2024 年に使用すべき 4 つのカンバン指標

Atlassian 作成者 Atlassian
トピック一覧

プロジェクト管理ゲームのレベルアップを目指すなら、カンバンはぜひ理解しておきたい戦略です。カンバンは、ワークフローとリソースの管理方法を変革し、プロジェクトをエンドツーエンドでより効率的で透明性の高いものにする視覚的なフレームワークです。

カンバンを使いこなすには、リード・タイム、サイクル期間、進行中の作業、スループットという 4 つの不可欠なカンバン指標を理解する必要があります。このガイドでは、これら 4 つのカンバン指標を分析することで、タスク期間の分析し、チームの作業負荷のバランスをとり、プロジェクト全体のキャパシティを評価できるようにします。

カンバンの主な指標とは

KPI 指標は、あらゆるアジャイル・プロジェクト管理戦略の生命線であり、カンバンに関しては、4 つの主要な指標がワークフローの成否を左右します。これらの指標は、リード・タイム、サイクル期間、進行中の作業、スループットです。カンバン指標がチームのパフォーマンスと進捗の追跡にどのように役立つかを理解するために、それらの指標を分析してみましょう。

リード タイム

リード・タイムは、新しいソフトウェア開発タスクをカンバン・ボードに追加してから、チームがそのタスクに完了とマークするまでの時間を測定します。要するに、タスクがカンバン・ワークフロー全体を通過するのにかかる合計時間を測定します。

この指標は、システム内でタスクの所要時間を包括的に把握できるため、プロジェクト・マネージャーにとって極めて重要であり、より正確な計画や効果的なリソース割り当てを可能にします。

サイクルタイム

サイクル期間は、カンバン・システムの「アクティブな作業」フェーズに焦点を当て、チーム・メンバーがタスクを開始してから完了するまでの時間を測定します。作成してから数か月間、誰もそのタスクを開始しなかったとしても問題はありません。サイクル期間は、タスクがアクティブなワークフローに移行したときに開始されます。

サイクル期間は、チームが効率的に作業しているかどうか、またはタスクのアクティブなフェーズで調整が必要であるかどうかを示すことができます。

作業中としてマークする

進行中の作業は、カンバン・システム内で現在「アクティブ」または「進行中」の段階にあるタスクの数を表します。これは、任意の時点で進行中の作業量を測定し、バックログにも完了にもないタスクのスナップショットを提供します。

進行中の作業を監視することは、チームのワークロードのバランスをとり、ボトルネックを特定するのに役立つため、非常に重要です。理想的なのは、チームは仕事をしているが、マルチタスクではないということです。

スループット

スループットは、チームが 1 日や 1 週間といった特定の時間枠の中で正常に完了させたタスクまたは作業項目の数を数値化したものです。これは、その期間におけるチームのアウトプットや生産性を測定するものです。

この指標は、チームの生産性レベルを直接示し、将来のタスク割り当てやプロジェクトのタイムラインについて、十分な情報に基づいた意志決定を可能にするため、必要不可欠です。

これらの指標の測定方法

カンバンを初めて使用する人だけでなく、経験豊富なプロジェクト・マネージャーでさえも、これらの重要な指標を効果的に測定する方法について不明点があるかもしれません。このセクションでは、管理図や累積フロー図など、これらの重要な指標を測定するために使用できる具体的な方法やツールについて詳しく説明します。

しかし、これらの指標を測定するためのワンストップ・ソリューションをお探しなら、Jira Software にお任せください。Jira Software は、指標を簡単に追跡できるだけでなく、継続的なデリバリーを支援するアクションにつながるインサイトも提供します。すべてのアジャイルおよび DevOps ソフトウェア開発チームには、Jira カンバン・ボードがあります。

管理図

管理図は、ワークフローの安定性と変動性についてのインサイトを提供するグラフ表示および診断ツールです。このグラフは、ある期間のサイクル期間のデータ・ポイントをプロットし、タスクの完了にかかる平均時間と、その平均値を中心としたばらつきを示しています。高い変動はプロセスが不安定であることを示唆することが多いため、これは貴重です。

管理図を詳しく調べると、データ・ポイントの背後にあるストーリーがわかります。考えられる解釈は以下のとおりです。

  • チャートの上限管理限界と下限管理限界の間のギャップが広がっている場合、サイクル期間の予測不可能性が高まっている可能性があります。
  • 平均線から離れた地点が集まっている場合は、タスクが滞っているボトルネックの可能性があります。

これらのパターンを精査することで、積極的に課題を特定して変更を実施し、カンバン・システムの効率と応答性を高められます。

累積フロー図

累積フロー図は、カンバン・ツールキットのもう 1 つの視覚的ツールです。サイクル期間に焦点を当てる管理図とは異なり、累積フロー図では、4 つの重要なカンバン指標すべてを同時にレイヤー表示できます。この図は複数の色の帯で構成されており、それぞれの帯がワークフローの異なる段階を表し、時間を追って積み重ねられています。

累積フロー図を使用すると、さまざまな段階にわたるタスクの流れをリアルタイムで確認できます。各レイヤーの幅が変化すると、すぐにインサイトが得られます。進行中のレイヤーについて考えてみましょう。

  • 作業中のレイヤーが拡大し始めたら、タスクが蓄積されていることを示す赤フラグであり、ボトルネックになっている可能性があります。
  • レイヤーが狭くなっている場合は、新しいタスクが入ってくるよりも早くタスクが進んでいることを示唆し、チームに余分な帯域幅がある可能性を示しています。

これらの指標が 1 か所で相互作用をするのを見ることができるため、累積フロー図はタイムリーな意思決定とワークフロー調整のための強力なツールになります。

カンバン指標の重要性

カンバン指標は単なる数字やデータ・ポイントではなく、プロジェクトの健全性と効率性を測定する指標です。これらの指標は、リソースの割り当てや締め切りの設定などについて、十分な情報に基づいた意志決定をするのに役立つナビゲーション・ツールとして機能します。

ボトルネックを素早く発見

チームのサイクル期間が突然伸びてスループットが低下している場合、ボトルネックに陥っている可能性が高いです。これらの傾向は、プロセスの特定の段階がすべてを遅らせている可能性があることを示す赤フラグです。

ボトルネックは、納期の遅れ、コストの増加、チーム・メンバーのストレスにつながる可能性があります。これらを早期に発見することで、すぐにリソースを再割り当てしたり、問題のある段階を合理化したりして、ワークフロー全体の効率と効果を向上させられます。

予測の改善

プロジェクト管理に関して言えば、正確な予測能力は水晶玉を持つようなものです。この高く評価されているスキルは、リソースの割り当て、クライアントの期待、タイムリーな納品に役立ち、競争力を維持するために極めて重要です。

この点では、リード・タイムやサイクル期間などの指標が最も強力な味方となります。これらを監視することで、タスクの最初から最後までかかる時間を測定できます。これは、チームや関係者に現実的な締め切りや期待を設定するのに役立ちます。同様に、スループットを監視すると、チームの効率性のスナップショットが得られるため、必要に応じて予測を調整できます。

プロジェクト全体の効率を最大化

本当の魔法は、これらのカンバン指標を一緒に使用し始めたときに起こります。リード・タイムとサイクル期間を監視することで、タスクの所要時間を測定することができ、また進行中の作業を監視することでチームの過負荷を防ぐことができます。スループットを追加すると、時間の経過とともにチームの能力を完全に把握できます。

これらの指標を日常の管理業務に組み込むことで、単なる火消しやボトルネックの修正だけでなく、将来のプロジェクトのためにプロセス全体を洗練させることができます。この積極的なアプローチにより、継続的な改善、適応、そして最も重要なこととして、より短い時間でより多くの価値を提供することが可能になります。

カンバンの追跡とレポートの導入方法

カンバンの追跡とレポートを簡単かつシームレスに導入したい場合は、専用のソフトウェアが強い味方となります。最適な選択肢は、アジャイル・プロジェクト管理の実質的な代名詞であるプラットフォーム、Jira Software です。

Jira Software は、アジャイル手法と完全に連携する詳細な指標、インサイト、レポート機能を提供します。これは、チームの連携を保ち、プロジェクトを軌道に乗せるために必要な可視性を提供します。そして、始めたばかりであれば、Jira のカンバン・テンプレートを使用すると、驚くほど簡単に立ち上げて実行できます。

Jira Software のカンバン指標でプロジェクトのインパクトを改善する

プロジェクト管理では、重視する指標が成功を左右します。これらの指標をシームレスに追跡する場合、Jira Software がすべてをまとめてくれます。Jira Software は重要なカンバン指標を追跡するだけでなく、レポート・プロセスを自動化することで、作業を大幅に楽にします。

Jira Software の素晴らしい点は、アジャイル・ソフトウェア・チームを念頭に置いたソリューションであることです。アジャイル作業管理の微妙な違いと複雑さを、他に類を見ないほど理解しています。プロジェクトで優れた成果を上げ、プロジェクトをよりスマートに、より効率的に、よりインパクトのあるものにしたいとお考えなら、Jira Software が最適なソリューションです。

カンバン指標:よくある質問

カンバン方式の改良は簡単ですか?

はい、カンバン方式の改良は非常に簡単です。カンバン方式は段階的な改善に最適です。つまり、現在のプロセスを中断することなく使用できます。その適応性により、時間をかけて簡単に改良でき、ワークフローを継続的に改善できます。

詳細については、アトラシアンの包括的なカンバン・ガイドをご確認ください。

スクラム方式に切り替える方が良いかどうか、どのように判断しますか?

プロジェクトにおいて、役割の設定や時間制限のあるイテレーションを行う、より構造化されたフレームワークが必要な場合は、スクラム方式に切り替える方が良いと判断します。

カンバンには柔軟性がありますが、スクラムでは特定のプロジェクトにメリットをもたらす厳格な構造を提供します。多くのチームが、ハイブリッド・アプローチを選択しており、特定のニーズに合わせて、カンバンとスクラムの要素を融合させています。

より詳細な比較については、カンバン vs. スクラムのアトラシアンのガイドをご覧ください。

カンバン方式の主な原則は何ですか?

カンバン方式は、ワークフローと効率を改善するために設計された基本原則に基づいて構築されています。内訳は次のとおりです。

  • 今行っていることから始める:既存のワークフローから始めると、業務を中断することなくカンバンをより簡単に実装できます。
  • 進化に伴う段階的な変更を追求することに同意する:時間の経過とともに進化する小さい段階的な調整を選択し、大幅な変更に伴うリスクを低減します。
  • 現在のプロセス、役割、責任、役職に配慮する:改善を導入する際は、会社の現在の役割やプロセスに配慮します。
  • 会社のあらゆるレベルでリーダーとしての行動を奨励する:全員が率先してプロセス改善に貢献できるようにします。