Close

チームのコラボレーションとインクリメンタルなデリバリーは、スクラム ボードで始まります。

スクラムのフレームワークを使うことで、ソフトウェアチームはコラボレーションの文化を生み出し、複雑なプロジェクトを管理できるようになります。Jira Scrum Board は、チームを 1 つのゴールのもとに団結させ、反復的かつ漸進的なデリバリーを促進します。

スクラムボードのイラスト

Jira Scrum Board で、サイロ化した組織を結束させる。

スクラムがチームやチームの役割、イベント、作成物、規則の指針を示すフレームワークだとすれば、Jira スクラム ボードは開発サイクルにおける進捗を目に見える形で示すものです。タスク ボードをはるかに凌ぐ Jira スクラム ボードの機能には、次のようなものがあります。

アイコン

コミュニケーションを活発にし、透明性を高める。

Jira スクラム ボードは、チームが成し遂げるべきすべての業務に関する、信頼できる唯一の情報源です。チーム メンバーは誰でも好きなときにアクセスできるため、全員がやるべきことを明確に理解してブロッカーをすぐに特定できます。

アイコン

スプリントプランニングと イテレーティブな開発を促進する。

スクラムのフレームワークでもっとも重要なのがスプリントです。スプリントとは、チームがリリース可能なプロダクトインクリメントを作るために指定された期間 (一般的には 2 週間) のことです。Jira Scrum Board は、チームがスプリントの期間に作業をまとめられるよう設計されています。

アイコン

チームの目的意識と 組織を向上させる。

能力を超えた作業量を割り当てられると、チームはプロジェクトの期限を守れなかったり、主要なマイルストーンを忘れてしまったりします。Jira Scrum Board は作業を段階ごとに分割し、バーンダウンとベロシティレポートを使ってチームの作業に透明性をもたらします。

Jira ボード
Jira ボード
Jira ボード

Jira Scrum Board をすべてのチームに。

Jira スクラム ボードはアジャイル手法を実践する高度な技術チームに最も適していますが、どのような種類のチームもスクラムのキー コンセプトを利用して、Jira スクラム ボードを使ってプロジェクトを円滑に管理できます。アイデアをいくつかご紹介します。

アイコン

ソフトウェア開発

方法論について考えるとき、主に方法論を採用しているのは、コードをビルドしてリリースするソフトウェア チームだとほとんどの人が思います。それは本当です。Jira スクラム ボードと併用すると、チームはコード コミット、ブランチ、プル リクエスト、デプロイ ステータスなどの情報もすべて一目で確認できます。

アイコン

マーケティング

マーケティング担当者は、製品の発売やイベントなど、複数のチームとスキル セットが関わる広範で複雑なプロジェクトを管理します。Jira スクラム ボードは Web の開発、アセットやコンテンツの作成、デザインの要求などに関する作業を分割するのに非常に適しているので、あらゆるプロジェクトを時間どおりに開始できます。

アイコン

業務・人事

人員の採用や配置、会社の最新情報の従業員への伝達は本来、内部向けのマーケティング プロジェクトです。Web サイトの就職情報や企業情報を更新する、内部コミュニケーション用の配付資料を作るときなど、Jira スクラム ボードは個々のプロジェクトの進捗状況を追うのにとても優れたツールです。

Jira Software には、スクラム チームがこのようなイベントを容易に実行できるように包括的なアジャイル機能が用意されています。

知っておくべきキーワードとキーコンセプト

Jira スクラムボードになじみのない方は、始める前にいくつかの用語に慣れておきましょう。用語集の完全版はこちらをご覧ください。

キーのイラスト

スプリント

スプリントとは、チームが一定量の作業を完了させる際の短く区切られた期間を指します。この間に、「完成」した利用可能でリリース可能な製品のインクリメントが作成されます。Jira Software でスプリントを使用する方法をご覧ください

バックログ

スクラムでは、バックログはプロダクト所有者が所有します。プロダクト バックログとは、ロードマップに基づいて開発チームが行う作業に優先順位を設定したリストです。プロダクト バックログには、機能、欠陥、追加機能、行うべき試験が含まれます。各項目には説明、ランク、規模の見積もり、価値があります。

ユーザー ストーリー

バックログの項目はストーリーとして記述できます。ユーザー ストーリーは、ソフトウェアの機能をユーザーや顧客の観点から、一般的な言葉で説明します。ソフトウェアの機能がどのように価値を提供するか示すことを目的としています。

課題

ユーザー ストーリーとしても知られています。Jira スクラム ボードでは、課題には作業の 1 項目に関するすべてのタスク、従属関係、関連情報があります。

エピック

エピックは多くの作業量を必要とします。エピックは基本的に大きなユーザー ストーリーで、いくつかの小さなストーリーに分割できます。1 つのエピックを完了するために、数個のスプリントが必要になる場合があります。Jira Software でのエピックの使用方法をご覧ください

スイムレーン

スイムレーンとは、Jira スクラム ボードで課題を分類する手段です。これによって、アジャイル チームがユーザーなどのさまざまな基準によってグループ化された課題を、簡単に確認できるようになります。

アプリで Jira Software を拡張

Marketplace のアプリと拡張機能で、Jira カンバン ボードを強化しましょう。

Atlassian 構築のロゴ
Marketplace アプリと拡張機能のロゴ

Jira Software でアジャイルを学び、スクラムの達人になりましょう

基本が身についたら、こちらのチュートリアルをチェックして、Jira Software でスクラムを学びましょう。

アジリティをさらに追加して、すべてをアジャイルに

Jira Software はソフトウェア開発のあらゆるアジャイル手法に対応しています

Jira ボードのアイコン

スクラム

Jira バックログのアイコン

カンバン

アジャイルのアイコン

混合手法

ワークフローの図

大規模アジャイル

今すぐ Jira Software で最初のスクラム ボードを作成しましょう