Close

After much research, we have updated the Team Health Monitor to one template, available for all teams, with new and improved team health attributes.

4L によるふりかえり

4 L モデルとは、チーム メンバーがプロジェクトや作業のスプリントで気に入ったこと、嫌だったこと、学んだこと、望んだことを特定する、ふりかえりの手法です。このシンプルなフレームワークを使用して、これまでの作業を振り返り、学んだことをチームの改善に活用します。

鉛筆のアイコン
準備時間
5 分
ストップウォッチのアイコン
実行時間
60 分
つながった人々のアイコン
人数
2 - 8 名
グリッドで話し合っている人々

4L によるふりかえり

4 L モデルとは、チーム メンバーがプロジェクトや作業のスプリントで気に入ったこと、嫌だったこと、学んだこと、望んだことを特定する、ふりかえりの手法です。このシンプルなフレームワークを使用して、これまでの作業を振り返り、学んだことをチームの改善に活用します。

グリッドで話し合っている人々
鉛筆
準備時間
5 分
ストップウォッチのアイコン
実行時間
60 分
つながった人々のアイコン
人数
2 - 8 名

4L によるふりかえり

4 L モデルとは、チーム メンバーがプロジェクトや作業のスプリントで気に入ったこと、嫌だったこと、学んだこと、望んだことを特定する、ふりかえりの手法です。このシンプルなフレームワークを使用して、これまでの作業を振り返り、学んだことをチームの改善に活用します。

鉛筆のアイコン
準備時間
5 分
ストップウォッチのアイコン
実行時間
60 分
つながった人々のアイコン
人数
2 - 8 名
グリッドで話し合っている人々

ヘルスモニター


ヘルスモニターは、チームの本当の姿を見直す機会を提供します。健全なチームに共通する 8 つの要素に照らしてチームを評価します。ヘルスモニターセッションの最後には、課題があり向上を必要とする分野だけでなく、活かすことのできる強みも特定します。

ヘルスモニターのセッションは誰でも実行できるため、誰かの指示を待つ必要はありません。

ヘルスモニターがチームのためになる理由を読む Copy link to heading Copied! 表示する

リーダーシップチームのあなたは、増幅器のような存在です。あなたから得るインスピレーションや指示を頼りにしている人がたくさんいます。あなたは、戦術的で運営的な仕事ではなく、ビジョンのある、戦略的な仕事を生み出します。リーダーシップチームは、この 1 年で顧客エンゲージメントを 30% 高める責任を負うシニアエグゼクティブで構成されている場合も、新たな国の市場に製品を投入しようとしている各地のチームから集められた、会社のジュニアリーダーたちの場合もあります。

長年にわたり、私たちは健全なリーダーシップチームに共通する 8 つの要素を観察してきました。このヘルスモニターは、チームが各メンバーについて把握する、言うなればバイタルサインを確認する機会をもたらします。それをもとに、仕事への取り組み方を変える他のプレイを実施できます。苦手な分野を克服できる力をつけ、クイックチェックポイントでフォローアップして改善度を追跡します

。リーダーシップチームヘルスモニターはイニシアチブの開始時に実行すると最も効果的ですが、いつでも実行可能です。より長期的なイニシアチブの場合、3 か月ごとにリーダーシップ全体のヘルスモニタープレイを行い、2 週間ごとにクイックチェックポイントを行うことをお勧めします。

リーダーシップチームの全メンバーに参加してもらいましょう。彼らはこのイニシアチブにおける毎日の作業の指示責任者であり、実行者ではないことを忘れないでください。

ヘルスモニターを実施するチーム

60 秒未満で仕組みを見る

前提条件

リモート

ビデオ会議の実施

質問リスト

対面 Optional

質問リスト

Red, Yellow, Green markers

Notepads

オプションのテンプレート

アトラシアンテンプレート

このプレイを実行するための手順説明

According to our years-long research and our work across hundreds of teams internally and externally, we have ascertained 8 attributes that make for a healthy and effective team.

1. Team cohesion

We have the mutual trust and respect necessary to be an effective team for healthy collaboration. We have a strong sense of connectedness between members.

2. Balanced team

We have the right people, with the right skills, in the right clearly-defined roles. This enables us to successfully deliver the value for which this team is accountable.

3. Encouraging difference

We seek and voice different viewpoints from diverse sources, both internally and externally, and we take the time to respectfully work through points of difference.

4. Shared understanding

We share an understanding of our mission and purpose and our key milestones to deliver our strategic plan effectively as a team.

5. Value and metrics

We understand the value we provide and the value back to the business, our definition of success and how that value is tracked and measured. We ultimately leverage our metrics to make decisions and action as necessary.

6. Suitable ways of working

Our ways of working together within the team enable us to do our jobs effectively, whether we are distributed or co-located. This includes the tools we use, how we meet and collaborate, and how we make decisions.

7. Engagement and support

It's clear to other teams how and when to engage with us, teams do this effectively and consistently receive the support they need to progress. We have a clear understanding of who we depend on, and who depends on us. 

8. Continuous improvement

We always make time to celebrate our successes as well as earnestly reflect on, take action against, and fulfil our improvement opportunities. We have regular and intentional feedback loops within and outside of the team to make improvement decisions.

Instructions for running this Play

1. Prep 5 MIN

The Health Monitor is a Play wherein you and your team will discuss how well you meet these 8 attributes, and make a plan to continuously improve. Doing a Health Monitor on a regular basis will help you move along your journey to becoming a dream team.

As the meeting facilitator, book 60 - 90 minutes with your team to run this Play. Send your team a short description of what this Play will entail, and take the time to review the attributes on your own so that you can communicate them to your team. If you will be doing this Play remotely, make a copy of our Trello template for use during the Play and invite your team.

Tip

If your team includes 8 or more people, you might want to divide into sub-groups and work through the initial ratings for each attribute. Then, come back together and converge on full-team ratings.

2. 準備を整える 5 分

グループとして行動に関する合意書を作成することをチームに説明してミーティングを開き、連携して作業する方法を指導します。チームには次のことを求めます。

  • オープンな姿勢で好奇心を保つ
  • いつも意識して話を聞いて、全員の貢献を促す
  • 会話を遮ったり場を支配したりしないように努める

Voting criteria

Each of your participants will be asked to vote how well they think the team is doing against attributes with a “thumbs up” (green), “thumbs sideways (yellow), or “thumbs down” (red). How you think about red, yellow and green will be unique to your team. Use your intuition and don't worry about establishing standardized criteria for each color – that only distracts from the discussion.

Explain to your team that when an attribute is being considered, the team will be asked to add their vote, either to the digital collaboration space, or in person through a thumbs up, sideways, or down. A note taker should record the votes in the case of in-person meeting on a piece of butcher paper or whiteboard that all can see.

Tip: Questions you can ask to prompt discussion include
  • Why did you vote the way you did for this attribute?
  • What feedback on this attribute are you curious about or would like to learn more?
  • Why do you think others voted this way?

3. ふりかえり 5 分

参加者に次のように質問して、落ち着いて振り返る時間をとります。

  • チームとしての私たちに重要なことは何でしょうか?チームとしてどのような行動が求められているでしょうか?
  • 連携が円滑なチームについて考えてみましょう。それらのチームがやっていることで取り入れるべきものは何でしょうか?
  • 他のチームの過去の失敗を避けるために、このチームは何ができるでしょうか?

それぞれが自分の回答を記入するように求めます。

4. 合意の下書き 10 分

次に、各参加者のふりかえりに沿って、チームとしての連携がうまくいくような合意を 1 つ挙げてもらいます。「ブレーンストーミング」セクションのデジタル ドキュメントまたはホワイトボードに、各自のアイデアを追加してもらいます。

チームの規模が小さい (4 人以下の) 場合は、各メンバーに 2 つの合意を挙げてもらいます。

ヒント: 重視すべきはプロセスではなく人です

このプレイは人と人の連携に関するものであるため、技術的なプロセスの文書化に関するアイデアが出てきたら、パーキング ロットに控えておきます。


フォローアップ

次回 4L プレイのスケジュールを設定する

最初は四半期に一度が適切です。コツを掴めたら、2 週間ごと、1 か月ごと、またはプロジェクト サイクルやスプリント終了時なども試してください。


人の集団のイラスト

その他のご質問がある場合は、

他の Atlassian Team Playbook のユーザーと会話を開始したり、サポートを受けたり、フィードバックを提供したりできます。

その他のご質問がある場合は、

他の Atlassian Team Playbook のユーザーと会話を開始したり、サポートを受けたり、フィードバックを提供したりできます。

ニュースレター登録のイラスト
ニュースレター登録のイラスト

私たちのチームからあなたのチームへ

毎月のニュースレターで最新のプレイ、ヒント、コツについて最新情報を入手できます。

Thanks!

ヘルスモニターを使うのは初めてですか?
使い方をご説明します。

ヘルスモニターについて順を追って説明し、結果を記録してチームの次のステップをご提案します。

コラボレーションの絵

ヘルスモニターを円滑に進めるためのヒント

コンテキストを設定する Copy link to heading Copied! 表示する

ヘルス モニターの目的は、チームがいかにうまく協力して作業をしているかを評価することにあります。そのため、歯に衣を着せず正直になることが重要です。つらいことばかりではありません。よいことが明らかになって、ハイタッチを交わすこともあります。

取り組んでいるプロジェクトに関する健全性を厳密に評価します。正解も不正解もありません。すべての意見が平等です。

ヘルスモニターの実施中 Copy link to heading Copied! 表示する

チームが 8 人以上の場合、各要素のはじめの評価は、小グループに分かれて実施したほうがいいかもしれません。その後、チーム全体で集まって全体の評価をまとめます。

はじめてヘルスモニターを実施する場合は、8 つの要素の名前と説明をスクリーンに映しておくと、チームがすぐに見ることができて便利です。

赤、黄、緑の判断はチームで独自に行ってかまいません。直感で判断してください。各色の条件をしっかり決めなければ、などと気にする必要はありません。ディスカッションの妨げとなるだけです。

チーム全体のディスカッションに移る前に、必ず全員が発言し、一人ひとりがグループの評価に貢献できるようにしましょう。

チームメンバーがすぐに「解決」しようとしたり、本当はそうでないのに「大丈夫」だと見なしたりしがちな場合、全要素をまず赤と評価しておいて、緑の評価に変えることが適切かどうかをグループに判断させます。

問題を解決したいという誘惑を抑えて、観察に集中します。

次のステップ Copy link to heading Copied! 表示する

ヘルス モニターのチェックポイントの間隔を設定します。赤や黄だった項目は緑に近付いていますか? 赤になってしまった緑の項目はありませんか? 定期的にチェックすることで推進力を高く保ち、壊滅的な状況になる前に問題領域を見つけられます。

チームの既存の行事 (毎週のチームミーティングなど) にチェックポイントを組み込んでいるチームもあります。また、チェックポイントの代わりに簡単なふりかえりやスタンドアップなどを定期的に行うチームもあります。ただし、必要な場合はチェックポイントを別途スケジュールしてもかまいません。

チェックポイントでは、ヘルス モニター グリッドを使用します。同じ赤/黄/緑の評価を使って、各要素の現状をチーム全体で評価します。

ヘルス モニターのフル セッションで選択した重点要素には、特に注意を払ってください。要素が緑になったら、新たな重点要素を選び、その向上に役立つプレイを探します。プレイは日常業務へのさまざまな取り組み方を学ぶものなので、特に問題がない場合でも実施できることを忘れないでください。予防的なケアは、体と同様、チームにも効果的です!