バックログ・グルーミングとは?定義とメリット

Atlassian 作成者 Atlassian
トピック一覧

バックログ・グルーミング、またはバックログ・リファインメントとは、製品バックログを定期的に更新することです。この主な目標は、バックログを最新の状態に保ち、今後のスプリントに備えてバックログ項目を準備することです。プロダクト・マネージャー、製品所有者、チームは、バックログ項目に優先順位を付け、レビューし、話し合い、今後のスプリントの作業量に常に正しく優先順位を付けるようにします。

バックログが最新の状態でなければ、プロジェクト・チームは作業の優先順位付けが困難になる場合があります。古くなったタスクやリクエストに対応することになり、時間とリソースを浪費することになります。最悪の場合、リストの中身が非常に増えるため、タスクの優先順位付けはほぼ不可能になります。

つまり、製品バックログは、アジャイル手法を利用するチームの成否を左右します。

このガイドでは、バックログ・グルーミングのプロセス、効果的なバックログ・グルーミングのベスト・プラクティスなどを概説します。

アジャイルでのバックログ・グルーミングの目的を理解する

バックログ・グルーミングは、アジャイル・チームが製品やサービスのイテレーションを継続的に行うために不可欠です。これは、バックログが修正、改善、新機能で構成されているためです。

アジャイル・バックログ・グルーミングには以下が含まれます。

  • 次のスプリントで続行するユーザー・ストーリーを決定する
  • チームの現在の目標に関連のないストーリーのバックログを整理する
  • 現在の、または変化する顧客のニーズに基づいてストーリーを追加する
  • タイムラインと成果物を推定する
  • 取り組むには大きすぎるユーザー・ストーリーをより小さなタスクに分割する

バックログ・リファインメント・ミーティングでは、チームと関係者は戦略的なタスクの優先順位について合意できます。最終的な目標は、現在のバックログを顧客とビジネスのニーズに合わせ、全体的なアジャイル・プロジェクト管理を改善し、次のスプリントに向けてチームの準備を整えることです。

バックログ・グルーミングのメリット

バックログを適切に管理すると、プロセスの継続的な改善を求めるアジャイル・チームには、多くのメリットがもたらされます。バックログ・グルーミングの多くのメリットの一部をご紹介します。

  • スプリント計画を強化する:バックログを整理・優先順位付けすると、次のスプリントの計画が容易になります。チームはスプリントの項目をより適切に選択できるようになります。
  • チームワークの向上:バックログ・グルーミングにはチーム全員が関与するため、チームのコミュニケーションが改善され、コラボレーションが促進されます。
  • 影響力の強い業務を遂行する:バックログを継続的に見直し、重要な項目に優先順位を付けると、チームのスプリントでは必要なタスクにさらに集中できます。

バックログ・グルーミングのプロセス

バックログ・グルーミングのプロセスには、製品所有者、プロジェクト・マネージャー、チームが関与します。顧客やビジネスのニーズに合ったバックログ項目に優先順位を付けることを目指します。では、1 つずつ進めていきましょう。

1. データを収集して分析する

顧客からのフィードバック、ユーザー・テスト情報、使用状況の分析など、できる限り多くのデータを収集します。ユーザーが行き詰まったり、途中でやめたりする箇所を見つけます。これらの摩擦点がバックログの項目になります。以前のスプリントの経験を活用すると役立つかもしれません。このデータにより、最初に取り組む必要がある項目に優先順位を付けられるようになります。

当然のことながら、これは会社のプロセスの一部である必要があります。カスタマー・サクセス、サポート、品質保証では、この情報の多くをすでに収集している可能性が高いです。

2. バックログ項目を分類する

それらの摩擦点を考慮して、バックログ項目として作成すると同時に、適切にグループ化・分類します。

ユーザー・ストーリー、機能リクエスト、新機能、顧客からのフィードバック、バグをバックログにリストアップします。

3. バックログ項目の優先順位の見直し

顧客価値を中心にバックログ項目の優先順位を見直すと、最も価値の高い項目の優先度が最も高くなります。機会スコアリングは、バックログの優先順位の見直しでの多くのオプションの中の 1 つにすぎません。機会スコアリングではユーザー調査を利用してユーザーの期待を把握し、その指標に基づいて項目のスコアを付けます。

優先順位の見直しは、方法を問わず、継続的かつ定期的なグルーミング作業です。スプリント・レビューは、アクティブ・スプリント中に優先順位を見直す良い機会です。

4. スプリントを構築する

バックログ項目に優先順位を付けたら、優先度の高い項目に基づいてスプリントを構築できます。前回のスプリントで得た教訓を参考に、含める項目を判断します。

少なくとも 2 週間分のスプリントのバックログがあると便利です。リストの中身が多いほど、チームはより優れた製品ロードマップを作成できるため、より簡単に各スプリントを構築できます。

効果的なバックログ・グルーミングのためのベスト・プラクティス

効果的なバックログ・グルーミングでは、試行錯誤をする必要はありません。参照できるバックログ・グルーミングのベスト・プラクティスは次のとおりです。

  • 効果的なバックログ・リファインメント・ミーティングを実施する:プロジェクト・マネージャーは、このミーティング議事録テンプレートにあるような詳細なミーティング議題を利用して、ミーティングを頻繁に実施し、円滑に運営する必要があります。ミーティングの時間は 45 分から 60 分で、プロジェクト・マネージャーがスクラム・マスターの役割を果たします。
  • DEEP を活用するDEEP(Detailed appropriately:適切な詳細が含まれている、Estimated:見積もり、Emergent:創発的、Prioritized:優先順位付け)の基準を利用して、バックログに優先順位を付けます。この方法は適応性があり、詳細が数多く揃っており、優先度の高い項目の正確な見積もりが含まれています。
  • DoR を活用する:DoR(準備完了の定義)によって、チームはすべての項目の準備を完了します。DoR は、スプリントでのタスクの準備が完了しているかどうかを判断するための明確な基準です。
  • バックログ・グルーミングの準備を整えるカスタマー・サクセス、サポート、QA、チームから情報を収集します。この情報は、過去のスプリントの情報とともに、グルーミング・プロセスの指針となります。
  • 複数のスプリントを利用する:作業を 1 つのスプリントで完了させようとするのではなく、より小さなスプリントで管理しやすい作業に分割します。
  • チーム・メンバーの意見を引き出す:チーム・メンバーは、製品やスプリントに関して最も実践的なインサイトを持っています。この知識を利用してバックログのグルーミングを行います。

Jira Software でバックログ・グルーミングを管理する

バックログ・グルーミングは、すべての企業に利益をもたらす重要な作業です。バックログを適切に管理すると、継続的な改善とイテレーションを行えます。これにより、チームは作業のスプリントの計画時に優先事項のリストを用意できます。

Jira Software は、バックログ・リファインメントを簡単にします。容易にバックログを作成して、会社全体で共有できます。チーム全体がバックログに関する、信頼できる唯一の情報源を保持することになります。また、優先度とは何かについて、曖昧な点がほぼなくなります。

Jira Software には、バックログの保守以外にもメリットがあります。ソフトウェア・チーム間のコミュニケーションが容易になり、アクションにつながるリリース計画を立てられます。チームは各ステップでプロジェクトを簡単に追跡し、全員の連携を維持できます。そうすることで、会社全体がより迅速かつ大規模にリリースできるようになります。

バックログ・グルーミング:よくある質問

バックログ・グルーミングのプロセスの責任者は誰ですか?

バックログ・グルーミングは、プロジェクト・チーム全体が関与する共同作業です。ただし、バックログ・リファインメント・ミーティングの運営は、製品所有者、プロダクト・マネージャー、プロジェクト・マネージャーや、スクラム・マスターに依頼できます。

通常、バックログ・グルーミングのセッションに参加するのは誰ですか?

部門横断型のチーム全員がこれらのミーティングに出席する必要があります。メンバーの専門知識を組み合わせると、より強力なユーザー・ストーリーを作成できます。ミーティングには少なくとも以下のチーム・メンバーを含めます。

  • セッション・リーダー:製品所有者、プロジェクト・マネージャー、またはスクラム・マスターが務めます。
  • 製品チームの代表者:これらのミーティングでは、製品チームの深い製品知識を活用しましょう。製品の構築と保守を支援するチームのメンバーです。
  • デリバリー・チーム:チームが大規模な場合は、チーム・リーダーがチームの代表を務めることができます。
  • 品質保証担当者:このチームはすべてのバグを把握しており、即時の対応が必要な内容に関してインサイトを加えることができます。この担当には、QA テスターやその上司が適切です。

バックログ・グルーミングとスプリント計画の違いは何ですか?

これらの主な違いは、その焦点とタイミングです。バックログ・グルーミングは、製品全体とそのロードマップに焦点を当てており、長期的な計画アクティビティです。スプリント計画は、次のスプリントの要件のみを考慮するため、短期的な計画アクティビティです。

バックログ・グルーミングのセッションの時間はどのくらいですか?

グルーミング・セッションは定期的に行うことで、時間を短くできます。バックログ・グルーミングのセッションは 60 分に制限することをお勧めしますが、これはチームごと、会社ごとに異なります。ミーティングがどんなに長くても、ミーティングが脱線しないよう、議題に沿って進めることが重要です。