2023 年の 13 の優れた製品管理ツール

Atlassian 作成者 Atlassian
トピック一覧

製品管理ツールは、アイデア、仕様、製品ロードマップ、優先順位付け、納品、分析、フィードバックという製品管理の 7 つの段階をサポートします。これらには、プロダクト・マネージャー向けに特別に設計された機能が含まれており、データの管理、アイデアの取得と反復、機能の優先順位付け、短期・長期の製品戦略の伝達に重点を置いています。

優れたツールは、製品開発活動が顧客とビジネスに最大の価値を提供することを保証します。プロダクト・マネージャーは、関係者、顧客、開発チームなど、さまざまな役割とやり取りをします。プロダクト・マネージャーが使用するツールは、コラボレーションをサポートし、広範囲の製品管理テンプレートを含んでいる必要があります。

このガイドでは、13 の優れた製品管理プラットフォームの概要を紹介しおり、どのプラットフォームがあなたのチームに適しているかを判断するのに役立ちます。

1. アイデアの優先順位付けとロードマップの構築に最適:Jira Product Discovery

Jira Product Discovery は、プロダクト・マネージャーがアイデアを収集し優先順位を付け、製品ロードマップについて関係者と調整するための、一元化されたツールです。共同作業によるアイデアの創出、優先順位付け、バックログを洗練させるための労力に対する影響の評価、スプリント計画をサポートします。

また、エンドツーエンドの製品開発用のテンプレートも提供します。これには、戦略とロードマップのテンプレート、製品要件テンプレートタスク追跡テンプレートが含まれており、それらのすべてがカスタマイズ可能です。

2. 課題管理やタスク管理に最適:Jira Software

Jira Software は、チームが複雑なプロジェクトを管理しやすいタスクに分割し、効果的なバックログの改善とスプリント計画を行うのに役立ちます。リアルタイムの視覚的なステータスの最新情報が提供されるため、チームは変化や障害が発生したときに対応できます。

Jira Product Discovery を使用しているチームは、アイデアを Jira Software のエピックにシームレスに結び付けられます。これにより、製品開発ライフサイクルのすべての段階を通じてチーム・メンバーに可視性とコンテキストが提供されます。

3. ドキュメントとナレッジ・マネジメントに最適:Confluence

Confluence は、ナレッジ・マネジメントを製品開発ライフサイクルにシームレスに統合します。中央リポジトリは、顧客調査、要件、仕様、製品戦略、その他の重要な情報などすべてのドキュメントを格納し、チームのコラボレーションをサポートします。

Confluence は、チームに共同スペースを提供することで、すべてのプロジェクト情報を最新の状態に保ち、見つけやすいようにします。これにより、テキスト、画像、コード、表を簡単に含めたり、他のファイルを添付したりすることもできます。また、さまざまなテンプレートを用意しているので、毎回最初から始める必要はありません。

4. 仮想ミーティングに最適:Zoom

Zoom の仮想会議では、地理的に分散しているチーム・メンバーは、まるで同じ部屋にいるかのようなコラボレーション環境を体験できます。プロダクト・マネージャーにとって、このツールはクライアントのフィードバックを収集し、アイデアを提示し、製品戦略とロードマップを共有し、開発チームが顧客の成功に焦点を当て続けるのに不可欠です。

5. リアルタイム・コミュニケーションに最適:Slack

Slack は、対象となるチーム・メンバーとの簡単なアクセスとリアルタイムのコミュニケーションを提供します。顧客とのミーティングの際、プロジェクト・マネージャーは Slack を使用することで、ミーティングの流れを中断することなく、最新情報を迅速に収集し、質問し、通話に参加していないメンバーからの情報を見つけられます。

Slack では、プロダクト・マネージャーが同じタスクに取り組んでいる人または専門的なスキルを持つ人のサブチームを定義することもできます。

6. 非同期コラボレーションやフィードバックに最適:Loom

非同期通信は、信頼性の高い製品管理アプローチになっています。Loom を使用すると、プロダクト・マネージャーは、戦略やロードマップの概要、プロジェクトのステータスなどの情報レポートを動画にして、チーム・メンバーや関係者が自分のスケジュールに合わせて視聴できるようにします。Loom のようなツールは、地理的に分散しているチームが、どのタイムゾーンにいても、常に情報を入手し、参加し続けるのに役立ちます。

7. アイデアの創出やブレーンストーミングに最適:Confluence ホワイトボード

Confluence ホワイトボードは、リアルタイム環境と非同期環境の両方で、ブレーンストーミング、視覚化、アイデアの実行をサポートします。スタンプ、投票、タイマー、その他の機能により、チームはアイデアを共有し、共同で意思決定を行います。それらは、ホワイトボードを離れることなく、意思決定を Jira の課題やその他のプロジェクト分野に関連付けられます。

8. A/B テストに最適:Optimizely

顧客はユーザビリティ・テストを要求することが多く、ライブ・トラフィックでのテストは迅速に結果を出すことができます。Web アプリを開発するチームにとって、Optimizely の A/B テスト機能は、テスト設定時の事前定義済みコンバージョン目標など、深いインサイトのために強力な複数ページの実験オプションを提供します。

9. スマートな目標追跡と関係者コミュニケーションに最適:Atlas

目標を達成するために最も簡単なことは、その進捗を追跡することです。Atlas は、会社全体の親目標と副目標の追跡に役立ちます。OKR、SMART 目標、KPI のいずれを使用する場合でも、Atlas は進捗の追跡と関係者のコミュニケーションに最適です。

Atlas の目標追跡は、各目標の責任者と貢献者を特定することで、プロジェクトのコミュニケーションを効率化します。また、製品別、チーム別、タイムフレーム別に目標をグループ化できるため、目標達成までのフォローが容易になります。

10. 開発と運用をつなぐのに最適:Open DevOps

社内アプリなど、独自のソリューションを構築して運用するチームの場合、Open DevOps は関連するすべてのツールを 1 か所にまとめます。Jira Software、Confluence、BitbucketOpsgenie などのツールを使用すると、プロダクト・マネージャーは適切なツールを選択して、迅速にチームを製品のリリースに集中させることができます。Open DevOps 機能のシームレスな統合により、開発と運用の間のギャップが埋められます。

11. 技術者以外の関係者との調整に最適:Jira Work Management

Jira Work Management を利用すると、チームは会社全体のプロジェクトを管理できるため、メンバーにプロジェクト・データをリアルタイムに提供できます。Jira Work Management 機能では、Jira Software で依存関係を作成し、タスクの自動化を構築できます。これは、プロジェクトに取り組んでいる開発チーム以外のメンバーと調整するときに重要です。なぜなら、彼らの作業はプロセスから隠されることが多いからです。開発以外のタスクを統合すると、開発だけでなく、プロジェクトに関連するすべての作業の視覚的なワークフローが提供されます。

12. データ収集に最適:Amplitude

優れた製品管理の決定には、データの収集と分析が必要です。Amplitude は、一般的に使用されているマーケティング、コラボレーション、コミュニケーションの各ツールと統合されています。これにより、プロダクト・マネージャーはエコシステム全体にわたってデータを収集、保存、分析できます。これにより、結果の比較や発見の管理が容易になります。

13. デザインとプロトタイピングに最適:Figma

Figma は、ブレーンストーミングを行い、プロトタイプやワイヤーフレームを作成するための一般的なユーザー・インターフェイス・デザイン・ツールです。プロジェクト提案書や OKR など、役に立つテンプレートが豊富に用意されています。

製品設計チームの最優先の選択肢の 1 つである Figma は、さまざまな責任を負うプロダクト・マネージャーにとって、特に役立つ強力なコラボレーション・プラットフォームです。

最適な製品管理ツールで成功を確実にします

最適な製品管理ツールは、製品計画と戦略の需要に合わせてカスタマイズされています。これらのツールは、製品のライフサイクル全体にわたって、活動や情報のリンクが簡単に行われる必要があります。

Jira Product Discovery では、アジャイル・チームはアイデアを取得し、優先順位を付け、関係者を調整し、プロジェクトを成功に導けるようになりました。これは、開発作業の発見し、計画し、優先順位を付け、結果を測定する機能を備えた、プロダクト・マネージャー向けのオールインワン・ツールです。

Jira のコラボレーション・プラットフォームは、製品開発ライフサイクルの各段階を管理するための中心的なハブを製品チームに提供します。Confluence を使用すると、部門横断型のコラボレーションがすべてのステップでスムーズに行われます。Jira Software のタスク追跡機能は、リアルタイムのプロジェクト・ステータスを提供し、チームが障害を早期に認識して解決できるようにします。

Jira Product Discovery、Jira Software、Confluence を使用すると、チームはコラボレーション、透明性、データ駆動の環境で共同作業を行えます。

製品管理ツール:よくある質問

製品管理ツールを使用するメリットとは

かつて、プロダクト・マネージャーは戦略とロードマップを伝えるために、スプレッドシートとスケジューリング・ツールに頼っていました。今日、アイデアの取得、ユーザー・ストーリーの開発、要件の定義を容易にするさまざまなツールがあります。

これらのツールは、製品管理システムに一貫性をもたらし、製品ビジョンを社内の全員に伝えるのに役立ちます。これにより、新機能を予定どおりに立ち上げ、顧客のニーズを満たせます。

プロダクト・マネージャーに必要なツールとは

製品管理ツールは、マネージャーが製品計画に優先順位を付けて伝えるのに役立ちます。ビジョン、戦略、方向性をサポートするツールには以下が含まれます。

  • 戦略とロードマップ:Jira Product Discovery は、プロダクト・マネージャーが組み込みのテンプレートで戦略を定義し、ロードマップを作成するのをサポートします。これらは、すべてカスタマイズ可能です。ロードマップ・ビューを調整して、関係者に適切なレベルの情報を提供できます。
  • アナリティクス、レポート、顧客からのフィードバック:Confluence などの一元化されたリポジトリを使用すれば、プロダクト・マネージャーは顧客アンケート、要件、レポートなど、すべてを 1 か所にまとめることができます。これにより、特にクロスリンク機能とタグ付け機能を使用して、入力内容を簡単に分析できるようになります。
  • コラボレーションとメッセージング:Confluence のホワイトボード、および Slack のようなリアルタイム・メッセージングのツールによって正式なミーティングの必要性を減らしながら、チーム内で即座に情報を共有し、質問に答え、プロジェクトを推進することができます。
  • アイデアのキャプチャ、優先順位付け、計画:Jira Product Discovery を使用すれば、チームはアイデアを生み出し、複雑なプロジェクトを管理しやすいタスクに分割し、そのタスクをスプリント計画用に優先順位を付けることができ、それによって市場投入までの時間を短縮できます。
  • プロジェクト管理:Jira Software などのツールによって最新のステータスがリアルタイムで視覚的に表示されるため、チームは変化や障害が発生した時点で対応できるようになります。これにより、製品開発ライフ・サイクルのすべてのフェーズでチーム・メンバーに可視性とコンテキストがもたらされます。

Jira Product Discovery は、プロダクト・マネージャーが製品の目的、機能、優先順位を特定し、その計画を関係者に伝えるのに役立ちます。

製品管理ソフトウェアにはどのような機能が必要でしょうか?

Jira などのプロジェクト管理ソフトウェアには、プロダクト・マネージャーが顧客のニーズに基づいて製品機能に優先順位を付け、計画するための機能が必要です。たとえば次のようなものです。

  • コラボレーティブなアイデアの生成と優先順位付け
  • 影響と労力の評価
  • 戦略とロードマップのテンプレート
  • 要件のテンプレート
  • バックログ・リファインメントとスプリント計画

真のエンド・ツー・エンドの製品管理では、顧客のニーズの理解、アイデアの生成、ロードマップの構築、仕様の定義のための機能が提供されます。Jira Product Discovery は、プロダクト・マネージャーが製品チーム、関係者、顧客を関与させるために利用できます。