Close
製品ガイド & チュートリアル

Jira Software の購入、使用、カスタマイズについて知っておくべきすべてを集めました。

Jira が表示されたモニターへと歩いていく人のイラスト

Jira の使用を開始する: 6 つの基本ステップ

チュートリアルを開始する前に、Jira Software Cloud の無料トライアルにサインアップしてください。このガイドは最初のプロジェクト設定の参考になるため、サインアップの間はこのタブを閉じないようにしましょう。サインアップを終えたら、このページに戻ってきてください。 

Jira Software Server を始めますか? こちらをご覧ください >> 


ステップ 1 - プロジェクトを作成する

  1. 画面の左上隅の Jira ホームアイコンをクリックします。( ).
  2. [プロジェクト] をクリックします。
  3. 右上隅の [プロジェクトを作成] をクリックします。

ステップ 2 - テンプレートを選択する

プロジェクトテンプレートを使うと、チームはさまざまな使用事例に対応した初期設定の設定値や機能を使って迅速に作業を開始できます。Jira Software Cloud には、クラシックと次世代という 2 タイプの
プロジェクトテンプレートがあります。

クラシックテンプレートには、Jira Software の当初からの開発目標であった細やかなカスタマイズ機能と柔軟性が備わっています。 次世代テンプレートでは、よりシンプルな構成とカスタマイズオプションで再構築された Jira Software を体験できます。

アトラシアンコミュニティの記事で、次世代プロジェクトの詳細についてお読みください。

クラシック

Jira Software の中心的機能とオプションのすべて


スクラムのアイコン

スクラム

バックログに対応し、スプリントでの作業のプランと見積もりを作成し、定期的に成果を出すアジャイルなチームに最適です。

カンバンのアイコン

カンバン

作業をスプリント別に分けず、継続的なフローの中で進行中の作業の管理に重点を置きつつ、作業を監視するアジャイルチームに向いています (カンバンバックログのオプションを含む)。

バグ追跡のアイコン

バグ追跡

ボードを使い分ける必要がなく、多数の開発タスクとバグを 1 つのリストビューで管理するチームに向いています。

次世代

再構築、再設計を経てシンプルになった操作性


新しいスクラムのアイコン

スクラム

迅速なセットアップと設定の簡素化を目ざすチームに最適です。よりシンプルに再設計された環境で、多数のスプリントにわたって業務を遂行できます。

新しいカンバンのアイコン

カンバン

迅速なセットアップと設定の簡素化を目ざすチームに最適です。よりシンプルに再設計された環境を使い、継続的な流れの中で業務を監視できます。


ステップ 3 - ボードを設定する

ボードに 1 つまたは複数のプロジェクトの課題がまとめて表示され、進行中の作業の表示、管理、レポートを柔軟な方法で行えます。設定するボードのタイプは、ユーザーの選択するプロジェクトテンプレート (クラシックのスクラムまたはカンバン、次世代のスクラムまたはカンバン) によって異なります。

スクラムとカンバンのいずれを使用しても、Jira Software で非常に充実したボードを作成できるため、チームのプロセスの生産性が飛躍的に向上します。

ボードではさまざまな要素を構成できますが、ここでは列の設定に集中するようお勧めします。新規の Jira Software プロジェクトに取りかかるときは、ボードにチームの作業方法をしっかりと反映させることが重要です。

所属チームのワークフローがよく分からないとき、あるいはどのようなワークフローにすべきか分からないとき、こちらのリソースが導入に役立ちます。

ボードの列の設定方法:

  1. 左側にあるプロジェクトメニューで [アクティブスプリント](スクラムプロジェクトの場合) または [カンバンボード](カンバンプロジェクトの場合) を選択し、チームのボードに移動します。
  2. 画面の右上隅の [•••](さらに表示) > [ボード設定] を選択します。
設定ボタンをハイライトしたスクリーンショット

3. 列を選択します。

4. [列を追加] を選択し、チームのプロセスのステップごとに 1 つ列を追加します。

たとえば、QA ステップを終えるまで完了しない作業の場合、「QA」という列を追加して [完了] の前に配置する方法があります。

ボードのセットアップで最も重要な部分は、適切な列を用意することです。チームの働き方を反映したボードを目指しましょう。[+] を選択してボードに列を追加します。

新しい列のボタンをハイライトしたスクリーンショット

目的の順になるよう列をドラッグして再配置します。


ステップ 4 - 課題を作成する

課題は Jira Software の重要な構成要素です。ストーリー、エピック、バグ、ビルドする機能など、プロジェクト内のあらゆるタスクを課題として設定できます。

スクラムとカンバンは、アジャイルプロジェクト管理を支える 2 つのフレームワークです。Jira Software は、プロジェクトがスクラムかカンバンかで機能が異なり、どちらのフレームワークを使っているチームもこれらの機能でサポートします。

スクラムチームの場合: 左側にあるプロジェクトメニューで [バックログ] を選択し、[+ 課題を作成] をクリックして、チームのバックログに対して作業の追加を始めます。

[バックログ] をハイライトしたスクリーンショット

カンバンチームの場合: カンバンボードに移動し、左側にあるグローバルメニューで [+] を選択します。[バックログ] 列に課題が表示されます。

チケットを新規作成するボタンをハイライトしたスクリーンショット

課題の構成方法は何通りもあります。チュートリアルをご覧ください。


スクラムチームの場合: 左側にあるプロジェクトメニューで [バックログ] を選択し、[+ 課題を作成] をクリックして、バックログに課題を追加します。スプリントに直接課題を追加するオプションも選択できます。

[課題を作成] ボタンをハイライトしたスクリーンショット

カンバンチームの場合: 左側にあるプロジェクトメニューで [ボード] を選択し、列のどれかにカーソルを合わせて [+] をクリックします。バックログを有効にしている場合、[バックログ] で課題を作成することもできます。


ステップ 5 - チームを招待する

ここからが、おもしろいところです。十分な作業がボードに表示されたら、チームメンバーの招待を開始します。チームが参加できるようにするには、次のとおり、まず各チームメンバーを Jira サイトに追加します。

  1. 左側のプロジェクトメニューから [プロジェクト設定] を選択します。
  2. [ユーザー] を選択します。
  3. 画面の右上隅にある [ユーザーを追加] を選択します。
  4. チームメンバーのメールアドレスを検索し、[追加] を選択します。
  1. [ボード] または [バックログ] に進みます。
  2. 画面上部にある [ユーザーを追加] を選択します。
新しいメンバーを追加するボタンをハイライトしたスクリーンショット

3.    チームメンバーのメールアドレスを検索し、[追加] を選択します。


ステップ 6 - ワークフローを設定する

Jira サイトにチームがそろったら、コラボレーションを始め、作業を追跡できます。スクラムプロジェクトに参加している場合、作業の追跡を始めるにはスプリントを作成および開始する必要があります。カンバンプロジェクトに参加している場合は、ボードで追跡を開始できます。作業項目を追跡するときは、チームのワークフローの進捗どおりに課題を列から列に移動します。

必ず課題にコメントを残し、チームの全員が状況を追跡できるようにします。この工夫で、メールを通じた 2 者間のコミュニケーションに制限されず、オープンな働き方ができるようになります。

クラシック Jira ボードを表示した gif 画像
次世代 Jira ボードを表示した gif 画像

追加機能

高度なワークフロー

先ほどのステップ 3 では列を使ってワークフローを設定しましたが、ワークフローエディターを使ってチームのワークフローを強化することもできます。次に、その方法を説明します。

  1. プロジェクトから、[プロジェクト設定] > [ワークフロー] を選択します。
  2. [アクション] の下の [編集] アイコンを選択すると、Jira が自動的に次の手順を完了します。

        - 「プロジェクトのワークフロー (下書き)」という名前でシステムワークフローの下書き用コピーを作成します。

        - ワークフロー用に「プロジェクトのワークフローのスキーム」という名前で新しいワークフロースキームを作成します。

        - すでにプロジェクト内にある課題と新しいワークフローを関連付けます。

  3. これでワークフローの下書きを編集できます。ステータスまたはトランジションをクリックし、表示されるパネルで編集オプションを確認します。

 完了したら、[下書きを公開] をクリックし、ダイアログに従って下書きを公開できます。任意で元のワークフローを非アクティブのバックアップとして保存できます。

高度なルール

先ほど のステップ 3 では列を使ってワークフローをセットアップしましたが、ボードに追加でルールをセットアップしてチームをガイドすることもできます。次に、その方法を説明します。

  1. 左側のプロジェクトメニューから [ボード] を選択します。
  2. 右上隅にある [•••](さらに表示) > [ルールを管理] を選択します。
  3. [ルールを追加] をクリックします。
  4. 追加するルールをリストから選択し、[選択] をクリックします。
  5. ルールの設定に必要な情報を入力し、[追加] をクリックします。
  6. ルールの実行状態を見るには、ボードでテスト用課題を作成し、新しいルールの対象となる列に移動します。

その他のリソース

これらのリソースをブックマークしておくと、同僚の Jira ユーザーと常に連絡を取り合い、Jira Software Cloud の新機能や最新ドキュメントの更新を把握できます。

Jira Software でアジャイルを学びましょう。

Jira Software Cloud 製品のデモ

新機能の紹介