Close

Jira で GitLab のデプロイを有効にする

Tye Davis 氏
Tye Davis 氏

GitLab のテクニカル マーケティング エンジニア

このガイドでは、GitLab と Jira を接続する際に、統合された課題とデプロイを活用する方法について説明します。Deployments in Jira 機能では、特定の期間の Jira 課題に対する GitLab CI/CD Pipelines を追跡して表示することによって、デプロイの可視性が向上します。Jira と GitLab を統合することで、チーム メンバーはデプロイ パイプラインを移動する作業項目の進捗状況を視覚化できます。

Time

10-minute read.

Audience

You work on projects within Jira and would like to leverage integrated issues and deployments with GitLab.

Time

You have a Jira account and basic proficiency in Jira. Get started with Jira here.

You are an existing GitLab customer. Get the GitLab Jira Cloud integration here.

If you’re new to GitLab, get started here. 

チーム管理対象ソフトウェア プロジェクトでデプロイを有効化する

プロジェクト機能を有効/無効にできるのは、プロジェクト管理者のみです。

1. Jira で、チーム管理対象ソフトウェア プロジェクトに移動します。

2. [プロジェクト設定] > [機能] の順に移動します。

3. [デプロイ] 機能を有効にします。

Jira Software プロジェクト

4. プロジェクトに戻ります。

5. [デプロイ] に移動します。

6. [別の CI/CD ツールを追加] を選択します。

Jira Software のデプロイ

7. [他のプロバイダーに接続] を選択します。

Jira Software のデプロイを Bitbucket に接続する

8. [GitLab.com for Jira Cloud] を選択します。

GitLab.com for Jira Cloud

9. [GitLab.com for Jira Cloud] アプリをダウンロードします。

GitLab.com for Jira Cloud

10. GitLab.com の名前空間を追加します。

GitLab.com の名前空間
GitLab.com の名前空間をリンクする

11. GitLab に戻って GitLab CI/CD を使用してコードを変更した後、スマート コミットを使用して GitLab コミットとブランチを Jira 課題に関連付けます。

Jira 課題に対する GitLab のコミットとブランチ

12. スマート コミットを使用しても、GitLab マージ リクエストを Jira 課題に関連付けられます。これによって、Jira のデプロイの可視性が提供されます。

GitLab の新しいマージ リクエスト

13. Jira に戻ると、スマート コミットによって課題が「バックログ」から「進行中」に移動したことがわかります。

スマート コミットによって、Jira で課題が移動されました

14. [デプロイ] に移動します。

Jira によってデプロイ パイプラインを表示する

Deployments in Jira ビューに、環境別にフィルタリングするオプションと併せて課題のリストとデプロイが表示されます。

プロジェクトのデプロイ情報を表示するには、ブランチ名、コミット メッセージ、プル リクエストに課題キーを含めます。

Deployments in Jira ビューを理解する

デプロイ ビューには次のフィルターと設定が表示されます。

フィルターと設定
  • 検索: 検索テキスト フィルターで、目的の課題と関連するデプロイ パイプラインを表示するキーワードを指定します。
  • 環境: このフィルターによって、ドロップダウンから環境を選択して開発インスタンスのデプロイ ビューを絞り込めます。
フィルター
  • バージョン: このフィルターによって、リリースされた製品バージョンに基づいて課題を絞り込めます。たとえば、異なるバージョンでリリースした製品の機能などです。
  • エピック: このフィルターによって、エピック別にデプロイと課題をグループ化できます。親エピックがない課題もフィルタリングできます。
フィルター
  • タイプ: このフィルターによって、タイプごとに課題を並べ替えられます。
種類

1 "Issue key","Issue summary","Issue URL","Deployment date","Deployment state","Environment type","Environment name"

2 "ABC-1111","agent-service: Add a POST endpoint to allow runner creation","https://workteams.xyz.net/browse/ABC-1111","2020-12-04 14:40:31","SUCCESSFUL","PRODUCTION","Production"

3 "ABC-2222","agent-service: Add PUT endpoint for runners","https://workteams.xyz.net/browse/ABC-2222","2020-12-04 14:40:31","SUCCESSFUL","PRODUCTION","Production"

  • ビュー設定: このパネルによって、環境タイプ、アイコン、課題などのフィルターを使用してデプロイ ビューを構成できます。このパネルの情報を使用して、デプロイ機能を無効にもできます。

Deployments in Jira ビューを構成する

デプロイ ビューを構成するには、ボードの [ビュー設定] パネルに移動します。このパネルには次のフィルターがあります。

デプロイ設定

環境タイプ

環境タイプを使用して、デプロイ ビューをカスタマイズします。環境タイプを選択してビューを修正し、特定期間のデプロイ ステータスを視覚化します。

アイコン

  • デプロイ キー: デプロイ ステータスの時系列を非表示/表示します。
デプロイ キー
  • 複数のデプロイ: プロジェクト タイムラインの各課題に対応するデプロイ環境の数を非表示/表示します。

課題

  • デプロイなしで課題を表示: どのデプロイにも関連付けられていない課題を非表示/表示します。

プロジェクト管理者は、[デプロイ] ページ右上の [その他オプション (…)] メニューをクリックして、インストールされたアプリとプロジェクト機能を管理できます。

Atlassian Open DevOps の統合に関する詳細をご参照ください。

Tye Davis
Tye Davis

Tye Davis is an evangelist and Technical Marketing Engineer at GitLab. Tye has more than 10 years of experience rooted in agile and DevOps transformations. With roles as a Solution Architect, Product Marketing, and Product Management, he has worked closely with numerous Fortune 500 companies that implemented agile transformations and DevOps best practices.


この記事を共有する
次のトピック

おすすめコンテンツ

次のリソースをブックマークして、DevOps チームのタイプに関する詳細や、アトラシアンの DevOps についての継続的な更新をご覧ください。

DevOps のイラスト

DevOps コミュニティ

DevOps のイラスト

シミュレーション ワークショップ

マップのイラスト

無料で始める

DevOps ニュースレター購読

Thank you for signing up