Close

プレモーテム

良いことも悪いことも、プロジェクトで起きる可能性があることについて考え、計画を立ててから始めます。

鉛筆のアイコン
準備時間
10 分
ストップウォッチのアイコン
実行時間
60 分
つながった人々のアイコン
人数
3 - 11 名
ロードマップ

プレモーテム

良いことも悪いことも、プロジェクトで起きる可能性があることについて考え、計画を立ててから始めます。

ロードマップ
鉛筆
準備時間
10 分
ストップウォッチのアイコン
実行時間
60 分
つながった人々のアイコン
人数
3 - 11 名

プレモーテム

良いことも悪いことも、プロジェクトで起きる可能性があることについて考え、計画を立ててから始めます。

鉛筆のアイコン
準備時間
10 分
ストップウォッチのアイコン
実行時間
60 分
つながった人々のアイコン
人数
3 - 11 名
ロードマップ

プレモーテム実施中

このソフトウェア開発チームは、Trello を使用して会話をキャプチャするプレモーテム プレイを Zoom で実行しています。

このパッケージ商品チームは、Confluence を使用して Zoom でプレモーテムを実行し、製品の発売を準備しています

対面プレモーテム プレイのクリエイティブ チームの付箋です。

前提条件

リモート

画面共有を使用したビデオ会議

ユーザー マニュアル (テンプレートを参照)

対面

ミーティング スペース

ホワイトボードまたは大きな用紙

付箋紙

マーカー

タイマー

オプションのテンプレート

このプレイを実行するための手順説明

1. 準備 5 分

リモート チームの場合は、Trello ボードや Confluence ページなど、コラボレーション ドキュメントを作成することから始めます。必要に応じて提供されたテンプレートを使用したり、独自のテンプレートを作成したりできます。

対面チームの場合は、ホワイトボードや大きな用紙、付箋紙、マーカー、会議室を探します。

デジタル ドキュメント、用紙、またはホワイトボードに、次のヘッダーを持つ列を追加します。

  • 締め切りを逃す原因は何が考えられますか?
  • どのようにプロジェクトの時間を守りますか?
  • 私たちが持っていないもので、このプロジェクトに必要なものは何ですか?
  • このプロジェクトに必要なもので、私たちがすでに持っているものは何ですか?
  • 過去のプロジェクトからどのような教訓を学びましたか?
  • 心配なことは何ですか?
  • わくわくしていることは何ですか?
  • 話し合う
ヒント: カスタマイズ

創造的な質問は、創造的な答えを導き出します。「[QA リード] の安眠を妨げるものは何ですか?」または「[CEO] が聞きたくないことは何ですか?」を試してみてください

ヒント: 定量化する

コストや時間など、潜在的なリスクに関連する定量的なデータがある場合は、そのデータをリスクに追加します。

2. 準備を整える 5 分

チームに次の点を考慮してもらい、ミーティングを開始します。

  • このプロジェクトでは何がうまくいかない可能性がありますか?
  • このプロジェクトでは何がうまくいく可能性がありますか?
  • ミーティングの目標は、このプロジェクトにのみ重点を置くことです。

3. ブレーンストーミング 10 分

チームに 10 分間与えて、コラボレーション ドキュメントまたは各質問の下に配置された付箋に回答を黙って書いてもらいます。

Trello ボード
例: 回答

以前のプロジェクトから学んだ教訓をあるチームがどのように捉えているかをご覧ください。

4. 類似するアイデアをグループにまとめる 5 分

チームとして連携して、類似するアイデアをリストに統合します。

Trello ボード
例: グループ化

このチームは Trello ボードにリストを追加で作成して、回答をカテゴリにグループ分けしました。

5. 脅威 5 分

次に、参加者にプロジェクトにとって最大の脅威となるボード上のカードや付箋に投票してもらいます。

各チーム メンバーに投票権を 3 票与えます。3 票すべてを 1 枚のカードで使用するか、1 枚のカードに 2 票、別のカードに 1 票、または 3 枚の異なるカードに 1 票ずつを使用できることを参加者に知らせます。

ヒント: 丸

対面チームの場合は、チーム メンバーに付箋に丸印を付けて投票を表してもらいます。

6. 成功 5 分

次に、参加者にプロジェクトに対して順調に進んでいてプロジェクトの成功の鍵を表すボード上のカードや付箋に、投票してもらいます。

各チーム メンバーに投票権を 3 票与えます。3 票すべてを 1 枚のカードで使用するか、1 枚のカードに 2 票、別のカードに 1 票、または 3 枚の異なるカードに 1 票ずつを使用できることを参加者に知らせます。

7. 話し合う 25 分

投票数が最も多い 3 つのトピックを、「話し合う」列に移動します。

一番上から始めて、タイマーを 10 分に設定します。この 10 分でリスクについて話し合って、リスクを緩和するためのアクション アイテムを少なくとも 1 つ挙げます。

次のカードに進んで、3 枚のカードすべてについて話し合うまで繰り返します。

ヒント: 自分のものにしましょう

アクション アイテムに所有者と期限を割り当てると、完了する可能性が高くなります。

ヒント: 最適なケース

話し合いの間、「このリスクのリターンは何ですか?」と聞いてみてください。成功することを想像することで、計画を成功へ導きます。

8. アクション 5 分

チームがコミットしているアクション アイテムを要約します。各アクションに所有者と期限があることを確認してください。


フォローアップ

保存する

プレモーテム ディスカッションとアクション アイテムをチームの Confluence スペースやその他のファイル共有スペースに保存して、チームや関係者が簡単に見つけられるようにします。

アクション アイテムを追跡する

Jira などのアクション アイテムをプロジェクト ボードに追加して、進捗を追跡します。

再確認する

プレモーテム ドキュメントを定期的に再確認して、プロジェクトのリスクを認識して積極的に取り組んでいることを確認します。

その他のパターン

グローバルに配信

異なるタイム ゾーンで作業しているチームの場合は、プレモーテムを非同期で完了するための期限を記載したコラボレーション ドキュメントを、チームに送信します。チームに質問へ回答させて、トピックにタグを付けてさらに話し合いを行い、サインアップして特定のタスクを完了してもらいます。

スクラム チーム

スクラム チームはスプリントのスプリント バックログを構築している際に、スプリント計画中に別のバージョンのプレイを実行できます。これによって、コミットメントが行われる前に、スプリントを妨げる可能性のあるものが話し合われます。


人の集団のイラスト

その他のご質問がある場合は、

他の Atlassian Team Playbook のユーザーと会話を開始したり、サポートを受けたり、フィードバックを提供したりできます。

その他のご質問がある場合は、

他の Atlassian Team Playbook のユーザーと会話を開始したり、サポートを受けたり、フィードバックを提供したりできます。

他のプレイを確認する

ニュースレター登録のイラスト
ニュースレター登録のイラスト

私たちのチームからあなたのチームへ

毎月のニュースレターで最新のプレイ、ヒント、コツについて最新情報を入手できます。

Thanks!