Close

ふりかえり

うまくいったこと、うまくいかなかったこと、その理由をじっくり検討して、チームワークを改善する方法を特定します。数週間おきに、またはプロジェクト マイルストーンの終了時に、チームと共にふりかえりを実施することをお勧めします。

鉛筆のアイコン
準備時間
15 分
時計のアイコン
実行時間
60 分
つながった人々のアイコン
人数
4 - 8 名
ふりかえりに基づいてコラボレーションしている人形

ふりかえり

うまくいったこと、うまくいかなかったこと、その理由をじっくり検討して、チームワークを改善する方法を特定します。数週間おきに、またはプロジェクト マイルストーンの終了時に、チームと共にふりかえりを実施することをお勧めします。

ふりかえりに基づいてコラボレーションしている人形
鉛筆のアイコン
準備時間
15 分
ストップウォッチのアイコン
実行時間
60 分
つながった人々のアイコン
人数
4 - 8 名

ふりかえり

うまくいったこと、うまくいかなかったこと、その理由をじっくり検討して、チームワークを改善する方法を特定します。数週間おきに、またはプロジェクト マイルストーンの終了時に、チームと共にふりかえりを実施することをお勧めします。

鉛筆のアイコン
準備時間
15 分
ストップウォッチのアイコン
実行時間
60 分
つながった人々のアイコン
人数
4 - 8 名
ふりかえりに基づいてコラボレーションしている人形

ふりかえりの実施

オフサイトでのふりかえりからのチームの付箋。

このチームは、Confluence を使用してふりかえりの会話をまとめました。

Trello を使用した Zoom でのふりかえり。基本ルールを設定し、意見を追加し、議論を導きます。

前提条件

リモート

画面共有を使用したビデオ会議

デジタル コラボレーション ツール (テンプレートを参照)

対面

ミーティング スペース

ホワイトボードまたは大きな用紙

マーカー

付箋紙

タイマー

オプションのテンプレート

アトラシアンテンプレート

このプレイを実行するための手順説明

1. 準備 15 分

リモート チームの場合は、Confluence ページや Trello ボードなど、新しいコラボレーション ドキュメントを作成することから始めます。ヘルプについては、テンプレート (上記) を参照してください。

対面チームの場合は、ホワイトボードや大きな用紙を探して、会議室に付箋やマーカーを用意します。

ページ、ボード、用紙、またはホワイトボード上に、「うまくいったこと」、「もっとうまくできること」、「アクション」という見出しで 3 つの欄を作成します。

可能であれば、ミーティングを円滑に進めるために中立的な第三者を招きます。これにより、積極的な参加を促すことができ、より多くのインサイトを引き出しやすくなります。

ふりかえり Confluence テンプレート
例: Confluence

このプレイをリモートで実行していますか? この無料のふりかえりテンプレートを使用して、会話を進め、セッションの成果を取り込みます。

2. 準備を整える 5 分

  • 個人的なことは指摘せず、また個人的な指摘として受け取らないようにする
  • 広く意見を受け入れる気持ちで耳を傾ける
  • 全員の経験に価値がある
  • 話し合う対象期間 (最後のスプリント、前四半期、プロジェクト全体など) を設定する
  • 非難するのではなく、改善に焦点を当てる

以前にふりかえりを実行したことがある場合は、前回のテーマとアクションをすばやく見直して、継続する感覚を身につけます。

ヒント: このリストをカスタマイズする

チーム独自のニーズに合わせてルールを変更してください。チームの改善に役立つと思われる内容を追加してください。

ヒント: 安全なスペースを設ける

プレイの後に情報についてどのように話し合うかを定義してください。その情報をリーダーシップと共有しますか? チャタム ハウス ルールを採用することを検討してください。

3. うまくいったこと 15 分

デジタル ホワイトボードまたは物理的なホワイトボードのいずれかを使用して、チームがうまくやったことを各チーム メンバーに、メモごとに 1 つのアイデアとして書き留めてもらいます。メモを貼り付け、類似または重複しているアイデアをグループ化します。チームでアイデアについて簡単に話し合います。

4. もっとうまくできること 10 分

改善できると思われることを、全員に、メモごとに 1 つのアイデアとして書き留めてもらいます。メモを貼り付け、類似または重複しているアイデアをグループ化します。チームでテーマについて話し合います。

ヒント: 全員の発言に耳を傾ける

話し合いを 1 - 2 人が支配している場合、進行役は話し合いを進める前に介入し、他の人に発言を求める必要があります。

5. アクション 10 分

問題がある領域を改善するために実施できるアクションを、全員に、メモごとに 1 つのアイデアとしてブレーンストーミングしてもらいます。

メモを貼り付け、類似または重複しているアイデアをグループ化します。各アイデアについてチームで話し合い、必要に応じてこれらのアクションと期限に所有者を割り当てます。

ヒント: ワークフローを更新する

Jira 課題に対応しているアクション項目がある場合は、ページにその課題へのリンクを追加して、状況をすぐに確認できるようにしてください。

スタンドアップ、または週次のチーム状況の更新にかかわらず、ふりかえりから得たアクションを日々の作業に組み込みます。


フォローアップ

課題の成果

フォローアップ タスクは完了しましたか? 忘れていませんか? 問題の根本原因にたどり着きましたか? さまざまなアクティビティによって深く掘り下げられましたか? ふりかえりはカスタマイズできます。独自の方法を構築しましょう。

その他のパターン

過去 2 か月間のマップ

過去 2 か月間のタイムラインを作成し、チーム メンバーに重要なイベントを挙げてもらいます。プレイの開始時にこれを行うと、全員の記憶を呼び起こし、準備を整えやすくなります。

丸を付けて投票する

「アクション」カテゴリに多くのアイデアが出てきた場合は、すぐに優先すべきアイデアに投票します。

Trello を使用している場合は、チーム メンバーに、自分の顔をカードに追加することによって、リストの上部に表示する 3 つのアイデアに投票してもらいます (ショートカット: マウス ポインタ + スペース)。上位に投票された項目の所有者を選択します。

対面ミーティングの場合、全員がマーカーを持って、上位 3 つの優先項目に丸を付けます。丸の数を集計し、上記と同じ手順に従います。

Trello での投票用 Power-Up の強調表示
丸を付けて投票する

提案されるアイデアに関して合意を形成する必要がある場合は、丸を付けて投票し、会話を導きます。


人の集団のイラスト

その他のご質問がある場合は、

他の Atlassian Team Playbook のユーザーと会話を開始したり、サポートを受けたり、フィードバックを提供したりできます。

人の集団のイラスト

その他のご質問がある場合は、

他の Atlassian Team Playbook のユーザーと会話を開始したり、サポートを受けたり、フィードバックを提供したりできます。

他のプレイを確認する

ニュースレター登録のイラスト
ニュースレター登録のイラスト

私たちのチームからあなたのチームへ

毎月のニュースレターで最新のプレイ、ヒント、コツについて最新情報を入手できます。

Thanks!