DoR(準備完了の定義)の説明と主要な要素

Atlassian 作成者 Atlassian
トピック一覧

あなたはプロジェクト マネージャーで、チームが次のスプリントに着手しようとしています。しかし、チームが取り組むタスクの準備は整っていますか?

これを判断するには、DoR(準備完了の定義)が必要であり、アジャイル プロジェクト管理には欠かせません。DoR によって、チームが効果的にタスクに取り組めるようになります。また、チームのバックログ リファインメントにも役立ちます。

本ページでは、スクラムやアジャイル アプローチにおける「準備完了の定義」を細かく分けて、タスクがその基準を満たしているかどうかを判断する方法をご説明します。

「準備完了の定義」とは

DoR(準備完了の定義)により、チームが作業を開始する前に作業を評価できます。DoR では、チームのタスク、ユーザー ストーリー、またはストーリー ポイントを定義します。スクラム アプローチを利用する場合、DoR とはすぐに行動を起こせるということです。プロジェクト開始前に、チームは次の内容を把握する必要があります。

  • ターゲットにする顧客:顧客のモチベーション、問題点、ニーズは何か?
  • プロジェクトの目標:プロジェクトの目的は何か?
  • 必要なタスク:ビジネス、ユーザーの双方にとって価値があるタスクか?明確で実現可能であるか?
  • 技術要件:必要なリソースは揃っているか?チームは技術的なアプローチや解決策を把握しているか?それをテストできるか?
  • 時間の見積もり:業務完了までのタイムラインは?関係者とチームは終了日に関して合意しているか?
  • 「完了」の定義(DoD):DoD(完了)の状態とは?成功を評価するために、どのスクラム指標を利用する予定か?

チームがプロジェクトのスコープを把握して初めて、作業を製品バックログから行動に移せます。作業の準備が整っているかどうかは、全員一致で合意する必要があります。そうすれば、チームのワークロードに関するやり取りを削減できます。

DoR の主要な要素

DoR には考慮すべき重要な要素が 6 つあります。これらの要素は、アジャイル計画に役立ちます。これらの要素の通称は INVEST メソッドといい、以下を意味します。

独立している(Independent)

取り組んでいるバックログ項目が何であれ、他のタスクに依存してはいけません。自己完結型である必要があります。チームはこの方法で不要な作業を回避します。

交渉できる(Negotiable)

タスクは強硬であってはいけません。チームがもたらす可能性のある他のオプションを検討できるだけの柔軟性が必要です。

価値がある(Valuable)

作業には目的が必要です。さらに重要なのは、製品、顧客、ビジネスに付加価値を提供する必要があるということです。

予測できる(Estimable)

タスクは、実現可能、達成可能、測定可能である必要があります。チームは、どれほどの時間と労力が必要となるかを把握する必要があります。スプリントに複数のタスクが必要な場合、それぞれについても同様です。

作業を管理しやすくする必要があります。タスクが複雑な場合は、より小さなタスクに分割します。それにより、不当な締め切りを守るための、徒労や過度な作業を防ぎます。そうすれば、チームは燃え尽きることはありません。

テストできる(Testable)

ビジネスとユーザーのニーズに基づいて、成功基準と完了基準を指定します。この基準により、チームはタスクが完了したかどうかを評価できます。

「準備完了の定義」が重要な理由

明確な DoR により、あなたやチーム、関係者に自信を与え、期待値を設定します。

企業にとって DoR が不可欠な理由は次のとおりです。

  • コミュニケーションを強化する:チームは、タスクの作業準備が整っているかどうかについて、より円滑にコミュニケーションできます。
  • 効率を向上する:DoR のチェックリストにより、チームはタスクを効率的に実行できます。その理由としては、チーム メンバーが技術要件を把握しているためです。
  • エラーを減らす:タスクをしっかりと把握することで、チームはスプリント時のエラーを軽減できます。
  • コラボレーションを促進する:DoR では、スプリント前やスプリント中にチームが協力して作業する必要があります。

効果的な DoR を作成する方法

DoR を理解したら、次は DoR を作成してみましょう。自身の会社にとって効果的な DoR を作成するプロセスを段階的に見ていきましょう。

  1. チームの責任を定義する。各チーム メンバーが自分の責任を把握していることを確認します。
  2. 重要な関係者を参加させる。スコープ クリープを軽減するには、DoR 基準に関する、関係者の意見と賛同が必要です。
  3. DoR の構造と形式を指定する。チェックリストの目的は?作業の準備完了を定義するものは?準備が完了していることをチームはどのように判断するか?これらは、DoR の作成時に確認すべき重要事項です。
  4. バックログを整える整理されたバックログに勝るものはありません。チームは、項目が製品ロードマップに適合し、今も関連性があるかどうかを調べる必要があります。
  5. ユーザー ストーリーを特定して定義する。ユーザー ストーリーの基準と、それが実現可能かどうかを判断します。
  6. INVEST メソッドを満たしていることを確認する。タスクが、独立している、交渉できる、価値がある、予測できる、小さい、テストできるかどうかを DoR チェックリストで判断します。

すべての手順を把握したら、Jira Software 内で「準備完了の定義」チェックリストを作成して、チームがタスクを完了する方法と期待値について共通認識を持てるようにします。

Jira Software でチームの DoR を微調整する

DoR によってチームのアジャイル性を保ち、作業が顧客やビジネス全体にインパクトを与えるようにします。

DoR を始める準備は整っていますか?アトラシアンのプロジェクト管理ツールを利用すれば簡単です。チーム向けにあらゆる内容を文書化し、連携を維持できます。

たとえば、Jira Software ではスプリント バックログ リファインメントのプロセスを簡素化できます。Jira Software を利用すると、チームは次のことを行えます。

  • 準備が整っていて実行できるタスクとユーザー・ストーリーを決定する。
  • 大規模なタスクを、より小さく管理しやすいスプリントに分割する。
  • スプリントを効率的に実行し、作業を継続する。
  • 最小限の摩擦で首尾よく完了する。

また、Jira のバックログですべてのストーリーの DoR チェックリストを作成することもできます。Jira Software は、あなたとチームがタスクに優先順位を付け、スプリントを極めて効率的に完了できる、DoR の強力なツールです。Jira Software を利用すれば、プロジェクト管理のスーパーヒーローになれます。

準備完了の定義:よくある質問

DoR の例にはどのようなものがありますか?

DoR によって、チームはバックログ項目がスプリントの準備を完了しているかどうかを把握できます。バグ修正での「準備完了の定義」の例をご紹介します。

バグ修正がバックログに残っている可能性はありますが、今ならバグ修正を上に移動できます。その理由は、チームが次のような状態だったためです。

  • 実行可能だと判断した。バグ修正は実現可能で、他のタスクから独立しているとチームは考えています。
  • 共通認識を確立した。チーム全員がバグ修正の内容を把握しています。メンバーは、実現するために何が必要かを把握しています。
  • 価値を把握している。チームは、バグ修正が顧客とビジネスに与える影響を理解しています。
  • 基準や、完了までのタイムラインを設定した。チームは、主要な基準に基づいて修正が完了するまでの時間を推定できます。
  • バグ修正はテスト可能かつ検証可能だと確信している。チームは、修正をテストし、それが機能するかどうかを確認し、関係者に実証できます。

DoR はアジャイル プロジェクト管理にどのように適合しますか?

DoR によって、チームはアジャイルになれます。DoR はアジャイル プロジェクト管理には最適です。チームで次のことが可能になるためです。

  • 合理的なタイムライン内で取り組めるタスクを把握できる。
  • 依存関係や要件をすべて把握しているため、効果的に作業できる。
  • チームが予定どおりに作業スコープを完了できるように、必要な情報をすべて揃えている。

DoR と DoD の違いは何ですか?

DoR と DoD は、どちらもスプリントの開始/終了時の両方での重要な基準ですが、主な違いがいくつかあります。

  • DoR:チームが取り組むタスクまたはユーザー ストーリーの準備が整っているかどうかを判断する基準です。
  • DoD:タスクまたはユーザー ストーリーが完了する時期を判断する基準です。