プロジェクト管理におけるリーンの原則と DevOps

Atlassian 作成者 Atlassian
トピック一覧

あなたがプロジェクト マネージャーであれば、おそらくプロジェクトが予定どおりに進まなかったことがあるのではないでしょうか。チームがプロジェクト情報を複数のツールに分散させてしまった、関係者が予定どおりに作業を確認できなかったためにタイムラインが崩れてしまったとしたら、結局、リソースと時間の両方を無駄にしていたでしょう。

リーンは、プロジェクト管理の効率を向上させるための最も一般的な手法です。リーンの 5 つの原則では、継続的な改善のための枠組みを提供します。自動車製造で始まったリーンは、今ではソフトウェア開発を含むさまざまな業界で利用されていますが、それが唯一の方法ではありません。

プラクティス、ツール、文化的な考え方を組み合わせた DevOps もあります。DevOps はリーン手法に基づいて構築されています。これにより、開発者と IT チームは製品のライフサイクル中に協力して作業できます。チームがサイロ化されなくなるため、製品開発が促進し、プロジェクトをより迅速に遂行できるようになります。

ここでは DevOps とリーンの原則の違いを詳しく説明します。違いがわかると、ご自身のプロジェクトに合った手法を選択できます。

リーン プロジェクト管理とは?

リーン プロジェクト管理により、製品開発における無駄がなくなり、デリバリーが大幅にスピードアップします。

目標は、深刻な損害が発生する前に問題を発見することです。そうすれば、プロジェクトが停滞しないように必要な調整を行えます。

ウォーターフォール手法と同様に、リーンは構造化されたプロセスです。タスクが整理され、監視が可能になります。リーンには、一般的な 5 つの段階ではなく、5 つの基本原則があります。

リーンの 5 つの原則とは?

リーンは、価値の定義、バリュー ストリームの策定、フローの作成、プル システムの着実な実行、継続的改善の状態の維持という 5 つの重要な原則に焦点を絞っています。

リーン生産の原則を詳しく見ていきましょう。リーン生産の原則では顧客の価値が指標になります。

  1. 価値を定義する: 時間を浪費しているアクティビティはどれですか? プロジェクトに価値をもたらすアクティビティはどれですか? ここではその違いをはっきりさせておく必要があります。ご自身の顧客について考えてみましょう。費やした労力が、直接的であれ間接的であれ、顧客に価値をもたらしていますか?「価値を見極めるには、無駄なアクティビティを排除することに集中するのがコツです」と、アトラシアンの Modern Work Coach を務める Mark Cruth は語ります。「待機、輸送、処理、在庫、動作、欠陥/手戻り、過剰生産の 7 つの面の無駄を見て、それらをプロセスから排除するように努めるのです」
  2. バリュー ストリームをマッピングする: 2 つ目の原則では、顧客価値のアクティビティを視覚化する必要があります。これにより、特にスクラムなど、アジャイル プロジェクト管理スタイルを利用している場合は、プロジェクトをタスクに沿って進められます。これには、Jira Software で提供されているような、カンバン ボードを利用できます。
  3. フローを作成する: プロジェクトをシームレスに進めていく必要があります。障害があると悪影響が出る可能性があります。潜在的な障害に注意しましょう。障害が発生した場合は、その原因と回避方法を分析します。たとえば、関係者のフィードバックを待っている間に障害が生じる傾向があります。確認する作業単位を制限して、障害を防ぎます。
  4. プル システムを確立する: チームのキャパシティが上限に達しているときに新しい作業を無理に担当させると、フローが妨げられることがあります。需要があり、チームに時間がある場合にのみ、新しい作業を開始します。プル システムでは作業キューが作成されます。つまり、現在作業をしていないチーム メンバーが、優先度の高いチケットを最初にプルして集中できます。
  5. 完璧を追求する: 継続的な改善はリーン プロジェクト管理の基盤です。あなたとチームは昨日よりも進歩しているはずです。パフォーマンスを分析し、改善の機会を特定しましょう。顧客に価値を提供していることを確認するようにします。うまくいかない場合は、理由を調べ、その理由に基づいて段階的に変更を加えます。リーン パフォーマンスを測定するには、KPI 指標が最適です。

DevOps とは何か?

「多くの方法論やモデルは、根本をたどるとリーンに行きつきます。だからこそ、リーンの原則は現代のあらゆる働き方に組み込まれているのです」と Cruth は説明します。

たとえば、DevOps は、開発チームと運用チームの間の壁を壊すことで、より多くの顧客価値を迅速に提供するように、慣行、ツール、文化的な哲学を組み合わせて設計されたものです。

DevOps モデルでは、開発者がサイロ化されずにソフトウェア開発ライフサイクル全体に参加するようになります。この部門横断的なアプローチは、チームが市場投入までの時間を短縮し、デリバリーの質を確保し、プロセスを大規模に運用するために役立ちます。DevOps は他の方法と組み合わせても良好に機能するため、DevOps かアジャイルかのどちらかを選択する必要はありません。

DevOps チームは、自動化されたプロセスから技術スタックまで、そこにあるあらゆるツールを活用して、より迅速かつ効率的に結果を出します。JiraOpen DevOps では、開発者は 170 以上のアドオンとサードパーティ統合を接続して、計画、構築、継続的インテグレーション、デプロイ、運用、フィードバック収集、リアルタイムのコミュニケーションなど、開発プロセスのすべての部分をサポートできます。

DevOps とリーンの原則

では、リーンと DevOps のどちらを選択すべきでしょうか。この 2 つを比較してみましょう。

  • 顧客志向: どちらの手法も顧客を重視します。リーンでは、顧客に価値をもたらす重要なアクティビティを選択します。DevOps では、顧客の共感イメージ マッピングを作成して、ビジネス目標を顧客にとって意義のあるものに分割します。
  • 焦点: リーンの原則では、プロジェクト全体を最適化することを目指します。DevOps では、相互のコラボレーションとドキュメントによって開発と運用を統合する必要があります。
  • 実行とビジョン: リーンでは、実行を改善してより良い結果を得ることが重要ですが、DevOps には非常に高い目標があります。DevOps では部門横断型チームや自動化を活用して、会社に体系的な変化をもたらします。
  • 自動化: DevOps は自動化がすべてです。リーンはそうではありません。DevOps では、自動化により、テクノロジーを活用してコードのチェックやデプロイ、テストの実行、プル リクエストを行います。こうして、チームの誰かがこの操作を手動で行う必要がなくなります。
  • タイムライン: リーンのタイムラインはスプリントを中心に、数か月間に及ぶことがあります。DevOps では、時間単位でのデリバリーが必要な場合があります。

DevOps の詳細については、DevOps の初心者向けガイドを作成しましたのでご確認ください。

プロジェクト管理にリーンの原則を取り入れる

使用する手法を選択する際は、その手法が顧客にどのような影響を与えるかを考慮します。顧客に最も役立つ方法は、リーン アプローチ、DevOps のどちらでしょうか? 最終的には、顧客にもたらす価値が重要なのです。

顧客に価値を提供する上でどちらの方法が最適だとしても、アトラシアンの Jira Software がサポートします。リーンの原則と DevOps の両方に適応できます。

Jira Software ではプロジェクトを追跡し、チームの連携を維持できます。メンバーはプロジェクトのワークロードと進捗を可視化できるようになります。チームは DevOps 全体でコラボレーションし、継続的インテグレーション、デリバリー、デプロイの QA を行います。それにより、チームの能力が向上して予定どおりのデリバリーが可能になります。

リーンの原則: よくある質問

プロジェクト管理には DevOps とリーンのどちらが適切ですか?

デリバリーに向けたチームの能力向上を検討している場合は、プロジェクト管理に DevOps を選択すると良いでしょう。DevOps では次のことが可能なためです。

  • サイロ化を解消する: チームがプロセス全体を通して協力して作業できます。
  • フィードバック ループを作成する: チームやユーザーからの継続的なフィードバックによって、成果物を改善できます。
  • 日常的な作業を自動化する: コードのデプロイやプル リクエストなどのタスクを自動化することで、チームはプロジェクトのより重要な要素に集中できます。

DevOps はソフトウェア開発に適しています。デジタル製品を構築している場合は、DevOps を選択するのが良いでしょう。その理由は、チーム間のコラボレーションに重点が置かれているためです。それと比較すると、リーンでは主にプロセスの改善に重点が置かれています。

Jira Software が提供する Open DevOps を利用して、顧客価値の高いソフトウェアを継続的にリリースして運用しましょう。

リーンの原則を実施するメリットは何ですか?

リーンの原則により、チームは無駄のない優れたチームになれます。効率の向上や、チーム コラボレーションの改善によって、そのようなチームが形成されます。リスクを軽減し、ボトルネックを回避できるようになるため、収益を守れます。

リーンの原則によって、チームが継続的な改善を通して成長する考え方を維持し、より迅速に適応して、常に積極的に関与できるようになります。

しかし、リーンの原則を実施する主なメリットは、ロイヤリティや満足度の高い顧客基盤です。

リーンの実施に関する一般的な課題は何ですか?

リーンはプロジェクト管理には最適ですが、次のような課題があります。

  • サポートの欠如: 非協力的なマネージャーが、リーン アクティビティを台無しにする可能性があります。マネージャーはすべてのプロジェクト情報の管理者であるため、作業を完了するにはマネージャーに確認する必要があります。
    • 解決策: 一部の人にとっては、変化は難しいものだということを認識します。マネージャーに共感し、敬意を払って信頼を得ましょう。ワークフローのギャップと、リーンによってそのギャップがどのように軽減するかをマネージャーに示します。
  • 不適切なトレーニング: トレーニングをせずにリーンを推し進めても、チームは成功しません。メンバーは挫折し、さらに多くのボトルネックが生じます。
    • 解決策: リーンの原則に関する適切なトレーニングを通して、チームのオンボーディングを行います。チーム用の「ベスト プラクティス」ドキュメントを作成します。リーン プロジェクトに着手する前に、チームとともに期待事項を設定し、フィードバック ループを提供します。
  • 非現実的な期待: チームの能力を超えた作業を行うよう期待すると、悪影響を及ぼす可能性もあります。
    • 解決策: 現実的な締め切りや目標を設定します。プロジェクトの実行前、実行中、実行後にチームで確認しましょう。毎週それらを記録しておきます。
  • ツールを重視しすぎている: ツールは重要ですが、人が利用することでより優れたものになります。しかし、リーン企業の中には、チーム文化ではなくツールを重視する企業があります。
    • ソリューション: 透明性を保ち、信頼の文化を築きます。リーンの継続的改善の哲学は、チームの成長への投資を示すのに役立ちます。