tutorial

Jira Software でのエピックの使用方法

Jira Software でのエピックの使用・作成方法に関するガイド

Max Rehkopf Max Rehkopf
トピック一覧

Jira エピックチュートリアル

このチュートリアルでは、アジャイルソフトウェア開発でのエピックの使い方を説明します。Jira Software でエピックを使用する方法を学べば、次の大きなプロジェクトで役立つはずです。このチュートリアルは、クラシックプロジェクトと次世代プロジェクトにおけるエピックに焦点を当てています。

次世代を使用している場合は、こちらをクリックしてください

所要時間:

読む時間 10 分。2 週間ほどで完了。

対象者:

アジャイルソフトウェア開発や Jira Software の新しいユーザー

前提条件:

Jira Software アカウントと Jira Software プロジェクト (スクラムまたはカンバン) を作成している

無料で入手する

どのようなときにエピックを作成するべきか

大規模なユーザーストーリーを小さなブロックに分割したい場合、エピックの作成を検討してください。作成したユーザーストーリーのうちいくつかに共通のパターンがあり、それらを 1 つのグループにまとめたい場合も、エピックを作成できます。

ステップ 1: Jira Software で新しいエピックを作成する

エピックを作成する方法は 2 つあります

新しい課題からエピックを作成する

  1. 省略符号ボタン左上隅の Ellipses button[> 課題] をクリックします。

  2. 課題タイプから [エピック] を選択します。

課題タイプとしてエピックを選択

[エピック] パネルからエピックを作成する

  1. [バックログ] に移動します。
  2. [エピック] パネルをクリックします。
  3. [エピックを作成] をクリックします。

エピックを作成する際に、次の情報を入力する必要があります。

  • エピック名 - エピックを識別する短い名称です。このエピックに属する課題のラベルとして使用されます。

  • エピックの要約 - Jira がこのエピックを表示する際に、常に表示されます。

ステップ 2: ストーリーを追加、削除する

作成したエピックには、ストーリーを追加する必要があります。

エピックとその他の課題タイプの違いは何ですか ?

ストーリー、バグ、タスクは 1 つの作業を表すために使用されます。エピックは関連するひとまとまりの課題を表すために使用されます。また、エピックはより小さく管理しやすいブロックに分割する必要のある大きなユーザーストーリーにも使用できます。詳しくは、デリバリー原動力に関するガイドをご覧ください。

エピックにストーリーを追加する方法は 2 つあります

課題作成画面から

  1. 省略符号ボタン左上隅の Ellipses button[> 課題] をクリックします。
  2. エピック以外の課題タイプを選択します。
  3. [エピックリンク] フィールドからエピックを選択します。
  4. [<strong>エピックリンク</strong>] フィールドからエピックを選択します。
  5. 必要な情報を入力し、[作成] をクリックします。

[エピック] パネルから

  1. [バックログ] に移動します。

  2. [エピック] パネルを開きます。

  3. [エピックで課題を作成] をクリックします。

エピックで [課題を作成] をクリック

エピックから課題を削除する

[バックログ] または [アクティブスプリント] に移動します。

  • [バックログ] で、課題を [エピック] パネルの下の [エピックなしの課題] セクションにドラッグします。

  • または、[バックログ] か [アクティブスプリント] で該当の課題をクリックし、画面の右側に表示します。エピック名の x をクリックします (下のスクリーンショット 1 の「Apples」です)。

ステップ 3: エピックを表示する

[バックログ] ですべてのエピックの関連情報を確認できます。

エピックパネル、エピック一覧、エピックで課題を表示
  1. [エピック] パネル: [バックログ] に移動し、[エピック] パネルを開いてエピックを表示、管理します。

  2. エピックリスト: [エピック] パネルはプロジェクト内のすべてのエピックを一覧表示します。

  3. エピックで課題を表示: エピック名をクリックして、すべてのスプリントにわたりそのエピックに属する全課題を表示します。

エピックの課題を表示し、含まれるストーリーの一覧を確認することもできます

エピックの課題を表示し、含まれるストーリーの一覧を確認することも可能です

ステップ 4: ボード上でエピック用のスイムレーンを設定する

スプリント中、ボードをエピックごとのスイムレーンに分け、見える化すると便利です。

スプリント中、ボードをエピックごとのスイムレーンに分け、見える化すると便利です

Jira Software での設定方法は次のとおりです。

  1. [バックログ] (またはアクティブスプリント) に移動します。

  2. 省略符号ボタン[その他の (Ellipses button) > ボード設定] を選択します。

  3. [スイムレーン] をクリックします。

  4. [スイムレーンの基準] から、[エピック] を選択します。

スプリントを開始する際に、ボードにはそれぞれのエピックのもとにまとめられた課題が表示されます。

ステップ 5: エピックの進捗を追跡する

エピックに追加された未完了の課題すべてを追跡することが重要な場合もあります。たとえば、複数のスプリントにまたがるエピックがある場合、時間経過とともに残りの作業量を追跡すると、エピックの完了推定時刻が分かるので便利です。

Jira Software では [エピックレポート] を使用して、簡単にこの情報を入手できます。

エピックの進捗を追跡

ステップ 6: エピックを完了する

エピックを完了するには:

  1. [バックログ] に移動します。
  2. [エピック] パネルを開きます。

  3. エピックのドロップダウンメニューをクリックし、[完了にする] をクリックします。

エピックを完了
エピックを完了としてマークする条件

エピックの作業がすべて完了したら、エピックを完了としてマークします。これをスムーズに行うには、エピックの「完了」の定義を明確にしておくことをお勧めします。エピックにリンクされたストーリーが完了していなくても、エピックを完了としてマークできます。

詳細を見る

Jira Software でのスプリントの使用法の詳細については、スプリントチュートリアルをご覧ください。

ご質問はこちらまで: アトラシアンコミュニティ


次世代 Software プロジェクトでエピックを使用する

アトラシアンは次世代 Software プロジェクトにエピックを導入し、ロードマップと呼ばれる新たな管理方法もローンチしました。これにより、Jira Software Cloud におけるエピック管理方法が画期的に変化しました。ロードマップによってエピックは管理、見える化しやすくなるとアトラシアンは確信しています。ぜひご感想をお聞かせください。

このチュートリアルでは、エピックがアジャイル開発プロセスにおいて通常どのような役割を担うのかを説明し、次世代プロジェクトでのエピックの使用方法をご紹介します。次の大規模なプロジェクトの成功にお役立てください。

エピックとその他の課題タイプの違いは何ですか ?

ストーリー、バグ、タスクは、1 つの作業を表すために使用されます。エピックは、関連するひとまとまりの課題を表すもので、通常は完成するのに複数のスプリントが必要になります (スプリントを使用しない場合は、「少し長めの時間を要するもの」とご理解ください)。詳しくは、デリバリー原動力に関するガイドをご覧ください。

ステップ 1: ロードマップでエピックを作成する

エピックはロードマップ上で作成、管理されます。ロードマップは、現在進行中または将来的に優先順位付けする大きな作業ブロックを見える化して計画するのに便利です。

いつエピックを作成すべきですか ?

完了するのに複数のスプリントまたは長い期間を必要とするまとまった作業がある場合、エピックの作成を検討してください。作成したユーザーストーリーのいくつかに共通のパターンがあり、それらを 1 つのグループにまとめたい場合も、エピックを作成できます。

  1. プロジェクトメニューで、[ロードマップ] を選択します。
  2. 最初の列の + をクリックしてエピックを作成します。ロードマップが空の場合は、入力を開始することで最初のエピックを作成できます。

プロからのヒント: ロードマップ以外では、グローバルメニューからエピックを作成することもできます。

ステップ 2: 開始日とタスク期限を変更する

エピックのバーの端をドラッグし、開始日とタスク期限を変更します。エピックをクリックして詳細を開き、日付を編集することもできます。開始日とタスク期限の設定は必須ではありませんが、長期的なプランニングが容易になるため、設定を推奨しています。

ステップ 3: 課題を追加、削除する

ボードとバックログから課題を追加するには:

  1. [ボード] または [バックログ] に移動します。
  2. 課題にカーソルを合わせ、詳細 (•••) をクリックします。
  3. [エピックに追加]* を選択します。課題は、同時に複数のエピックに属することはできません。課題がすでに 1 つのエピックに属している場合、[エピックを追加] の代わりに [エピックを変更]* が表示されます。

ボード

バックログ

ロードマップからエピックに課題を追加するには:

  1. エピックをクリックします。
  2. 課題の詳細パネルで、[子課題を追加] を選択します。

プロからのヒント: Mac の Command + クリック、または Windows の Ctrl + クリック で複数の課題を選択し、それらを同時に 1 つのエピックに追加できます。

ステップ 4: エピックの詳細を表示する

[ロードマップ] 上で開始日、タスク期限、子課題などを選択するとエピックの詳細が表示されます。

ステップ 5: エピック用にスイムレーンを設定する

スプリント中、ボードをエピックごとのスイムレーンに分け、進捗を見える化すると便利です。次世代 Software プロジェクトで設定するには:

  1. 次世代ボードに移動します。
  2. 右上隅の [グループ化] メニューを選択します。
  3. [エピック] を選択します。

プロからのヒント: エピックスイムレーンで課題を作成すると、新しい課題をエピックにすばやく追加できます。これは、フィルターでエピックを選択していても可能です。

ステップ 6: エピックを完了する

エピックのすべての作業が完了したら、ロードマップ上で完了としてマークしてください。

エピックを完了するには:

  1. [ロードマップ] に移動します。
  2. 完了としてマークするエピックを選択します。
  3. [ステータス] から、[完了] を選択します。
エピックを完了としてマークする条件

エピックのすべての作業が完了したら、エピックを完了としてマークしましょう。管理を容易にするためにも、エピック作成時に完了の定義を明確にしておくことをお勧めします。

詳細を見る