tutorial

Jira Software でのアジャイルボードの作成方法

Jira Software でアジャイルボードを操作するステップバイステップの手順

Max Rehkopf Max Rehkopf
トピック一覧

Jira アジャイルボードチュートリアル

このチュートリアルでは、Jira Software でボードを操作する方法を説明します。

所要時間:

読む時間 10 分。2 週間ほどで完了

 

対象者:

Jira Software の新しいユーザー。プロジェクト (独自のボードがある場合も含む) を作成したことがあり、ボードを 1 から作成する方法を学ぼうとしているところ。

 

前提条件:

  • Jira Software アカウントを作成しておく

  • Jira Software プロジェクトを作成しておく

無料で試す

アジャイルボードの作成
ボードとは?

ボードには、 1 つ以上のプロジェクトからの課題がチームのプロセス状況に列分けされて表示されます。これにより、チームは開始されていない作業、進行中の作業、完了した作業をすべて含む共通ビューを見ることができます。

ステップ 1 : ボードの作成

新しいボードを作成する:

  1. [検索] () > [すべてのボードを見る] の順にクリックします。

  2.  [ボードを作成] をクリックします。

  3. ボードタイプ (アジリティ、スクラム、またはカンバン) を選択します。

  4. ボードの作成方法を選択します。新しいボードに対して新しいプロジェクトを作成するか、ボードを 1 つ以上の既存プロジェクトに追加できます。

選択するボードタイプ

3 つのボードタイプ:

スクラムボード
  • ストーリー、タスク、バグをスプリントで管理

  • 定期的に成果を出すチームに最適

カンバンボード
  • ストーリー、タスク、バグを継続的なフローで管理

  • バックログから作業量を管理するチームに最適

アジリティボード
  • タスクを柔軟かつシンプルなボードで管理

  • アジャイル未経験のチームや、設定に多くの時間を費やしたくないチームに最適

チームがアジャイルを深く理解している場合は、スクラムとカンバンのうちチームのプロセスに適したボードを選択することをお勧めします。チームがアジャイル未経験であるか、設定にあまり時間をかけたくない場合には、アジリティボードを選択することをお勧めします。  

ステップ 2 : ボードの設定

最初に行う設定

最初に、クイックフィルターを設定することをお勧めします。列を設定することで、チームのプロセスをボードに反映させることができます。スクラムボードやカンバンボードの場合は、さらにクイックフィルターを設定することをお勧めします。それにより、チームメンバーが集中すべき課題をすぐに見つけられます。たとえば、特定のリリースの課題のみが表示されるクイックフィルターを設定できます。

スクラムボードとカンバンボード

  1.  [検索] () > [すべてのボードを見る] の順にクリックし、ボードを選択して、ボードに移動します。
  2.  [more (追加)] (Ellipses button) > [ボード設定] の順にクリックします。

アジリティボード

アジリティボードの設定は非常に簡単です。列の追加と削除、WIP 制限の追加、名前の変更などの基本操作は、すべてボード自体で実行され、画面を切り替える必要はありません。バックログやスプリントなどのアジャイル機能を有効にするには、[設定] > [機能] の順に移動します。アジリティボードの開発は進行中であり、今後も機能が追加される予定です。

ステップ 3 : ボード間の移動

ボード間を移動するには、左側のメニューでプロジェクト名の下に表示されるボードスイッチャーを使用します。

ボード間を移動するには、左側のメニューでプロジェクト名の下に表示されるボードスイッチャーを使用します。

詳細を見る

Jira Software でのボードの使用に関する詳細については、ボードのドキュメントを参照してください。

質問はこちら: アトラシアンコミュニティ