アジャイル マーケティングとは何か: バズワードから最高水準の作業方法へ

アジャイルの影響がソフトウェアを超えて広がり、マーケティングを変革した方法

Andrea Fryrear Andrea Fryrear
トピック一覧

アジャイル手法は、ソフトウェアの開発方法の変革に役立ちました。作業を少しずつ分割して継続的なフィードバックを収集し、変化に柔軟に適応できるようにすることで、アジャイルはソフトウェア チームの発展をサポートします。このアプローチは非常に成功しており、マーケティングを含む他の分野ではアジャイル プラクティスをプロセスに組み込んでいます。

実際、AgileSherpas の 4th Annual State of Agile Marketing Report によると、2021 年にはマーケティング担当者の 51% がアジャイルの作業方法を採用しています。

アジャイル マーケティングとは?

アジャイル マーケティングは、アジャイル手法の原則とプラクティスを活用したマーケティング アプローチです。これには、自己組織化された部門横断型チームが頻繁にイテレーション行って継続的なフィードバックを得て作業することが含まれます。また、戦略的ビジョンと、短期、中期、長期のマーケティング計画が必要です。

アジャイル マーケティングは、いくつかの点で従来のマーケティングとは異なります。

  • 頻繁なリリースに重点を置く
  • 意図的な実験
  • オーディエンスの満足度に対する絶え間ないコミットメント

アジャイル マニフェストから生まれたオリジナルのアジャイル フレームワークと同様に、アジャイル マーケティングには独自のアジャイル マーケティング マニフェストがあり、リファレンスとガイドとして機能します。これは、アジャイル マーケティングのアイデア、成功、失敗を共有して、他のマーケティング マニフェストのアイデアを統合するために集まったグループによって 2012 年に作成されました。以来、このマニフェストはアジャイル化を目指すマーケティング チームの指針となっています。

アジャイル マーケティング マニフェストで概説されているアジャイル マーケティングの価値は次のとおりです。

  • 意見や慣習ではなく検証を伴う学習
  • サイロと階層ではなく顧客重視のコラボレーション
  • 大規模かつ大々的なキャンペーンではなく適応性のある反復型のキャンペーン
  • 静的予測ではなく顧客発見のプロセス
  • 柔軟な計画と厳格な計画の比較
  • 計画優先ではなく変化に対応
  • 少数の大きい賭けではなく多数の小さい実験

それぞれのアジャイル マーケティングの実践は導入先の組織の状況に基づいて多少異なって見えますが、アジャイル マーケティングのすべてのバージョンには複数の重要な特徴があります。

アジャイル マーケティングの特徴

アジャイル マーケティングの図

成功するすべてのアジャイル マーケティング チームには、アジャイルベースのチームワーク、データに基づく決定、迅速で反復的なリリース、アジャイル マーケティング マニフェストの順守という、4 つの重要な特徴があります。

チームワークとコラボレーション

アジャイル マーケティングの基盤は、アジャイルの作業方法を採用するチームから始まります。作業サイロと階層は、チーム全体で自由なコラボレーションに置き換える必要があります。すべてのチーム メンバーが何らかの形で各プロジェクトに関わっている可能性があります。チーム全体のミーティングとコミュニケーション チャネルを使用して、コラボレーションを促進できます。

データ主導の意思決定

アジャイル マーケティング担当者は、マーケティング キャンペーンに対してデータ主導のアプローチをとります。現代のすべてのマーケティング担当者はある程度データに基づいていますが、アジリティを採用するチームはデータによって主導されています。アジャイル マーケティング担当者は、チームのパフォーマンスを向上させるための新しい実験を絶えず考え出して、データに基づいて取り組みの測定と調整を行います。

迅速で反復的なリリース

多くの場合、アジャイル マーケティング チームはスプリントを使用します。スプリントは、スクラム チームが一定量の作業を完了するための短い期間です。スプリント サイクルによってチームはスプリントの時間枠内で少量の作業に取り組んで、反復的な作業リリースを生み出せます。スプリントは短いため、数週間ごとにアクション プランを調整できます。

アジャイル マーケティング マニフェストの順守

最後になりましたが、アジャイル マーケティング チームは、アジャイル マーケティング マニフェストに記載されている価値と原則に熱心に取り組んでいます。アジャイル マーケティング マニフェストには、マーケティング アジリティを実現するために不可欠な 7 つのコア バリューと 10 の原則が含まれています。これらの価値と原則は、スタンドアップ ミーティング、スプリント、カンバン ボードなど、チームが採用することを選択したすべてのプラクティスを支えています。それらは「何」の背後にある「理由」です。

アジャイル マーケティングのメリット

アジャイル マーケティングを最も効果的に実践するには、最も差し迫った問題点や望ましいメリットを特定して、その目標を達成するための手段としてアジャイルを位置づけます。特にマーケティングにおいて、アジャイルはそれ自体のために行われるべきではありません。成功するためには、問題や目標に目を向けてアジャイルの作業方法を採用することが最適です。

スピードと生産性

アジャイル マーケティングで第 1 の最も強調されるメリットは、価値提供のスピードが向上することです。これは、組織構造の変更、チームのマーケティング活動の計画方法と実行方法の変更によって実現されます。

アジャイル組織は、個人を機能 (クリエイティブ、マーケティング テクノロジーなど) ごとにグループ化する代わりに、チーム間のハンドオフがほとんどなく、プロジェクトを自律的に完了できる小規模で部門横断的なチームを好みます。これによって、チームは依存関係によって行き詰まることなく、作業項目をすばやく繰り返せます。

アジャイル チームの構造によって、顧客からのフィードバックをより頻繁に反映できるようになる以外に、チームにリソースを追加することなく、生産性が大幅に高まります。

透明性とコラボレーション

アジャイル マーケティングのもう 1 つの注目すべきメリットは、視覚化されたワークフローと頻繁なタッチポイントを通じて、チームのプロセスを視覚化することを目的としていることです。あらゆる情報がやたらと大きいスプレッドシートに保存されたり、ハード ドライブのどこかにあっても見失われたりするような状況を排して、視覚化によってマーケティング部門内の個人とチームの間のコラボレーションを促進します。

アジャイルではプロセスの完全な透明性を実現するために、カンバン ボード (デジタルまたは実物) などの視覚的な管理ツールや、デイリー スタンドアップ ミーティングのような頻繁な同期ミーティングを利用しています。これらによって、プロセスの透明性と最適なコラボレーションが促進されます。

カンバン ボードはすべての作業を可視化します。デイリー スタンドアップ ミーティング中に毎日の優先事項、進捗状況、課題を伝えることで、チームはより効果的にコラボレーションして、一体となってより優れた成果を上げられるようになります。

透明性はアジャイル チームに説明責任を負わせて、進行中のすべてのプロジェクトについて共通の理解を深めるために役立ちます。アジャイル チームは頻繁なクライアントからのフィードバックを活用して適切な作業を適切なタイミングで提供できるようにする傾向があるため、アジャイルの透明性は顧客との関係にも及んでいます。

柔軟性

柔軟性は、アジャイル マーケティングの最も重要なメリットの 1 つです。これは、アジャイル マーケティング チームが年間マーケティング計画に盲目的に従うのではなく、反復的な計画を使用して実行可能な作業を提供する方法に最も強く表れています。

アジャイル マーケティング チームの成功は、チームが状況の変化に対応できるかどうかにかかっています。年間マーケティング計画を作成する従来の方法には 12 か月後の作業に関するあらゆる詳細が含まれていますが、マーケティング担当者が状況の変化に対応するためには役立ちませんでした。逆に、マーケティング担当者が顧客の期待や市況の変化に対応することを阻むこともよくありました。

アジャイル環境ではチームは達成を目指す長期目標の定義に集中して、その過程で詳細を把握します。これによって、データや顧客からのフィードバックに基づいて簡単に軌道修正できる柔軟性が得られます。

データ主導の成功

アジャイルは実験に重点を置いているため、マーケティング チームはマーケティング キャンペーンをデータと連携させて成果を測定する必要があります。

アジャイル マーケティング チームは、リリースする各最終キャンペーンに影響を与える低リスクの実験からインパクト KPI を収集する必要があります。さらに、プロセスから指標を収集して、チームの効率を監視する必要もあります。アジャイル マーケティング担当者はチームが持続可能なペースで動けるようにするために、タスクのサイクル期間、効率率、プロセスのスループットを常にチェックします。

アジャイル マーケティング チームは小規模なテストを実施して、仮定の証明または反証、結果の測定、キャンペーンの改善を長期にわたって行います。これによって、チームは提供するキャンペーンの種類や、そのキャンペーンが市場に投入される方法、時期、場所について、十分な情報に基づいて意思決定できます。

競争力の向上

アジャイルはスピードの向上と継続的なフィードバックを促進するため、チームは長期的で柔軟性のないキャンペーンにコミットするのではなく、必要に応じてマーケティング キャンペーンを調整して適応させられます。これによって、消費者のニーズがより優先されて、キャンペーンが時代遅れになる前にチームが取り組みの効果を測定できるようになります。

収集されたマーケティング データによって教訓が次のプロジェクトに適用されることを保証して、キャンペーンの競争力を維持してマーケティング投資収益率を継続的に向上させます。

アジャイル マーケティングのフレームワーク

State of Agile Marketing Report によると、スクラム フレームワークは開発者に最も人気のあるアジャイル フレームワークですが、ほとんどのアジャイル マーケティング担当者はアジャイルを適用するための特定のフレームワークに固執していません。代わりに、カンバン、スクラム、リーンのプラクティスを混成、混合、適合して、独自のプロセスの課題に対するソリューションを見つけます。

マーケティング担当者が適用するアジャイル マーケティング フレームワークの最も一般的なタイプは、スクラムバン (カンバンとスクラムのハイブリッド)、カンバン、スクラムの 3 つです。

スクラム

スクラムは、アジャイル ソフトウェア開発の元々の手法でした。これは、タイムボクシングのプラクティスを通じて、チームの優先度の高い作業のサブセットに透明性、検査、適応、絞り込みの文化を醸成するフレームワークです。スクラムは、セレモニー (イベント) と役割という 2 つの主要な要素で構成されています。

スクラムの 4 つのセレモニーは、アジャイル マーケティング チーム内のさまざまな種類のコミュニケーションについて定期的で予測可能な流れを作り出すことを目的として、次のものが含まれます。

  1. スプリント計画
  2. デイリー スクラム (デイリー スタンドアップ ミーティングとも呼ばれる)
  3. スプリントレビュー
  4. スプリントのふりかえり

スクラム マスターとマーケティング所有者はスクラムの実践、プロセスとバックログの管理において、それぞれ重要な役割を果たします。スクラム マーケティング チームでは、スクラム マスターとマーケティング所有者を 1 人、つまりチーム リーダーが兼務する傾向があります。

カンバン

カンバンは、スクラムよりもはるかに遅れてナレッジ ワークのプロセス管理方法として導入されたリーンアジャイル フレームワークです。

カンバンはその視覚的性質と継続的な改善 (カイゼン) の推進によって、すぐにマーケティング担当者の注目を集めました。カンバンでは、マーケティング チームはマーケティング プロセスのすべてのステージと、それを通過するすべての作業項目を視覚化する必要があります。これによって、マーケティング チームはプロセスを管理して取り組むプロジェクトの数を制限し、効率を高められるようになります。

カンバン方式には次の 6 つのコア プラクティスがあります。

  1. ワークフローの視覚化
  2. 進行中の作業の制限
  3. フローの管理
  4. プロセス ポリシーの明示
  5. フィードバック ループの確立
  6. 継続的改善

カンバンの中核には、新しいアジャイル チームにとって直観に反するパラドックスがあります。(一度に) 実行する作業量を制限することで、チームの生産性が向上します。

スクラムバン

スクラムバンは、アジャイル マーケティングのハイブリッド アプローチとして群を抜いて最も人気があります。これは、スクラムとカンバンの両方のプラクティスを柔軟に組み合わせたものです。この方式は高度にカスタマイズ可能で、好みや組織の状況によっては、2 つの純粋なフレームワークのいずれかに見える場合があります。

スクラムバンは、アジャイルの経験があるチームに適しています。これは、スクラムとカンバンのセレモニー、役割、プラクティスを理解するために役立ちます。

スクラムバンは本質的に、スクラムの構造的要素の一部とカンバンのプル型の性質を組み合わせています。これはハイブリッド アプローチであるため、スクラムバンの実践方法はチームによって少し異なる傾向があります。

今こそ始めるとき

アジャイルは急速にマーケティング担当者にとっての新しい「日常業務」になりつつあります。アジャイル マーケティングが約 10 年前に開発されて以来、マーケティング担当者は現代のマーケティング プロフェッショナルのニーズを満たすために、そのフレームワークを適応させることに向けて大きな進歩を遂げてきました。

アジャイル マーケティング チームの全員は、頻繁なキャンペーン リリース、実験の重視、極度の顧客重視といった、いくつかの共通の特徴を共有しています。マーケティング チームにはスピードと生産性、プロセスの透明性、そして柔軟性の向上がしばしば見られるため、マーケティング チームの変革に伴うメリットはその課題をはるかに上回ります。

アジャイル マーケティングを実現するにはいくつかの異なるアプローチがありますが、急いではいけません。まずアジャイルの考え方を構築することから始めて、アジャイル プラクティスを徐々にプロセスに重ねて、すべてを含める前にテストします。それが、アジャイル チームが行うことです。

アジャイル マーケティングをぜひ始めましょう。アジャイル マーケティング チーム向けの Jira Software テンプレートをご確認ください。