製品仕様で製品開発を強化する方法

Atlassian 作成者 Atlassian
トピック一覧

新製品や新機能の開発は、さまざまな理由で難しい場合がありますが、明確な製品仕様がないことで難しくする必要はありません。製品開発プロセスにおけるこの重要な最初のステップは、機能の設計と開発からテストとユーザー・ドキュメントの作成まで、チームが使用するブループリントです。

優れた製品仕様の重要性は、どれだけ強調してもしすぎることはありません。チームの全員が、あなたが何を構築しているのか、その理由、顧客のために何を達成しなければならないのか、そしてその成功をどのように測定するのかを理解するのに役立ちます。

Jira Software のようなツールは、製品仕様を開発ライフサイクルにシームレスに統合するためのテンプレートと機能を提供します。製品仕様と、それが製品チームにとって重要な理由、製品仕様書の書き方の詳細については、続きをお読みください。

製品仕様の目的

製品仕様は、開発プロセスにおけるプロジェクトのあらゆる側面のロードマップ、またはブループリントとなります。次の情報を提供することで、チームの足並みを揃えます。

役割と責任:開発ライフサイクルでの担当チーム・メンバーと決定事項の一覧です。

  • スコープ:これは、特徴と機能、主要な成功指標、既知のリスクと前提条件の一覧で、適切な場合には除外されている機能も含まれます。
  • 製品デザイン:モックアップまたはプロトタイプは、ワークフロー、ユーザー・インターフェイス、プロセス、および全体的なアーキテクチャを示します。
  • テスト計画:製品のテスト方法や個人情報の取り扱い方法を概説しています。
  • リリース計画:これには、サービス・エージェント向けのトレーニング、ドキュメント、ビジネス・チームの関与などのアクティビティが含まれます。
  • 管理:これは、将来の機能強化やフィードバックの収集など、進行中の管理アクティビティの概要を示しています。

製品仕様の要素はメンバーによって異なりますが、チームの全員が同意する必要があります。早い段階で頻繁にコラボレーションすることで、全員の足並みを揃えます。

製品仕様が製品チームにとって重要な理由

すべての製品開発プロジェクトには、誤解、機能の欠落、意見の相違が生じる可能性があります。しかし、それを実際に生じさせる必要はありません。明確な製品仕様は、部門横断型の製品チーム・メンバーにとって一般的な参考資料であり、優先事項を概説しています。

製品仕様は、チームが構築しているもの、その理由、成功を測定する方法について全員の足並みを揃えることで、課題を予測し、それに備えるのに役立ちます。プロダクト・マネージャー、デザイナー、エンジニア、その他の関係者が共通のビジョンを持って取り組めば、障害をより早く特定し、コラボレーションと意思決定を改善できます。

Jira Product Discovery は、アイデアをブレーンストーミングしたり整理したりするための一元化されたツールをチームに提供します。裏付けとなるデータでアイデア発想の混乱を抑え、最も影響力のある機能に優先順位を付けるのに役立ちます。裏付けとなるデータは、顧客からのフィードバック、サービス・チケット、レポート、または販売など、貴重な情報が見つかるあらゆる場所から得られます。

Jira Product Discovery のカスタム・ロードマップを使えば、チームは複数の場所で情報を更新する必要がなくなります。すべてを一元管理して、最新のロードマップ・ビューを提供できます。Atlassian Confluence では、共同オーサリング・ツールを使って製品仕様を簡単に作成できます。チームはプロジェクト・ポスターを作成して、会社全体の開発ビジョンを強化することもできます。

製品仕様書に含まれるもの

製品仕様書には、次のようなプロジェクトのスコープと目的に関する情報が記載されています。

  • 製品の要約:エグゼクティブ・サマリーと同様に、ニーズ(理由)、ソリューションとしての製品(内容)、製品の機能(方法)について説明しています。製品に対する長期的な期待も含まれています。
  • ビジネス・ケース:これは、製品がビジネスにどのようにメリットをもたらすかに関する会社視点の要約で、多くの場合、競争上の優位性を重視しています。
  • ユーザー・ストーリー:アジャイル製品チームは日常的にユーザー・ストーリーを作成しています。これらは、ユーザーの観点から見て製品が何をするかを説明しています。たとえば、私(店員)は、顧客のクレジット・カードに返金する必要がある、などの場合です。
  • ユーザー・ペルソナ:ペルソナは、構築する製品の対象ユーザーを表します。これには、ユーザーのテクノロジーに対する洗練度などの属性情報が含まれます。
  • 技術仕様:開発者がアーキテクチャ、データ構造、ストアド・プロシージャ、標準などを詳しく説明するためにこれを作成します。
  • 機能仕様:これは、予想されるユーザー・インタラクションを含む機能のリストです。ワークフローの順序、入力、出力について説明しています。また、これらが成功したことをユーザーが把握する方法についても詳しく説明しています。
  • デザイン・スケッチ:ユーザー・インターフェイスのモックアップは、チームが最終製品と、ユーザーがそれを操作する方法を視覚化するのに役立ちます。

製品仕様書の書き方

製品仕様を書くのは手間がかかりますが、明確にすることで、プロジェクトを円滑に進められます。この作業は、次のタスクに分割できます。

  1. 調査:この機能によって解決される顧客の問題を理解します。顧客からの質問、機能リクエスト、サービス・データ、苦情を確認します。
  2. 目的の定義:これらのアイデアを選んだ理由を明確に記述します。それが解決する顧客の問題とビジネスにもたらすメリットを考慮します。
  3. 要件の概要:機能仕様と技術仕様の両方について、ユーザー・ストーリーとプロジェクト・スコープを使用して要件を明確に文書化します。Confluence は、チームにこの重要なステップをガイドする製品要件テンプレートを提供しています。
  4. フィードバックの確認:顧客に協力を依頼してプロトタイプをテストし、成功するところ、つまずくところ、喜ばれること、無視されることに関するデータを収集します。
  5. 最終決定と配布:ユーザーからのフィードバックに基づいて製品仕様を改良し、チームから同意を得て、開発を開始します。

Jira Product Discovery で製品仕様をデプロイする

時間をかけて明確な製品仕様を作成することで、チームにデザイン、開発、テスト、製品ローンチのブループリントを提供します。これにより、構築しているもの、その理由、顧客がそれをどのように使用するか、そしてどのようなことを成功と見なすかについて、全員の足並みを揃えます。

Jira Product Discovery は、アイデアを生み出し、優先順位を付け、機能を定義し、製品ロードマップを作成するために必要なツールをチームに提供します。Confluence テンプレートは、機能要件や技術要件を定義するという重要なタスクについてチームをガイドし、最終的には製品開発を最初からローンチまで簡素化します。

製品仕様:よくある質問

製品仕様は製品チームにどのようなメリットをもたらしますか?

製品チームの全員が自分の役割の観点から作業を見ます。優れた製品仕様は、製品が顧客やビジネスにどのようなメリットをもたらすかを全体的に把握できるだけでなく、要件の理解を共有することもできます。これにより、障害や意見の相違に対処するときに、チームがコラボレーションしてより迅速に足並みを揃えることができます。

製品仕様は製品の品質にどのように影響しますか?

製品仕様が明確に定義されていれば、製品開発において推測に頼る必要がなくなります。これにより、製品所有者、顧客、開発チーム間で確実に合意が得られるようになります。仕様に従うことで、一貫した性能、予測可能な機能、製品の耐久性が得られます。

製品仕様はコラボレーションをどのように強化しますか?

製品仕様の作成は、各チームが重要な貢献をする共同作業です。アイデア、機能、要件、テスト計画については、チームが協力して合意する必要があります。これにより、製品開発ライフサイクル全体を通じてすべての関係者の足並みを揃えます。