Close

Atlassian Cloud利用規約

発効日: 2019年 8 月 6 日 

アトラシアンのクラウド製品をご利用頂き誠にありがとうございます。この Atlassian Cloud 利用規約  (以下「本規約」とする) は、当社のクラウド製品をご利用頂くお客様の権利および責任を定めています。特定のクラウド製品において、アトラシアンの顧客がセットアップしたクラウド製品にお客様が招待または追加された場合、お客様によるクラウド製品へのアクセスおよびクラウド製品の利用には、本規約ではなく、ユーザーへの通知事項が適用されます。本規約は、お客様と、お客様が利用またはアクセスしているこちらに記載のクラウド製品を所有または運営しているアトラシアン (以下「アトラシアン」または「当社」とする) との間の契約です。「お客様」とは、本規約の同意にあたり、あなたが代表する組織、またはそれが該当しない場合、あなた個人を指します。あなたが、雇用主またはその他の組織を代表して同意する場合、あなたは、(i) 雇用主またはかかる組織を本規約に拘束させる完全な法的権限を有していること、(ii) 本規約を読み、理解していること、および (iii) あなたが代表する当事者の代わりに本規約に同意することを表明し、保証するものとします。あなたが、自身の雇用主または該当する組織を拘束させる法的権限を有していない場合、表示されている「同意する」 (またはこれに類似するボタンもしくはチェックボックス) をクリックしないでください。あなたが雇用主またはその他の組織から取得した電子メールアドレスを利用してクラウド製品にサインアップする場合、(A) あなたはかかる当事者の代表者であるとみなされ、(B) 同意ボタンをクリックすることで、あなたの雇用主または当該組織が本規約に拘束され、(C) 本規約における「お客様」とは、あなたの雇用主または当該組織を指すことになりますので、ご注意ください。

本規約は、お客様が最初に「同意」 (またはこれに類似するボタンもしくはチェックボックス) をクリックした日またはクラウド製品を利用した日もしくはクラウド製品にアクセスした日のいずれか早い日 (以下「効力発生日」とする) に効力が生じます。本契約に拘束力をもたせるために署名する必要はありません。お客様は、クラウド製品を登録する時、クラウド製品のアカウントを作成する時、または注文書を提出する時に、「同意」 (またはこれに類似するボタンもしくはチェックボックス) をクリックすることにより、本規約に同意したこととなります。無料製品については、お客様が、該当する無料製品にアクセスすることにより、またはこれを利用することにより、本規約に同意したこととなります。

1. 本規約の対象

1.1. クラウド製品: 本規約は当社のクラウド製品、関連サポート、および追加サービスに適用されます。本規約には当社のポリシー (当社のプライバシーポリシーを含む)、製品別規約、およびお客様の注文書が含まれます。

1.2. 製品別規約: クラウド製品には、製品別規約に定める当該製品固有の追加の条件が適用される場合があります。お客様が製品別規約の対象となる製品にアクセスしまたはこれを利用することにより、お客様は、製品別規約にも同意することになります。

1.3. 拡張カバレッジに関する補足条項。一部の対象クラウド製品は、かかる条件において指定されるとおり、拡張カバレッジに関する補足条項の対象となります。

1.4. 対象外のソフトウェア製品: 本規約は、ダウンロード可能な当社のソフトウェア製品 (現在は「Server」および「Data Center」デプロイとして指定) には適用されません。かかる製品を利用する際には、別途当社とのライセンス契約が必要です。明確にするために付言しますと、当社がクラウド製品の一部として提供するクライアントソフトウェア (例: デスクトップアプリケーションまたはモバイルアプリケーション) は本規約の対象範囲に含まれます。

2. クラウド製品の管理方法

2.1. 管理者: クラウド製品を通じて、お客様は特定のエンドユーザーを管理者に指定することができる場合があります。管理者は、お客様によるクラウド製品のご利用およびエンドユーザーのアカウントに対する重要な権利および管理権を有します。これには、クラウド製品の注文書を出すこと、アプリを利用可能にすること (料金が生じる場合もあります)、エンドユーザーのアカウントを作成、削除、監視または変更すること、ならびにエンドユーザーの利用権限を設定すること、およびエンドユーザーまたはその他の者によるお客様のデータへのアクセスを管理することなどが含まれる場合があります。また管理者は、お客様のドメインに属する電子メールアドレスを利用してこれまでに登録されたアカウント (当社のドキュメントに記載されているとおり、「管理対象アカウント」となる) の管理を担うことができます。管理者にすべてが適用される第 2.4 条 (エンドユーザーに対する責任) を制限することなく、お客様は、管理者になることをお客様が許可した者および当該管理者によるすべての行為について、上記のものを含め、責任を負います。お客様は、お客様のためのクラウド製品の社内的な管理または運営にまで当社の責任が及ばないことに同意するものとします。

2.2. 管理者としてのリセラー: お客様がリセラーを通じてクラウド製品を注文する場合、お客様は、リセラーを管理者とするか否かを決定する責任、およびリセラーとの間で適用される契約における、関連する権利または義務についての責任を負います。お客様とアトラシアンの間において、お客様は、ご自身のアカウントその他お客様のエンドユーザーのアカウントに対するリセラーのアクセスについて単独で責任を負います。

 

2.3. エンドユーザーの同意: お客様は、次の事項を許可するために必要な、すべての情報をエンドユーザーに開示し、すべての同意をエンドユーザーから取得し、維持するものとします。(i) 管理者が本規約およびプライバシーポリシーに定めるアクセス権を有すること、(ii) アトラシアンが管理者およびエンドユーザーにクラウド製品を提供すること。お客様は、当社の合理的な要求に応じて、かかる同意の証拠を提供するものとします。 

2.4. エンドユーザーに対する責任: 当社のクラウド製品には様々なユーザーによる利用開始手順があります。一部のクラウド製品においては、管理者がユーザーを指定しなければなりません。また、個別のアカウントにユーザーが登録し、当該アカウントを後にチームまたは組織と結び付けることができるようなクラウド製品もあります。さらに、ユーザーが他のユーザーを招待できる製品もあります。お客様は、ご利用になる各クラウド製品の設定および管理を理解し、エンドユーザーになることを許可した者を管理する責任を負います。エンドユーザーがクラウド製品を利用またはこれにアクセスするために料金の支払いが必要な場合、当社は、お客様が支払った該当する料金の対象であるエンドユーザーにのみクラウド製品を提供する責任を負い、かかるエンドユーザーのみがクラウド製品にアクセスし、これを利用することができます。一部のクラウド製品では、お客様が異なる種類のエンドユーザーを指定することができる場合があります(例: Jira Service Desk では「エージェント」と「顧客」を区別しています)。この場合、エンドユーザーの種類に応じて、価格および機能が異なることがあります。お客様は、すべてのエンドユーザーが、支払い義務を含め、本規約を遵守することについて責任を負います。お客様は、エンドユーザーがお客様の組織またはドメインに属していない場合でも、エンドユーザーが出す可能性のある注文書およびエンドユーザーがお客様のデータを利用する方法を含め、お客様のすべてのエンドユーザーのアクティビティについて責任を負うことにご注意ください。当社は、登録時、アカウント作成時、クラウド製品の登録時、または製品内に当社のユーザーへの通知事項を表示することがあります。お客様がクラウド製品のID管理において SSO (シングルサインオン) を利用することにより、エンドユーザーがこれらの画面および当社のユーザーへの通知事項を閲覧することがない場合、お客様はエンドユーザーに当社のユーザーへの通知事項を提示する責任およびかかる提示をしなかったことにより生じた損害について責任を負います。

   

2.5. 資格情報: お客様は、すべてのエンドユーザーに対し、クラウド製品用のユーザー ID およびパスワードを機密情報とし、許可されていない人物とかかる情報を共有しないことを要求しなければなりません。ユーザー ID は個々の指定された人物に対して付与され、これを共有することはできません。お客様は、エンドユーザーのアカウントおよびパスワードを利用して行われたすべての行為について責任を負います。またお客様は、無断利用を知った場合、直ちに当社に通知することに同意するものとします。

2.6. エンドユーザーの年齢要件: クラウド製品は 16 歳未満の方を対象としておらず、16 歳未満の方にはご利用頂けません。お客様は、すべてのエンドユーザーが 16 歳以上であることを確認する責任を負います。

2.7. ドメイン名の所有権: お客様がクラウド製品または特定のクラウド製品の機能を操作するためにドメインを指定する必要がある場合、当社は、お客様がそのドメインを所有または管理していることを確認することがあります。お客様が指定したドメインを自ら所有または管理していない場合、当社はクラウド製品およびクラウド製品の機能をお客様に提供する義務を負いません。

3. お客様のクラウド製品サブスクリプションの内容および制限

3.1. クラウド製品へのアクセス: お客様は、本規約に基づき、該当するサブスクリプション期間中に、本規約、該当する注文書およびドキュメントに従って、ご自身の商用利用または私的利用のいずれか該当する利用のためにクラウド製品にアクセスし、クラウド製品を利用することができます。これには、お客様の権限に基づくクラウド製品の利用の一環として、クラウド製品に関連するクライアントソフトウェアをダウンロードし、これを利用する権利が含まれます。本第 3.1 条においてお客様に付与される権利は、非独占的、サブライセンス不可能、移転不可能な権利です。

3.2. サポート: サブスクリプション期間中、当社は、(適用がある範囲で) サポートポリシーおよびエンタープライズサポート・サービスポリシーならびに該当する注文書に従って、クラウド製品向けサポートを提供します。

3.3. 制限: 本規約において別途明示的に許可されている場合を除き、お客様は、(a) クラウド製品を複製、改変、改造せず、もしくはクラウド製品の派生物を作成せず、(b) クラウド製品へのアクセスを第三者に対し貸しつけ、リース、配布、販売、サブライセンス、移転、もしくは提供せず、(c) 第三者の利益のためにクラウド製品を利用せず、(d) お客様が第三者に提供する製品またはサービスにクラウド製品を組み込まず、(e) お客様による利用を制限することを目的としたクラウド製品内の仕組みを妨害もしくは回避せず、(f) 適用法で明示的に認められている場合かつ当社に事前に通知をしている場合を除き、クラウド製品をリバースエンジニアリング、逆アセンブル、逆コンパイル、変換またはその他の方法でソースコード、内在するアイデア、アルゴリズム、ファイル形式またはクラウド製品向けの非公開の API を取得もしくは導出しようとせず、(g) クラウド製品に含まれる所有者表記またはその他の表記を消去もしくは隠匿せず、(h) 競争目的の分析および競合製品の開発のためにクラウド製品を利用せず、(i) クラウド製品の性能に関する情報を広く公開せず、または (j) これらの行為を第三者に行わせることも、および第三者のこれらの行為を支援することもしないものとします。

4. セキュリティおよびデータプライバシーポリシー

4.1. セキュリティおよび認証: 当社は、不正アクセス、破壊、使用、変更、または開示からお客様のデータを保護するために設計された物理的、技術的、および管理上のセキュリティ対策を実施し、維持します。さらに当社は、独立した第三者機関による監査および資格認定を含むコンプライアンスプログラムを維持しています。当社のセキュリティ対策および資格認定のさらなる詳細については、随時更新される Trust Center をご覧ください。

4.2. プライバシー: 当社は、お客様およびお客様のエンドユーザーのクラウド製品のご利用または本規約に関連する、お客様およびお客様のエンドユーザーに関する特定のデータおよび情報を収集します。当社は、当社のプライバシーポリシーに従ってかかるデータおよび情報を収集および利用し、お客様はこれを了承するものとします。

4.3. クラウド製品の改善: 当社は常にクラウド製品を改善するよう努めています。クラウド製品を改善するために、当社は、当社のクラウド製品がどのように利用されているかをより深く理解するため、分析技術を利用します。こうした技術および収集するデータの種類の詳細については、当社のプライバシーポリシーをご確認ください。

 

4.4. 令状: 本規約のいかなる規定も、当社が、法律、令状、または裁判所の命令が要求する範囲において、お客様のデータを開示することを妨げません。ただし当社は、通知することが許可されている場合には、お客様に通知するために商業上の合理的な努力をします。アトラシアンはお客様のプライバシー権と他の法的要請との均衡をとるよう努めます。顧客データへのアクセスを要求する法執行官に関するアトラシアンのポリシーおよびガイドラインの詳細については、当社の法執行における要求に関するガイドラインをご確認ください。

4.5. GDPR データ処理補遺: お客様が EEA (欧州経済領域) もしくはスイスに所在する場合、または規則 (EU) 2016/679 (一般データ保護規則) もしくはこれを継承する法の地理的適用対象である場合、お客様はこちらからアトラシアンのデータ処理補遺を要求し手続きを完了することができます。

5. お客様のデータに適用される条件

5.1. お客様にクラウド製品を提供する際のお客様のデータの利用: お客様は、クラウド製品に提供した形式のお客様のデータに対するすべての権利、権原および権益を有しています。本規約に基づき、かつ、お客様にクラウド製品を提供するために必要な範囲に限り、お客様は、当社に対し、お客様のデータにアクセスし、ならびにお客様のデータを利用、処理、複製、配布、取扱い、エクスポートおよび表示するための、全世界を対象とした期間限定のライセンスを付与します。クラウド製品上で表示するためにお客様のデータを再フォーマットすることが、改変または派生物生成となる限りにおいて、前述のライセンスには改変すること、および派生物を作成する権利が含まれます。また当社は、お客様によるサポートの依頼に応じるために、エンドユーザーの許可を得て、お客様のアカウント、エンドユーザーのアカウントおよびお客様のクラウド製品にアクセスすることができます。

5.2. お客様のデータに関する法令遵守義務: お客様およびお客様によるクラウド製品の利用 (お客様のエンドユーザーによる利用を含む) は常に本規約、利用許諾ポリシー、およびすべての法律を遵守して行わなければなりません。お客様は、(i) お客様のすべてのデータをクラウド製品に提出し、本規約において当社に付与されている権利を付与するために必要なすべての権利、譲渡証書、および許諾を得ていること、ならびに (ii) お客様のデータならびにお客様が本規約において許可しているお客様のデータの提出および利用が、(1) 法律、(2) 第三者の知的財産権、プライバシー権、パブリシティー権、およびその他の権利、ならびに (3) お客様のデータを規律するお客様または第三者のポリシーまたは規約に違反していないことを表明し保証するものとします。第 4 条 (当社のセキュリティおよびデータプライバシーに関するポリシー) における当社の明示的な義務を除き、当社はお客様のデータに対して何らの責任を負いません。お客様のデータならびにそれをクラウド製品において提出および利用した結果に対してはお客様が単独で責任を負います。

  

5.3. 禁止されている機密個人情報の取扱いの禁止: お客様は、機密個人情報の処理が、該当するドキュメントの該当するクラウド製品の機能として明示的にサポートされていない限り、機密個人情報をクラウド製品に提出 (またはクラウド製品を使用して収集) しないこととします。他の条項にこれと矛盾する定めがあっても、上記に違反して提出された機密個人情報については、本規約に基づく責任を負いません。

5.4. お客様による損害賠償: お客様は、(i) お客様による第 2.3 条 (エンドユーザーの同意) 違反、またはクラウド製品の利用に起因してお客様のエンドユーザーが申し立てた一切の請求もしくは紛争、(ii) お客様による第 5.2 条 (お客様のデータに関する法令遵守義務) もしくは第 5.3 条 (禁止されている機密個人情報の取扱いの禁止) 違反、もしくはそのおそれ、または (iii) お客様の資源に起因もしくは関連して生じた請求による一切の請求、費用、損害、損失、責任および経費 (合理的な弁護士料金および弁護士費用を含む) について、当社(ならびに当社の関係会社、役員、取締役、エージェント、および従業員) を防御し、補償し、免責するものとします。この損害賠償義務は、お客様が、(a) かかる請求の書面による通知を速やかに受領すること (ただし、いかなる場合でも、お客様が他の権利に影響を及ぼすことなく対応するための十分な期間を定めた通知であること)、(b) かかる請求の調査、防御、解決を管理および指示するための独占的な権利を受けること、ならびに (c) お客様の費用負担で当社による合理的かつ必要なすべての協力を得ることを条件とします。

5.5. 削除および一時停止: 当社は、クラウド製品にアップロードされたコンテンツを監視する義務を負いません。しかしながら、お客様による本規約 (当社のポリシーを含む) の違反に基づき当社がそのような監視が必要であるとみなした場合、または、当社の著作権および商標違反の報告に関するガイドラインに従い当社が受領した削除要求に応じる場合、当社は、(1) クラウド製品からお客様のデータを削除し、または、(2) クラウド製品へのお客様のアクセスを一時停止することができます。当社は、可能な場合に、削除および一時停止についてお客様に事前に通知するために合理的な努力をします。ただしお客様の行為によってクラウド製品の稼働または他のユーザーに危険が及ぶと当社が判断した場合、当社は、通知をすることなく、直ちにお客様のアクセスを一時停止し、または、お客様のデータを削除することができます。当社は、本第 5.5 条に記載されているとおりにクラウド製品からのお客様のデータの除去もしくは削除、または、お客様によるクラウド製品へのアクセスの一時停止について、お客様に対し責任を負いません。

 

6. クラウド製品における第三者の製品の利用

6.1. 第三者の製品: お客様 (お客様のエンドユーザーを含む) は、サードパーティアプリ (第 6.2 条 (Marketplace アプリ) を参照) または実装、カスタマイズ、トレーニングもしくはその他のサービスを含め、クラウド製品に関連する第三者の製品またはサービスを利用または調達することができます。お客様による第三者の製品またはサービスの受領および利用 (ならびに第三者によるお客様のデータの利用) には、お客様と第三者であるプロバイダーとの間の個別の契約が適用されます。お客様がクラウド製品において第三者の製品またはサービス (第 6.2 条 (Marketplace アプリ) で言及しているサードパーティアプリを含む) を利用可能にした場合または利用した場合、当社は当該第三者であるプロバイダーの製品およびサービスとクラウド製品との相互運用のために必要な場合に、当該第三者であるプロバイダーに対し、お客様のデータへのアクセスまたはお客様のデータの利用を許可します。かかるアクセスまたは利用には、お客様のデータを送信、移転、変更もしくは削除すること、または第三者であるプロバイダーまたはその他の第三者が保有するシステム上にお客様のデータを保存することが含まれる場合があります。第三者であるプロバイダーによるお客様のデータの利用については、お客様と当該プロバイダーとの間における該当する契約が適用されます。当社は、第三者であるプロバイダーならびにその製品およびサービスによるお客様のデータへのアクセスおよびお客様のデータの利用、ならびに第三者であるプロバイダーならびにその製品およびサービスにおけるセキュリティおよびプライバシーに関する措置につき、一切の責任を負いません。お客様は、第三者であるプロバイダーまたはその製品もしくはサービスに対してお客様のデータを利用するための許可を与えるというご自身の判断について、単独で責任を負います。該当する第三者であるプロバイダーが定めるお客様と当該プロバイダーとの間の契約を慎重に確認することはお客様の責任になります。当社は、第三者の製品またはサービスに関する一切の責任 (サポート、可用性、安全性など) または第三者であるプロバイダーもしくはベンダーによる作為もしくは不作為に関する一切の責任を負いません。 

6.2. Marketplace アプリ: Atlassian Marketplace 利用規約に詳細が記載されているとおり、Atlassian Marketplace には Atlassian アプリおよびサードパーティアプリの両方を含め、クラウド製品でご利用頂ける様々なアプリがあります。クラウド製品向けの Atlassian アプリは、本規約における「クラウド製品」に該当します(Atlassian Marketplace において当社が異なる定めをしている場合を除きます)。サードパーティアプリはクラウド製品ではなく、該当するベンダー規約が引き続き適用されます。当社は、第 6.1 条 (第三者の製品) に定めているとおり、クラウド製品とサードパーティアプリとの相互運用を可能にすることがあります。「アプリ」「Atlassian アプリ」「サードパーティアプリ」「ベンダー」、および「ベンダー規約」という用語は、Atlassian Marketplace のご利用を規律する別の規約である Atlassian Marketplace 利用規約に定義されています。

7. アトラシアンの開発資産の利用: 当社のAPI、SDK、その他のアトラシアンの開発資産へのアクセスには、別の規約であるアトラシアン開発者規約が適用されます。

8. 追加サービス

8.1. 追加サービス: 本規約に基づき、お客様は、該当する注文書に従って当社がお客様に提供する追加サービスを購入することができます。追加サービスにはエンタープライズサポート・サービスポリシーを含め、当社が指定する追加のポリシーおよび規約が適用されることがあります。

8.2. 当社提供物: 当社は当社提供物についてのすべての権利、権原および権益を保持します。お客様は、クラウド製品に関連する場合に限り、クラウド製品と同一の利用権および制約に従って、当社提供物を利用することができます。明確にするために付言しますと、当社提供物はクラウド製品とはみなされず、いずれのクラウド製品も当社提供物とはみなされません。

8.3. お客様の資源: お客様は、当社が追加サービスを提供するために合理的に必要とするお客様の資源に、当社が合理的にアクセスすることに同意するものとします。お客様が適時にお客様の資源へのアクセスを当社に提供しない場合、当社は、お客様がかかるアクセスを当社に提供するまで、追加サービスの提供を行いません。お客様の資源の基礎となるクラウド製品、当社提供物または当社の技術の所有権が当社にあることを条件に、お客様はお客様の資源についての権利を保持します。当社は、追加サービスを提供するためにのみ、お客様の資源を利用します。お客様は、かかる目的のためにお客様の資源を当社に提供する際に必要なすべての権利を有していることを表明し、保証します。

8.4. 対象外となるトレーニング: お客様によるトレーニングの購入および当社によるトレーニングの提供には、別の規約である当社のトレーニングに関する規約およびポリシーが適用されます。

9. 請求、更新、および支払

9.1. 月額プランおよび年額プラン: 無料製品を除き、すべてのクラウド製品は、月額プランまたは年額プランのいずれかに基づいて提供されます。

9.2. 更新: お客様の注文において異なる定めがある場合を除き、現在のサブスクリプション期間が満了する前に、いずれの当事者もお客様のサブスクリプションを取り消さない場合、お客様のサブスクリプションは、初回のサブスクリプション期間と同一のサブスクリプション期間で自動的に更新されます。お客様は、更新しない旨を、当社が指定する方法で通知をするものとします。この方法にはクラウド製品内でのアカウント設定または当社サポートチームへの連絡が含まれます。お客様がサブスクリプションを取り消した場合、お客様は次の請求期間において課金されません。ただし、お客様は、既に課金済みの金額について返金およびクレジットを受けることはありません。すべての更新は、引き続き提供される該当のクラウド製品を対象とし、その時点のレートで料金が課金されます。

9.3. ユーザーの追加: お客様は、新しい注文書の発行または既存の注文書の変更により、ユーザーの追加、ストレージ容量の増加、その他の方法によるクラウド製品の追加利用をすることができます。当該注文書に異なる定めがある場合を除き、当社は、増加した利用分の料金として、その時点の料金レートに従って、その時点のサブスクリプション期間の残りの期間に対応した按分金額をお客様に課金します。

9.4. お支払い: お客様は、各注文書に従って、注文書で特定されている通貨建てで、支払期日までにすべての料金を支払います。請求金額の支払いに注文番号が必要な場合、お客様は、accountsreceivable@atlassian.com に注文番号を電子メールで送ることにより、アトラシアンにかかる注文番号を提供しなければなりません。アトラシアンの事業所ではない場所で提供される追加サービスについては、お客様の注文書に異なる定めがない限り、お客様は、当社に対し、当社が事前に承諾した旅費、宿泊費、および食事代の実費をご負担いただきます。当社はこれらの費用が生じた時に請求することができます。第 10 条 (当社の返金ポリシー)、第 18.3 条 (保証違反に対する救済)、第 20 条 (知的財産に関する補償 ) または第 24 条 (本規約の変更) に明示的に定められている場合を除き、すべての支払いは返金不能、取消不能、および控除不能です。お客様は、当社が更新、ユーザーの追加、利用制限または利用範囲の超過、費用、および未払いの料金について、お客様のクレジットカードまたはその他の支払手段に課金することができることに同意するものとします。

9.5. 提供: 当社は、お客様のアカウントまたはその他の合理的な手段を通じて、当社が所定の料金の支払を受けるまでに、クラウド製品のログイン方法についての説明書を提供します。お客様は、自らの責任で、ご自身のアカウントにアクセスし、当社が支払を受けたことおよびご自身の注文が処理されていることを確認するものとします。本規約におけるすべての提供は、電子的手段により行います。

 

10. 当社の返金ポリシー: 顧客満足に向けた当社の取り組みの一環として、第 18 条 (保証および免責) に記載されている性能保証を限定することなく、お客様は、理由の有無にかかわらず、クラウド製品の初回の注文日から 30 日以内に当社に対して解約通知をすることにより、本規約に基づく当該クラウド製品の初回注文を解約することができます。お客様が本第 10 条に基づき初回注文を解約する場合、お客様から返金の要請を受けた時は (返金に関するご連絡は、お客様のアカウントを通じて行うことができます)、当社は、お客様に対し、初回注文に基づいて支払われた金額を返金します。この解約権および返金請求権は、上記に定める期間内にお客様がご自身の解約権を行使した場合に限り、かつ、クラウド製品の初回注文にのみ適用され、追加サービスには適用されません。お客様は、当社が、第 24 条 (本規約の変更) に従って、将来においてこのポリシーを変更することがあることを理解するものとします。

11. 税金に係る取扱い

11.1. 税金: 本規約に基づくお客様の料金には、支払元または支払先の法域においてクラウド製品に関して支払うべき税金または関税は一切含まれていません。かかる税金または関税を当社が支払うべき範囲において、お客様は、本規約に基づいて支払うべき料金に加えて、かかる税金または関税に相当する額を当社に支払わなければなりません。上記にかかわらず、関連する税金または関税が課税または査定された時点で、お客様がかかる税金または関税について免税措置を受けている場合、お客様はかかる免税措置に関わる情報を当社に提供することができ、当社は、所定の請求書面をお客様に提供し、お客様が関連する税務当局から還付または控除を受けることができるように合理的な努力をします。

11.2. 源泉徴収税: お客様は、所定の源泉徴収税額を差し引いたすべての料金を支払います。免税措置または租税条約上の軽減税率が適用可能な場合、お客様および当社は協力して源泉徴収税を回避します。当社が免税措置または租税条約上の軽減税率の適用を受ける資格を有する場合、当社はお客様に対し合理的な文書による証明を提供します。お客様は、お客様が源泉額として留保しまたは控除された額の全額を関連当局に支払ったことを示す合理的な証拠を当社に提供するものとします。

12. お客様がリセラーを通じた購入した場合:  お客様がアトラシアンの認定したパートナーまたはリセラー (以下「リセラー」という) を通じて購入した場合、以下の規定が適用されるものとします。

(a) お客様は、当社に対する支払いに代えて、お客様とリセラーが合意した金額をリセラーに支払うものとします。当社が、リセラーからこれに対応する支払いを受けない場合、当社はお客様がクラウド製品を利用する権利を一時的に停止し、または終了することがあります。

 

(b) お客様による注文の詳細 (例: お客様にご利用頂けるクラウド製品、エンドユーザーの数、サブスクリプション期間など) は、お客様に代わり、リセラーが当社に対して発注した注文書の記載に従うものとします。当社に伝えた注文書の正確性については、リセラーが責任を負うものとします。

(c) お客様が本規約に基づいて返金を受ける権利がある場合は、当社が異なる定めをしていない限り、当社は、リセラーに対し所定の料金を返金します。お客様に対して、適切な金額を返金することに関しては、リセラーが単独で責任を負うものとします。

(d) リセラーは、本規約を変更する権限、および当社の代わりに契約を締結する、または義務を引き受ける権限を有しません。当社は、本規約に定めるものを除き、お客様に対する義務を一切負いません。

(e) 本規約に基づく該当するクラウド製品のお客様による利用に関してリセラーが当社に支払ったまたは支払うべき金額は、第 19.2 条に定める賠償責任の限度額を計算する上で、本規約に基づいてお客様が当社に実際に支払ったまたは支払うべき金額であるとみなされます。

13. 他製品の将来の機能性を条件としないこと: お客様は、注文書に記載されたクラウド製品および追加サービスを、当社の他の製品またはサービスとは別個に購入していることを了承するものとします。いかなる製品またはサービスに関する支払義務も、当社の他の製品の購入または利用を条件とするものではありません (明確にするために付言しますと、クラウド製品および追加サービスの購入はそれぞれ別個のものであり、仮に同一の注文書に記載されている場合においても、個々の購入は、それぞれ他方の購入を条件とするものではありません)。お客様は、ご自身による購入が、将来の機能性または特徴の提供 (現在のサブスクリプション期間を超えて、将来においてクラウド製品を利用できることを含む) を条件とするものではなく、当社が将来の機能もしくは特徴に関して口頭もしくは書面で公の場で示したコメントに依拠するものでもないことに同意するものとします。

14. 評価版、トライアル、およびベータ版: 当社はお客様に対し無料で (一部の Atlassian アプリを含む) 特定のクラウド製品を提供することがあります。かかるクラウド製品には、無料のアカウント、以下で定義するトライアル利用およびベータ版 (以下、総称して「無料製品」とする) が含まれます。お客様による無料製品の利用には、当社が指定する追加の条件が適用されます。また、当社が指定するサブスクリプション期間中にのみ (当社が指定しない場合は、本規約に従って終了するまで) 無料製品をご利用頂けます。本第 14 条に異なる定めがある場合を除き、第 3.3 条 (制限) を含め、クラウド製品を対象とする本規約の条件はすべて無料製品に適用されます。当社は、いつでも、また理由を問わず、当社の単独の裁量により、お客様に対して責任を負うことなく、無料製品を利用するお客様の権利を変更または終了することができるものとします。一般公開前およびベータ版のクラウド製品ならびに一般に利用可能なクラウド製品内の一般公開前およびベータ版の機能で当社が提供するもの (総称して「ベータ版」とする) は依然として開発中のものであり、動作不能または不完全である場合があり、一般に利用可能なクラウド製品よりも多くのエラーおよびバグが含まれているおそれがあることをお客様は理解するものとします。当社は、ベータ版が一般に利用可能になることを約束しません。状況に応じて、当社は、お客様によるベータ版へのアクセスを許可する際に料金を課金することがありますが、ベータ版には引き続き本第 14 条が適用されます。ベータ版を含む無料製品の特徴、機能または性能に関するすべての情報は当社の機密情報です。適用される法律が認める最大限の範囲において、当社は、サポート、保証および損害賠償義務を含め、無料製品に関するすべての義務または責任を負いません。本規約の他の定めにかかわらず、無料製品に関する当社のお客様に対する損害賠償責任の上限は総額で 100 米国ドルとします。

15. クラウド製品に関する知的財産権およびフィードバック: お客様のクラウド製品の利用には、一定の制限があります。「購入」または「販売」などの用語の利用にかかわらず、クラウド製品に係る所有権はお客様に移転しません。当社および当社のライセンサーは、すべての知的財産権を含め、当社の技術 (クラウド製品を含む) に関するすべての権利、権原および権益を有し、これらを留保します。お客様は、随時、フィードバックを当社に提供することができます。当社は、当社の製品またはサービスに関連して、何らの義務、ロイヤリティまたは知的財産権等に基づく制限を伴うことなく、あらゆる形でフィードバックを自由に利用、複製、開示、ライセンス、配布、活用することができます。いずれのフィードバックもお客様の機密情報とはみなされません。本規約のいかなる規定も、フィードバック等を取り入れているか否かを問わず、製品またはサービスを独立して利用、開発、評価、または販売する当社の権利を制限するものではありません。

16. 機密保持: 本規約で異なる定めがある場合を除き、各当事者は、一方当事者 (以下「開示当事者」とする) が相手方当事者 (以下「受領当事者」とする) に対し開示するすべてのコード、発明、ノウハウ、営業情報、技術情報および財務情報が、開示時に機密と特定されている場合、または開示された情報の性質や開示された状況から受領当事者が機密情報もしくは専有情報であると合理的に認識すべきである場合に、開示当事者の秘密性のある財産 (以下「機密情報」とする) となることに同意するものとします。クラウド製品に関する当社の技術および性能情報の一切は、機密情報である旨の表示および追加的指定なして、当社の機密情報であるものとみなされます。本規約において明示的に認められている場合を除き、受領当事者は、(1) 機密情報を機密として保持し、第三者に一切開示せず、(2) 本規約における自己の義務の履行および自己の権利の行使以外の目的で機密情報を一切利用しません。受領当事者は、自己の従業員、エージェント、請負業者その他代理人が正当に知る必要のある場合には、これらの者に対し機密情報を開示することができます。ただし、これらの者が少なくとも本第 16 条に定めるものと同等またはそれ以上に開示当事者を保護する機密保持義務に拘束され、受領当事者がこれらの者による本第 16 条の条件への遵守に対し引き続き責任を負うことを条件とします。受領当事者の機密保持義務は、受領当事者が、(i) 機密情報の受領前に正当に所有、または知っていた、(ii) 受領当事者の責めに帰すべき事由によらずに公知であるまたは公知となった、(iii) 受領当事者が機密保持義務に違反することなく第三者から正当に取得した、または (iv) かかる情報にアクセスできなかった受領当事者の従業員が独自に開発したことを証明できる情報には適用されません。また受領当事者は、規制、法律または裁判所の命令に基づいて要求された場合に(ただし規制または命令を遵守するために必要最低限の範囲に限り、かつ、事前に開示当事者に通知した上で)機密情報を開示することができます。受領当事者は、機密情報の開示が損害賠償のみでは十分な救済にならない重大な損害を及ぼす可能性があることを理解し、受領当事者がかかる開示をした場合に開示当事者が適切な衡平法上の救済および法律上のその他のあらゆる救済を受ける権利を有することを了承するものとします。

17. 契約期間および契約の終了

17.1. 契約期間: 本規約は効力発生日に効力が生じ、すべてのサブスクリプション期間が満了する日または解除される日に失効します。

17.2 途中解約: いずれの当事者も、相手方当事者が、(a) 通知後 30 日以内に本規約に対する重大な違反を解消しない場合、(b) 承継人に引き継ぐことなく事業を中止した場合、または (c) 倒産、破産管財人による管理、信託証書、任意整理、和議もしくはこれらに相当する手続きにおける保護を求める場合、または相手方当事者に対してかかる手続きが開始された場合 (かつ、その後 60 日以内に取り下げられない場合) に、本規約 (すべての関連する注文を含む) を解除することができます。

17.3. 任意解約: お客様は、当社に書面で通知することにより、いつでも理由を問わず、クラウド製品の利用中止を選択し、本規約 (すべての注文を含む) を終了させることができます。ただし、お客様が第 10 条 (当社の返金ポリシー) に基づき途中解約する権利を行使している場合を除き、かかる解除時に、(i) お客様は支払済みの料金の返金を受ける権利を有さず、(ii) お客様がその時点におけるサブスクリプション期間または関連するサービス期間に関して(`該当する場合)所定の料金をすべて支払っていない場合、お客様はかかる未払料金について期限の利益を失い、直ちに支払わなければなりません。

17.4. 契約終了の結果: 本規約の有効期間満了時または終了時に、お客様は、すべてのクラウド製品の利用を中止し、お客様が保有している当社の機密情報その他資料のすべて (お客様の代わりに運用されている第三者のシステム上のものを含む) を削除 (または当社に要求により返却) しなければなりません。当社が求める場合、お客様は、かかる削除を証明するものとします。お客様は、本規約 (または該当するサブスクリプション期間) の有効期間満了後または終了後に、お客様のデータにアクセスすることができません (当社は、法律で禁じられていない限り、お客様のデータのすべてを削除することがあります)。そのため、お客様は、該当するサブスクリプション期間中に、クラウド製品の機能を利用して、お客様のデータをエクスポートしなければなりません。お客様が、第 17.2 条 (途中解約) に従って本規約を解除した場合、当社は、支払済みの料金について、その時点のサブスクリプション期間のうち、解除の効力発生日以降の残存期間に対応する額をお客様に返金します。当社が、第 17.2 条 (途中解約) に従って本規約を解除した場合、お客様は、その時点のサブスクリプション期間のうち解除の効力発生日以降の残存期間に対応する未払いの金額を支払うものとします。いかなる場合においても、解除によって、解除の効力発生日前の期間について当社に支払うべき料金の支払義務が免除されることはありません。本規約において排他的な救済方法が明示されている場合を除き、いずれかの当事者が救済 (解除を含む) を実行したとしても、かかる当事者が本規約または法律その他に基づき得ることができるその他の救済を妨げることにはなりません。

17.5. 存続条項: 以下の規定は本規約の終了後または期間満了後も存続します。第 3.3 条 (制限)、第 5.4 条 (お客様による損害賠償)、第 6.1 条 (第三者の製品)、第 9.4 条 (お支払い)、第 11 条 (税金に係る取扱い)、第 14 条 (評価版、トライアル、およびベータ版) (免責事項および利用制限のみ)、第 15 条 (クラウド製品における知的財産権およびフィードバック)、第 16 条 (機密保持)、第 17 条 (契約期間および契約の終了)、第 18.4 条 (保証に係る免責)、第 19 条 (責任の制限)、第 20 条 (知的財産に関する補償) (ただし、サブスクリプション期間中のお客様によるクラウド製品の利用に起因する請求に関するものに限る)、第 22 条 (紛争解決)、および第 26 条 (一般条項)。

18. 保証および免責

18.1. 相互保証: 各当事者は、本規約を締結する法的能力と権限を有していることを表明し保証します。

18.2. 当社の保証: お客様の利益のためにのみ、当社は、ウィルス、トロイの木馬、またはこれに類似する有害物がクラウド製品に侵入することを防ぐために商業的に合理的な努力をすることを保証します (ただし当社は、お客様またはエンドユーザーが持ち込んだ有害物に対して責任を負いません) (以下「性能保証」とする)。

18.3. 保証に基づく救済: 当社は、お客様に課金することなく、性能保証に対する報告された不適合を解消するために商業的に合理的な努力をします。解消することが実務上困難であると当社が判断した場合、いずれの当事者も当該時点において有効なサブスクリプション期間を解除することができます。この場合、当社は、お客様が支払い済みのクラウド製品利用料金について、当該サブスクリプション期間のうち解除された期間分に相当する金額を返金します。性能保証は、(i) お客様が最初に不適合を知った日から 30 日以内に請求しない場合、(ii) 不適合が誤用、無断変更、または第三者の製品、ソフトウェア、サービスもしくは機器に起因して生じた場合、または (iii) 無料製品の場合には適用されません。性能保証に対する違反に関する、当社の責任およびお客様の救済方法は、本第 18 条に定めるものに限られるものとします。

18.4. 保証に係る免責: 本第 18 条に明示的に定められている場合を除き、すべてのクラウド製品、サポートおよび追加サービスは現状有姿 (AS IS) で提供されます。当社および当社のサプライヤーは、明示的なものであるか黙示的なものであるか、法律上のものであるかを問わず、非侵害性、所有権、特定の目的への適合性、機能、または商品性の保証を含め、あらゆる種類の表明および保証の一切を明示的に否認します。本規約における当社の明示された義務を制限することなく、当社は、お客様によるクラウド製品のご利用において中断もしくはエラーが生じないこと、当社がお客様のデータの正確性を確認すること、または当社がお客様のデータを喪失することなく保全または維持することを保証しません。お客様は、クラウド製品の利用に際して、当社が所有、運用または管理していないネットワーク上におけるお客様のデータの送信が必要であること、およびかかるネットワーク上におけるお客様のデータの喪失、変更、傍受または保存に対して、当社が責任を負わないことを理解します。当社は、当社のセキュリティ手順にエラーがないこと、お客様のデータの送信が常に安全であること、または権限のない第三者が当社または当社の第三者であるサービスプロバイダーのセキュリティ措置を突破することができないことを保証することができません。当社は、インターネット、電子通信、その他当社の合理的な管理が及ばないシステムの利用に付随する、遅延、中断、サービスの提供不能その他の問題に対して責任を負いません。お客様は他の法律上の権利を有する場合がありますが、法律が要求する保証の期間がある場合、これは法律で認められている最短の期間に限定します。

19. 責任の制限

19.1. 派生的損害の放棄: 対象外請求 (以下で定義する) を除き、いずれの当事者 (またはそのサプライヤー) も、本規約に起因または関連して生じる、利用不能、データの喪失、不正確なデータ、逸失利益、セキュリティ対策の瑕疵、事業の中断、遅延コスト、または、あらゆる種類の間接損害、特別損害、付随的損害、信頼利益の賠償、もしくは派生的損害について、かかる損害が発生するおそれを事前に知っていたとしても、責任を負いません。

19.2. 賠償責任の限度額: 対象外請求を除き、本規約に起因または関連して生じる各当事者およびそのサプライヤーの相手方当事者に対する賠償責任の総額は、請求の直前 12 か月間に本規約に基づいてお客様が当社に実際に支払ったまたは支払うべき金額を超えません。

19.3. 対象外請求「対象外請求」とは、(1) 注文書に基づきお客様が支払うべき金額、(2) 本規約におけるいずれかの当事者の明示的な損害賠償義務、および (3) アトラシアン製品第三者規約の第 3.3 条 (制限) または第 2 条 (本製品とオープンソース・ソフトウェアの組合せ) に対するお客様の違反を指します。

19.4. 請求の性質および本質的な目的の達成不能: 両当事者は、本第 19 条に定める放棄および制限が、行為の形態を問わず、契約、不法行為 (過失を含む)、厳格責任またはその他のいずれによるものかを問わず適用され、本規約に定める救済によりその本質的な目的を達成することができない場合でも存続して適用されることに合意します。

20. 知的財産に関する補償: 当社は、本規約で認められているとおりにクラウド製品を利用した場合に、かかるクラウド製品がベルヌ条約の締約国であるいずれかの法域において権利行使可能な第三者の特許権、著作権もしくは商標を侵害しているまたは第三者の企業秘密を不正流用していると主張する第三者によるお客様に対する請求 (以下「本件請求」とする) からお客様を防御し、管轄権を有する裁判所によって本件請求において最終的に決定された、または、当社が行った和解により合意された損害賠償金および費用 (合理的な弁護士費用を含む) をお客様に賠償し、これらについてお客様を免責します。ただし、当社がお客様から、(a) 本件請求について速やかに書面による通知 (いかなる場合でも、不利益を被ることなく当社が対応するための十分な期間を定めて通知するものとする) を受け、(b) 本件請求の写し、お客様が保有、保管または管理しているすべての関連証拠、ならびに証拠開示手続き、訴訟および審理における協力 (お客様が雇用もしくは管理している者を証言できる状態にすることを含む) を含め、本件請求の防御および調査において合理的な支援を受け、ならびに (c) 本件請求の調査、防御および和解 (該当する場合) を制御および指示する独占的な権利を付与されることを条件とします。裁判所の命令により、または和解により、お客様によるクラウド製品の利用が禁止された場合 (もしくはお客様がそのおそれがあると考える場合)、または当社が重大な責任を負うことを回避するために合理的に必要であると判断した場合に、当社は自らの選択および裁量において、(i) 本規約に従ってお客様が引き続きクラウド製品を利用するための権利を得ること、(ii) 実質的に機能面において類似するクラウド製品に代えること、または (iii) クラウド製品を引き続き利用するお客様の権利を解除し、サブスクリプション期間のうち解除の対象となる期間分に相当する支払済みの金額を返金することができるものとします。上記の当社の補償義務は、(1) 本件請求の直前 12 か月間において、クラウド製品に対するお客様のサブスクリプションに関して当社が受領した合計料金が 50,000 米国ドル未満である場合、(2) 当社以外の者がクラウド製品を変更した場合 (ただし、主張されている侵害がかかる変更によって生じている場合に限る)、(3) クラウド製品がアトラシアンのものではない製品、ソフトウェア、サービスまたは機器と組み合わせて利用されている場合 (ただし、主張されている侵害がかかる組合せによって生じている場合に限る)、(4) クラウド製品の無断使用、(5) 本件請求が (y) 第 5.4 条 (お客様による損害賠償) におけるお客様の補償義務の対象となるお客様のデータもしくは状況、または (z) クラウド製品に含まれている第三者の提供物もしくはコンポーネントに起因して生じた場合、または (6) お客様が事前に当社の書面による同意を得ずに、本件請求に関して和解もしくは認容した場合には適用されません。本第 20 条 (知的財産に関する補償) は、クラウド製品または当社が本規約に基づいて提供するその他のものに関連する、知的財産権侵害に対する当社の唯一の責任およびお客様の唯一の救済方法を定めたものです。

21. パブリシティー権: 当社は、当社の宣伝資料において、お客様をアトラシアンの顧客として特定することがあります。お客様が sales@atlassian.com に要求を送ることにより、当社は速やかにかかる特定を中止します。

22. 紛争解決 

22.1. 非公式の解決: 本規約に起因してまたは関連して論争または請求が生じた場合、両当事者は互いに協議および交渉し、相互の利益を認識しながら両当事者の満足がいく解決策に到達するよう努めるものとします。両当事者が 60 日以内に解決に至らない場合、いずれの当事者も第 22.2 条 (準拠法、管轄) に基づき、本規約において得ることができる救済を求めることができます。第 22.1 条に基づくすべての交渉は機密であり、適用法および管轄地の証拠法に関するすべての規則および規範における譲歩および和解交渉として取り扱われます。

22.2. 準拠法、管轄: 本規約は、米国カリフォルニア州の抵触法の原則の効力を生じさせることなく、同州の適用法に準拠し、かかる適用法に従って解釈されます。各当事者は、本規約に起因または関連する法的措置、訴訟または手続きを米国カリフォルニア州サンフランシスコの州裁判所または連邦裁判所に対してのみ申し立てること、ならびに、これらが当該裁判所の令状の送達およびその他適用がある手続き上の規則の対象となることに同意するものとし、これを取り消すことはできません。また各当事者は、自らがまたは相手方当事者が自身に対し申し立てた措置、訴訟または手続きに関して、一般的かつ無条件に、米国カリフォルニア州サンフランシスコの裁判所の専属的人的管轄権に服し、これを取り消すことはできません。本規約における当事者の権利を行使するための措置または手続きにおいて、勝訴当事者は自己の合理的な費用および弁護士費用を回収する権利を有します。

22.3. 差止めによる救済、執行: 第 22.1 条 (非公式の解決) および第 22.2 条 (準拠法、管轄) の規定にかかわらず、本規約のいかなる規定も、当社が、適切な管轄地において、知的財産権侵害、秘密保持義務違反、または裁定もしくは命令の執行もしくは承認に関する差止めによる救済を求めることを妨げるものではありません。

22.4. 国連条約および UCITA の排除: 物品売買契約に関する国際連合条約 (United Nations Convention on Contracts for the Sale of Goods) は本規約に適用されません。採択された時および場所にかかわらず、UCITA (Uniform Computer Information Transactions Act、統一コンピューター情報取引法) は本規約に適用されません。

23. 輸出制限: クラウド製品は米国政府による輸出制限の対象であり、米国以外の国の政府による輸入制限の対象になる場合があります。お客様は、クラウド製品 (またはその一部) へのアクセスならびに利用およびダウンロードについて、適用があるすべての輸出入法令を遵守することに同意するものとします。お客様は自ら (および第三者を通して) クラウド製品の一切 (およびその直接製品) を米国から (a) 禁輸国またはテロリスト支援国 (ならびにその国民および居住者)、(b) 米国商務省の取引禁止顧客リスト、エンティティリスト、および未検証リストならびに米国財務省の特別指定国民リストおよび統合制裁リストに記載されている者 (総称して「禁止者」とする)、(c) 輸出もしくは再輸出が制限もしくは禁止されている国、または米国政府もしくはその機関が輸出時もしくは再輸出時に輸出免許その他の政府による承認を要求している輸出先 (かかる免許または承認を得ていない場合)、または (d) その他米国もしくは米国以外の国の機関もしくは当局の輸出入に関する制限、法律もしくは規制に違反することになる輸出先へ移転もしくは輸出、または輸出もしくは再輸出の許可をしないものとします。お客様は、(i) かかる禁止国に所在していないこと、かかる禁止国の支配下にないこと、またはかかる禁止国の国民もしくは居住者でないこと、および (ii) お客様のデータが一切米国の国際武器取引規則または他の法域におけるこれに類似する法律の下で管理されていないことを表明し保証します。またお客様は、お客様が禁止者でないこと、および禁止者により所有もしくは支配されていないこと、または禁止者の代わりに行為をしていないことを保証します。お客様は、米国政府の許可を事前に得ずに、核兵器、化学兵器もしくは生物兵器の拡散またはミサイル技術を支援することを含む禁止されている用途のためにクラウド製品を利用または提供しないことに同意するものとします。

24. 本規約の変更: 当社は、第 26.1 条 (通知) に従ってお客様に通知することにより、または当社のウェブサイトに変更後の本規約を掲示することにより、本規約 (当社のポリシーを含む) の条件を随時変更することができます。通知する際に、当社は変更の効力が生じる日を指定します。

24.1 無料製品: お客様は無料製品を利用し続けるためには変更を承諾しなければなりません。変更に異議がある場合、お客様の唯一の救済は、無料製品の利用を中止することです。

24.2. 有料サブスクリプション: 以下で異なる定めがある場合を除き、本規約の変更は、お客様が第 9.2 条 (更新) に基づく更新をしないことを選択しない限り、お客様のサブスクリプション期間の次の更新時に効力を生じ、更新日に自動的に適用されます。前記にかかわらず、場合によっては (例: 法令を遵守する場合または新機能のために必要な場合)、当社は、かかる変更の効力がその時点で最新のお客様のサブスクリプション期間中に生じることを指定することができます。かかる変更の効力が生じる日がその時点で最新のお客様のサブスクリプション期間中であり、お客様がかかる変更に異議がある場合、(お客様の唯一の救済措置として)お客様は当社に通知をすることで、影響を受けるお客様の注文を解除することができ、当社は、影響を受けるクラウド製品を使用するためにお客様が事前に支払った料金について、該当するサブスクリプション期間のうち解除の対象となる期間分の料金をお客様に返金します。この権利を行使するために、お客様は、当社がかかる変更を通知してから 30 日以内に、異議がある旨と解除する旨を当社に通知しなければなりません。疑義を避けるために付言しますと、いかなる注文も、注文した時に有効なバージョンの本規約に従うことになります。

24.3. 当社のポリシー: 当社は、当社の製品もしくは事業または法律の変更に対応するために、当社のポリシーを変更し、その時点で最新のお客様のサブスクリプション期間中に効力を生じさせることがあります。この場合、法律で要求されていない限り、当社は、全体として当社の義務を大幅に軽減するような当社のポリシーの変更を、その時点で最新のお客様のサブスクリプション期間中にしないことに同意します。当社のポリシーに対する変更は、更新後のポリシーのために定められた発効日に自動的に効力が生じます。

25. クラウド製品の変更: お客様は、クラウド製品がオンライン上のサブスクリプションベースの製品であること、および顧客体験を改善するために、当社がクラウド製品を変更し、これに応じて該当するドキュメントを更新することがある旨を承諾するものとします。既存の注文に基づきクラウド製品および追加サービスを提供する義務を負うことを条件として、当社は、お客様に対して責任を負うことなく、いつでも、いかなる理由でも、クラウド製品、追加サービス、またはクラウド製品の一部もしくは機能を中断することができます。

26.一般条項

26.1. 通知: 本規約における通知は書面で行わなければなりません。当社は、お客様の通知先電子メールアドレス、お客様のアカウント、または製品内の通知を通じてお客様に通知することがあります。お客様は、電子通信により、適用される法律上の通信に関する要件 (かかる通信を書面により行うことを含む) が満たされたこととなることに同意します。お客様に対する通知は、当社が送付した日から1営業日目に到達したものとみなされます。お客様から当社への通知は郵送により Atlassian Pty Ltd, c/o Atlassian, Inc., 350 Bush Street, Floor 13, San Francisco, CA, USA 94104, Attn: General Counsel 宛てに送付してください。お客様の当社に対する通知は、受領した時に到達したものとみなされます。

26.2. 不可抗力: いずれの当事者も、相手方当事者に対し、ストライキ、封鎖、戦争、テロ行為、暴動、自然災害、電力、通信、データネットワークもしくはサービスの利用不能もしくは減縮、または政府機関による免許の拒否など、自己の合理的な支配が及ばない事由による本規約における義務の履行の遅滞および不能 (料金の支払不能は除く) について責任を負いません。

26.3. 譲渡: お客様は、事前に当社の書面による同意を得ずに、本規約を譲渡および移転することはできません。前記の例外として、お客様は、合併、買収、またはお客様の資産もしくは議決権付き株式の全部もしくは実質上すべての売却により、本規約 (すべての注文書を含む) のすべてを、お客様の承継人に譲渡することができます。ただし、お客様が当社に対し速やかにかかる譲渡を書面で通知し、譲受人が本規約におけるお客様のすべての義務を負うことに書面で同意することを条件とします。上記で明示的に認められている場合を除き、本規約を移転または譲渡しようとするお客様の試みはすべて無効になります。当社は、お客様の同意を得ることなく、本規約における当社の権利および義務 (の全部または一部) を譲渡することができます。また当社は、当社の関係会社、エージェント、および請負業者に対し、本規約における当社の権利を行使し、または当社の義務を履行することを許可することができます。この場合、当社は、これらの者が本規約を遵守することに対して、引き続き責任を負います。上記を条件として、本規約は許可された両当事者の承継人および譲受人のために効力が生じます。

26.4. 政府のエンドユーザー: 顧客が米国の連邦政府、州政府、または地方政府である場合、本規約に加えて、政府に関する改正が適用されます。

26.5. 完全合意: 本規約は、本規約の対象であるクラウド製品その他の対象事項に関するお客様と当社との間のすべての合意であり、クラウド製品または本規約の対象となるその他の事項に関する、お客様と当社との間の一切の過去または本規約の締結と同時期の、口頭または書面による連絡、提案および表明に優先します。注文書またはお客様が利用するその他の書面に記載されている規定は、本規約の条件に優先するものでなく、本規約の条件を補完するものではありません。本規約に関連するそのような書面は、管理のみを目的とするものであり、法的な効果は有していません。

26.6. 矛盾: 本規約の本文と当社のポリシーまたは製品別規約のいずれかとの間に矛盾が生じた場合、当社のポリシーまたは製品別規約 (該当する場合) が該当事項に関して優先します。

26.7. 放棄、修正: 本規約における権利、権限または特権の行使についての、本規約の被害者側による不行使または遅滞は、かかる権利、権限または特権の放棄とみなさないものとします。また、これらの 1 回のまたは部分的な行使は、これらのその他の行使またはさらなる行使、および法律または衡平法における権利、権限または特権の行使を妨げることはありません。第 24 条 (本規約の変更) に定められている場合を除き、本規約の改正または修正は、各当事者の権限を有する代表者が書面により行わなければなりません。

26.8. 解釈: 本規約で用いられている「含む」 (およびその変形) は、「含むがこれらに制限されない」 (およびその変形) を意味します。見出しは便宜上のものです。本規約のいずれかの規定が無効、執行不能、または違法とされた場合でも、その他の規定は完全に有効なまま存続します。

26.9. 独立した契約当事者: 両当事者は独立した契約当事者です。本規約は、いずれの当事者も相手方当事者のパートナーとするものとして解釈されず、いずれかの当事者に対し、相手方当事者の義務または債務を作り出す明示的または黙示的な権利、権能、権限を付与するその他の形態の法的関係を創出するものと解釈されません。

27. 定義: 特定の用語は本第 27 条で定義しています。その他の用語は本規約の文脈に応じて定義されます。

「追加サービス」とは、TAM (テクニカルアカウントマネージャー) サービス、プレミアサポートもしくはプライオリティサポート、または当社がお客様に提供するクラウド製品に関連するその他のサービスで、注文書に明記されたものを指します。疑義を避けるために付言しますと、追加サービスにはお客様のサブスクリプションに含まれる標準サポートは含まれません。

「管理者」とは、お客様が指名し、お客様のためにエンドユーザーに対してクラウド製品を管理する人を指します。

「関係会社」とは、直接的または間接的に当事者を所有もしくは支配する、または当事者によって所有もしくは支配される、または当事者の共同所有下もしくは共同支配下にある組織を指します。ここでいう「支配」とは、組織の経営または組織に関わる事項を指揮する権限を指し、「所有」とは、当該組織の議決権付株式またはこれと同等の議決権持分の 50% に相当する受益所有権を有していることを指します。

「クラウド製品」とは、当社がクラウド製品の一部として提供するクライアントソフトウェアを含め、当社がホスティングするソリューションまたはクラウドベースのソリューション (現在は「Cloud」デプロイとして指定) を指します。

「ドキュメント」とは、クラウド製品向けに公開されている当社の標準文書で、こちらに掲載されています。

「エンドユーザー」とは、お客様または関係会社がクラウド製品の使用について許可したまたは招待した個人を指します。疑義を避けるために付言しますと、(a) お客様のエンドユーザーが招待した個人、(b) 管理対象アカウントに紐付けられた個人、および (c) お客様の顧客としてクラウド製品を使用する個人もエンドユーザーとみなされます。

「エンドユーザーアカウント」とは、エンドユーザーがクラウド製品を利用またはこれにアクセスできるように、お客様またはエンドユーザーが作成するアカウントを指します。

「フィードバック」とは、クラウド製品、サポート、または追加サービスに関するコメント、質問、アイデア、提案その他フィードバックを指します。

「HIPAA」とは、Health Insurance Portability and Accountability Act (医療保険の携行性と責任に関する法律) ならびにこれを修正および補足したものを指します。

「法令」とは、適用されるすべての現地法、州法、連邦法および国際法、ならびに、規則および条約をいい、データの保護および移転、国際間通信、および技術データまたは個人データの輸出に関するものを含みます。

「通知先電子メールアドレス」とは、お客様がクラウド製品のアカウントに登録する際に使用した電子メールアドレスまたはクラウド製品に登録する際に使用する電子メールアドレスを指します。お客様には自らの責任で、ご自身の電子メールアドレスを有効かつ最新の状態にし続け、当社が通知、報告、その他の情報をお客様に送信できるようにするものとします。

「注文書」とは、該当するアトラシアンのオンライン上の注文ページ、注文フロー、製品内の画面、その他アトラシアンが承認した注文書または注文書プロセスで、お客様が当社に注文する製品およびサービス、ならびに、該当する場合、許可された利用範囲が記載されたものを指します。注文書には、適宜、(i)クラウド製品、(ii)エンドユーザー数、サブスクリプション期間、お客様によるクラウド製品のご利用に関連するドメイン、記憶容量もしくは制限、その他の利用範囲に関する制限、ならびに (iii) (有料の注文書の場合) お客様に請求する金額もしくは料率、請求および更新の条件、適用する通貨、および支払方法を記載します。注文書には追加サービスおよび無料製品を含めることもできます。

 

「当社提供物」とは、当社が追加サービスに関連して提供する資料、成果物、修正物、派生物または開発物を指します。

「当社のポリシー」とは、当社の許諾利用に関するポリシー著作権および商標権侵害の報告に関するガイドラインオンラインコミュニティプラットフォーム利用規約プライバシーポリシーサポートポリシーエンタープライズサポート・サービスポリシーアトラシアン製品内の第三者規定に関する規約の条項、ならびに (明記されていない限り) 本規約で参照しているその他のポリシーまたは規約を指します。

「当社の技術」とは、クラウド製品 (すべての無料製品を含む)、当社提供物、これらの「ルックアンドフィール」 (外観および操作感)、関連するまたは根底にあるすべての技術および前述したものの修正物または派生物を指し、フィードバックを組み込んだものも含みます。

「PCI DSS」とは、Payment Card Industry Data Security Standards (クレジットカード業界のデータセキュリティ標準) を指します。

「PO」とは、購買注文を指します。

「製品別規約」とは、現在こちらに記載されている特定のクラウド製品および追加サービスに適用する追加の規約を指します。

「機密個人情報」とは、(i) 欧州連合規則 2016/679 第 9 条第 1 項もしくはこれを引き継ぐ法令に列挙されている特別な種類の個人データ、(ii) HIPAA が規制する患者情報、医療情報、その他の保護の対象である健康に関する情報、(iii) PCI DSS の対象であるクレジットカード、デビットカードもしくはその他の支払カードのデータ、(iv) Gramm-Leach-Bliley Act (グラム・リーチ・ブライリー法) などの特定の法律 (または関連する規程もしくは規則) に基づいて規制もしくは保護されているその他の個人情報、(v) 社会保障番号、運転免許証番号もしくはその他の行政上の識別番号、または (vi) これらの類似するデータで国内外の法令において保護されているものを指します。

「サブスクリプション期間」とは、該当する注文書にて定める、お客様のクラウド製品のサブスクリプション期間を指します。

「サポート」とはクラウド製品に対するサポートを指します。サポートの詳細は、(適用がある範囲で) サポートポリシーおよびエンタープライズサポート・サービスポリシーに記載されています。お客様のサポートのレベルは注文書に規定されます。

「トレーニング」とは、アトラシアンが提供するトレーニングおよび認証サービスを指します。

「お客様のデータ」とは、お客様 (お客様のエンドユーザーを含む) がクラウド製品に提供するあらゆる種類のデータ、コンテンツ、コード、ビデオ、画像その他の資料を指します。この文脈において、「提供」(およびこれに類似する用語) には提出、アップロード、送信その他の方法でクラウド製品においてお客様のデータを利用可能にする行為が含まれます。

「お客様の資源」とは、お客様の資料、システム、人員、その他のリソースを指します。