tutorial

Jira Software でのバージョンの使用方法

Jira Software でのバージョンの使用ガイド

Max Rehkopf Max Rehkopf
トピック一覧

Jira バージョンチュートリアル

このチュートリアルでは、Jira Software でバージョンを使用する方法を説明します。

所要時間:

読む時間 10 分。2 週間ほどで完了。

対象者:

  • Jira Software でのスクラムやカンバンの仕組みに精通している

  • スクラム ボードまたはカンバン ボードのすべてのプロジェクトに対してプロジェクト管理者権限を持つユーザー。詳細については、「プロジェクト権限の管理」を参照してください。

前提条件:

  • Jira Software のアカウントを作成していること
  • Jira Software のスクラム プロジェクトかカンバン プロジェクトを作成していること

  • 自身のプロジェクトに課題が入力されていること

無料で入手する

Jira Software のバージョンはどのように定義されていますか?

Jira Software では、バージョンはプロジェクトのある時点を表します。バージョンによって目標となるマイルストーンが示されるため、作業を整理しやすくなります。プロジェクトの課題を特定のバージョンに割り当てたり、そのバージョンで作業を完了するにあたり、スプリントを整理することもできます。

ステップ 1: Jira Software で新しいバージョンを作成する

  1. プロジェクトへ移動します。
  2. プロジェクト メニューで、[リリース] をクリックします。

  3. [バージョン名] テキスト ボックスを選択し、名前を入力して [追加] をクリックします。
    通常、バージョン名は 1.02.1.1 などの番号です。また、内部コード名を使用することもできます。

バージョンはいくつ作成したらよいでしょうか?

バージョンは、必要と思う数を自由に作成できます。たとえば、先の計画のために複数のバージョンを作成したり、その時点で必要な 1 つか 2 つだけにすることもできます。

バージョンを作成すると、課題に対して [Affects version (影響するバージョン)] と [Fix version (修正バージョン)] のフィールドが使用可能になります。

ステップ 2: 課題をバージョンに追加する

プロジェクトにバックログがある場合

  1. プロジェクトのバックログに移動します。

  2. 左側の [バージョン] パネルを開きます。

  3. バージョンに課題を追加する
  4. 追加先のバージョンに課題をドラッグします。

プロジェクトにバックログがない場合

  • バージョンに追加する課題を開きます

  • [修正バージョン] フィールドに課題を追加するバージョンを入力します

修正バージョンと影響するバージョンの違いは何ですか?

[Affects version (影響するバージョン)] とは、バグまたは問題が見つかったバージョンです。これは問題の追跡に役立ちますが、Jira ではそれほど頻繁に使用されません。

[Fix version (修正バージョン)] とは、顧客への機能のリリースまたはバグ修正を計画しているバージョンです。このフィールドはリリースの計画、進捗とベロシティの監視、および各種レポートに使用されます。通常は、これが必要とされるフィールドです。

ステップ 3: バージョンの進捗を監視する

Jira Software には、バージョンの進捗を確認するための各種ツールが用意されています。ここでは、その機能について説明します。

リリースハブ

リリースハブとは、すべてのリリースを管理できる場所です。また、リリースのステータスに関する情報や、各バージョンの課題数の内訳も示されます

リリース ハブに移動するには:

  1. プロジェクトに移動します。
  2. プロジェクト メニューで、[リリース] を選択します。

リリースハブ

  1. クイック フィルター: 興味のないものをフィルタリングして、特定のバージョンに焦点を当てます。

  2. バージョン リスト: バージョンをドラッグ アンド ドロップして並べ替えます。

  3. ステータス: バージョンには、「未リリース」、「リリース済」、「アーカイブ済」の 3 つのステータスのいずれかを指定できます。

  4. 進行状況: バージョンに割り当てられている課題の数と、各ステータスにある課題の数が表示されます。

リリースの監視について詳しい情報を見る

Jira Software と Bitbucket リポジトリを統合する場合は、ここでコミット、ブランチ、プル リクエストに関連する開発情報を確認する必要もあります。

リリースバーンダウンチャート (スクラムのみ)

リリース バーンダウン チャートは、完了した作業量と残りの作業量を示します。バーンダウン チャートはチームが時間内に作業を完了する可能性を予測するために使用されます。また、スコープ外のことについてチームに情報を伝える優れた手段でもあります。

リリース バーンダウン チャートを使用するには、課題を見積もる必要があります。詳細については、バーンダウン チャートに関するガイドをご覧ください

リリース バーンダウン チャートを表示する手順は、次のとおりです。

  1. プロジェクトへ移動します。
  2. プロジェクト メニューで、[レポート] を選択します。

  3. [リリース バーンダウン] を選択します。

バーンダウン チャートをリリースする

  1. リリース メニュー: データを表示するリリースを選択します。

  2. 追加された作業: ダーク ブルーのセグメントは、各スプリントでリリースに追加された作業量を示します。この例では、作業はストーリー ポイントで測定されます。

  3. 残りの作業: 水色のセグメントは、リリースに残っている作業量を示します。

  4. 完了した作業 : 緑色のセグメントは、各スプリントでリリース用に完了した作業量を表します。

  5. 完了予定: レポートでは、チームのベロシティに基づいて、リリースを完了するのにかかるスプリントの数が予測されます。

詳しい情報については、リリース バーンダウン チャートのドキュメントをご覧ください。

ステップ 4: バージョンを完了する

次は、チームの汗の結晶をソフトウェア リリースに変換します。このステージまでに、課題の完了、コードのチェックイン、レビュー、マージ、ビルドのパスなど、バージョンのリリースの準備が完了している必要があります。

リリースのデプロイでは、一般的に Jira Software でバージョンをリリースし、リリースのビルド後に必要な環境にそのリリースをデプロイします。

バージョンを完了する

  1. プロジェクトへ移動します。

  2. プロジェクト メニューで、[リリース] を選択します。

  3. 省略符号ボタンリリースするバージョンで、[アクション (Ellipses button)] > [リリース] を選択します。

カンバン ボードでは、[完了] 列のすべての課題を新しいバージョンとしてボードから直接リリースすることもできます。

その他の必要情報

Jira Software でのバージョンの使用に関する詳細については、バージョンのドキュメントを参照してください。

ご質問はこちらまで。アトラシアンコミュニティ