バーンアップ・チャートとその作成方法

Atlassian 作成者 Atlassian
トピック一覧

プロジェクトを管理することは複雑なことではありません。何が完了し、何がまだ必要なのかを一目で確認できる必要があります。

ガント・チャートを使ってプロジェクトを追跡することもできます。また、ガント・チャートは、ウォーターフォール方式とアジャイル方式の両方に最適です。しかし欠点が 1 つあります。ガント・チャートはかさばり、詳細かつ複雑で、構築するのが困難になる場合があります。

ガント・チャートに代わるより良い方法は、バーンアップ・チャートです。バーンアップ・チャートとその作成方法

バーンアップ・チャートは、プロジェクトの進捗を時間の経過とともにシンプルかつ明確なグラフでマッピングします。そうすれば、チームはタスクのステータスを一目で簡単に確認できます。このページでは、バーンアップ・チャートとは何か、なぜバーンアップ・チャートを使うべきなのか、そしてアジャイル・プロジェクト管理のためにバーンアップ・チャートを作成する方法について説明します。

スクリーンショット:バーンアップ・チャート

バーンアップ・チャートの定義

バーンアップ・チャートは、縦軸に沿った 2 本の線上に作業をプロットするロードマップです。1 本の線はプロジェクトのワークロード全体を示します。もう 1 本の線は、これまでに完了した作業を示しています。プロジェクトが終わると、2 本の線が交わります。

ストーリー・ポイント、課題数、見積もりなど、お好みの測定単位を使用できます。横軸はプロジェクト全体のタイムラインを表します。

これらのチャートは、アジャイル・プロジェクト管理フレームワークを深く理解している場合に最適です。一目で概要を理解できます。スクラムアジャイル計画でもバーンアップ・チャートを作成でき、あなたとチームがタスクを継続できるようにすることもできます。

なぜバーンアップ・チャートを使用するのでしょうか?

アジャイル・プロジェクトとスクラム・プロジェクトでバーンアップ・チャートを使用するいくつかの利点を示します。

  • 進捗を明確に示します:ガント・チャートに比べ、一目でバーンアップ・チャートを読むことができるという利点があります。ガント・チャートほど複雑でも混乱するものでもありません。また、バーンダウン・チャートとは異なり、バーンアップ・チャートは完了した作業をより詳細に上向きのグラフで示します。総仕事量と完了した作業量の両方が表示されます。
  • 予測を容易にします:バーンアップ・チャートを使用すると、チームはおおよその完了日を決めることができます。スクラム指標またはベンチマークを確立するには、逆算して作業することができます。
  • スコープの変更をハイライトし、スコープ・クリープを管理します:バーンダウン・チャートとは異なり、スコープの変更を簡単にマークして、チームの進捗と一致させられます。これにより、スコープ・クリープが手に負えなくなる前に軽減できます。
  • 課題の早期発見を可能にします:バーンアップ・チャートによって、問題が大きな頭痛の種になる前に軽減できます。
  • 全員に透明性を提供します:バーンアップ・チャートは読みやすく、あなたとチーム間の完全な透明性を促進し、プロジェクトの意思決定をより適切に行うのに役立ちます。クライアントと仕事をするのであれば、透明性は信頼を築くのに最適です。

バーンアップ・チャートを使用する場合

バーンアップ・チャートは、スクラム・プロジェクトやスプリント計画に最適です。これらを使ってスプリントを視覚的に表すことができるため、プロジェクト全体のスコープを確認できます。そして、完了した作業の進捗や、まだやるべきことを追跡できます。

スクリーンショット:バーンアップ・チャート

バーンアップ・チャートは、スコープ・クリープが発生した場合に特に役立ちます。スコープの変更は、特にアジャイル・ワークフローでは、プロジェクトの勢いを失わせる可能性があります。バーンアップ・チャートを使用して、クリープを管理し、遅延を軽減できます。

スコープの変更を追跡し、チームのワークロードと一致させることもできます。バーンダウン・チャートを使用した場合、スコープ・クリープの影響を確認することはできません。プロジェクトは順調に進んでいたと思うかもしれません。

しかし、バーンアップ・チャートでこれらの変更が明らかになるため、必要に応じてワークロードを調整または削減し、リソースを割り当てることができます。その後、チームは追加のリクエストに対する迅速な解決策を見つけることができます。

アジャイル・プロジェクト管理のためのバーンアップ・チャートを作成する方法

バーンアップ・チャートの設定は、ガント・チャートを作成するよりも簡単です。チーム用にバーンアップ・チャートを作成するプロセスを段階的に説明します。

バーンアップ・チャートを作成する前に、プロジェクトのスコープを把握する必要があります。これにより、チームが必要なすべてのタスクを特定し、タイムラインを見積もることができるため、必要なスプリントの数を予測しやすくなります。
ここでは、Jira Software でバーンアップ・チャートを作成する方法を説明します。

  1. [プロジェクト] をクリックします。これはナビゲーション・バーにあります。チャートを作成する関連プロジェクトを選択します。
  2. [レポート] をクリックします。次に、バーンアップ・チャートを選択します。
  3. 測定値を選択します。縦軸に別のスプリントまたは測定値を選択し、ドロップダウン・メニューをクリックします。
  4. X 軸を設定します。X 軸をチャートの下部に配置します。もう一度言いますが、これはプロジェクト全体のタイムラインです。タスクを完了するのにかかる時間を確認できます。そして、それはスプリントをグラフ化するのにも役立ちます。
  5. Y 軸を決定します。これはチャートの縦軸です。ここは、完了した作業をマークします。この測定値は、あなたが適切と考える任意の増分でストーリー・ポイントにすることができます。
  6. 線の色を選択します。これらの線は完了した作業とプロジェクト全体のワークロードを表していることを忘れないでください。これらの線を異なる色にします。赤と緑が最適です。

バーンアップ・チャートでプロジェクトの進捗を効果的に追跡します

問題を未然に防ぎたいのなら、バーンアップ・チャートがあなたとチームにとって最適かもしれません。アジャイルの状態を維持し、スプリントを追跡するのに役立ちます。また、プロジェクトのワークロードを監視することで、より透明性を高めることができます。

バーンアップ・チャートは、Jira Software などのアジャイル・プロジェクト管理ツールとの併用に最適です。Jira Software でスクラム・ボードやバーンアップ・チャートを簡単に作成し、プロジェクトの追跡を改善できます。こうすることで、チームのタスクを調整し、プロジェクトの目標を達成できます。

また、完了したプロジェクトをアジャイル指標、インサイト、レポートで分析できます。そうすることで、次回の計画を立てるのがはるかに簡単になります。また、シームレスな情報の流れにより、チームのコラボレーションが容易になり、コンテキストの切り替えや頭痛の種が減ります。

バーンアップ・チャート:よくある質問

バーンアップ・チャートの読み方は?

Jira Software のバーンアップ・チャートの例から始めましょう。

このチャートを解釈する方法は、次のとおりです。

  • 縦軸は作業量であり、ストーリー・ポイント、課題数、見積もりなど、さまざまな方法で表されます。
  • 横軸はタイムラインを表し、日数で測定されます。
  • 赤い線は作業スコープとスコープの予測です。これを使って、スコープ・クリープを特定できます。
  • 緑の線は、このプロジェクトでこれまでに完了した作業です。
  • 灰色の余分な線がありますが、これはチームの理想的な進捗ペースを表しています。

バーンアップ・チャートとバーンダウン・チャートの違いとは?

バーンアップ・チャートとバーンダウン・チャートは似ているようで、まったく違います。両者の主な違いは次のとおりです。

  • バーンアップ・チャートで成果を追跡します。バーンダウン・チャートは残りの作業量を示しますが、バーンアップ・チャートはチームが完了した作業量を示します。つまり、チームが作業を終了するにつれて、バーンダウン・チャート上の線は減少します。
  • バーンダウン・チャートでは変更を追跡できません。ここがバーンダウン・チャートの不利な点です。プロジェクト内の変更は表示されません。そのため、プロジェクトが順調に進んでいると誤解する可能性があります。バーンアップ・チャートを使用すると、より詳細な情報が得られ、スコープの変更を簡単に追跡できます。
  • バーンアップ・チャートはスコープ・クリープをハイライトします。バーンアップ・チャートでは、任意のスコープ・クリープを追加し、プロジェクトへの影響を考慮に入れられます。情報を得ることで、適切な行動を取ることができます。

使用するチャートを選択するにあたってのガイドラインは以下のとおりです。

  • バーンダウン・チャートは、スコープが固定されたプロジェクトに最適です。正確で明確に定義されたスコープを持つプロジェクトは稀ですが、そのようなプロジェクトの場合は、バーンダウン・チャートを使用します。
  • バーンアップ・チャートは、アジャイル・プロジェクト管理に最適です。バーンアップ・チャートは進捗を追跡しますが、柔軟性があり、プロジェクト中のあらゆる変更に適応します。このため、アジャイル・プロジェクト管理にはこちらの方が適しています。

バーンアップ・チャートはアジャイル・プロジェクトやスクラム・プロジェクトで使用できますか?

はい。これらのチャートは、アジャイル・プロジェクト管理とスクラム・チームに最適です。これによって、より適切な予測をたて、スコープ・クリープを監視し、進捗を追跡できます。スクラム・チームは、問題が発生するとよりアジャイルになり、適応し、継続的に改善します。

また、スプリントごとにチームの効率を追跡するのにも最適です。さらに、Jira Software でバーンアップ・チャートを簡単に作成できます。