Close

カンバン テンプレート

強力なボードの課題を使用して、プロジェクトを可視化して進捗させます。

Jira Software カンバン ボード

概要

プロセス全体に可視性をもたらすフレームワークであるカンバンは、一般にはアジャイルと DevOps の継続的なデリバリーと改善のために使用されます。Jira Software のカンバン テンプレートは、ワークフローのデザイン、管理、改善を容易にして、作業が To Do から完了まで進む際の透明性を実現します。

カンバン テンプレート


Jira Software
最適な対象チーム

• ソフトウェア開発チーム
• アジャイル チーム

プロジェクト タイプ

• チーム管理対象
• 企業管理対象

課題タイプ
エピック アイコン

エピック

ストーリー アイコン

ストーリー

エピック アイコン

バグ

タスク アイコン

タスク

サブタスク アイコン

サブタスク

ワークフロー ステータス

チーム管理対象

To Do進行中完了

企業管理対象

バックログ開発用に選択進行中完了

カンバン テンプレートを開始する方法

歯車のアイコン

1. プロジェクト タイプを選択する

プロジェクトに進む前に、チーム管理対象か企業管理対象か、プロジェクト タイプの選択を求められます。チーム管理対象テンプレートは個々のチームが設定して管理しており、独自の作業プロセス、プラクティス、プロジェクト設定を自己完結方法で制御したいと考えている自律型チームに最適です。企業管理対象プロジェクトは、多数のプロジェクト全体で標準的な方法で他のチームとコラボレーションしたいチーム向けに設計されています。

Trello チーム テーブル アイコン

2. カンバン ボードを整理して優先順位を付ける

カンバン ボードとは、すべてのチームの作業を可視化して表したものです。ボード上のそれぞれの列は、作業項目が To Do から完了まで進むフェーズまたはステップを表します。ワークフローに透明性をもたらして進行中の作業 (WIP) 制限を効果的に確立することによって、チームはボトルネックをすぐに特定して解消できます。

折れ線グラフのアイコン

3. アジャイル レポートで継続的に改善する

カンバンの主な原則の 1 つは、継続的なデリバリーのフローを最適化することです。アジャイル レポートは、将来のパフォーマンスの予測を向上させるための重要なインサイトを提供します。カンバン テンプレートには累積フロー図、コントロール チャート、その他多数のレポートが付属しており、課題の分析や予測の裏付けなどが可能です。カスタマイズ可能なダッシュボードによって、重要なすべてのデータ ポイントやレポートを含む単一のスナップショットを作成しましょう。

その他のリソース

ソフトウェア開発用のその他のテンプレート

ガイドと記事

方向アイコン

カンバン手法の概要

グローバル ネットワーク アイコン

カンバン ボードの概要と機能

チェックリスト アイコン

カンバンのチュートリアル