Jira、Confluence、スクラム フレームワークの使用を開始する

Kelly Drozd Kelly Drozd
トピック一覧

チームがアジャイルの考え方を身につけたら、組織のニーズに最も合うようにアジャイル ツールボックスをパーソナライズしましょう。アジャイルは学習プロセスであり、チームのすべてのメンバーが専門知識を活用して新しいプラクティスを採用できるようにすることが重要です。アジャイルの流動性は、チームが時間の経過とともに一進一退を重ねて成長し続けるために役立ちます。

アジャイル ソフトウェア開発には、スクラムカンバンという 2 つの異なるアジャイル フレームワークを使用できます。スクラム チームはより厳格な構造を持ち、目標と成果物を明確に定義してチームの役割があらかじめ決まっている傾向があります。一方、カンバンはより流動的なアプローチとなり、プロジェクトの可視性をさらに高めます。この視覚的な管理システムによって、チームの全体像を把握して無駄のない管理アプローチを通じて効率を高めます。これらの 2 つは互いに異なりますが、同時に使用できます。実際、スクラム チームは、スプリント ワークフローを視覚的に最適化するためにカンバンを採用することがよくあります。

知っておくべきアジャイル用語

アジャイル ツールの実装を開始するときには、少し圧倒されるように感じることがあります。チームが混乱なく「スプリント」を開始できるように、知っておくべき用語をいくつか集めました。アジャイル プロジェクト管理で使用される最も一般的なスクラム イベントの 2 つを見てみましょう。

スプリント

スプリントとは、スクラム チームが一定量の作業を完了させる際の、短く区切られた期間を指します。スプリントによってプロジェクトをより管理しやすくなってチームが迅速かつ効率的に作業できるようになるため、スクラム フレームワークにおいてスプリントは非常に効果的です。通常、スプリントの長さは 1 ~ 4 週間の範囲ですが、最も一般的には 2 週間です。どの時間枠を選択しても、リスクを軽減できるだけの短さにすると同時に、チームが作業を完了できるだけの長さを確保する必要があります。

Jira は、アジャイル チームが作業を可視化して管理するために役立つ優れたツールです。スプリント終了時の目標は、チームが開発中の製品のインクリメントを作成することです。Jira は、バックログの視覚的な整理、ユーザー ストーリーの見積もり、スプリントのスコープの調整、ベロシティの調整、課題の優先順位の変更をチームが実行できるようにすることで、スプリントをリアルタイムで合理化します。チームがソフトウェアに慣れると、Jira はプロセスを自動化してスプリント ワークフローを最適化する詳細な機能を提供します。

デイリースクラム

スクラムは、アジャイルの考え方を使用して、チームがスプリントの毎日の作業を整理、反映、計画できるようにするフレームワークです。デイリー スクラムは、情報共有を図る 10 ~ 15 分の短いミーティングで、チームが進捗状況について俯瞰的に話し合えます。これらのミーティングによって、メンバーは重要な情報を共有したり、ブロッカーや課題について話し合ったり、タスクについて相互に説明責任を課したりできます。また、デイリー スクラムでは、従業員の活力と相互の協力を維持して、チーム全体の満足度を高めます。

デイリー ミーティングと聞いてチームから反発の声が上がるかもしれませんが、デイリー スクラムは従来のミーティングとは性質が異なることを理解することが重要です。デイリー スクラムは大規模なミーティングではなく「確認」として使用されます。他の仕事の妨げとなる 1 時間のミーティングにならないようにしましょう。これらのスタンドアップは、全員の認識を確実に合わせるリスク軽減プラクティスです。

成功を収める価値あるデイリー スクラムには、チームが現在取り組んでいること、サポートが必要かどうか、どのようにサポートが必要かについての最新情報、潜在的なタスク ブロッカーに関する明確さが含まれます。チームはスプリントの目標に向けた現在の進捗状況を調べて、その日の計画を作成する必要があります。すべてのスクラム ミーティングにおいて、チーム メンバーが取り組むべき重要な質問が 3 つあります。

  1. 昨日何に取り組んだか?
  2. 今日は何に取り組んでいるか?
  3. 障害となっている課題は何か?

スクラム中にインサイトを深めるために、チームは Jira Software のスクラム ボードまたはバーンダウン チャートを使用して、スプリントですでに完了した作業量と残りの合計作業量を表示できます。さらに、チームがアジャイル プロセスを合理化してデイリー スクラムを最大限に活用できるように、アクセス可能なドキュメントの広範なリストをまとめました。

バーンダウンチャート

これらのスタンドアップの目的は相当に一貫していますが、スクラム ミーティングには一定の型のアプローチはありません。チームのスクラムは、チーム メンバー全員に効果があって、常に誰にとってもその日の仕事が楽しみになるようにパーソナライズする必要があります。

スクラム フレームワークの概要

チームがスプリントとデイリー スクラムがアジャイル開発プロセスにどのように関連しているかを説明したので、次はスクラム フレームワーク内で発生するセレモニーやイベントを詳しく見ていきましょう。これらのセレモニーは規則性を生み出して、チームが透明性のあるコミュニケーションを維持するために役立ちます。通常「スプリントの準備」と「実際のスプリント」の 2 つのトラックが同時に行われます。そして「スプリント後」のステージもあります。

すべてのスプリントは、スプリントの計画から始める必要があります。このセレモニーでは、スクラム チーム全体がスプリントで何を提供できるか、その作業がどのように達成されるかを定義します。チームが新しいプロジェクトを開始しようとするとき、達成する必要のあるタスクと要件の長いリストに遭遇します。この情報はプロダクト バックログに保存されます。これは、最終的な実行中の To Do リストとも呼ばれます。

チームが「実際のスプリント」に進んだら、スプリントの最後に集まってこのバックログをレビューし、実際に何が達成されたかを確認します。このセレモニーはスプリント レビューと呼ばれて、製品リリースをデモしてチーム メンバーからフィードバックを受け取る絶好の機会となります。バックログは、このレビュー中に次のスプリントの出発点となるように作り直されます。

各スプリントの最後のステップは、チームの振り返りです。この「スプリント後」セレモニーでは、チームが集まって何がうまくいったか、何がうまくいかなかったかを判断します。この振り返りは、チーム メンバーがスプリント中に起きたことを伝えるための安全なスペースを作成するために最適です。チームは振り返りを使用してほぼすべてのことについて話し、会話を通じて今後のプロセスを改善できます。

Jira と Confluence でスプリントを実行する

では、JiraConfluence は、このセレモニーで満ちたアジャイル開発プロセスにどの程度適合するのでしょうか?

Confluence と Jira は、単体でも非常に優れたツールです。これらを併用することで、チームのプロジェクトに関するコラボレーション、ソフトウェアの構築、重要な決定の追跡などが大きく改善されます。

先ほど「スプリントの準備」と「実際のスプリント」の 2 つの同時トラックについて述べました。チームは Jira を使用して 2 つの Jira ボード全体にカスタム ワークフローを設定することで、これらのトラックを視覚化します。これらのボードは、改善ボードスプリント ボードとして知られています。ほとんどのチームはスプリント ボードを持っていますが、効果的な改善ボードを持っているチームはそう多くありません。改善ボードの目標は、スプリントを成功させるために作業が適切に準備されて計画されていることを確認することです。

Confluence は、チームのすべてのコラボレーション ニーズのハブとして機能します。スプリントの期間は Team Calendars で表示して追跡できるため、プロジェクトとチームの全体に透明性がもたらされます。Team Calendars はバックログで自動で最新の状態に保たれて、プロジェクトの関係者と簡単に共有できます。

Team Calendars
詳細な権限のスクリーンショット

詳細な権限によって、チーム メンバーや小規模なグループはドキュメントの進行中でも非公開でドキュメントを編集できます。ミーティング議事録、プロジェクト計画、収集したナレッジ ベースなど多くのコンテンツをすべてひとまとめにして、Confluence をすべてのアジャイル チームが夢見るワークスペースにします。

Jira と Confluence を併用する最大のメリットの 1 つは、チームの成長に併せてツールと計画を更新できるように設計されていることです。これらの強力なツールを使用する際にチームが利用できる追加機能をいくつか紹介します。

Jira

  • ベロシティの追跡 - ベロシティ チャートには各スプリントで達成された量が表示されます。これを参考に、今後のスプリントでチームが完了可能な作業量を予測できるようになります。このチャートは、スプリントの計画ミーティング中に、チームがどれだけの作業に現実的にコミットできるかを判断するために役立ちます。
  • チーム ヘルス モニター - 健全なチームに共通する 8 つの要素に照らしてチームを評価します。ヘルス モニター セッションの最後には、課題があり向上を必要とする分野だけでなく、活かせるチームの強みも特定します。

Confluence

  • テンプレート - Confluence はプロジェクト管理版 Canva です! 製品要件からマーケティング計画まで、すべてを Confluence で作成できます。すべての単一プロジェクトに最適なテンプレートがあります。
  • マクロ - Confluence ページの機能の拡張をサポートすることによって、別の機能を追加したり、動的コンテンツを組み込んだりできます。マクロを使用して、ページの形式やレイアウトを変更、メディアを表示、コンテンツを整理できます。

アジャイルを次のレベルに押し上げる

Jira と Confluence によって、チームが組織化された状態を維持して、計画から実行までを滞りなく効率的に移行できるようになります。これらのツールには、チームが最初からパフォーマンスの高いアジャイル チームになるために必要なすべてが揃っています。実際、Jira Software のお客様の 76% が、Confluence との統合によって、製品のリリースを早めて、開発チームと非技術系の関係者の間のコミュニケーションを容易にするために役立ったと述べています。

アジャイルを次のレベルに押し上げる

興味をお持ちで詳細をお求めの場合は、アジャイル スプリントのあらゆるステージで Confluence と Jira を使用する方法を深く掘り下げてみましょう。

次の記事
Kanban