Close

8 月 4 日から始まる、毎週 20 分間のエピソードでチームのコラボレーションを改善する方法をご覧ください。無料登録はこちら →

カテゴリー

スプリント計画ミーティング テンプレート

著者: Jira

スプリントの目標を設定し、チームのキャパシティを計画し、各スプリントを効果的に開始する

テンプレートを使用する
スプリント計画ミーティング テンプレート

スプリントはチームを作ることも壊すこともできます。アジャイル プロセスの基盤を提供し、プロジェクトのマイルストーンの達成を支援します。スプリント計画ミーティング テンプレートを使用して体系化し、チームの期待値を設定します。このテンプレートを使用すると、スプリントの目標を定義し、実行の計画を立てることができます。

スプリント計画ミーティング テンプレートの使用方法

ステップ 1. 前のミーティングをクローズする

スプリント計画ミーティングは、前回のスプリントにおける未解決の問題のフォローアップから開始します。ストーリー ポイントをレビューし、完了したことや新しいスプリントで引き継ぐべきことを記録するためにテンプレートを使用します。達成したことのレビューが完了したら、現在のスプリントの目標を示します。

ステップ 2. スプリントの目標を共有する

チームとして、スプリントの間に何を達成するかを決定します。テンプレートを使用して、スプリントのテーマと目標に向けてチームの足並みをそろえます。定義、ガイドライン、スプリント中にチームが効率的に作業するのに必要なその他のリソースを含めてください。

ステップ 3. チームのベロシティを示す

チームが仕事を開始する前に、チームのベロシティを示す必要があります。ベロシティ レポートやその他の関連ドキュメントへのリンクをテンプレートに含めます。これにより、チームは各メンバーの貢献方法やスプリント中に完了すべき作業の量について理解することができます。

ステップ 4. チームのキャパシティを計画する

チームがベロシティを理解したら、チームのキャパシティを計画する準備が整いました。まず、Jira レポートとキャパシティ グラフをテンプレートに添付します。次に、スプリントのタスクと目標を計画して優先順位を付けながら、各チーム メンバーのキャパシティを確認します。テンプレートを使用して潜在的なリスクを記録し、フォローアップすることもできます。これにより、今後のスプリントに備えて、必要なものがすべて 1 か所にそろいます。

ステップ 4. チームのキャパシティを計画する

Jira は、アジャイル チームの利用実績 No.1 ソフトウェア開発ツールです。Jira Software は、ソフトウェア チームの誰もがすばらしいソフトウェアを計画、追跡、リリースできるよう設計されています。

  • AWS architecture diagram template

    Lucidchart

    AWS アーキテクチャ図

    インフラストラクチャを視覚化し、弱点と改善点をより正確に特定します。

  • DevOps runbook template

    アトラシアン

    DevOps ランブック

    運用チームが素早くシステム アラートや障害に対応できるよう準備します。

  • DevOps change management template

    アトラシアン

    DevOps 変更管理

    このテンプレートを使用して変更管理パフォーマンスを評価し、リスクを軽減します。