Close

継続的なデリバリーは Jira カンバン ボードで始まる

カンバンは、作業の透明性とチームのキャパシティを提供する、アジャイルおよび DevOps ソフトウェア開発の一般的なフレームワークです。Jira Software のカンバン ボードによって、チームはワークフローの可視化、現在進行中の業務の制限、効率性の最大化を実現できるようになります。

カンバン ボードのイラスト

Jira カンバン ボードで「To Do」から「完了」へ

カンバンが作業の継続的なデリバリーに基づく方法だとすれば、Jira Software のカンバン ボードは、チームがサイクル期間を継続的に改善して効率を高められるように設計されています。タスク ボードをはるかに凌ぐ Jira カンバン ボードの機能には、次のようなものがあります。

チームのアイコン

透明性を促進

信頼できる唯一の情報源があると、チームはより効果的にコミュニケーションできます。カンバン ボードによって、各ストーリー、課題、バグ、またはタスクに最も関連する情報を表示することで、チームがひと目で作業の状況を把握できます。

スピードメーターのアイコン

ワークフローを最適化

カンバン ボードでは、さまざまな段階での作業を視覚的に示します。Jira Software カンバン ボードによって、チームはワークフローを定義して設定でき、必要に応じてシンプルにまたは複合的にできます。

コンテンツ可視性アイコン

ボトルネックを簡単に特定

進行中の作業 (WIP) は、ある時点における各ステータスのストーリーの数です。WIP 制限を設定してボトルネックを防止することは重要であり、それによって課題をワークフローに従ってスムーズに進行させられます。

棒グラフと折れ線グラフのアイコン

継続的な改善

Jira Software カンバン ボードのアジャイル レポートでは、リアルタイムで指標が視覚化され、累積フロー図を使用してサイクル期間を追跡し、ワークフローの障害となっている要素を特定できます。

Jira Software カンバン ボードのスクリーンショット
Jira Software カンバン ボードのスクリーンショット
Jira Software カンバン ボードのスクリーンショット

Jira カンバン ボードをすべてのチームに

カンバン ボードは、次の作業が完全に視覚化されているため、チームは 1 つの作業項目が完了すると、すばやく次に移行できます。Jira Software カンバン ボードはアジャイル手法を実践するチームに最適です。どのような種類のチームもカンバン ボードを活用して、プロジェクトを円滑に管理できます。アイデアをいくつかご紹介します。

アイコン

ソフトウェア開発

カンバンは、多くの場合、アジャイルなソフトウェア開発の実装に使用されます。キャパシティについてのリアルタイムのコミュニケーションや、作業の完全な透明性が必要となります。作業項目は視覚的にカンバン ボードに表示されて、チーム メンバーはいつでもすべての作業の状況を単一のビューで確認できます。

アイコン

マーケティング

マーケティング担当者は、製品の発売やイベントなどの広範で複雑なプロジェクトを管理します。それには複数のチームとスキルセットが含まれます。Jira カンバン ボードは、透明性とプロジェクトの可視性に優れ、日常のプロジェクト管理に最適です。カンバン ボードはチームを強化してプロセスを合理化し、ボトルネックが発生する前に特定するのに役立ちます。そのため、あらゆるプロジェクトを時間どおりに開始できます。

アイコン

業務・人事

人員の採用や配置、会社の最新情報の従業員への伝達は本来、やりがいのあるマーケティング プロジェクトです。Web サイトの就職情報や企業情報の更新でも、内部コミュニケーション用の配付資料の作成でも、Jira カンバン ボードによって個々のプロジェクトを追跡できます。

知っておくべきキーワードとキーコンセプト

Jira カンバン ボードになじみのない方は、始める前に用語に慣れておきましょう。以下に、いくつかご紹介します。カンバンの詳細、および Jira Software を使用してカンバン プロジェクトを推進する方法のステップ バイ ステップの手順をご確認ください。


電球と軌道のグラフィック

進行中の作業 (WIP) の制限

WIP に上限を設定することは、ワークフローのボトルネックを明確にして作業の流れを最適化する上で重要です。WIP 制限は、特定の期間でワークフローの 1 列またはステップに入れられる課題の最大数です。列の「上限に達する」と、新しい課題がワークフローのその段階に移動する前に、チームは一丸となって課題を先に進める必要があります。

ワークフロー

カンバン ボードの 2 つ目の特長的要素が列です。各列は特定のアクティビティを表して、これらがまとまると「ワークフロー」になります。カードはワークフローを移動しながら完了に至ります。ワークフローは、「To Do」、「進行中」、「完了」のようにシンプルな場合もあれば、はるかに複雑な場合もあります。

スイムレーン

スイムレーンとは、Jira カンバン ボードで課題を分類する手段です。これによって、アジャイル チームがユーザーなどのさまざまな基準によってグループ化された課題を、簡単に確認できるようにします。

バックログ

カンバン チームはボードのバックログを取ることがよくあります。顧客、プロダクト マネージャー、またはチームメイトはこうしたバックログにプロジェクトのアイデアを記録して、準備が整ったときにチームが着手できるようにします。注力ポイントとは、チームがアイデアに着手してプロジェクトの作業が開始した時点を指します。

ユーザーストーリー

カンバン ボードですぐに目に留まるのが、Jira Software で課題と呼ばれる視覚的カードです。アジャイル チームの場合は、Jira 課題を利用してタスク、バグ、またはユーザー ストーリーを含められます。こうした視覚信号がボードに掲示されると、チーム メンバーや関係者はチームが取り組んでいる内容をすぐに理解できるようになります。

達成ポイント

達成ポイントとは、カンバン チームのワークフローの終了時点を指します。通常は、製品やサービスが顧客に引き渡される時点が達成ポイントとなります。カンバン チームは、リード タイムの最短化を目指して、継続的な改善に努めます。バックログから達成ポイントまで、できるだけ早く課題を移動させることを目指します。

アプリで Jira Software を拡張

Marketplace のアプリと拡張機能で、Jira カンバン ボードを強化しましょう。

Atlassian 構築のロゴ
Marketplace アプリと拡張機能のロゴ

Jira Software でアジャイルを学び、カンバンの達人になりましょう

基本が身についたら、こちらのチュートリアルを確認して Jira Software でカンバンを学びましょう。

アジリティをさらに追加して、すべてをアジャイルに

Jira Software はソフトウェア開発のあらゆるアジャイル手法に対応しています

Jira ボードのアイコン

スクラム

Jira バックログのアイコン

カンバン

アジャイルのアイコン

混合手法

ワークフローの図

大規模アジャイル

今すぐ Jira Software で最初のカンバン ボードを作成しましょう