Close

JFrog パイプラインの設定方法

Jeff Fry 氏
Jeff Fry 氏

Jeff Fry 氏、JFrog のシニア テクニカル アライアンス マネージャー

Bitbucket と Jira によって JFrog パイプラインを作成する方法に関する順を追った説明

所要時間:

読了 10 分

対象者:

Jira 内でプロジェクトに組み込んで、ソフトウェア ビルドのバグや機能の進捗状況を追跡するユーザー

前提条件:

ステップ 1: サンプル コードを入手する

  1. https://bitbucket.org/jefffjfrog/atlassian-open-devops-tutorial に移動します。
  2. このリポジトリを Bitbucket ワークスペースにフォークします。

ステップ 2: Jira 用の JFrog パイプラインを設定する

  1. 次に、これらの手順に従って Jira API トークンを作成します。
  2. この Jira API トークンをコピーします。
  3. JFrog Platform インスタンスで、これらの手順に従って Jira 統合を設定します。
  4. [統合タイプ] に [Jira] を選択します。
  5. 統合 jiraForAtlassianTutorial を呼び出します。
  6. [URL] として Jira Server API エンドポイントを指定します。
  7. Jira のユーザー名を指定します。
  8. [トークン] に Jira API トークンを貼り付けます。
  9. [作成] をクリックして Jira 統合を作成します。
Jira 統合

ステップ 3: Artifactory 用の JFrog パイプラインを設定する

  1. ステップ 3 と同じ手順で Artifactory 統合を作成します。
  2. [統合タイプ] として [Artifactory] を選択します。
  3. 統合 artifactoryForAtlassianTutorial を呼び出します。
  4. 提供された Artifactory URL とユーザー名を使用します。
  5. [Get API Key (API キーを取得)] ボタンを使用して、API キーを生成します。
  6. [作成] をクリックして Artifactory 統合を作成します。
Artifactory 統合

ステップ 4: Bitbucket 用の JFrog パイプラインを設定する

  1. これらの手順に従って Bitbucket アプリのパスワードを作成します。
  2. Bitbucket アプリのパスワードをコピーします。
  3. ステップ 4 と同じ手順で Bitbucket 統合を作成します。
  4. [統合タイプ] として [Bitbucket] を選択します。
  5. 統合 bitbucketForAtlassianTutorial を呼び出します。
  6. Bitbucket のユーザー名を指定します。
  7. [トークン] に Bitbucket アプリのパスワードを貼り付けます。
  8. [作成] をクリックして Bitbucket 統合を作成します。

ステップ 5: サンプル コードを構築する

  1. JFrog Platform インスタンスで、これらの手順に従って [From YAML (YAML から)] を使用し、サンプル コードを追加します。
  2. [SCM Provider integration (SCM プロバイダー統合)] に bitbucketForAtlassianTutorial を指定します。
  3. リポジトリ名に /atlassian-open-devops-tutorial を指定します。
  4. 残りのフィールドにはデフォルト値を使用します。
  5. [ソースを作成] をクリックします。
  6. 数秒後、JFrog Pipelines は atlassian-open-devops-tutorial リポジトリにサンプル アプリケーションの構築を試行します。Dockerfile の問題が原因で失敗します。
  7. Jira プロジェクトに移動して [Atlassian tutorial failed build (アトラシアン チュートリアルの構築に失敗)] というタイトルの新しい課題を表示します。

ステップ 6: Dockerfile を修正する

  1. ブラウザから、Bitbucket によってフォークされたリポジトリ atlassian-open-devops-tutorial に移動します。
  2. Dockerfile編集します。
  3. This line is not recognized and will cause the build to fail! (この行は認識されないため、構築に失敗します!)」という行を削除します。
  4. この変更をコミットして、コミット メッセージに Jira 課題番号を含めます
  5. JFrog Pipelines は、atlassian-open-devops-tutorial リポジトリにサンプル アプリケーションの構築を再試行します。なお、今回は成功します。

ステップ 7: Jira と JFrog Artifactory で修正を表示する

  1. ここで Jira 課題に戻ります。
  2. チケットがビルドを参照するようになったことがわかります。
  3. ビルドをクリックします。
  4. これによって、JFrog パイプラインとビルド番号を示すダイアログが表示されます。クリックすると、JFrog Cloud のビルドに直接移動できます。
  5. JFrog Artifactory で、ビルド ビューの [課題] タブをクリックします。
  6. この課題がこのビルドで参照されていることがわかります。
ビルドの課題
Jeff Fry
Jeff Fry

Jeff Fry is an experienced principal engineer and cloud architect with a proven track record of working with partners to deliver innovative integrations.


この記事を共有する
次のトピック

おすすめコンテンツ

次のリソースをブックマークして、DevOps チームのタイプに関する詳細や、アトラシアンの DevOps についての継続的な更新をご覧ください。

DevOps のイラスト

DevOps コミュニティ

DevOps のイラスト

シミュレーション ワークショップ

マップのイラスト

無料で始める

DevOps ニュースレター購読

Thank you for signing up