アジャイルの考え方を培う

チームにアジャイル手法をすっかり定着させる方法

Kelly Drozd By Kelly Drozd
トピック一覧

要約: アジャイル手法で成功するには、チームはアジャイルの考え方を培う必要があります。アジャイルの考え方とは、パフォーマンスの高い結果を達成するために、理解、コラボレーション、学習、柔軟性の維持を伴う思考プロセスです。アジャイルの考え方をプロセスやツールと組み合わせることで、チームは変化に適応して顧客に段階的に価値を提供できます。

夏の野外コンサートを想像してみてください。おそらく、リラックスした、快適で楽しい雰囲気を思い浮かべるでしょう。ミュージシャン同士がリフ オフ (歌のアドリブ) してリアルタイムで調和することを期待し、このコンサートに参加します。

しかし、公演が始まるとすぐに、ステージ上の全員がまとまりなく別々のキーで演奏します。これはあまり良いパフォーマンスではなく、おそらくイベントの演者に不満を感じるでしょう。

次に、このシナリオを利用して、職場に当てはめてみます。

チームは、何らかの構造がないと適切に機能できません。音楽がメロディー、ハーモニー、リズムに依存しているのと同じように、チームは共通の目標を達成するために基盤となる強力なシステムが必要です。制約は制限や妨げと見なされることがよくありますが、実際には、チームに真のプロジェクトの柔軟性を提供するために相互に補完し合います。

アジャイルな作業環境では、基盤となる強力なガイドライン システムによって、チームは作業を最適化して改善された効率的なデリバリーを実現するアジリティを得られます。

ここでは、チームがアジャイル手法を学んで定着させる方法について説明します。まずは正しい考え方についてご紹介します。

アジャイルの考え方

アジャイルの考え方とは、パフォーマンスの高い結果を達成するために、理解、コラボレーション、学習、柔軟性の維持を伴う思考プロセスです。この考え方は、チームが変化と格闘するのではなく変化に適応するために役立ちます。単にアジャイル プラクティスの形式を採用して型に従うのではなく、すべてのチーム メンバーが作業のあらゆる側面でこの手法を理解して真に定着させることが重要です。アジャイルの「理由」を明確に理解すれば、チームのニーズに合わせて「方法」が自然に育まれます。

特に複雑なプロジェクトでは、変更が難しく、調整が困難になる場合があることは周知の事実です。既存のシステムにわずかな調整を加えるだけでうんざりして、労力に値しないと感じることがよくあります。調査によると、プロジェクトの失敗の 60 ~ 80% は、要件の収集、分析、変更管理が不十分だったことが直接の原因である可能性があります。アジャイルの考え方は、変化を避け続けるのではなく受け入れる方法を教えるため、これらの激動する困難な環境への完璧なアプローチです。

アジャイルの考え方の背後にある目的は、従業員が最高の仕事をできるようにすることです。しっかりとした考え方によって、チーム メンバーは自主性、自由、創造性、革新を体験できます。その結果、幸せで健全なチームが生まれて、強力なシステムが継続的に改善されます。

アジャイルの考え方の 4 つの柱

アジャイルの目標は、チームがウォーターフォール プロセスの中の孤立した島から脱して、顧客のニーズと進化する市場への迅速な適応を求められる職場の潮流に対処できる成長性のあるシステムにシフトすることです。しかし、適切な方法やツールがあっても、組織の考え方が自然に変化することはありません。

アジャイルの考え方のコア バリューではアジリティと柔軟性によって変化に積極的に対応するため、導入には時間がかかります。アジャイルの考え方を定着させるための特定のルールはありませんが、プロセスをスムーズにしてチームが発展的な環境を育むために役立つ 4 つの重要な柱があります。

すべてのチーム メンバーを尊重する

心に留めておくべき最も重要な柱は、組織の成功にはチーム メンバーが絶対に不可欠であるということです。チームが一体となって作業することで、共通のビジョン、目的、目標のもとに全員が団結します。チーム メンバーは敬意ある扱いを受けることで、継続的で持続可能な価値ある結果を提供するようになります。

敬意と心理的安全性の文化を育み、アイデア、質問、懸念、または間違いについて発言しても罰せられたり屈辱を受けたりしないと信じられるようにすることは、チームがアジャイルの考え方を実現するための最も効果的な方法の 1 つです。顧客の変化するニーズを満たすというニーズがアジャイルの背後にある推進力となっているため、チーム全員が安心してリスクを冒し、互いの前で弱さを見せられるようにすることが重要です。

この考え方によって、誰もがアジャイル プラクティスで進化する力を与えられる、ポジティブで安全な職場が生まれます。さらに、チーム メンバーは、自分自身を取り換えのきく機械の歯車として認識するのではなく、プロセスの一部として評価されて組み込まれていると感じます。これを促進する最適な方法は、Confluence でオープン ページを作成して、全員の認識を継続的に合わせることです。オープン ページは、Confluence ではデフォルトです。オープン ページでは組織内の全員が情報について知らされるだけでなく、プロジェクトのビジョンに貢献できます。

ヒント

アジャイル アプローチの採用が組織全体にどのようなメリットをもたらすかをチームが理解できるように、ブログ投稿を作成します。

従業員には、マネージャーが有言実行して個人ではなくチームでの行動を体現することを見せる必要があります。つまり、アジャイルのビジョンを真に作り出すためには、組織全体で相互に尊重することが不可欠です。協調的な行動をモデル化して間違いを認め、改善を促すことは、強力なシステムに貢献して成功した進化するプラクティスをもたらします。コラボレーションが欠如すると、生産性が低下します。アジャイルの考え方は、全員が互いに協力し合ってプロジェクトに平等に貢献することを真に促すことで、これに対抗します。

最適化された持続可能なフロー

最適化されたワークフローとは、段階的な提供、バッチ サイズの縮小、継続的な改善が実施されることを指します。アジャイルの考え方で、チームは価値を最大化して無駄を最小化できるようになり、品質が向上します。課題は発生次第修正する方が、ワークフローの最後に修正するよりもはるかに簡単です。たとえば、家にペンキを塗るようなフローを考えてみましょう。1 つの壁に塗る色を間違えた場合は、塗り直して問題を修正するのにそれほど時間はかかりません。しかし、家全体を間違った色で塗った場合、課題は劇的に増加して多くの時間とエネルギーが浪費されます。

Jira のバックログ

アジャイルの考え方によって、チームは開始 - 停止 - 開始という遅延を回避して、製品をデプロイする前の早い段階でこれらの欠陥を発見できます。チームは、欠陥が発生した場合に大量の作業をやり直す必要がなく、信頼性が高く一貫性のあるリリースに効率よく対応できます。つまり、一貫性のある対応と迅速なフィードバックによって、チームはそれに応じて調整を行って大幅な遅延を回避できます。最適化された持続可能なワークフローは、疲弊した過重労働のグループと、活発で協調的なアジャイル チームの違いとして現れます。

チームのイノベーションを促す

イノベーションは、アジャイルの考え方を持つチームの推進力です。チームが協調的で建設的なフィードバック、新しいアイデア、さまざまなアプローチを提供できるようにすることで、文化全体を変革できる実験への扉が開かれます。

アジャイル アプローチの最も顕著なメリットの 1 つは、プロジェクト中にチーム メンバーが大幅に自主性を与えられることです。単に何をすべきかを教えられるのではなく、タスクに対する新しく改善されたより効率的なソリューションを自由に見つけられるようになれば、イノベーションは発展します。チームの創造性と自由に考える能力を育むために、チーム リーダーは十分な時間とスペースを提供することが重要です。

たとえば、Confluence のブレーンストーミング テンプレートは、アイデアをまとめて共有し、イノベーションが発展する機会を示すために最適です。この総合的なアプローチでは、誰もが自分の考えを提供する機会が平等に与えられます。さらに、チームからのフィードバックや建設的なインプットによって、これまで表明されたことのない思考プロセスが生まれて、チーム メンバーの間でアジャイルの考え方が発展するようになります。

Confluence のブレーンストーミング テンプレート

絶え間ない改善に注力する

アジャイルの考え方は、チームが達成するものというよりは継続的に培われるものとなります。チームは、プロセスの最適化、問題解決、反映、継続的な改善の方法を見つけるように努力する必要があります。チームは、コラボレーション、ワークフローの最適化、イノベーションの促進に加えて、将来のプロセスを改善するために、振り返り、つまり振り返りの期間を導入する必要があります。

構造とイノベーションの間に流れを作ることで、チームが期待に応えながら改善のためのさまざまな方法を模索する自由を維持します。チームは定期的にミーティングを行ってお互いに確認し、必要に応じて調整を行って、アジャイルの考え方についてすべてのメンバーの認識が合っていることを確認する必要があります。継続的なデリバリーは、チームのフィードバックと改善が進行中のプロセスに組み込まれると成功します。これによってアジャイルの考え方が一巡して、結果を改善するためのアクションが生まれます。

絶え間ない改善に注力するために、チームは問題の根本原因を突き止めて直ちに解決に取り組む必要があります。JiraConfluence などのツールを使用することで、ソリューションの実装に必要なワークスペースと手法を簡単に整理できます。

ツールはアジャイル プロセスの合理化に役立つため、チームは問題解決と前進に注力できます。チームがアジャイルの考え方とプラクティスを改善し続けることに伴って、これらのツールは成長とワークフローのニーズのあらゆるステージに対応するようになります。

Confluence と Jira を使用してアジャイルの考え方を実現する方法

チームが独自の方法で作業を成し遂げるには、全員が連携できるスペースを導入することが重要です。強力なシステムは、最適なチーム パフォーマンスを実現してアジャイル プラクティスをより成功させるために役立ちます。アジャイルのニーズに合わせて特別に設計されたツールを活用することで、チームはプロジェクト全体を通してコラボレーション、調整、貢献する能力を強化できます。適切なアジャイル ツールがあれば、チームは潜在能力を最大限に発揮するために必要なすべてのものを手に入れられます。

このダイナミックな ConfluenceJira を併用することをお勧めします。Confluence は、チーム全体がプロジェクトのビジョン、目標、パフォーマンスに貢献してコラボレーションできるように、共有されたオープン スペースとページを作成します。Jira では、柔軟な計画、透明性の実行、スケーラビリティなどによって、アジャイルの力を活用できます。これらの機能を組み合わせて日常的に利用することが、アジャイル チームの成功に役立ちます。

これらのツールを利用することで、パフォーマンス、品質、プロジェクトの成功の間に直接的な関係が生まれます。これらのツールは、あらゆる開発ニーズにシームレスに統合されたソリューションを提供します。Confluence と Jira は作業プロセスの最適化を担当して、チームが連携して真のアジャイル プロセスの育成と構築に集中できるようにします。

次の記事
Going agile