リーンポートフォリオ管理

リーンを採用することによってより優れた企業を構築する方法

John May John May
トピック一覧

世界は急速に変化しています。顧客が期待するものも同様の速さで変化しています。変化のペースがあまりにも速いため、企業はデジタルおよびアジャイルの変革に多額の投資をするようになりました。アジャイルチームのメリットは、企業全体に広がり拡大しています。しかし、望ましい成果を達成している組織はあまりありません。アジャイルやデジタル変革の価値を十分に実現するためには、ビジネスチームとテクノロジーチームが足並みをそろえ、連携する必要があります。連携し整合性のある企業こそが、現代のビジネス界を勝ち抜くための鍵になります。

アジャイルチームをアジャイルエンタープライズに連携させる際の課題は、作業を行うチームと資金を割り当てるチームの間にギャップが生じることです。このギャップを埋めるために、リーダーには次のような能力が求められます。

  • 視認性を向上させる - バックログ (計画の場合) およびデモ (新しいソリューションの場合) で作業を可視化する
  • 実効性があるものを見極める - 段階的な成果を見直して、成果への進捗状況を評価する
  • 投資を最適化する - 価値のスループットが最大化するように資金を割り当て直し、作業を方向転換したり、継続したりする

企業が足並みをそろえ、整合性を維持しようとするとき、ポートフォリオ管理の従来のやり方では十分な効果を上げられないことがよくあります。代わりに、多くの企業がリーンポートフォリオ管理を導入し、組織全体の整合性を向上させています。

リーンポートフォリオ管理とは

リーンポートフォリオ管理 (LPM) とは、経営上層部がリーンの原則を適用し、戦略を実行に結び付ける方法です。ポートフォリオ管理チームは企業の戦略を理解して、その戦略の実行に予算を割り当てます。

どんなポートフォリオとも同様、投資の LPM ポートフォリオは創造的に決定され、投資ライフサイクル全体でアクティブに管理されます。LPM の主なポイントは、アジャイル開発とビジネス戦略を調整することであり、製品とソリューションの作成を通じて顧客への価値の提供を促進することに重点を置きます。LPM とアジャイル開発プラクティスを組み合わせれば、ビジネスの俊敏性を向上させることができます。

最上位がミッション、最下部がイニシアチブとなるリーンポートフォリオ管理のピラミッド

リーンポートフォリオ管理の目標:

  • 価値のスループットを最大化する - 投資のバックログを積極的に管理して、最も価値が高くなる機会を見つけます。チームのグループ (多くのチームからなるチーム) 全体で WIP を積極的に管理して、市場への価値の提供をスピードアップします
  • ボトルネックを回避する - ポートフォリオの予算を使用して、価値が最も高くなる機会を求めるキャパシティの資金のバランスを取ります
  • 優れたサーバントリーダーシップを実証する - 障害を取り除き、デリバリーのサイクル時間を短く保ちます

LPM には、次のように従来のプロジェクトポートフォリオ管理とは異なる点が数多くあります。

  • 人を仕事に割り当てるのではなく、仕事を人に割り当てる
  • 必要なアウトプットの量ではなく、必要な成果の定義に焦点を当てる
  • 「価値」の定義を作成し、コスト管理よりもバリューデリバリーに焦点を当てる
  • 新しいフィードバックに基づいて四半期ごとに過去の決定と計画を再検討する
  • 予算と財務を 1 年ごとではなく四半期ごとに管理する

従来のプロジェクトポートフォリオ管理 (PPM) は、厳密に構造化された一連のプロジェクト計画の作成とそれらの計画を実行する短期間のチームの構築に焦点を当てていましたが、LPM は次のような点に焦点を当てています。

  1. 大まかに構造化された価値機会を、長期的に活動する多くのチームからなるチームに割り当てる
  2. 必要な作業を定義するようチームに依頼する
  3. 新しいソリューションを監視して、市場に合わせて繰り返し適用する

ポートフォリオ管理の進化

ポートフォリオ管理のリーダーシップチームは、組織の戦略をその実行に結び付けます。ところで、ポートフォリオは何で構成されているのでしょうか?

ポートフォリオという用語は、次のようにさまざまな方法で使用されています。

  • ビジネスポートフォリオ - さまざまなタイムラインで成功を追求する多様なビジネスのセット
    • 資金はビジネスリーダーに割り当てられ、リーダーが自分の開発チームの計画を立てます
  • プロダクト (ライン) ポートフォリオ - 顧客向け製品の R&D の集合
    • 資金はプロダクトリーダーに割り当てられ、リーダーがビジョン実行のための計画を立てます
  • プロジェクトポートフォリオ - 製品ラインに変化をもたらすためにスコープが設定され、資金が割り当てられた、一連の大規模なイニシアチブ
    • 特定のアウトプットを生み出すことが想定される特定の計画を実行するために資金が割り当てられます
  • IT プロジェクトポートフォリオ - 企業全体の内部システムに変化をもたらすためにスコープが設定され、資金が割り当てられた、一連の大規模なイニシアチブ
    • IT を通じて特定の改善が見られることが想定される特定の計画を実行するために資金が割り当てられます
  • リーンポートフォリオ - イニシアチブで得られた一連の戦略的なビジネス目標
    • 資金は、リソースを使用してイニシアチブを達成しなければならない、多くのチームからなるチームに割り当てらます

共通点は何でしょうか? いずれも資金を割り当て、企業戦略をローカルコンテキストに変換し、実行と支出を管理する機能を備えています。

過去 10 年間で、一部の企業のリーダーは、多くのチームからなるチームによって実施される戦略的イニシアチブのポートフォリオに移行することにより、応答性と市場投入までの速度を改善しました。これらの成功が、リーンポートフォリオ管理の基盤を形成しました。

リーンポートフォリオ管理を導入する理由

1 年を超えるプロジェクトの定義に焦点を当てている組織は、価値を早期に提供したり、市場にすばやく適合させるためフィードバックを求めたりするよりも、古くなったプロジェクトの目標を達成することにばかりチームが気を取られ、身動きが取れなくなることがよくあります。リーンポートフォリオ管理は、組織が次のようなことを実行するのに役立ちます。

  • より大きなイニシアチブに向けて、業務のフォーカスをより短い期間でインクリメンタルな価値を提供することにシフトさせる。
  • サイクルを活用して、フィードバックループを短縮する。内部チーム、外部フォーカスグループ、顧客、エンドユーザーから収集されたフィードバックを、組織が目標とする成果への進捗を測定するのに役立てる。
  • フィードバックを徹底的に適用して、望ましい成果を生み出すアイデアに再投資し、そうでないアイデアには投資を抑制する。

リーンポートフォリオ管理は、リーンの原則に基づいており、顧客価値 (およびそれを迅速に提供する方法) をより深く理解することを通じて構築されるものであり、大規模組織の一般的な問題点を解決します。

問題点 1: 大規模なイニシアチブのサイクル時間が長い。

  • 組織が自主的な部門横断型チームを構築するときに、価値の提供に摩擦 (および遅延) を増やすハンドオフや依存関係を取り除きます。
  • 組織が顧客価値の定義を改善すれば、コミュニケーションが改善され、最善なアイデアへの道のりを明確化できます。
  • 組織が継続的な価値の流れを生み出す計画と実行モデルに力を入れると、作業を完了させることよりも、顧客へのサービスに価値を置くようになります。

問題点 2: 仕事は完了したが、重要な変化が起こらない。

  • 組織が目標とするビジネス成果の観点から目標を定義すると、主要業績指標 (KPI) によって「変化がもたらされる」ようになります。
  • 組織がアウトプットを短いフィードバックループで評価すれば、現状に基づいて短期計画をすばやく再調整できます。
  • 目的ベースの目標を、必要とするビジネス成果として捉えたうえで設定すると、その成果を基準にして段階的なアウトプットを評価できます。

問題点 3: 新しい情報に基づいて予算を変更することが難しい。

  • 市場で大きな不確実性に直面している組織は、「想定して考える」というリーンなスタートアップ精神を適用できます。そうすることで、大きな不確実性を伴う大規模なイニシアチブではなく、小規模な実験に資金を供給する費用対効果の高い方法でソリューションを模索できます。
  • 組織が多くのチームからなるチームにアジャイル予算を通じて資金を提供し、戦略的な目標に沿った計画を立てるための権限を与えると、分散型の新しい説明責任モデルにより価値提供全体がスピードアップします。

リーンポートフォリオ管理の主な要素

リーンポートフォリオリーダーシップチームは、ミッションを導く目標を設定し、企業の戦略的ニーズに基づいて多くのチームからなるチームに資金を提供し、新しく発生した計画と成果を監視して戦略的な目的に足並みをそろえます。

リーダーシップチームは定められたリズムで決定を下し、オペレーション (アクティビティ) とガバナンス (レビュー) の両方でそのリズムに従い、計画とフィードバックのループを同期させて調整します。

LPM オペレーション

戦略を継続的に実行へとつなげるために、リーダーシップチームは次のような目標を継続的に評価します。

ミッションを設定する

  • 成果ベースの目標と戦略的テーマを設定する (四半期ごとに再調整する)

機会を見つける

  • 新しいアイデアを、戦略的ミッションに関連する投資候補に変換する

価値デリバリーの目標を設定する

  • 市場ニーズと想定される作業サイズに基づいてロードマップを作成する。市場ニーズと作業サイズはアジャイルの見積もりと計画の際に収集する

価値を最適化

  • (1) 次の四半期の詳細な計画を立て、(2) ロードマップとキャパシティに関する既知の制限のバランスを取るために、イニシアチブに明確な優先順位を設定する

市場に合っているかどうかを確認する

  • チームのデモでインクリメンタルな価値が提供できていることを「実際に見て確認」し、価値の仮説を検証する

LPM ガバナンス

企業のアジリティを実現するためには、リーダーシップチームは次のような点に関して定期的なレビューを実施します。

戦略の整合性レビュー

  • 四半期に一度、作業が戦略的意図に沿っていることを確認する

ポートフォリオ予算のレビュー

  • 四半期に一度、多くのチームからなるチームに資金を提供 (および分散化された意思決定を強化) する予算配分が、ミッションを的確に支援するものになっているかを確認する

ポートフォリオチームのふりかえり

  • 四半期に一度、ポートフォリオリーダーシップチームの運営、意思決定、継続的な価値フローの実現のための方法を改善することを検討する

ポートフォリオの財務レビュー

  • 月に一度、イニシアチブの支出傾向を目標およびガードレールと比較して、アジャイル予算編成のループを閉じる

ポートフォリオロードマップのレビュー

  • 月に一度、更新したイニシアチブロードマップをすべての利害関係者と共有する

投資機会のレビュー

  • 週に一度、ビジネスケースに基づいて新しい投資機会の資金調達を承認する (または新しいフィードバックに基づいて過去の資金調達を再調整する)

リーンポートフォリオ管理の導入方法

既存のポートフォリオリーダーシップチームへのリーンプラクティスの導入は大規模な変更であり、強力な組織的変更管理プラクティスを必要とします。多くの場合、住んだまま家を改築するときに似て、ストレスと満足度を同じ程度に感じます。引き続きこの例えを使用すると、リーンな住宅改築のヒントとして次のようなものが挙げられます。

  1. 所有者を探す - ポートフォリオリーダーシップチームは、サーバントリーダーで構成される、パフォーマンスの高い部門横断型チームです。リーダーシップチームの力を引き出すことは、開発チームを強化することと同様に重要です。最初のステップでは、組織の特定の部分に関して戦略を実行に結び付ける担当グループを見つけて形成します。それがポートフォリオリーダーシップチームです。
  2. 資金を調達する - LPM は、戦略と投資モデルをプロジェクトへの資金調達から、多くのチームからなるチームへの資金調達にシフトします。そのためには、ビジネスの戦略的目標と多くのチームからなるチームにおける計画の立案方法との関係について、より深い理解 (および可視性) が必要になります。
    次のような質問に回答する必要があります。
    • ポートフォリオに資金を提供しているのは誰か? 何が期待されているのか?
    • "明かりを灯しておく" (つまり、ビジネスの変更でなく運営する) ための資金を提供しているのは誰か?
    • ポートフォリオを推進する戦略のうち、独立して資金提供されているものはいくつあるか?
  3. 改築する - 同じ組織内であっても、2 つのリーダーシップチームがまったく同じアプローチでアジャイルポートフォリオを運用することはありません。ポートフォリオリーダーシップチームのニーズと期待を特定します。最初の目的地は現状か、それとも (よりリーンになった) 将来の状態なのかを特定します。カスタマイズしながら、LPM の主要な部分を具体化する運用の骨組みを構築します。
  4. 元に戻る - 資金を投入した現在の作業を、価値の流れがより適切にサポートされるリーンな構成に調整し直し、この機会を利用して、作業の理論的根拠を再検討します (方向転換するか、維持するか)。リーンポートフォリオ管理では、組織の「未完了の作業を最大化する」ことが奨励されます。現在の作業を停止または縮小することは可能でしょうか?
  5. 改装する - LPM では、作業の戦略的な整合性の視覚化や "ガードレールベース" のガバナンスの重視など、新しい意思決定手段を取り入れます。その場合、新しい規律や明瞭さを追加するために、既存の作業管理システムを「装備し直す」必要性が高まります。
  6. パーティーを開く - リーンポートフォリオリーダーシップチームは、決まった頻度で決定と改善を行います。ふりかえりで挙げられた肯定的なフィードバックを紹介して、価値の流れが改善されたことを組織全体でお祝いしてください!

リーンポートフォリオ管理によって、組織の変革を推進するのに最適な場所にいるチームとリーダーが、実績のあるリーンの原則を活用できるようにします。全体として、リーンアプローチを導入することにより、信頼性の高い価値提供が促進され、顧客価値実現への時間が短縮され、市場の変化や顧客の需要の変化に合わせてチームが方向転換できるようになります。リーンポートフォリオ管理は、これらの利点を最大化し、よりつながりのある企業を構築するための手段を提供します。

リーンポートフォリオ管理についてご興味をお持ちの場合は、LPM の基本と、アトラシアンの Jira Align による LPM のサポートをご覧ください。

次の記事
Okrs