Close
製品ガイド & チュートリアル

Jira Software の購入、使用、カスタマイズについて知っておくべきすべてを集めました。

Jira が表示されたモニターへと歩いていく人のイラスト

Jira チュートリアルを開始する: 6 つの基本ステップ

このチュートリアルを開始する前に、無償の Jira Software にサイン アップしてください。このガイドは最初のプロジェクトをセット アップする参考になるため、サイン アップの間はこのタブを閉じないでください。サイン アップを終えたら、ここに戻ってきてください。


ステップ 1 - プロジェクトを作成する

  1. Jira Work Management のロゴ左上隅の Jira のホーム アイコンをクリックします (Jira Work Management logo )
  2. 右上隅にある [プロジェクトを作成] を選択します。

ステップ 2 - テンプレートを選択する

さまざまなカテゴリにわたる多数のテンプレートが用意されている Jira テンプレート ライブラリには、チームが迅速に開始してチームを成功に導くように設計されています。保有するすべての Jira 製品 (Jira Software、Jira Service Management、Jira Work Management) 向けのテンプレートを選択できます。現在、Jira Software は次の 3 つのテンプレートを提供しています。

スクラムのアイコン

スクラム

バックログに対応し、スプリントでの作業のプランと見積もりを作成し、定期的に成果を出すアジャイルなチームに最適です。

カンバンのアイコン

カンバン

作業をスプリント別に分けず、継続的なフローの中で進行中の作業の管理に重点を置きつつ、作業を監視するアジャイルチーム向け (カンバンバックログのオプションを含む)。

バグ追跡のアイコン

バグ追跡

ボードを使い分ける必要がなく、多数の開発タスクとバグを 1 つのリストビューで管理しようとするチーム向け。

プロジェクトタイプ

スクラムとカンバンの各テンプレートの場合のみ、プロジェクト タイプの選択も要求されます。

  • チーム管理対象プロジェクトは、独立したスペースで独自の作業プロセスを管理する独立したチームに適しています。
  • 企業管理対象プロジェクトは、Jira 管理者によって設定されて保守されます。このプロジェクト タイプは、ワークフローを共有するなど、多くのチーム間で作業方法を標準化するチーム向けです。

2 つのプロジェクト タイプの基本的な違いは、どのように管理するかと、チーム レベルまたは会社/Jira 管理者レベルのどちらで発生するかです。


ステップ 3 - 列を設定する

ボードには 1 つ以上のプロジェクトの課題を表示できて、チームのワークフローを視覚化します。ボードは、課題の管理や進行中の作業の報告に役立つ柔軟な表示機能を備えています。スクラムとカンバンの各テンプレートでボードの列を設定する方法は、プロジェクトがチーム管理対象 (ボードから直接) または企業管理対象 (ボード設定で) のどちらであるかによって決まります。

ボードではさまざまな要素を構成できますが、ここでは列の設定に集中するようお勧めします。新規の Jira Software プロジェクトに取りかかるときは、ボードにチームの作業方法をしっかりと反映させることが重要です。

所属チームのワークフローがよく分からないとき、あるいはどのようなワークフローにすべきかわからないとき、こちらのリソースが導入に役立ちます。

ボードの列を設定するには:

  1. 左側にあるプロジェクトメニューで [アクティブスプリント](スクラムプロジェクトの場合) または [カンバンボード](カンバンプロジェクトの場合) を選択し、チームのボードに移動します。
  2. 右上隅で [•••](さらに表示) > [ボード設定] を選択します。
設定ボタンをハイライトしたスクリーンショット

3. 列を選択します。

4. [列を追加] を選択し、チームのプロセスのステップごとに 1 つ列を追加します。

たとえば、QA ステップを終えるまで完了しない作業の場合、「QA」という列を追加して [完了] の前に配置する方法があります。

ボードのセットアップで最も重要な部分は、適切な列を用意することです。チームの働き方を反映したボードを目指しましょう。[+] を選択してボードに列を追加します。

新しい列のボタンをハイライトしたスクリーンショット

目的の順になるよう列をドラッグして再配置します。


ステップ 4 - 課題を作成する

課題は Jira Software プロジェクトの重要な構成要素です。ストーリー、エピック、バグ、ビルドする機能など、プロジェクト内のあらゆるタスクを課題として設定できます。

スクラムとカンバンは、アジャイルプロジェクト管理を支える 2 つのフレームワークです。Jira Software は、プロジェクトがスクラムかカンバンかで機能が異なり、それぞれのフレームワークを使うチームをサポートします。

スクラムチームの場合: 左側にあるプロジェクトメニューで [バックログ] を選択し、[+ 課題を作成] をクリックして、チームのバックログに対して作業の追加を始めます。

[バックログ] をハイライトしたスクリーンショット

カンバン チームの場合: カンバン ボードに移動し、グローバル メニューで [作成] を選択します。[バックログ] 列に課題が表示されます。

カンバンのチケットを新規作成するボタンをハイライトしたスクリーンショット

スクラム チームとカンバン チームの両方が、大規模な作業をロードマップに追加できます。ロードマップは、作業を可視化、計画、管理する場所です。ロードマップでの作業の管理についてご確認ください

  1. プロジェクトメニューで、[ロードマップ] を選択します。
  2. 入力を開始し、Enter キーを押して最初のエピックを作成します。
ロードマップのスクリーンショット

次に、より規模の小さい作業を課題に追加できます。エピックにマウスを合わせます。[+ 子課題を追加] をクリックします。

課題の構成方法は何通りもあります。課題の作成および設定の詳細をご確認ください


スクラムチームの場合: 左側にあるプロジェクトメニューで [バックログ] を選択し、[+ 課題を作成] をクリックして、バックログに課題を追加します。スプリントに直接課題を追加するオプションも選択できます。

[課題を作成] ボタンをハイライトしたスクリーンショット

カンバンチームの場合: 左側にあるプロジェクトメニューで [ボード] を選択し、列のどれかにカーソルを合わせて [+] をクリックします。バックログを有効にしている場合、[バックログ] で課題を作成することもできます。

スクラム チームとカンバン チームの両方が、大規模な作業をロードマップに追加できます。ロードマップは、作業を可視化、計画、管理する場所です。ロードマップでの作業の管理についてご確認ください

  1. プロジェクトメニューで、[ロードマップ] を選択します。
  2. 入力を開始し、Enter キーを押して最初のエピックを作成します。
次世代ロードマップのスクリーンショット

次に、より規模の小さい作業を課題に追加できます。エピックにマウスを合わせます。[+ 子課題を追加] をクリックします。


ステップ 5 - チームを招待する

ここからが、おもしろいところです。十分な作業がボードに表示されたら、チームメンバーの招待を開始します。チームが参加できるようにするには、次のとおり、まず各チームメンバーを Jira サイトに追加します。

  1. 左側にあるプロジェクトメニューで [プロジェクト設定] を選択します。
  2. ユーザーを選択します。
  3. 右上隅にある [ユーザーを追加] を選択します。
  4. チームメンバーのメールアドレスを検索し、[追加] を選択します。
  1. [ボード] または [バックログ] に移動します。
  2. 画面上部にある [ユーザーを追加] を選択します。
新しいメンバーを追加するボタンをハイライトしたスクリーンショット

3. チームメンバーのメールアドレスを検索し、[追加] を選択します。


ステップ 6 - 作業を進める

Jira サイトにチームがそろったら、コラボレーションを始め、作業を一緒に追跡できます。スクラム プロジェクトに参加している場合は、作業の追跡を始めるにはスプリントを作成および開始する必要があります。カンバン プロジェクトに参加している場合は、ボードで追跡を開始できます。作業項目を追跡するときは、チームのワークフローの進捗どおりに課題を列から列に移動します。

プロからのヒント: iOS または Android 用の Jira Cloud アプリを使用して、いつ、どこにいても状況を把握し、つながりを保ち、作業を進めましょう。

必ず課題にコメントを残し、チームの全員が状況を追跡できるようにします。この工夫で、メールを通じた 2 者間のコミュニケーションに制限されず、オープンな働き方ができるようになります。

クラシック Jira ボードを表示した gif 画像
次世代 Jira ボードを表示した gif 画像

その他のリソース

これらのリソースをブックマークしておくと、同僚の Jira ユーザーと常に連絡を取り合い、Jira Software Cloud の新機能や最新ドキュメントの更新を把握できます。

Jira Software でアジャイルを学びましょう。

Jira Software Cloud 製品のデモ

新機能の紹介