Close

デプロイの自動化:その概要と始め方


デプロイの自動化では、ソフトウェア・ツールとシステムを使用してコード変更をあるソフトウェア環境から別のソフトウェア環境に移行するため、手動でのソフトウェア・リリースが不要になります。

継続的デプロイには、コード変更を開発から本番環境に移行するプロセスが含まれます。これには自動デプロイ、CI(継続的インテグレーション)、CT(継続的テスト)、および継続的なフィードバックがあります。自動デプロイは、ソフトウェア開発ライフサイクルの各段階でのコード変更を標準化し、合理化します。システムでは、新しいコード・マージの自動でのビルド、パッケージ化、テスト、およびステージング・サーバーへのリリースが可能です。後の本番リリースでは、手動による承認が必要になることもあります。チームはプロセスのニーズに基づき、開発、QA、ステージング、本番などの環境を自動化することができます。

デプロイの自動化は、ソフトウェア・コンポーネントの組み立てが中心のビルドの自動化とは異なり、そのようなコンポーネントを指定の環境に配布することに重点を置いています。

ソフトウェア・リリースの自動化は、最新の DevOpsアジャイル開発アプローチにおいて重要です。このガイドでは、標準 CI/CD ツールを含むデプロイの自動化、およびチームが DevOps のベスト・プラクティスを開始する方法について説明します。

デプロイの自動化とは何か


デプロイの自動化では、ソフトウェア・ツールとシステムを使用して、コード変更がテスト環境、ステージング環境、および本番環境に自動的に移行されます。自動デプロイはコードのコミットやマージ・リクエストの承認などのイベントによってトリガーされます。構成管理ツールがハードウェアの変更を特定、文書化、および追跡するプロセスを自動化します。

デプロイの自動化と CI/CD

デプロイの自動化は、CI/CD(継続的インテグレーションと継続的なデリバリー)パイプラインにとって重要です。CI/CD パイプラインでは、コード変更の統合、テスト、リリースがさらに迅速に自動化されます。それによって変更をテストや本番などのさまざまな環境に移し、更新されたコードをエンド・ユーザーに安全に提供します。デプロイの自動化によって、新しいコードを迅速かつ確実に公開できます。

DevOps はソフトウェアをより迅速かつ確実に構築、テスト、リリースするためのソフトウェア開発プラクティスで構成されています。デプロイの自動化によって、手動プロセスのボトルネックが解消され、DevOps のプラクティスに合わせられます。

ソリューションを見る

優秀な DevOps チームのツール

関連資料

DevOps におけるチーム構造の重要性

デプロイの自動化のメリット


デプロイを自動化することの主なメリットは次のとおりです。

  • リリース・サイクルの短縮:自動化によってソフトウェアのデプロイ時間が短縮されるため、アップデートのリリース頻度を増やせます。
  • ヒューマン・エラーの減少:手動デプロイはヒューマン・エラーを起こしやすくなりますが、自動化すればミスを最小限に抑えられます。
  • 信頼性の向上:自動デプロイには一貫性、再現性があり、標準化されています。
  • 効率の向上:自動化によって開発者が手作業から解放されます。
  • コラボレーションの向上:自動化されたパイプラインによって、複数のチーム間の可視性とコラボレーションが向上します。

Key principles

DevOps approaches business problems with collaboration, automation, and integration. 

One of DevOps’ primary goals is continuous delivery. Lean and agile software development methodologies strive to deliver value to customers continuously. Automation and integration support smaller, more focused releases, which help businesses increase velocity without compromising reliability. 

Lean and agile development teams share ideas, work together to deliver solutions, and continuously improve products and processes. DevOps’ commitment to cross-functional collaboration throughout the product lifecycle makes it a natural fit for Lean and agile teams. 

Jira Software’s Open DevOps supports agile teams focused on shipping and operating high-quality software with out-of-the-box Open DevOps features.

デプロイの自動化を実行する方法


DevOps パイプラインを合理化するには、自動デプロイが不可欠です。これはヒューマン・エラーを減らし、チームの生産性を高め、イテレーション・サイクルを短縮します。

このプロセスには、コードのビルド、テスト、デプロイなどの重要なステップが含まれます。イテレーション時間が短縮されるため、チームの能力が向上し、顧客からのフィードバックに迅速に対応できるようになります。

ソフトウェアのデプロイの自動化には、次のステップがあります。

  1. コードの変更を Git などのバージョン管理システムにコミットします。
  2. コードをコミットすると自動ビルド・プロセスがトリガーされます。
  3. 新しいビルド・アーティファクトが自動的にテストされます。
  4. テストが完了したら、ビルド・アーティファクトをステージング環境にデプロイし、さらにテストします。
  5. 変更が承認されたら本番環境にデプロイします。
  6. 指標を収集してデプロイを追跡します。

Open DevOpsBitbucket Pipelines はプロセスをさらに合理化するものです。Open DevOps では、コラボレーションを促進する包括的な自動化フレームワークが提供されます。ヒューマン・エラーのリスクを軽減し、生産性を向上させながら、ますます複雑化するプロジェクトに対応できます。

Bitbucket Pipelines は、Bitbucket リポジトリとの継続的インテグレーションを可能にし、バージョン管理のために、コードとしての構成をサポートしています。Bitbucket 環境内での組み込みの統合により、合理的なコラボレーションとコードのトレーサビリティがサポートされます。

Focus

SRE focuses on the stability of the tools and features in production. It seeks to maintain low failure rates and high reliability for end users. This includes system scalability and robustness.

DevOps focuses on using a collaborative approach for building tools and features. It strives to identify and implement the best ideas by including the development and operations teams.

Responsibilities

SRE’s primary responsibility is system reliability. Regardless of the features deployed to production, SRE ensures they don't cause infrastructure issues, security risks, or increased failure rates.

DevOps is responsible for building the features necessary to meet customer needs. Unlike older approaches, DevOps increases its efficiency through collaboration across the development and operations teams.

Objectives

SRE strives for robust and reliable systems that allow customers to perform their jobs without disruption.

DevOps aims to deliver customer value through streamlining the product development lifecycle and accelerating the rate of product releases.

Team structure

SRE teams are often highly specialized with a much narrower focus than DevOps teams. SRE may include security specialists whose primary concern is protecting business data and complying with regulations.

DevOps, however, integrates and collaborates across development and operations to collect and implement the best possible solutions. With more varied input, teams can identify and solve problems before they reach production.

Process flow

SRE views the production environment as a highly-available service. Its processes focus on increasing reliability and decreasing failures. This could include security threats and failures from newly deployed features and integrations.

DevOps operates like an Agile development team. It designs processes for continuous integration and faster delivery. This includes breaking large projects into smaller chunks of work and generating and prioritizing ideas based on customer value.

デプロイの自動化ツール


企業は、デプロイの自動化ツールを使用して、ソフトウェアの新しいバージョンを本番環境に自動でリリースできます。これにより、ソフトウェア・リリースのスピードと信頼性が向上し、エラーのリスクが軽減されます。

アトラシアンは、Jira Product Discovery、Jira Software、Bitbucket Pipelines など、シームレスに連携するデプロイの自動化ツールを提供しています。

Jira Product Discovery は、チームが次に何を構築するかを決定するための優先順位付けとロードマップの作成ツールです。

Jira Software は、チームがデプロイ・プロジェクトの進捗状況を追跡するためのプロジェクト管理ツールです。

Bitbucket Pipelines は、テストからデプロイまでのデプロイ・プロセス全体を自動化する CI(継続的インテグレーション)および CD(継続的なデリバリー)のプラットフォームです。

Bitbucket Pipelines を開始してリポジトリの自動デプロイを可能にしましょう。

デプロイの自動化における一般的な課題


デプロイの自動化には、一般的な課題がいくつかあります。コード変更を検証するには、さらに多くのテストの自動化が必要になることがあります。新しいコード変更は、ユニット、統合、システム、回帰、ロード、およびその他のソフトウェア・テストで検証できます。

しかし、時間のかかる一貫した手動テストに頼らなければならない場合の方が多いかもしれません。さまざまな種類のソフトウェア・テストでテストが自動化されていないと、ボトルネックが生じます。

その他の課題としては、ツールの統合の難しさや不十分なドキュメンテーションが挙げられます。自動化によってデータ漏洩、プライバシー・リスク、サプライチェーン攻撃など、新たなセキュリティ・リスクがもたらされる可能性があります。

少しずつ始めましょう。統合テストに投資して、すべてのデプロイ・プロセスの要素がうまく連携していることを確認します。一貫性と予測可能性を高めるために、構成管理のベスト・プラクティスを使用しましょう。デプロイに先立ち、包括的なテスト自動化によってコードに確信が持てます。

デプロイの自動化のベスト・プラクティス


ソース・コードの変更のたびにバージョン管理を使用します。ユニット・テストや統合テストなどの自動ソフトウェア・テストで課題を早期に発見します。

構成管理ツールを使用して、さまざまな設定や構成を管理します。開発、テスト、ステージングの各環境を標準化して、それぞれの段階でプロセスの一貫性を確保します。

デプロイ・プロセスの進行状況を誰でも確認できるように可視化します。アーキテクチャ、ポリシー、手順について詳細に文書化します。

デプロイ・プロセスのステップを一貫して自動化します。デプロイに集中し、失敗した(ロールバック)変更を取り消す準備を整えます。監視とロールバックは、スムーズかつ信頼できるデプロイ・プロセスの維持に役立ちます。

デプロイの自動化:よくある質問


社内でデプロイの自動化を始めるにはどうすればよいですか?

社内の現在のデプロイ・プロセスとツールを評価することから始めます。チームが自動化できるステップを決定します。次に、テストなどの繰り返しの手動タスクを 1 つ選びます。オープンソースの自動化ツールを使用して、そのプロセスを自動化します。学習した内容と進捗を繰り返し文書化します。

デプロイの自動化はソフトウェア・テストに影響しますか?

デプロイの自動化により、ライフサイクルの早い段階でのテスト回数を増やせます。自動化されたユニット・テスト、統合テスト、および回帰テストで変更を検証し、課題を早期に発見できるようになります。テストはデプロイの自動化の前提条件です。

デプロイの自動化の主なツールは何ですか?

デプロイの自動化の主なツールには、構成管理ツール、CI/CD、およびバージョン管理システムがあります。

Git を使用すると、複数の開発者がコラボレーションし、バージョン管理のためのコード変更履歴を管理できます。Jenkins とアトラシアンの Bitbucket Pipelines は優れた CI/CD ツールです。Jenkins はソフトウェア開発段階を自動化する継続的インテグレーションとデリバリーをサポートし、Bitbucket Pipelines は Bitbucket リポジトリ内で統合された自動化ワークフローを提供して、効率的なテストとデプロイを実現します。

その他の重要なツールには次のものがあります。

  • Terraform:一貫性があり、スケーラブルなプロビジョニングのためのコードとしてのインフラストラクチャを実現します。
  • Docker:アプリをコンテナ化し、複数の環境間でスムーズにデプロイできるようにします。
  • Ansible:人間が読み取れる形式での自動化により、複雑なデプロイを簡素化します。


この記事を共有する
次のトピック

おすすめコンテンツ

次のリソースをブックマークして、DevOps チームのタイプに関する詳細や、アトラシアンの DevOps についての継続的な更新をご覧ください。

DevOps のイラスト

DevOps コミュニティ

DevOps のイラスト

DevOps ラーニング パス

マップのイラスト

無料で始める

DevOps ニュースレター購読

Thank you for signing up