Close

DevOps 機能フラグのチュートリアル

DevOps プラクティスは、チームがより優れたソフトウェアをより迅速にリリースするのに役立ちます。チームは継続的インテグレーションのためのトランクベース開発と、DevOps ライフサイクル全体にわたる包括的なテストを使用して、高品質なソフトウェアを本番環境にプッシュするために必要な多数のステップを自動化できます。

機能フラグはトランクベース開発を補完して、小規模なバッチの更新を直接促します。開発者は機能ブランチを作成して完全な仕様の構築を待つ代わりに、トランク コミットを作成すれば、機能フラグを導入して新しいトランク コミットをプッシュし、フラグ内で機能仕様を構築できます。

DevOps 向けの機能フラグの使用方法に関する詳細をご確認ください。

このセクションで取り扱う内容

Jira と LaunchDarkly によってリリースの可視性を向上させる

チーム全体のコミュニケーションを合理化して、全員が機能のロールアウト ステータスをより把握できるようにします。

Jira と Split によってリリースを管理して調整

課題と機能フラグを接続して、Jira と Split の両方でプロジェクトとロールアウト ステータスの最新情報をチームに提供します。


おすすめコンテンツ

次のリソースをブックマークして、DevOps チームのタイプに関する詳細や、アトラシアンの DevOps についての継続的な更新をご覧ください。

DevOps のイラスト

DevOps コミュニティ

DevOps のイラスト

DevOps ラーニング パス

マップのイラスト

無料で始める

DevOps ニュースレター購読

Thank you for signing up