Close

プル リクエストがマージされたときの Jira Automation ルール

Kev Zettler の顔写真
Kev Zettler

フル スタック Web 開発者、DevOps

このガイドでは、課題を完了にトランジションして、プル リクエストがマージされたときに関係者にメールで通知する、Jira Automation ルールの作成方法をご紹介します。

所要時間

読む時間 5 分。

対象者

あなたは Jira Software と GitLab の経験豊富なユーザーです。

前提条件

あなたは既存の GitLab の顧客です。こちらから Jira 向け GitLab を入手してください。

GitLab の経験がない場合、まず、こちらをご覧ください。

GitLab アプリケーションのインストールと設定を行ったアクティブな Jira プロジェクトが必要です。こちらから Jira を開始してください。

ステップ 1. 自動化を追加する

Jira プロジェクト ページで、[自動化を追加] をクリックします。次に、[ブランチコミットプル リクエスト] オプションを選択します。

ステップ 1: Jira の Jira プロジェクト ページで自動化を追加する

[プル リクエスト マージ時] アクションを検索して選択します。このルールは、プル リクエストが Gitlab でマージされた際に実行されます。

ステップ 2: Jira を使用して自動化を追加する

ステップ 2. JQL 条件コンポーネントを追加する

次に、JQL 条件コンポーネントをルールに追加します。[JQL 条件] を見つけて選択します。

ステップ 2: Jira Automation ルールで課題をトランジションする: JQL 条件を見つけて選択します。

JQL クエリを記述して保存することで、JQL 条件を設定します。クエリは「development[pullrequests].open = 0」を入力します。次に、[保存] をクリックします。このクエリは、課題に対して他のオープンなプル リクエストがある場合は、課題を「完了」にトランジションしないことを保証します。

ステップ 2: Jira Automation ルールで課題をトランジションする: JQL 条件コンポーネントを追加して、JQL クエリを記述して保存する

ステップ 3. [課題をトランジション] アクションを追加する

課題を「完了」にトランジションします。[課題をトランジション] アクションを検索して選択します。

ステップ 3: Jira Automation ルールで課題をトランジションする

[課題をトランジション] アクションを設定して、課題のステータスを「完了」に設定します。

ステップ 3: Jira Automation ルールで課題をトランジションする: [課題をトランジション] アクションを追加する

ステップ 4. [メールを送信] アクションを追加する

次に、プル リクエストがマージされた際に、関係者に対してメールで通知するアクションを追加します。[メールを送信] アクションを見つけて選択します。

ステップ 4: Jira Automation ルールで課題をトランジションする: 関係者にメールを送信するアクションを追加する

次に、[メールを送信] アクションを設定して、プル リクエストから取り込まれたテンプレート データを関連するメール アドレスに送信するようにします。メールのコンテンツにおいて括弧で囲まれている値は、スマート値ですスマート値 {{pullRequest.title}} は、タイトルを設定するために、プル リクエストからの URL を含めるために使用されます。スマート値の詳細についてご確認ください。[メールを送信] アクションを設定したら、[保存] をクリックして続行します。

ステップ 4: Jira Automation ルールで課題をトランジションする: [メールを送信] アクションを追加する

先に進んでこのルールの名前を入力し、[オンにする] ボタンをクリックします。

最終的なルールの要約は、次のようになるはずです。

プル リクエストのマージで完了にトランジションする: 最終的なルールの要約

これで、Jira 課題を作成してマージされたプル リクエストで課題を参照すると、このルールがトリガーされるようになりました。監査ログにアクセスして動作を確認し、エラーを診断しましょう。今後、他のルールを構築する場合は、Automation テンプレート ライブラリで、その他の何百ものルールをご確認いただけます。

Kev Zettler
Kev Zettler

Kev はフル スタック Web 開発者のリーダーであり、10 年以上もアジャイル手法で製品やチームを構築する経験を持つシリアル アントレプレナーです。DevOps、仮想通貨、VR/AR などの新たなオープン ソース技術に熱心に貢献し、それについて著書を執筆し、教育を行っています。時間がある時には、インディーズ ゲーム開発ジャムに参加しています。


この記事を共有する
次のトピック

おすすめコンテンツ

次のリソースをブックマークして、DevOps チームのタイプに関する詳細や、アトラシアンの DevOps についての継続的な更新をご覧ください。

DevOps のイラスト

DevOps コミュニティ

DevOps のイラスト

シミュレーション ワークショップ

マップのイラスト

無料で始める

DevOps ニュースレター購読

Thank you for signing up