Close

DevOps テンプレート

一元的なプロジェクトでソフトウェアを計画、構築、運用します。

Jira Software ビュー コード

概要

パフォーマンスの高いチームを対象に設計されている DevOps テンプレートでは、さまざまなツールからの作業を 1 か所で集中管理することで、時間を節約してエラーを減らせます。事前にプロビジョニングされて他の計画、開発、運用ツールと統合されているため、作業を自動で同期して、コード、スケジュール、ドキュメントなどにプロジェクトから簡単に直接アクセスできます。

DevOps


Jira Software
Opsgenie のロゴ
Bitbucket ソフトウェア
Confluence
最適な対象チーム

• ソフトウェア開発チーム
• DevOps チーム

プロジェクト タイプ

• チーム管理対象

課題タイプ
エピック アイコン

エピック

ストーリー アイコン

ストーリー

エピック アイコン

バグ

タスク アイコン

タスク

サブタスク アイコン

サブタスク

ワークフロー ステータス
To Do進行中完了

DevOps プロジェクト計画テンプレート

ネットワーク図のアイコン

1. Open DevOps にサイン アップする

Open DevOps にサイン アップすると、Jira Software、Bitbucket、Confluence、Opsgenie の無料バージョンが自動でプロビジョニングされて接続されます。これらのツールは、必要に応じて個別にアップグレードするか、選択したサードパーティ ツールに交換できます。

フォルダーのアイコン

2. プロジェクトを確認する

プロジェクトを開始すると、Jira Software から直接接続されたツールで発生する作業を可視化できます。特に、[Code (コード)] タブからリポジトリ、[デプロイ] タブからパイプライン、[ページ] タブからドキュメント、[オンコール] タブからオンコール スケジュールにアクセスできるようになります。

ツール アイコン

3. 機能をカスタマイズする

特定の機能が不要であれば、[Features (機能)] ページで簡単にオフに切り替えられます。ナビゲーションから削除されるので、チームに無関係のタブで混乱させられなくなります。なお、いつでも有効に戻せます。

Trello ボード リスト アイコン

4. 作業を整理する

カンバン ボードを使用すると、作業の優先順位付けと追跡に役立つ課題を作成できます。課題とは作業の小さい単位であり、ユーザー ストーリー、バグ、機能リクエストなどを含められます。デフォルトのワークフローを使用するか、列を追加して命名して独自のワークフローを作成できます。

魔法の杖のアイコン

5. 自動化ルールを作成する

自動化ルールを作成してコミットやその他の PR アクティビティをトリガーとして使用し、Jira で追跡している作業を IDE または Git ツールと同期します。たとえば、プル リクエスト承認で、Jira にある課題のステータス更新、Slack におけるチームのチャネルへの簡単なメッセージ送信を自動化するように設定できます。

その他のリソース

ソフトウェア開発用のその他のテンプレート

ガイドと記事

グローバル ネットワーク アイコン

Atlassian Open DevOps

方向アイコン

DevOps ガイド