tutorial

Jira Software でのアジャイルボードの作成方法

Jira Software でアジャイルボードを操作するステップバイステップの手順

Max Rehkopf Max Rehkopf
トピック一覧

Jira アジャイルボードチュートリアル

このチュートリアルでは、Jira Software でボードを操作する方法を説明します。

所要時間:

読む時間 10 分。2 週間ほどで完了。

対象者:

Jira Software を初めて使用する場合で、プロジェクト (独自のボードがあるかもしれません) を作成していて、最初からボードを作成する方法を学びたいと思っているユーザー。

前提条件:

  • Jira Software のアカウントを作成していること

  • Jira Software のプロジェクトを作成していること

無料で入手する

アジャイルボードの作成
ボードとは?

ボードには、 1 つ以上のプロジェクトからの課題がチームのプロセス状況に列分けされて表示されます。これにより、チームは開始されていない作業、進行中の作業、完了した作業をすべて含む共通ビューを見ることができます。

ステップ 1 : ボードの作成

新しいボードを作成する:

  1. [検索 ()] > [すべてのボードを表示] をクリックします。

  2. [ボードの作成] をクリックします。

  3. ボード タイプ (アジャイル、スクラム、またはカンバン) を選択します。

  4. ボードの作成方法を選択します - 新しいボードに対して新しいプロジェクトを作成することも、ボードを 1 つ以上の既存のプロジェクトに追加することもできます。

選択するボードタイプ

ボードには次の 3 つのタイプがあります。

スクラムボード
  • スプリントのストーリー、タスク、バグの管理

  • 定期的に作業を行うチームに最適

カンバンボード
  • ストーリー、タスク、バグを連続的なフローで管理

  • 作業量をバックログで管理するアジャイル チームに最適

アジリティボード
  • 柔軟でシンプルなボードでタスクを管理

  • アジャイルを初めて使用するチーム、または構成に多くの時間をかけたくないチームに最適

チームがアジャイルに精通している場合は、スクラムとカンバンのうちチームのプロセスに適した方を選択することをお勧めします。チームがアジャイル未経験であるか、設定にあまり時間をかけたくない場合は、アジリティ ボードを選択することをお勧めします。

ステップ 2 : ボードの設定

最初に行う設定

最初に、クイック フィルターを設定することをお勧めします。列を設定することで、チームのプロセスをボードに反映させることができます。スクラム ボードやカンバン ボードの場合は、さらにクイック フィルターを設定することをお勧めします。それにより、チーム メンバーが集中すべき課題をすぐに見つけられます。たとえば、特定のリリースの課題のみが表示されるクイック フィルターを設定できます。

スクラムボードとカンバンボード

  1. [検索 ()] > [すべてのボードを表示する] の順にクリックし、使用するボードを選択します。
  2. 省略符号ボタン[その他 (Ellipses button)] > [ボード設定] を選択します。

アジリティボード

アジリティボードの設定は非常に簡単です。列の追加と削除、WIP 制限の追加、名前の変更などの基本操作は、すべてボード自体で実行され、画面を切り替える必要はありません。バックログやスプリントなどのアジャイル機能を有効にするには、[設定] > [機能] の順に移動します。アジリティボードの開発は進行中であり、今後も機能が追加される予定です。

ステップ 3 : ボード間の移動

ボード間を移動するには、左側のメニューでプロジェクト名の下に表示されるボードスイッチャーを使用します。

ボード間を移動するには、左側のメニューでプロジェクト名の下に表示されるボードスイッチャーを使用します。

Agile and Jira automation

You can keep your board up to date without lifting a finger using Jira automation, available for all Jira Software Cloud customers. See some common automation templates in the Jira automation template library below.

  1. Move issue to ‘done’ when PR is merged. Go to rule.
  2. Send daily message with issues in the backlog. Go to rule.
  3. Close the parent issue when all sub-tasks are ‘done’. Go to rule.

See these automation rules and 100s more in the Jira Automation Template Library.

Go to library

詳細を見る

Jira Software でのボードの使用に関する詳細については、ボードのドキュメントを参照してください。

ご質問はこちらまで。アトラシアンコミュニティ