tutorial

Jira の基準に基づいて作成された課題を自動で割り当てます。

Kev Zettler Kev Zettler
トピック一覧

if/else 条件を使用して、Jira Automation ルールを作成できます。これによって、ユーザーのグループに課題が自動で割り当てられます。

Jira でプロジェクト設定の [Automation] タブに移動します。ルール タブで、画面の右上隅にある [ルールを作成] をクリックします。[新しいトリガー] 画面で [Issue created (課題の作成)] を選択して [保存] をクリックします。

Jira にあるプロジェクト設定の [Automation] タブに移動します。ルール タブで、画面の右上隅にある [ルールを作成] をクリックします。[新しいトリガー] 画面で [Issue created (課題の作成)] を選択して [保存] をクリックします。

[Add component (コンポーネントを追加)] 画面で [New condition (新しい条件)] をクリックします。

[Add component (コンポーネントを追加)] 画面で [New condition (新しい条件)] をクリックします。

[New condition (新しい条件)] 画面で [if/else block (if/else ブロック)] オプションを選択します。これによって、自動化ルールの基準に応じてアクションを開始する条件が作成されます。

[New condition (新しい条件)] 画面で [if/else block (if/else ブロック)] オプションを選択します。これによって、自動化ルールの基準に応じてアクションを開始する条件が作成されます。

[If block (If ブロック)] 画面で [Add Conditions (条件を追加)...] をクリックします。

[If block (If ブロック)] 画面で [Add Conditions (条件を追加)...] をクリックします。

[If block (If ブロック)] 画面で [Issue fields condition (課題フィールドの条件)] オプションを選択します。

[If block (If ブロック)] 画面で [Issue fields condition (課題フィールドの条件)] オプションを選択します。

このデモでは、[課題タイプ] > [equals (次に等しい)] > [Bug (バグ)] という条件を設定します。[保存] を必ずクリックしてください。

このデモでは [課題タイプ] > [equals (次に等しい)] > [Bug (バグ)] という条件を設定します。[保存] を必ずクリックしてください。

次に、特定のユーザー グループにバグを割り当てるアクションを追加します。自動化ルールの要約が表示されている左側のサイドバーで [If:matches (If:一致)] 条件の下にある [Add component (コンポーネントを追加)] テキストをクリックします。

次に、特定のユーザー グループにバグを割り当てるアクションを追加します。自動化ルールの要約が表示されている左側のサイドバーで [If:matches (If:一致)] 条件の下にある [Add component (コンポーネントを追加)] テキストをクリックします。

[New component (新しいコンポーネント)] の入力を求められます。[New action (新しいアクション)] をクリックします。

[New component (新しいコンポーネント)] の入力を求められます。[New action (新しいアクション)] をクリックします。

[New action (新しいアクション)] 画面で [Assign issue (課題を割り当て)] オプションを検索してクリックします。

[New action (新しいアクション)] 画面で [Assign issue (課題を割り当て)] オプションを検索してクリックします。

[Assign issue (課題を割り当て)] プロンプトから、課題を割り当てるユーザーを選択します。[保存] ボタンをクリックします。

[Assign issue (課題を割り当て)] プロンプトから、バグを割り当てるユーザーを選択します。[保存] ボタンをクリックします。

次に、if/else 条件を [If:matches (If:一致)] 条件に追加できます。[If block (If ブロック)] の条件が一致しない場合、ルールは [Else block (Else ブロック)] を評価します。左サイドバーの [Add else (else を追加)] テキストをクリックします。

次に、if/else 条件を [If:matches (If:一致)] 条件に追加できます。[If block (If ブロック)] の条件が一致しない場合、ルールは [Else block (Else ブロック)] を評価します。左サイドバーの [Add else (else を追加)] テキストをクリックします。

[Else block (Else ブロック)] 画面が表示されます。[Add conditions (条件を追加)] テキストをクリックして、別の [Issue fields condition (課題フィールドの条件)] を選択します。

[Else block (Else ブロック)] 画面が表示されます。[Add conditions (条件を追加)] テキストをクリックして、別の [Issue fields condition (課題フィールドの条件)] を選択します。

[Else-if block (Else-If ブロック)] に新しい条件を追加します。以下の例は、課題タイプの値が [タスク] と等しい場合に有効化される新しい Else-If 条件を追加する方法を示しています。

[Else-if block (Else-If ブロック)] に新しい条件を追加します。以下の例は、課題タイプの値が [タスク] と等しい場合に有効化される新しい Else-If 条件を追加する方法を示しています。

Else-If 条件にアクションを追加する手順を繰り返します。以下の例は、課題を別のユーザーに割り当てる追加アクションを作成する方法を示しています。

Else-If 条件にアクションを追加するステップを繰り返します。以下の例は、課題を別のユーザーに割り当てる追加アクションを作成する方法を示しています。

このルールには特定のタイプの課題をチェックする If 条件と Else-If 条件があり、いずれかの条件が一致すると後続のアクションが実行されます。次に、残りの Else 条件に別のアクションを入力します。ルールの詳細サイドバーにある [Add else (else を追加)] テキスト > [保存] ボタンの順にクリックします。上記のステップを繰り返して、新しい Else 条件に [Assign issue (課題を割り当て)] アクションを追加します。

以下の例は、リストのユーザーに課題を自動で割り当てるように [Assign issue (課題を割り当て)] アクションを設定する方法を示しています。

リストのユーザーに課題を自動で割り当てるように [Assign issue (課題を割り当て)] アクションを設定する方法。

この [Assign issue (課題を割り当て)] は、リストのユーザーに課題を自動で割り当てる [Balanced workload (均一のワークロード)] 割り当てを示しています。[Balanced workload (均一のワークロード)] 割り当てでは割り当てが均等に分散されるため、リストのユーザーに他のユーザーよりも多くの課題は割り当てられません。新しい [Assign issue (課題を割り当て)] アクションを構成したら [保存] ボタンをクリックします。

次のスクリーンショットは、最終的なルールの詳細がどのようになるかを示しています。次のものが含まれます。

1 つのトリガー - When: Issue created (課題の作成)

3 つの条件 - If:matches (If:一致)、Else-if:matches (Else-if:一致)、Else

3 つのアクション - Then: 課題の割り当てを 3 つ

次に、このルールの名前を設定して [オンにする] ボタンをクリックします。以下の例では「課題をタイプ別に自動割り当て」という名前を使用しました。次の成功インジケーターが表示されます。

[オンにする] ボタンをクリックします。

ルールが有効になったので、プロジェクト内にいくつかの課題を作成してルールをトリガーできます。[Bug (バグ)] または [タスク] タイプの課題を作成してみてください。次に [監査ログ] にアクセスすると、自動化ルールが正常に機能していることを確認できます。

ルールが有効になったので、プロジェクト内にいくつかの課題を作成してルールをトリガーできます。

監査ログには、自動化ルールの作成から実行までの履歴が表示されます。自動化ルールに課題やバグがある場合は、監査ログで強調表示されてデバッグ サポートが提供されます。他のルールの例を調べる場合は、ルール テンプレート ライブラリにアクセスしてください。