スクラム指標

チームのパフォーマンスを最適化するためにスクラム チームは何をどのように測定できるか

Erika Sa Erika Sa
トピック一覧

要約: スクラム指標は特定のデータ ポイントで、スクラム チームが効率と効果を向上させるために追跡して使用します。スクラム チームは指標を使用して意思決定を通知し、計画と実行の効率を高めて対象目標と改善計画を設定します。

有名な経営思想家の Peter Drucker 氏は「測定できないものは改善できない」と述べています。これは生活のあらゆる側面に当てはまるわけではありませんが、アジャイル スクラムを実践しているチームにはぴったり当てはまります。特定の指標を使用することで、スクラム チームはチームの効率を調整、変更、改善できます。

スクラムとは何か

スクラムはアジャイル フレームワークであり、チームが複雑な問題に対処して目標に基づいてソリューションを繰り返し開発するために役立ちます。スクラムの作業方法にはスプリントという特徴があります。これは、スクラム チームが一定量の作業を完了するために従事した時間を測定したものです。

その適応性によって、スクラムなどのアジャイル フレームワークは技術指向のチームを越えて、サポート、設計、マーケティングなどにも普及しています。そのため、チームのパフォーマンスと効果を測定する上で、スクラム指標の重要性が高まっています。

スクラム指標とは?

スクラム指標は特定のデータ ポイントで、スクラム チームが効率と効果を向上させるために追跡して使用します。スクラム指標を定義、理解、実装すると、そこから得られるインサイトをチームのアジャイル化の指針として改善に役立てられます。

スクラム チームは指標を使用して意思決定を通知し、計画と実行の効率を高めます。また、現状のベースラインを確立して対象目標や改善計画を設定するためにも使用できます。その際、全員を今日と比較する業界標準の基準はありません。これは、コンテキストがない状態でデータ ポイントを比較することは、リンゴとアサリを比較するようなものだからです。チームはそれぞれ異なります。規模、使用するテクノロジー、実施する作業の種類などが異なります。

追跡する一連の指標について合意してその使用方法を定義するのは、各チームの責任です。これは個人の取り組みではなく、リーダーシップや経営陣がチームのために定義して実施できるものでもありません。

なぜスクラム指標が必要なのですか?

スクラム指標によって、チームがベンチマークを確立して作業の方向性を導けます。このため、スクラム指標は確立されたチームと新しいチームの両方にとって有用です。

また、スクラム指標の追跡によって、チームのベロシティ、キャパシティ、デリバリーの予測可能性、製品の品質など、チームの効果に関するさまざまな側面を可視化できます。主要な指標によってチームのパフォーマンスに対する意識を高めて、変化と改善に向けた行動を促せます。さらに、チームの幸福度と満足度を経時的に測定するためにすら役立ちます。

多くのアジャイル チームが、感覚や直感に頼ってチームのパフォーマンスを把握しがちです。この習慣の背後には多くの現実的な理由がありますが、それでも大きな機会を逃しています。

スクラム指標を KPI として使用できますか?

どちらとも言えません。スクラム指標は KPI (主要業績指標) の設定に使用できますが、作業の種類とスコープによって異なります。スクラム指標だけでは、顧客の価値を測定したり、チームが適切な成果を出したかどうかを示したりはできません。アジャイル チームにとって、KPI は最終的にチームが会社の優先事項にどの程度適切に貢献しているかを示す必要があります。

スクラム チームのパフォーマンスを測定する際は、次のようなスクラム以外の指標を考慮する必要があります。

  • ビジネスに対する ROI (投資利益率) — 収益の増加、月間アクティブ ユーザー (MAU) など、企業は目的に応じてさまざまな方法でこれを測定します。
  • 顧客満足度 — NPS (ネット プロモーター スコア) や CSAT (顧客満足度スコア) などの調査指標は、プロジェクトの成功を追跡する際に役立ちます。スクラム チームの価値を顧客に示すには、リリースごとに一貫した顧客満足度指標が重要です。
  • チーム満足度 — プロジェクトに対するモチベーションのレベルとチームとの関わりについてチームに尋ねるだけで、離職率、消耗、開発者の不満などの問題を把握できます。

主要なスクラム イベントとレビューする指標

スプリント、スプリント計画、デイリー スクラム、スプリント レビュー、スプリントの振り返りなど、アジャイル スクラムでは繰り返し発生するイベントがいくつか定義されていますが、これらは進捗や成功を保証するものではありません。ただし、こうしたイベントによって、チーム メンバーは作業の進め方を検査して調整できます。

スプリント サイクルのインフォグラフィック

スプリント計画

スプリント計画ミーティングはスプリントを開始するときに開催します。ここでチームは、ストーリーの説明を詳細なタスクに分解します。これによって、スプリント中に生み出される作業の見積もりが得られます。スプリントの目標、現在のチームのベロシティ、チームのキャパシティ、作業の種類など、チームのスプリント計画を効率化できるデータ ポイントがいくつかあります。スプリント計画ミーティング テンプレートを使用して、スプリント計画の指針として役立てます。

スプリントの目標

スプリントの目標によって、スプリントでチームが達成することを決定して項目をまとめ、優先度を設定するために役立ちます。多くの場合、スプリントの目標は、複数のスプリントで達成できるよりも大きい成果に貢献します。スプリントの目標の優先度は、この成果への影響に基づく必要があります。真に効果的なチームは目標とその優先度を定期的に見直して、エンジニアリング作業をどのように順序付けして分割するかについて戦略を立てます。

チームのベロシティ

チームがスプリントにどれだけコミットできるかは、基本的にベロシティ (特定の時間内に達成できる作業量) とキャパシティ (どれだけの可用性があるか) によって決まります。Jira で使用しているようなベロシティ チャートは、スプリント中にデリバリーされた価値の量を示します。これによって、チームが今後のスプリントで実行できる作業量を予測できます。チームのベロシティは、チームとしていくつかのスプリントを一緒に実行して初めて理解できます。ベロシティは、チームが連携して作業することで時間の経過とともに安定します。これには、使用するテクノロジーを増やすだけでなく、お互いの専門知識を理解してチームとして作業する方法を学ぶことも含まれます。

次に示すベロシティ チャートの例には、(1) ストーリー ポイントに基づく見積もり統計、(2) コミットメント (スプリントにあるすべての課題の見積もり)、(3) 完了した見積もり、(4) 完了したスプリントが含まれています。

ベロシティ チャートのインフォグラフィック

チームのキャパシティ

チームがスプリントで完了できる作業量がキャパシティと可用性に基づくことは当然です。チームの半分が休暇で不在の場合、安定したベロシティは何の意味もありません。キャパシティを計画する 1 つの方法は、いくつかのスプリントにおける各チーム メンバーの可用性を収集して合計を加算し、総キャパシティのパーセンテージを算出することです。土壇場の変更や緊急事態は誰にでも起こり得るため、過度なコミットメントや過少なデリバリーを避けるために、スプリントのコミットメントに 10% の余裕を確保することもお勧めします。

作業の種類

スプリント バックログに含まれる機能作業、バグ修正、技術的負債が多くなってくると、チームがスプリントの時間をどこに割くかの判断が難しくなります。特に開発チームが品質を重視している場合は、スプリントでバグや技術的負債への対応作業が膨らみがちになります。しかし、チームが注意を払わなければ、なぜ計画どおりに十分な顧客価値を提供できなかったのかについて、スプリント後に疑問に思うことになります。

スプリント計画中にさまざまな種類の作業の分割を見直して、チームがどのような作業に取り組んでいるか把握することを意識的に心がけましょう。この場合は、バックログに多くの技術的負債と質の高い仕事が見つかったとしても、技術的負債のスプリントをスケジュールするか QA の基準を引き上げることで戦略的に解決できます。

スタンドアップ (別名デイリー スクラム)

スタンドアップ (デイリー スクラム) は、チーム メンバーが自分の作業について確認する毎日の短いミーティングです。スクラム チームを効果的に運営するには、スタンドアップを To Do リストにある個人のアップデートに関する連絡以上のものにする必要があります。これは、チームのスプリントの進捗状況を確認して、スプリントの成果に大きな影響を与える可能性のある毎日の大小の意思決定を行うために優先順位を再調整する機会です。

このとき、次のデータと指標が役立ちます。

スプリントの目標に向けた進捗状況

チーム メンバーは自分の作業の状況や進捗状況を明確に把握しているかもしれませんが、総合的なスプリントの目標に向けた全体的な進捗状況を見逃しがちです。そのため、スタンドアップ ミーティング中にスプリントの目標のリストを示して、チームとしてレビューすることが重要です。

これは、チームが順調に進んでいるかどうかを話し合う機会として考えてください。順調でない場合は、その理由とどのような対処ができるかを検討します。解決できない問題である場合は、そのことを主要な関係者に伝えて全員の認識を合わせることが重要です。

スプリントバーンダウン

チームの進捗状況をよりよく理解するために、チームはスプリント バーンダウン チャートを使用してスプリントをクイック レビューする必要があります。スプリント バーンダウン チャートによって、スプリント全体の作業の完了を追跡します。これを行うには、完了までの時間と作業量をストーリー ポイントまたは時間数で測定して比較します。これによって、チームが指定された時間内に作業を完了する能力を予測して、スコープからの逸脱を追跡できるようになります。バーンダウン チャートに急激な落ち込みがある場合は、不正確な作業見積もりに関連している可能性があります。

次に示す Jira のスプリント バーンダウン チャートには、(1) 見積もり統計、(2) スプリントに残っている合計作業量である残余値、(3) チームが到達しているべきおおよその場所を示すガイドラインが示されています。

スプリント バーンダウン チャートのインフォグラフィック

ワークロードの分散

チームが見失ってはならないことの 1 つは、個人の作業量です。特にリモート ワーク文化では、全員の作業量を把握することは困難です。把握できない場合は、チーム メンバーの一部が過重労働になっている可能性があります。スタンドアップは、チーム メンバーがお互いにサポートやアドバイスを求める場所です。また、スプリントの目標をよりよく達成するために、全員のワークロードを調整する場所でもあります。

チームでこの指標を使用する際に注意するべきことが 1 つあります。非難の道具にしないということです。これを使用して個人の生産性を測定すると、チームのやる気を削ぐ可能性があります。代わりに、作業量やサポートが必要な場合について全員が安心してオープンに話し合う環境を作りましょう。

コンテキストでインサイトを見つける

スクラム イベントに関する期間を設定したら、パフォーマンスを最適化するために指標を継続的に使用することが重要です。スプリントの計画中、デイリー スタンドアップ ミーティングへの参加、またはデリバリーの最適化、インサイトはチームが必要とする指標にアクセスするための優れたツールです。インサイトは Jira のボード、バックログ、デプロイのビューの右上にあります。

インサイトの詳細をご確認ください

[バックログ] パネルのハイライト

スプリントのふりかえり

スプリントの振り返りは優秀なチームにさえもメリットをもたらします。スプリントの振り返りでは、あなたとそのチームはうまくいったことや改善点、改善が必要である理由を話し合うことで、スプリントで何が起こったかをレビューします。当然、これは、スプリントの目標達成やスプリントの満足度など、主要なスプリント指標をレビューするために最適な時間と場所になります。

Confluence ページで概説されているチームの振り返りの例を次に示します。

スプリントの振り返りのスクリーンショット

スプリントの目標達成

スプリントの計画中に設定された目標に対して、チームはどのような方法で追跡しましたか? チームがリストのあらゆるものを確認したのであれば、言うことはありません。そうでなければ、どのような改善点があるでしょうか? チームの成功を評価する際には、すでに説明したスクラム指標が役立ちます。チームのワークフローの改善は賞賛に値します。スコープから逸脱していなかったので、チームの作業スピードが上がったのかもしれません。DevOps を実践しているチームにとっては、これはサイクル期間やデプロイ頻度などの DevOps の主要指標を確認して、スプリントの目標を達成する可能性を高めるデリバリー プロセスの改善について話し合う場所にもなります。そうすることでチームが課題に対処して、より明確なアクション プランを策定できます。

スプリントの満足度

これは、スプリントに対する満足度についてチームに尋ねるだけです。一部のチームでは、この事例のフィードバック、さらには絵文字/GIF に数値スケールを使用しています。チームは、チームの目標や、作業の種類がチームの目標と一致していたかどうかを振り返れます。機能を完成させるのに比べて、技術的負債に膨大な時間が費やされましたか?

振り返り全体を通して、チーム メンバーに発言を促して必要に応じて発言を求めます。優れた振り返りには、複数の観点とさまざまな意見があります。重要なのは、ミーティングの終わりまでにチームが最重要課題、所有者、および主要な課題をフォローアップする計画について、ほぼ合意することです。

結論

スクラムの目的はチームが作業を改善できるようにすることであり、スクラム指標の目的はチームのためにスクラムが確実に機能できるようにすることです。スクラム指標を適用する際は、チームがスクラム指標を負担ではなくインスピレーションとして感じられる状態が適切です。この記事で概説したすべてを追跡することは重要ではありません。1 つ 2 つの指標から始めて、それらがチームの改善に役立つかどうかを確認できます。一方、スクラム チームは成熟したスクラム プラクティスを持っていて、スクラム指標で追加される価値はそれほどない可能性があります。これは素晴らしい状態です。これらの指標を役立てて確立した良い習慣を忘れないでください。時々再確認して、スクラムの健全性をチェックしてください。