スクラムバン:2 つのアジャイル手法を使いこなす

Atlassian 作成者 Atlassian
トピック一覧

スクラムバンは、業務遂行のために、スクラムとカンバンという 2 つの主要なアジャイル手法を組み合わせて 1 つのプロセスにまとめたものです。しかし、スクラムバンとは何でしょうか。その独特のアプローチを検討すべき理由は何でしょうか。

このガイドでは、スクラムバンの概要、スクラムバンが適切なプロジェクトの種類、アジャイル・プロジェクト管理へのハイブリッド・アプローチを最大限に活用する方法についてご説明します。

スクラムバンとは

スクラムバン手法は、スクラムとカンバンの最も優れた機能をハイブリッドのプロジェクト管理フレームワークに組み込んだものです。スプリント、スタンドアップ、ふりかえりというスクラムの安定した構造を採用しています。次に、カンバンの視覚的なワークフローと進行中の作業での制限が追加されます。結果として、あらゆる規模のプロジェクトを非常に柔軟に管理できる方法です。

スクラムバンは当初、チームがスクラムからカンバンに(またはその逆に)簡単に移行する方法として始まりましたが、成熟したシステムに進化しました。これによりチームは複雑な進行中のプロジェクトに取り組めるようになります。ハイブリット・アプローチや、チームに幅広いアジャイル・ツールを提供するため、スクラムバンには柔軟性があります。

では、スクラムバンはアジャイル・アプローチなのでしょうか。そのとおりです。スクラムバンでは、スクラムとカンバン(どちらもアジャイル手法)を組み合わせ、そのアジャイル・ワークフローから要素を引き出してハイブリッド・プロセスを作成します。

スクラムを理解する

スクラムは、スプリントと呼ばれる一定の期間でチームが継続的に作業を完了できるようにする、アジャイル・フレームワークです。スクラム・チームは、各スプリントで製品(MVP:最低限の機能を持った製品)の実用的なイテレーションを行います。

各スプリントの終了時にレビューやふりかえりを行い、チームはプロジェクトとそのプロセスを継続的に改善します。スクラム・チームは、特定の役割を持つメンバーと、チームを率いてプロジェクトの障害を取り除くことを職務とするスクラム・マスターで構成されます。

カンバンと同様に、スクラムはボードを利用してプロジェクトの進捗を追跡します。ただし、スクラム・ボードには、チームが時間を費やす予定のすべての作業とスプリントが一覧表示されるバックログ列があるという点で異なります。

Jira Software は、チームが独自のスクラム・ボードを構築できるようにして、スクラムをサポートします。新規プロジェクトを開き、スクラム・テンプレートを選択するだけで、非常に簡単です。そこから、素早くバックログを作成してスプリントを計画できます。

スクラムバン手法に使用されているスクラムの要素とは?

一つには、スクラムバンはスクラム構造を利用しています。時間制限のあるスプリントや、イベントの計画とレビューにより、完了する必要のあるタスクやその期限が明確になります。さらに、スクラムバン・プロジェクトでは、MVP を定期的に見直し、変化する要件に適応するというスクラムの様式を引き継いでいます。

スクラムバンでのスクラムの役割

スクラムは、スクラムバンの枠組みに次の 3 つの重要な要素を提供します。

  • スプリント:チームは、スクラムバン・プロジェクトのすべての作業を、スプリントと呼ばれる一定の期間内に完了します。スプリントは通常 2 週間継続しますが、チームがより短い(または長い)期間を選ぶこともできます。チームがスプリント内で取り組むタスクについて合意したら、スプリントが終了するまで新しいタスクを引き受けることはできません。
  • デイリー・スタンドアップ:担当者・作業内容を明確にするために、スクラムバン・チームはデイリー・スタンドアップ、つまり 10 分以内のミーティングを行います。ミーティングでは、参加者が次の 3 つの質問に簡単に答えます。
    • 完了したタスクは何か?
    • 作業中のタスクは何か?
    • 障害は何か?

  • ふりかえり:各スプリントの終了時に、チームは集まって自分たちのパフォーマンスを分析します。うまくいったプロセスや、繰り返すべきことは何か?うまくいかなかったことや、やめるべきことは何か?チームは各ふりかえりから得た知恵を文書化し、今後のスプリントに役立てます。

スクラムとアジャイルは同じ意味の用語ではない

簡単に説明すると、スクラムはアジャイルと同じではないため、混同しないようにしましょう。スクラムはタスクを完了するためのフレームワークですが、アジャイルはスクラム・プロセスを成功させるために必要な一連の原則や考え方です。

要するに、アジャイルはフレームワーク(スクラム、カンバン、スクラムバンなど)なしでは利用できません。また、アジャイルの考え方を培うことなく、スクラムを利用することもできません。

カンバンを理解する

カンバンは、日本語の「看板」と「ボード」を組み合わせたものです。作業を視覚化し、進行中の作業量を制限して、チームが効率的なワークフローを実現できるようにします。トヨタが 1953 年に視覚的カードを利用する方法を導入して、生産を改善し、チームをまとめました。継続的な改善を必要とするチームにはこの手法が最適ではありますが、現在は、生産性がより重視されています。

Jira Software では、使いやすいカンバン・ボード・テンプレートを提供することで、カンバンをサポートします。テンプレートでは、プロジェクトのあらゆる要素が共有ボードにまとめられており、チームの働き方に合わせてカスタマイズできます。

スクラムバン手法に使用されているカンバンの要素とは?

スクラムバンでは、プロセスの中心としてカンバンのワークフローの視覚化を使用しています。ボードやカードに加えて、進行中の作業の制限、タスクのプル・システム、継続的な作業の流れからもメリットを得られます。つまり、チームはスプリントの途中でもプロジェクトを完了できます。

スクラムバンでのカンバンの役割

カンバンには、スクラムバン手法に価値をもたらす主要な要素が 3 つあります。

  • ボードカンバン・ボードには通常、「To Do」列・「進行中」列・「完了」列という、プロジェクトの各フェーズを示す列があります。
  • カード:ボードにはプロジェクトのタスク、つまりカードが置かれています(長年にわたって、チームが索引カードを利用し、ホワイトボード上に付箋を貼っていたため)。各メンバーがカードの作業を開始したら、そのカードを「To Do」から「進行中」に移動し、終了したら「完了」列に移動します。
  • 進行中の作業の制限:チームが効率的に作業するには、決められた作業期間内に現実的に処理できる量を把握している必要があります。チーム・メンバーが 1 日に作業できるカードは何枚でしょうか。この制限を明確にすると、チームは働きすぎ(および燃え尽き症候群)を防ぎつつ、自分たちの成果を関係者に正確に示せます。

スクラム、カンバン、スクラムバンの一覧

 

スクラム

カンバン

スクラムバン

テスト手法

スクラム

固定長のスプリント

役割の固定

一貫性のあるデリバリー

カンバン

進行中の作業の制限

タスクを視覚的に追跡

継続的な作業フロー

スクラムバン

固定長のスプリント

進行中の作業の制限

タスクを視覚的に追跡

継続的な作業フロー

役割

スクラム

製品所有者

スクラム・マスター

開発チーム

カンバン

なし

スクラムバン

なし

アーティファクト

スクラム

製品バックログ

スプリント・バックログ

インクリメント終了

カンバン

カンバン・ボード

カンバン・カード

スクラムバン

スクラムバン・ボード

スクラムバン・カード

イベント

スクラム

スプリント計画

デイリー・スタンドアップ

スプリント・レビュー

スプリントのふりかえり

カンバン

カンバン・ミーティング

スクラムバン

スプリント計画

デイリー・スタンドアップ

スプリントのふりかえり

プロセス・フロー

スクラム

製品バックログ

スプリント・バックログ

進行中

レビュー

完了

カンバン

To Do

進行中

完了

スクラムバン

To Do

進行中

完了

スクラムバン手法のメリット

スクラムやカンバンだけでなく、スクラムバン手法を選ぶ理由は何でしょうか。その実力は、両方の手法の長所を組み合わせている点にあります。

  • 柔軟性の向上:スクラムバンはスプリントごとに段階的に作業を行うため、プロセスの途中でもプロジェクトを変更できます。それと同時に、プロジェクトの完了に向けて前進します。
  • 継続的なデリバリー:ボードと継続的な作業フローによって、チームは機能を完了した時点で提供できます。スプリントの終了を待つ必要はありません。
  • 過負荷の軽減:進行中の作業をチームの力量に制限することで、燃え尽き症候群に陥ることなく前進できます。
  • より迅速な課題解決:スクラムバンでは、ボード上にカードを配置することで、チームはコラボレーションの向上に必要な透明性を得て、それと同時に問題や解決策を迅速に特定できます。
  • 大規模プロジェクトに取り組む能力:スクラムとカンバンはどちらも継続的かつ段階的な改善を目的としているため、スクラムバンによってチームは最も複雑なプロジェクトでも完了に向けて取り組むことができます。

スクラムバン手法の制限

スクラムバン手法には多くの利点がありますが、次のような注意すべき制限もあります。

  • 曖昧さ:スクラムバンは比較的新しいため、その実装に関するドキュメントがあまりありません。そのため、ガイダンスやベスト・プラクティスを見つけるのが困難なことがあります。
  • 管理が不十分:スクラムバンは従来のスクラムの役割を果たさないため、チーム・メンバーはスプリントを自己管理します。明確なリーダーがいないことで、責任をめぐって混乱が生じる可能性があります。
  • 複雑さ:2 つの手法から要素を引き出しているため、別のシステムに精通している、またはアジャイル・システムを利用したことがないチーム・メンバーが戸惑う可能性があります。

スクラムバンを利用するタイミング

スクラムバンは、スクラムまたはカンバンだけでは不十分な、特定のユース・ケースに最適です。例として、次のようなものがあります。

要件が変化するソフトウェア開発プロジェクト

スクラムバン手法を利用する絶好の機会は、スコープ・クリープが生じるソフトウェア・プロジェクトです。スクラムバンでは、スプリントと継続的な開発によってスコープ・クリープに対処できます。要件が変化しても、チームは作業を引き続き段階的に完了できます。

同時進行している複数のイニシアチブを伴うプロジェクト

大企業では、プロジェクトが同時進行していることは珍しくありません。同じチームが関わる場合もあります。スクラムバンには柔軟性があるため、同時進行のイニシアチブにも対処可能です。したがって、小規模なチームでも複数の要件に取り組めます。

スタートアップ企業のような急速に変化する環境

スタートアップ企業では多くの場合、環境やプロジェクトが常に変化しています。毎日新しい課題が生まれ、リソースはほとんどありません。スクラムバンはその環境に合った機能を提供するため、小規模なチームでもその柔軟なフレームワークを利用して業務を遂行し、成功を収められるようになります。

結局のところ、カンバン vs スクラムのように、どちらの手法がより適切なのかを議論する必要はありません。カンバンとスクラムを組み合わせれば、あらゆるプロジェクトにさらに効率的に取り組めます。

Jira Software を利用して次のスクラムバン・プロジェクトを始める

スクラムバンは、プロジェクト・チームが自分たちのキャパシティとプロジェクトの複雑さのバランスを取れるようにする、柔軟なアジャイル手法です。スクラムバンの長所は、スクラムとカンバンの最も優れた要素を組み合わせている点です。

プロジェクト管理に対するスクラムバンのハイブリッド・アプローチのメリットを確認するには、Jira Software をご利用ください。非常に簡単に適切なカンバン・テンプレートを選択できます。効率の向上や継続的な改善に必要なすべての機能が揃っています。テンプレートを入手したら、複雑なプロジェクトを管理しやすいタスクに分割し、共有のスクラムバン・ボードにドロップします。

10 万を超えるチームが Jira Software のアジャイル・ツールを利用しています。事前設定済みのテンプレートを利用すれば、チームは簡単にすばやくプロジェクトを開始し、ニーズに合わせてカスタマイズできます。

Jira Work Management はボード・ビューを特徴としており、ビジネス・チームはタスクや特定の働き方を視覚化できます。Jira Software は Jira Work Management とネイティブに統合されています。これにより、ソフトウェア・チームとビジネス・チームはタスク間の依存関係を作成し、その詳細を自身のボードに取り込めます。

Jira Software のカンバン・テンプレートを今すぐお試しください

スクラムバン:よくある質問

スクラムバンでの優先順位付けの対処方法は?

スクラムバンではスクラム・マスターは不要なため、チームはスクラムバン・ボードでの優先順位の対処方法について、バランスの取れた意見を取り入れます。通常、チームは各タスクに対して価値に基づく順位(価値が高いほど優先度が高い)を割り当てるか、リスクに基づくシステム(期限に与える影響が大きいほど重大になる)を割り当てるかを合意によって決定します。

スクラムバンは大規模なプロジェクトに適していますか?

もちろんです。スクラムバンは段階的に進行するため、チームは時間の経過とともに必然的にスコープが変化する大規模プロジェクトに取り組めます。各スプリントで成果物を着実に提供することで、チームは大規模プロジェクトを段階的に完了できます。

スクラムバンを採用する際にチームが直面する一般的な課題は何ですか?

最大の課題は、いつも文化的なものです。あらゆる組織的変化と同様に、別のやり方に慣れているメンバーからの抵抗があります。チームにスクラムバンの原則と構造にコミットしてもらうことが主な課題となります。

次の記事
リーン方式