Close

DevOps の原則

DevOps の可能性を最大限に引き出すには、チームが DevOps の主要原則に従う必要があります


DevOps は、単に開発チームと運用チームを 1 つにするだけのものではありません。それはツールとプラクティス以上のものです。DevOps は、チームが新しい働き方を採用する考え方であり、文化的な変化です。

アトラシアン DevOps の無限大記号のイラスト

DevOps 文化とは、開発者がユーザーの要件やニーズをより深く理解することで、ユーザーに近づくことを意味します。運用チームは開発プロセスに関与を深め、保守要件と顧客ニーズを増やします。これは、DevOps チームが、従来のソフトウェア開発モデルを活用する組織よりも速いペースで、より高品質なアプリケーションとサービスを提供するために役立つ以下の主要な原則に従うことを意味します。


コラボレーション

DevOps の背景にある重要な前提はコラボレーションです。開発チームと運用チームが統合され、開発とデプロイのサイクル全体を通してコミュニケーション、フィードバックの共有、コラボレーションを行う機能的なチームになります。これは、多くの場合、開発チームと運用チームが 1 つのチームに統合され、アプリケーションのライフサイクル全体にわたって作業することを意味します。

DevOps チームのメンバーは、製品の各要素について質の高い成果物を保証する責任があります。これにより、チームが機能や製品のバックエンドからフロントエンドに至るまで全体的な責任を負う「フル スタック」開発が進みます。チームは、アイデアから提供までのライフサイクル全体を通して、機能やプロジェクトを管理します。この投資とチームからの献身の強化によって、成果物の品質が向上します。

自動化

DevOps の基本的なプラクティスは、ソフトウェア開発ライフサイクルを可能な限り自動化することです。これにより、開発者がコードを書いたり、新しい機能を開発したりする時間が増えます。自動化は CI/CD パイプラインの重要な要素であり、人的ミスの削減とチーム生産性の向上に役立ちます。自動化プロセスにより、チームは短いイテレーション時間で継続的な改善を実現し、顧客からのフィードバックに迅速に対応できます。

継続的改善

継続的な改善は、リーン生産と改善のカタに加え、アジャイル プラクティスの基礎として確立されました。これは、実験に重点を置き、無駄を最小限に抑え、スピード、コスト、デリバリーの容易さを最適化するプラクティスです。継続的な改善は継続的なデリバリーにも関連しており、DevOps チームはソフトウェア システムの効率を向上させるアップデートを継続的にプッシュできます。新しいリリースのパイプラインが一定しているということは、チームがコード変更を一貫してプッシュすることで、無駄をなくし、開発効率を向上させ、顧客価値を高められることを意味します。

顧客中心の行動

DevOps チームは、顧客やエンド ユーザーとの短いフィードバック ループを使用して、ユーザーのニーズを中心とした製品やサービスを開発します。DevOps のプラクティスにより、リアルタイム ライブ モニタリングと迅速なデプロイにより、ユーザーからのフィードバックを迅速に収集して対応できます。チームは、ライブ ユーザーがソフトウェア システムをどのように操作しているかを即座に可視化し、そのインサイトを活かしてさらなる改善を実現します。

目標を念頭に置いて作成する

この原則には、顧客のニーズを理解し、実際の問題を解決する製品またはサービスを作成することが含まれます。チームは、「バブルで構築」したり、消費者がソフトウェアをどのように使用するかについての前提に基づいてソフトウェアを作成したりするべきではありません。そうではなく、DevOps チームは、製品の作成から実装に至るまで、製品を総合的に理解する必要があります。

引用符

DevOps は個人で行うのではなく、全員で行うものです。

Christophe Capel
Jira Service Management 主席プロダクト マネージャー

Chef.io のロゴ

DevOps を実践する

Chef は、DevOps ワークフロー向けの Chef Automate プラットフォームを開発している企業です。何万もの開発者が、Chef を使ってインフラストラクチャをテスト、自動化、管理しています。シアトルを拠点に DevOps の最先端を行くこの企業は、Chef、InSpec、Habitat、Chef Automate などの製品をリリースし、ソフトウェアやアプリケーションを開発、リリースする新しい方法を進化させてきました。独自の DevOps 社内プラクティスをテスト、改良するために、Chef はアトラシアンのプラットフォームを活用しています。

DevOps の歴史


DevOps ムーブメントは 2007 年あたりから始まりました。これは、IT 運用とソフトウェア開発の各コミュニティが自分たちの感じていることが従来のソフトウェア開発モデルに関する懸念を提起した時期でした。アジャイル方法論は、コラボレーションを改善するために開発チームで広く採用されていましたが、多くの場合、コードを書く開発者は、本番環境でコードをサポートする運用チームとは別で作業していました。その結果、プロセスが非効率になり、サイロ化された 2 つのチーム間のコラボレーションが全般的に不足していました。

その解決策が DevOps でした。DevOps は、これらのチーム間のギャップを埋め、連携して作業できるようにしました。DevOps は、開発チームと運用チームのスキル、プロセス、ツールを統合します。

DevOps のメリット


DevOps のメリットには、技術的なメリット、文化的なメリット、ビジネス上のメリットという、3 つの主要なカテゴリがあります。技術的なメリットとしては、複雑さの軽減、継続的なデリバリー、迅速な問題解決などがあります。DevOps 担当者は通常、サイロ化された従来のチームよりも高品質のコードを迅速にデプロイできます。

文化的なメリットは、チームの生産性と効率性の向上、および顧客の満足度の改善です。ビジネス面では、チーム メンバー間のコラボレーションと信頼が向上し、デリバリーの迅速化と安定した運用環境につながります。

DevOps 文化


DevOps は、チームがソフトウェア エンジニアリング文化、ワークフロー、ツールセットを受け入れる文化的な変化であり、運用要件をアーキテクチャ、設計、開発と同じレベルの重要度まで高めます。ソフトウェアを構築した開発者が実行もすれば、ユーザーの要件やニーズに対する理解が高まります。DevOps 文化の価値は、チーム間の透明性、コミュニケーション、コラボレーションの向上などです。

DevOps エンジニア


組織が DevOps を実装したい場合は、DevOps エンジニアに頼ることができます。この人物は、開発と運用の両方にわたる幅広いスキル セットを備えている必要があります。また、サイロ化されたチーム間の分断を埋めるための対人スキルも必要です。

DevOps エンジニアは、日々のソフトウェア開発、クラウド インフラストラクチャ管理、システム管理と自動化に関する幅広い知識を持つ IT ジェネラリストです。

常時稼働サービス


Customers expect and demand always-on, always available services. DevOps is well suited to supporting “always-on” software, or software as a service. It reinforces the cycle of continuous deployment, feedback, and maintenance or incident response that teams need to keep always-on services, always on.


次のトピック

おすすめコンテンツ

次のリソースをブックマークして、DevOps チームのタイプに関する詳細や、アトラシアンの DevOps についての継続的な更新をご覧ください。

DevOps のイラスト

DevOps コミュニティ

DevOps のイラスト

シミュレーション ワークショップ

マップのイラスト

無料で始める

DevOps ニュースレター購読

Thank you for signing up