プロジェクト管理を極めるための最高のスクラム・ツール 9 選

Atlassian 作成者 Atlassian
トピック一覧

スクラムは、ソフトウェア開発チームが複雑な製品を開発、提供、維持するためのフレームワークです。これにより、企業は顧客に継続的に価値を提供できます。スクラムとは、業務を遂行するためのツール・セットと見なせます。

製品、特にソフトウェアは、要件から目標に至るまで、常に変化しています。スクラムによって、チームは大規模なプロジェクトを小さな機能に分割して、頻繁にイテレーションを行うことで迅速に完了できるため、変更を予想して受け入れることができます。

プロジェクト・マネージャーは、Jira Software などのスクラム・ツールを利用して、コラボレーションを強化し、プロジェクトの透明性を高め、進捗をリアルタイムで追跡します。本ガイドでは、スクラム・ツールの概要、プロジェクト管理にスクラム・ツールを利用するメリットなどについてご説明します。

スクラム・ツールとは

スクラムを利用すると、チームは複雑なプロジェクトに取り組み、その作業を管理しやすいタスクのグループに分割できます。スプリントは、より小規模で焦点を絞ったプロジェクトであり、優先度が最も高いタスクに迅速かつ効率的に対処できます。

スクラム・ツールでは、スプリント計画、日々の進捗の追跡、バックログ・リファインメント、継続的な改善のためにふりかえりのデータを利用することなど、スクラムのセレモニーをサポートします。チームのこの共同作業時には、スクラム・ツールにより、作業をその価値に結び付けて、メンバーが集中できるようにします。

Kanbanara や Agilefant など、従来と異なるオープンソース・ツールから、ソフトウェア開発チーム向けにカスタマイズされたツールまで、さまざまなスクラム・ツールがあります。スプレッドシートでスクラムを管理することもできますが、スクラム用に設計されたツールとその方法により、開発チームはツールの管理ではなく、作業に集中できるようになります。

Jira Software には、スクラム・テンプレートが含まれており、コラボレーションと進捗の追跡を簡素化してタスクを管理できます。

プロジェクト管理でのスクラム・ツールのメリット

スクラムは、次のような具体的なメリットをもたらすため、人気のあるプロジェクト管理フレームワークです。

  • プロジェクト・マネージャーは、複雑なプロジェクトをより小さな機能に分割して、より迅速かつ頻繁に顧客に価値を提供できます。
  • スクラム・ミーティングは透明性をもたらし、コラボレーションを促進するため、チームは変更に適応して障害に迅速に対処できるようになります。
  • バックログ・リファインメントは、顧客中心の目標や優先度に重点を置いています。これらの目標は、製品ロードマップと一致しており、製品ロードマップは、会社の目標に沿った長期的な製品計画です。
  • 焦点を絞ったスプリントは、チームの生産性を高め、スケジュールとリソースの割り当てを最適化します。
  • 顧客、関係者からのフィードバックや、プロジェクトのふりかえりによって、データ主導の継続的な改善の機会が提供されます。

効果的なスクラム・ツールの主な機能

スクラム・ツールを評価する際は、スプリントの管理、進捗の追跡、パフォーマンスの測定などの機能を検討しましょう。ツールには次の機能が含まれている必要があります。

  • 進行中のスプリントの進捗を視覚的に表すタスク・ボードを作成する機能。たとえば、Jira Software のタスク・ボードには、タスクをステータス別(To Do、進行中、完了)に追跡するためのさまざまな視覚的なレイアウトがあります。
  • ユーザー・ストーリーを文書化する機能。これは、ユーザーの視点から機能を形式ばらずに説明するもので、チームが目標と併せて把握するのに役立ちます。たとえば、「私(店主)は、製品のシリアル番号を、その製品を購入した顧客に関連付ける必要がある」などです。
  • スプリント計画を実施する機能。目標(何を)、作業(方法)、チーム(誰が)、タスク(バックログのインプット)、結果に基づいて各スプリントを共同で定義することを含みます。
  • タスク・ボード上の各ステータスの完了率など、リアルタイムで更新を確認する機能。

スクラム・ツールの種類

プロジェクトとチームの規模と複雑さによって、最適なスクラム・ツールが決まります。一部のツールは単にタスク管理に重点を置いていますが、スクラム用に設計されたツールは、コラボレーションとコミュニケーションのための強固なプラットフォームを提供します。

詳細なバックログ・リファインメント、ユーザー・ストーリーの作成、要件の収集、タスクの優先順位付け、スプリント計画、製品戦略とロードマップとのプロジェクトの連携をサポートするツールを見つけましょう。スクラムのアプローチを最適化するその他の機能には、ナレッジ・マネジメント機能、共同ホワイトボード、仮想ミーティング、リアルタイムのコミュニケーションなどがあります。これらの機能は共に、効果的なスプリント計画と実行のための基礎を構築します。

プロジェクト管理向けの最高のスクラム・ツール 9 選

プロジェクトに最適なスクラム・ツールの選択には、多くの要因が影響します。考慮すべき要素として、チームの規模と構造、プロジェクトの複雑さ、統合する必要のある他のツール、予算の制約、トレーニング要件などがあります。プロジェクト・マネージャーとスクラム・マスターが利用している主なスクラム・ツール 9 選をご紹介します。

1. バックログ管理に最適:Jira Software

Jira Software はアジャイル・ソフトウェア開発チームの中で No. 1 の選択肢です。複雑なプロジェクトを管理しやすいタスクに分割して、バックログ・リファインメントとスプリント計画を効果的に行うためのテンプレートが含まれています。リアルタイムの視覚的なステータス更新により、チームは変更や障害に迅速に対応できます。また、常に最新のタスク・スケジュールと追跡により、リモート・チームや地理的に分散したチームをシームレスにサポートします。

2. ドキュメントおよびナレッジ・マネジメントに最適:Confluence

Confluence を利用すると、すべてのドキュメントと関連情報を中央リポジトリに保存できます。顧客調査、要件のドキュメント、製品戦略、または他のサポート・データにかかわらず、ナレッジ・マネジメントを製品開発ライフサイクルにシームレスに統合し、コラボレーションを合理化できます。

3. スプリント計画に最適:Jira Software

Jira Software では、バックログを中心に置くことで、スプリント計画が容易になります。これにより、チームは 1 か所でストーリーを見積もり、スコープを調整し、課題に優先順位を付けられます。また、アトラシアンのスプリント・チュートリアルによって、チームはスピーディーに習得できます。

4. スプリントのふりかえりに最適:Confluence ホワイトボード

Confluence ホワイトボードを利用すると、チームはリアルタイムまたは非同期で、ブレーンストーミング、視覚化、アイデアの実践を行えます。スタンプ、投票、タイマーなどの機能を利用して、チームはホワイトボードを離れることなく、共同で意思決定を行ってから、Jira 課題や他のページを編集できます。これにより、スプリントのふりかえりなど、スクラムのセレモニーが容易になります。

5. アイデアの優先順位付けとロードマップの構築に最適:Jira Product Discovery

Jira Product Discovery では、アイデアの優先順位付けとロードマップの構築のための機能を提供します。これにより、チームはインサイトやアイデアをまとめ、コラボレーションし、全員が支持できる製品ロードマップを作成できます。

6. 仮想ミーティングに最適:Zoom

Zoom 仮想ミーティングは、地理的に分散しているチーム・メンバー間の距離をなくします。Zoom の豊富な機能により、チームは仮想ミーティングを主催して、リアルタイムでコラボレーションできます。また、参加できないメンバーのために、ミーティングや決定事項を記録することもできます。

7. リアルタイム・コミュニケーションに最適:Slack

Slack は、数人のチーム・メンバーがすばやく情報を共有したり質問したりする必要のある場合に、簡単にアクセスでき、的を絞ったリアルタイムでのコミュニケーションを提供します。チャンネルを利用して、チームは特定の製品に取り組んでいる C++ 開発者など、重視する領域を作成し、他のメンバーを不要に中断させることなくタスクを進められます。

8. チーム・コラボレーションに最適:Jira Work Management

Jira Work Management を利用すると、チームは会社全体のプロジェクトを管理できるため、メンバーにプロジェクト・データをリアルタイムに提供できます。特に異なるグループが同じプロジェクトに取り組んでいる場合には、Jira Software と Jira Work Management 間で依存関係を作成して自動化を構築すれば、見落としがなくなります。

9. イテレーションの計画に最適:Trello

Trello のプロジェクト管理向けの使いやすく視覚的なインターフェイスでは、小規模チームでのイテレーションの計画、繰り返しタスクの自動化、スプリントの追跡をサポートします。また、Slack など、一般的に使用されるツールとも統合できます。

最適なスクラム・ツールをチームの次のプロジェクトに利用する

最適なスクラム・ツールでは、スプリント計画、進捗の追跡、バックログ・リファインメント、継続的な改善をサポートします。また、チームのコラボレーションを促進し、チームが障害に迅速に対処するのにも役立ちます。

Jira Software、Confluence、Jira Product Discovery、Jira Work Management はシームレスに連携して、スクラム・チームがエンドツーエンドの計画、アイデア化、コラボレーション、実行、追跡をできるようにします。Jira スクラム・ボードは、バックログ・リファインメントからスプリントの完了やプロジェクトのふりかえりの実施まで、プロジェクトでの信頼できる唯一の情報源を提供します。Jira Software によって、スプリントの時間枠に合わせて作業を整理することで、過度に注力しないようにし、チームは予定どおりに納品できるようになります。

今すぐ Jira スクラム・ボードを始めましょう。

スクラム・ツール:よくある質問

スクラム・ツールはあらゆる種類のプロジェクトに適していますか?

ソフトウェア・プロジェクトでは通常、スクラム・ツールを利用しますが、他の種類のプロジェクトでは、コラボレーションと顧客中心の目標に焦点を当てることでメリットを得られます。プロジェクトの要件や目標が常に変化する(スクラム・ツールは簡単に対処できる)場合を除き、ウォーターフォール・プロジェクト管理などの他のアプローチの方が適している可能性があります。

アジャイルとスクラム・ツールの違いは何ですか?

多くの場合、スクラムとアジャイルは同じ意味で使用されます。両方はうまく連携しますが、明確な違いがあります。アジャイルとスクラムを比較すると、アジャイルは、プロセスやツールよりも人とそのやり取りを優先する原則と価値観に基づくプロジェクト管理哲学です。たとえば、アジャイル・アプローチでは、ベンダーとクライアントのコラボレーションが契約交渉に取って代わります。

対照的に、スクラムには、バックログの改善、スプリント計画、スプリントのふりかえりなど、作業を完了するための明確に定義された一連のアクティビティが含まれます。

アジャイル・チームはアジャイル哲学を採用し、スクラムを使用して作業を成し遂げます。しかし、チームはアジャイルなしでスクラムを使用できます。

カンバン・ツールとスクラム・ツールの違いは何ですか?

スクラムとカンバンは、どちらもアジャイル開発チームによって使用されます。ただし、プロジェクト管理でカンバンとスクラムを検討する場合は、注意すべき違いがいくつかあります。どちらもプロジェクト管理の手法ですが、カンバンはワークフローを管理するために視覚的なタスクに依存しています。キャパシティについてのリアルタイムのコミュニケーションや、作業の完全な透明性が使用されます。一方、スクラムは、複雑なプロジェクトを分解し、より迅速かつ頻繁に顧客に価値を提供することに重点を置いています。プロジェクトの規模が小さいため、チームはカンバンと同じ透明性が実現できます。