仕事スコープ:作成と管理の戦略

Atlassian 作成者 Atlassian
トピック一覧

プロジェクト管理がタイムライン、リソース、目標の複雑なダンスだとしたら、SoW(作業スコープ)は全員の動きを調和させるための振り付けです。これにより、リスクが最小限に抑えられ、コラボレーションが促進され、すべての関係者がプロジェクトの目的と期待について理解を一致させることができます。

この記事では「作業スコープとは?」という質問にお答えし、SoW を段階的に作成する方法を説明します(ヒント:プロジェクト計画テンプレートを使用します)。また、作業スコープを持つことでリスクを最小限に抑え、コミュニケーションを改善する方法についても説明します。

作業スコープについて

プロジェクト計画では、SoW はどのタスクがプロジェクトに含まれていて、どのタスクがプロジェクトに含まれていないかを示します。それはプロジェクトに取り組む全員を正しい方向に導きます。SoW は、期待と境界を設定することで、プロジェクト計画を策定する際に明確さをもたらし、これによりプロジェクト関係者間のすり合わせがうまくいくようになります。

作業スコープの主要なコンポーネント

SoW では、プロジェクトが達成する全体的な目標、プロジェクトが生み出すもの、そして適切な関係者がいつそれを生み出すかについて取り上げます。

作業スコープの次の主要コンポーネントは、プロジェクトの成功に不可欠な詳細と仕様を提供します。それらは、プロジェクトの実行を導く全体的な目標、具体的な目的、成果物、役割、責任、タイムラインの概要を示します。

プロジェクトの目的と成果物

プロジェクトの目標と成果物は、プロジェクトが達成しようとしている具体的な目的と具体的な成果です。それらは、プロジェクトの明確な目的と方向性を示します。これらを定義すると、チームの全員がプロジェクトの目標と期待される結果を確実に理解できるようになります。このプロセスを合理化するには、作業スコープのテンプレートを使用します。

プロジェクトが Web サイトの再設計であるとします。目的は、ユーザー・エクスペリエンスを向上させることです。成果物には、再設計された Web サイトのレイアウトと構造、アップデートされたコンテンツ、改善されたサイト・ナビゲーションなどが含まれる場合があります。

包含事項と除外事項

スコープ・クリープを防ぐには、タスク、責任、必要なリソースに関する期待など、プロジェクトに含まれる内容を指定します。また、プロジェクトに含まれないものについても説明します。この明確さにより、曖昧さが排除され、プロジェクトが順調に進みます。

この仮想プロジェクトの場合、包含事項は、モバイルの応答性、コンテンツ作成、品質保証テストなどになり、除外事項は、進行中のコンテンツのアップデートやドメインの登録などになる可能性があります。

プロジェクトの境界と制約

SoW では、予算、リソース、ブランド・ガイドラインなどの制限を定義する必要があります。

たとえば、Web サイトの再設計の予算は、$30,000 を超えてはなりません。チーム(プロジェクト・マネージャー、Web デザイナー、開発者、コンテンツ・ライター)は、特定の配色とメッセージを使用する必要があります。

プロジェクトの前提条件

プロジェクトは多くの場合、環境、リソース、または条件に関する特定の前提条件に依存します。これらの前提条件を明記して、期待に応え、予期せぬ変化に伴うリスクを軽減します。

Web サイトを再設計する場合、一般的に次のような前提条件が考えられます。

  • サーバー・インフラストラクチャとホスティング・サービスの可用性
  • コンテンツ管理システムの互換性
  • 移行のためのアクセス可能なデータと資産

タイムラインとマイルストーン

主要なマイルストーンと締め切りを含むプロジェクト・タイムラインを確立し、プロジェクトを順調に進め、その目的と成果物に沿った状態に保ちます。マイルストーンは進捗を示す目印であり、チームがプロジェクト完了までの道のりを監視するのに役立ちます。

以下は、Web サイトの再設計におけるマイルストーンを含むタイムラインの例です。

  • 第 1 週目から第 4 週目:プロジェクトを開始し、Web サイト・レイアウトを設計・開発します。
  • 第 5 週目から第 8 週目:コンテンツを作成・開発します。
  • 第 9 週目から第 12 週目:Web サイトをテスト、デバッグ、ローンチします。

作業スコープの作成方法

SoW を作成する際に、主要な関係者に意見を求めます。コラボレーションはすべてをまとめる接着剤であることを忘れないでください。これにより、明確さと透明性がもたらされ、ビジネス目標との整合性が確保され、関係者間の共通理解が強化されます。

堅牢な SoW を作成する方法は次のとおりです。

  1. 情報収集:クライアントからプロジェクト・マネージャーに至るまで、さまざまなチーム・メンバーや関係者から、プロジェクトの重要な詳細、要件、目的について意見を求めます。
    Insider ヒント:クライアントの要件を収集するための事前設定済みテンプレートにより Confluence ページを作成します。クライアントはそれに記入でき、Confluence はプロジェクト・チームがアクセスできるように情報を自動的に整理します。チームは、共同作業の方法に基づいて独自のテンプレートをデザインすることもできます。Confluence ページは Jira Software や Jira Work Management とも統合されているため、ドキュメント管理を促進し、プロセス全体を通してチームとしての連携を維持することが容易になります。
  2. 目標と成果物を定義する:チーム・メンバーと関係者間の整合性を確保します。
    Insider ヒント:プロジェクト目標を Jira Software 内のユーザー・ストーリーとタスクに分割して定義します。このアジャイル・プロジェクト管理アプローチでは、ユーザー・ストーリーは大まかなプロジェクト目標を表し、タスクは特定の成果物を表すことができます。これらを適切なチーム・メンバーに割り当て、Jira ボードを使って進捗を視覚化します。
  3. 包含事項と除外事項を指定する:これにより、プロジェクト中の誤解やスコープ・クリープを防げます。
    Insider ヒントJira Work Management または Jira Software でタスクを作成し、プロジェクト・スコープの変更やアップデートを追跡します。スコープ外の機能のリクエストを Jira のタスクとしてログに記録します。
  4. 境界と制約を設定する:すべての関係者は、予算の制限、リソースの制約、その他の外部要因について把握しておく必要があります。
    Insider ヒント:専用の Confluence ページまたはセクションを作成し、プロジェクトの予算とリソースを文書化します。
  5. 前提条件を明記する:前提条件がプロジェクトのスコープにどのように影響するかを明確にします。この明確さにより、将来の潜在的な課題が回避されます。
    Insider ヒント:前提条件を文書化した Confluence ページを、対応する Jira の課題にリンクさせます。
  6. タイムラインを作成する:共有タイムラインは、プロジェクトを順調に進めるのに役立ちます。
    Insider ヒント:Jira Software または Jira Work Management でプロジェクトのマイルストーンと個別のタスクに関する課題を作成します。所有者、期限、依存関係を割り当てます。プロジェクトのガント・チャートを作成する機能を備えた Jira Software などのロードマップ・ツールを使用します。

明確に定義された作業スコープのメリットは次のとおりです。

明確に定義された作業スコープはプロジェクトの基礎として機能し、次のような多くのメリットをもたらします。

  • 明確なドキュメントを提供することでリスクを最小限に抑える:プロジェクト・チームは課題に積極的に対処できるため、プロジェクトを頓挫させるような予期せぬ課題が発生する可能性を減らせます。
  • チーム・メンバーと関係者間のコミュニケーションを改善する:詳細な SoW は、すべてのプロジェクト関連情報の中心的な基準点となります。
  • プロジェクト・チームのコラボレーションを強化する:チームは、明確な目的意識を持って、取り組みを調整し、結束して取り組み、専門知識を提供できます。
  • リソースを効率的に割り当てる:プロジェクト・マネージャーは、適切なチーム・メンバーを特定のタスクに割り当て、予算リソースを割り当て、タイムラインを簡単に管理できます。
  • 境界線を明確にしてスコープ・クリープを回避する:不正な変更や追加を防ぐことで、プロジェクトを順調に進め、予算内に収まるようにします。

作業スコープの例

この記事全体で説明する、仮想的な Web サイト再設計プロジェクトの SoW の例を以下に示します。

サンプル・プロジェクト:XYZ Corporation の Web サイト再設計

プロジェクトの目的と成果物:

  • 目的:ユーザー・エクスペリエンスを向上させるために、XYZ Corporation の Web サイトを再設計する。
  • 成果物:
    • Web サイトのレイアウトと構造の再設計
    • テキストや画像などのコンテンツのアップデート
    • ユーザーフレンドリーな CMS(コンテンツ管理システム)の統合
    • モバイル互換性を考慮したレスポンシブ・デザインの実装
    • サイト・ナビゲーションと UI(ユーザー・インターフェイス)の改善

包含事項

  • Web サイトの再設計と開発
  • コンテンツの作成と移行
  • CMS 統合
  • モバイルの応答性
  • 検索エンジン最適化
  • 品質保証とテスト

除外事項

  • この作業範囲記述書に明記されていないその他の機能
  • ローンチ後の継続的なコンテンツのアップデート
  • ホスティングとドメインの登録(クライアントが別途対応)

プロジェクトの境界と制約

予算:$50,000

  • タイムライン:プロジェクトのキックオフから Web サイトのローンチまで 12 週間
  • リソース:プロジェクト・マネージャー、ウェブ・デザイナー、開発者、コンテンツ・ライター
  • Web サイトは、クライアントの既存のブランド・ガイドラインに準拠する必要があります。

プロジェクトの前提条件

  • クライアントは、必要なコンテンツと画像をすべて提供します。
  • クライアントは、承認後にプロジェクト・スコープに大きな変更を加えません。
  • クライアントは、ローンチ前に UAT(ユーザー受け入れテスト)を実行します。

タイムラインとマイルストーン

  • 第 1 週目から第 4 週目:プロジェクトのキックオフ、設計、レイアウト開発
  • 第 5 週目から第 8 週目:コンテンツの作成と開発
  • 第 9 週目から第 12 週目:テスト、デバッグ、Web サイトのローンチ

ソフトウェア開発プロジェクトを担当するチームの別の例を次に示します。以下の作業スコープは、ソフトウェア強化プロジェクトの指針となり、すべての関係者がプロジェクトの目的、境界、期待を明確に理解できるようになります。

サンプル・プロジェクト:CRM(顧客関係管理)ソフトウェアの強化

プロジェクトの概要:このプロジェクトは、既存の CRM ソフトウェアを強化・拡張し、顧客関係管理を改善し、プロセスを合理化し、効率を高めることを目的としています。これには、フロントエンドのユーザー・インターフェイスの改善とバックエンド機能の強化の両方が含まれています。

プロジェクトの目的と成果物

  • データ視覚化機能を備えたユーザーフレンドリーなダッシュボードを開発し、ユーザー・エンゲージメントを高めます。
  • 顧客のフォローアップのために自動電子メール通知機能を実装します。
  • フィールド・セールス・チーム向けの CRM のモバイル・アプリ・バージョンを作成します。
  • 外部データソースと統合してリアルタイムで更新します。
  • ユーザーのアクセス制御とセキュリティ機能を強化します。

付属物

  • ユーザー・インターフェイスと機能の設計と開発
  • テストと品質保証
  • 新しい特徴と機能のドキュメンテーション
  • ロールアウト中のユーザー・トレーニングとサポート

除外事項

  • ハードウェアの調達やアップグレード
  • インフラストラクチャの大きな変更

プロジェクトの境界と制約

  • 割り当てられた予算とタイムライン内でプロジェクトを完了する。
  • プロジェクトは既存の IT インフラストラクチャと互換性がある必要がある。
  • プロジェクト・チームは現在の CRM データベース構造で作業する必要がある。

プロジェクトの前提条件

  • 現在の CRM ソフトウェア・ライセンスが機能強化をカバーしている。
  • ソフトウェアの拡張に必要なサーバー・リソースがある。
  • 統合に必要なユーザー・データがある。

タイムラインとマイルストーン

  • プロジェクトのキックオフ:1 月 1 日
  • ユーザー・インターフェイスのデザイン完了:2 月 28 日
  • モバイル・アプリの開発完了:4 月 14 日
  • 統合テスト:6 月 12 日
  • プロジェクトの完了とロールアウト:7 月 7 日

Jira Software で作業スコープを管理する

プロジェクト管理を成功させるには、よく練られた SoW が不可欠です。これにより、リスクを最小限に抑え、コミュニケーションを強化し、効率的な資源配分を促進できます。Jira Software、Jira Work Management、Confluence は、堅牢なタスクのトラッキング、コラボレーション、レポート機能により、プロジェクト管理プロセスをさらに合理化できます。

  • タスクのトラッキング:プロジェクト・マネージャーは Jira Software を使用して SoW に関連するタスクを作成、割り当て、追跡できます。チーム・メンバーはタスクのステータスを簡単に更新して、プロジェクトの進捗状況をリアルタイムで把握できます。タスクのトラッキングは、締め切りに間に合わなくなる可能性を最小限に抑え、プロジェクトをスケジュールどおりに進めるのに役立ちます。
  • コラボレーション:これらのツールの中核となるのが、コラボレーションです。Jira Work Management と Jira Software を使用すれば、チーム・メンバーと関係者が一元化されたプラットフォームでコミュニケーションを行い、最新情報を共有し、プロジェクト関連の問題について話し合うことができます。Confluence は、プロジェクトのドキュメンテーションを作成および共有するための共同環境も提供しています。
  • レポート機能:レポートはプロジェクトの健全性とパフォーマンスを監視するために重要です。Jira Software と Jira Work Management には、プロジェクト・マネージャーが進捗レポート、バーンダウン・チャート、スプリントの要約などのさまざまなレポートを生成できるレポート機能が組み込まれています。これらのレポートは、プロジェクトが SoW とどのように一致しているかについての貴重なインサイトを提供し、潜在的な問題や改善すべき領域を特定するのに役立ちます。Confluence では、チームがレポート目的でアクセスして共有できる包括的なプロジェクト・ドキュメンテーションを作成できます。

作業スコープ:よくある質問

スコープ・クリープをどのように管理できますか?

スコープ・クリープは、プロジェクトの実行中に導入された未承認の変更、追加、または機能が原因で発生します。これらの変更は、タイムラインの遅延とコストの増加につながります。スコープ・クリープを管理するには、以下を行います。

  1. SoW でプロジェクトの期待を明確に定義する。
  2. 変更管理プロセスを実装する。
  3. 関係者とのオープンなコミュニケーションを維持する。
  4. すべての変更と承認を文書化する。

作業スコープが明確でないと、どんなリスクがありますか?

明確な SoW がないことによる一般的なリスクには、次のものがあります。

  • スコープ・クリープ。明確に定義された SoW がなければ、変更がタイムラインと予算に与える影響を評価するための明確な基準点がありません。
  • チーム・メンバー間の混乱。誰がどのタスクを担当するかを正確に定義しないと、チーム・メンバーは作業が重複したり、不要な作業に時間を浪費したり、重要な成果物を見逃したりする可能性があります。これによりワークフローが混乱し、コラボレーションが阻害され、チーム・メンバー間の不満につながる可能性があります。
  • プロジェクト完了の遅れ。新しい要件や期待事項が浮上すると、プロジェクトの境界が広がります。これに対応するため、最初に設計された期間に作業を追加した結果、遅れが生じることがよくあります。

作業スコープを管理する上での課題は何ですか?

作業スコープの管理には、プロジェクトのライフサイクルを通じていくつかの課題があります。

  1. プロジェクトの目標について関係者間で整合性を取る:視点や期待事項が異なると、プロセスが複雑になることがあります。
  2. 細部に注意を払って完全な要件を収集する:情報が不足していたり、不明瞭だったりすると、誤解やエラーにつながる可能性があります。
  3. リソースの制約を管理する:プロジェクト・マネージャーは、必要に応じて柔軟にリソースを再割り当てする必要があります。

強固な変更管理プロセスでは、オープンなコミュニケーションを維持することでスコープの変更を管理します。これにより、誤解を防ぎ、チーム・メンバーと関係者間のコラボレーションを促進できます。