンを練習する方法は、今や武道を超えて、ビジネスにまで広がっています。

特に、トヨタ自動車は、練習を積んだパターンによる継続的な改善を開発しました。改善のカタと呼ばれるこの技術が発見されると、ビジネス書『トヨタ カタ』として出版されました。

改善のカタとは何か

改善のカタとは、チーム リーダーやメンバーが、問題解決のための自分たちの能力を開発して伝えるカタ ルーチンを継続的に練習する方法です。時間とともに、練習したことは身につきます。これは、『トヨタ カタ』という本に説明されている一連の練習方法で、複雑な目標を達成するために、まず小さな直近の目標に分解する手法を使用しています。

改善のカタ ルーチンは、より創造的で、方向を定めた、意味のある方法で問題解決を目指します。達成に向けて、4 部構成のモデルを採用しています。

  1. 方向性や課題を理解する
  2. 現状を把握する
  3. ターゲットの目的地を定義する
  4. ターゲットに向かって反復しながら進むことで、克服すべき障害を明らかにする

これらのテクニックは、目的地へのルートが不明な場合に特に有益です。問題をよりよく理解し、独自の解決策を見つけるのに実験が役立つからです。
改善のカタ パターンの各ステップには、スターター カタと呼ばれる簡単な練習ルーチンがあり、パターンを簡単に実行可能にし、教えることができるようにします。

改善のカタのメリットとは?

今日の技術環境は絶えず変化しているため、これまでにないほど複雑な課題をもたらします。改善のカタは、個人やチームが効率的にこれらの課題に取り組むことを可能にする科学的で目標指向の働き方であり、技術の習得により、構造化された作業方法を超える多くの利点を実現できます。これには、次のようなメリットがあります。

チームが 1 つの目標に向けて団結する

チームが同じ成功の定義を共有すると、コラボレーションが増え、混乱が少なくなり、生産性が向上します。これは、彼らが大きな目標への最善の貢献方法を理解し、チームに自分たちの仕事に対するより大きな当事者意識を与え、包括的なビジョンへのコミットメントを強化し、最終目標に向けた動きを優先する積極的な意思決定を促すためです。

実験が結果をもたらす

目的地はわかっていてもそこに到達する方法がわからないとき、最初のステップは常に一番大きな課題に思えます。しかし、実験を通常の実践として採用することにより、不確実性を減らし、最終目的地への手段として使用することができます。到達したい目的を達成する方法について仮説を立てて、正しいかどうかを判断するために実験を開始しましょう。その道が間違っているなら、もちろん修正しても何の問題もありません。いずれにせよ、あなたは正しい方向が何かについて、以前より理解できているはずです。実験とは、学習と解決がすべてだからです。

無駄を大幅に削減

小規模で持続可能な改善に注力することで、解決に役立たない活動に費やす時間とエネルギーを最小限に抑えることができます。たとえば、バックログ内のタスクをレビューするときは、次のマイルストーンと全体的な目標に近づけるかどうか自問する必要があります。これをもう少し突き詰めることもできます。このインクリメントに残された時間を考えると、ブロッカーを取り除いて手元のタスクに取り組むための知識はあるのか、それともそれらを延期すべきか。私はこの戦術が、障害物を取り除くために脱線を必要とする問題に取り組み、数日間も、あるいは数週間も無駄にすることを避けるために有用であることがわかりました。

改善のカタは、開発者、マネージャー、チームの無駄を減らします。たとえば開発者は、あれば良いけれど必要のない、余分な機能の構築に注力すべきではありません。マイルストーン指向のプロセスは、意図を持って構築していると確かめるために役立ちます。同様に、改善のカタの原則を踏襲するマネージャーやテクニカル リーダーは、直近の進歩を妨げるブロッカーを除去するために努力しなければなりません。最終的に、改善のカタにより、継続的コミュニケーション、効率的なフィードバック ループ、継続的なデリバリーが促進され、チーム全体が利益を得ることができます。

改善のカタを実装するための手順

何が起こるか予想した内容と実際に起こることの間の調整、そしてその食い違いからの学習が、改善のカタの中心です。これはとても単純に見えるかもしれませんが、問題は、私たちの全員がこのように考えるようにはできていないということです。改善のカタの実践をワークフローに統合するためには、一貫した注意深い実践が必要です。

改善のカタ パターンの概略図

北極星を見つける

最初のステップは、方向性や問題を明確に理解することです。これは、計画段階と実験段階を通知するのに役立ちます。正しい方角を知るための道しるべが何かを特定できない場合は、チームが組織のより大きな目標に貢献できる方法、またはチームの強みを活用して特定のビジョンを実現する方法を検討してください。

現状を確認する

道しるべに向けて作業を始める前に、現在のプロセスとワークフローを文書化し、適切な指標と比較したチームの進行を確認し、チームの既存の知識基盤を評価します。現在の状態について正直になることで、最終的な目標に向かって有意義なステップを特定することができます。

次のターゲットを選択する

現在のシステムとプロセスを明確に理解できたら、次のターゲットの条件、または次のイテレーションの後に到達していたい位置を特定します。次のターゲットは、数週間またはいくつかのスプリントで達成することができる単独の具体的な変更で、道しるべに近づくことができるものでなければなりません。

ターゲットに達するまで実験を行う

次のターゲットについてのビジョンが得られたら、そこに到達する方法について仮説を立てましょう。どこから始めるべきか、何を試すべきかについて考え、失敗を恐れないでください!

可能な限り早い方法でターゲットに到達する

それが、途中で手を抜いたり、巧妙なコツを使ったりすることを意味するとしても、スピードが必要です。それが可能だと早期に確認できるか、または取り組むべき予期せぬ課題が見つかるかのどちらかでしょう。うまくいかない場合は、それを機に学習しましょう。

粗削りな部分をきれいにする

うまくいくことを確認したら、後戻りして手抜きした箇所に磨きをかけ、きれいにする必要がある粗削りな部分を滑らかにします。

改善のカタのメリットの例を見てみましょう

たとえば、アイデアに基づいて新しいサービスを構築したいが、それがうまく機能するかどうかはわからないとします。すべてのレイヤーを完璧に作り上げ、機能が完成するまで段階的に拡張するのではなく、ある程度の価値を提供し、想定したシステムに近づくことができるターゲットを選んでみてください。おそらく未知のものが多数あるでしょう。でもあなたは難題から多くを学び、異なるアイデアを試してうまくいくものを見つけることができます。それが完了したら、現在の位置を再評価し、次のターゲットを選択し、反復し、進捗状況を反映します。

もう 1 つの例は、改善が必要な内部システムを維持する場合です。取り組む準備のできているもの 1 つ選び、それを解決する方法についていくつかのアイデアをブレーンストーミングします。さまざまなアプローチを試して、それについてのフィードバックを速やかに得るために、できるだけ早く完了するよう努めましょう。それが十分であれば、次の問題解決に進んでください。

改善のカタとリーンの違いは何ですか?

カタとリーンは違うものですが、互いに補完します。カタとリーンはさまざまな点で異なっています。リーンは実装されるべきプロセスを指し、カタは実践されるべき技術を指します。そのため、トヨタがリーン生産システムに採用した際に、カタは実務の主流となりました。これらの概念を統一されたアプローチに統合すると、強力な結果が得られます。

カタとリーン原則は両方とも、より速い進歩を可能にすることに焦点を当てていますが、そのアプローチは若干異なります。カタは、個人のレベルでデプロイでき、実験を通じて継続的な改善と学習に焦点を当てる一式の習慣です。これは、ソリューションの繰り返しを迅速化するためのスキルを学習し開発しながら、不確実性の問題に取り組むのに便利です。未知のものを受け入れるのに役立ち、挑戦や障害を恐れないことを教えてくれます。

リーン ポートフォリオ管理などのリーン原則は、組織やチームがプロセスとワークフローを改善し、無駄を最小限に抑えて最大の価値を引き出せるように支援してくれます。プロセスが確立されると、可能な限り迅速かつ効率的になるように、プロセスを最適化することに重点を置きます。

改善のカタとリーンをどのように一緒に活用するのか

改善のカタは、チームがリーン原則を強化するために使用できる習慣やテクニックです。2 つのアプローチの焦点は異なりますが、それらはもともとトヨタが作り出したもので、うまく一緒に使うことができます。たとえば、無駄な活動を排除することにかかっているリーン哲学は、チームが最大の価値を引き出し、提供できるようにします。改善のカタは、日常的な実験を通じて無駄を最小限に抑えることで、この目標をサポートします。1 つの方法で期待される結果が得られない場合、その方法は工程から削除されます。

改善のカタの目標指向の教えでは、次に進む前にタスクを完了するよう奨励します。つまり、意図した結果を達成し、組織のより優れた効率化を達成するまで、プロセスは継続的に改善されます。それがリーン哲学のもう 1 つの柱です。とりわけ、改善のカタは、将来のリーンな状態に到達するために、現在の状態で使用することができるツールを提供します。大きな目標を小さな目標に分割することは、それらの各部分が意図された目的に合わせて最適化されることを意味します。最終的に、これはシステム全体がこのようにして最大の価値を生み出せることを意味します。

結論

改善のカタは、リーン哲学の目標をサポートする貴重なツールです。従業員やチームが目標指向のアプローチを採用すると、無駄を最小限に抑えながら、限られた資源を最大限に活用できる段階的な変更を容易に推進できます。改善のカタとリーンを一緒に使用すると、組織の効率を高め、イノベーションの文化を発展させるのに役立ちます。

改善のカタとリーン ポートフォリオ管理についてご興味をお持ちの場合は、LPM の基本と、Atlassian の Jira Align による LPM のサポートの詳細をご覧ください。