Close

ソフトウェア開発を管理する

ソフトウェアを開発し、Confluence でチームと効率的にコラボレーションをします。


このコレクションについて

エンジニアリング マネージャーは、計画のデプロイの他にも多くの仕事があります。競争が激化する市場では、企業は最高品質かつ最低コストのソフトウェアを最短時間で生産する必要があります。マネージャーは、長期的なマイルストーンを追跡する必要があるだけでなく、業績の急激な変化や障害にもすぐに対応する必要があります。テンプレートのコレクションを使用すると、チームでスマートに作業しながら、ソフトウェア開発を常に追跡できます。

ソフトウェア開発を管理する

このコレクションの使用方法

Project poster template

アトラシアン

プロジェクトポスター

このテンプレートを使用して問題を定義し、解決策を提案して、実行の準備を進めます。

ステップ 1. 戦略を開発する

プロジェクト ポスター テンプレートで、目標を実行可能な戦略に転換します。新プロジェクトの評価とキックオフに際して、テンプレートを使ってチームの製品マネージャーとともに、仮定の検証、ソリューションの視覚化ができます。シンプルな方法でプロジェクトのスコープを見積もり、実施を計画しながら、戦略が立てられます。

テンプレートを表示する →
Product requirements template

アトラシアン

製品要件

製品または機能の要件を定義、追跡してスコープを設定します。

ステップ 2. 機能の優先順位付けを行う

チームがプロジェクトのスコープと目標を設定したら、戦略を具体策に変える準備が整いました。製品要件テンプレートを使用して、要件の定義、調整、優先順位付けを行います。チームと協力して Jira 課題を作成し、ソフトウェア開発の準備中にタスクを割り当てることができます。

テンプレートを表示する →
Sprint planning meeting template

Jira

スプリント計画ミーティング

スプリント計画ミーティングを簡単に組織し実行します。

ステップ 3. ソフトウェアを構築する

実行に移しましょう。戦略と要件を設定したら、ソフトウェアの開発とプロジェクトの目標達成を開始できます。プロダクト マネージャーと協力して、各スプリントを効率的に計画します。スプリント ミーティング テンプレートを使用すると、以前のスプリントのパフォーマンスと現在のスプリントの目標とキャパシティをチームに通知できます。

テンプレートを表示する →
Incident communication template

Statuspage

インシデントコミュニケーション

このテンプレートを使用して、問題が発生した場合の対応方法のガイドを作成します。

ステップ 4. ローンチの準備をする

インシデントを避けることはできませんが、前もって準備しておくことは可能です。新しい製品の提供を開始する前に、このテンプレートを使用してインシデント コミュニケーション計画を作成します。インシデントにおける役割とコミュニケーション チャネルを設定すれば、どのような障害にも即座に対応できます。

テンプレートを表示する →
Incident postmortem template

OpsGenie

インシデントの事後分析

インシデントの原因と影響を記録し、インシデントが将来発生する可能性を減らします。

ステップ 5. 結果から学ぶ

万全の策でさえ、完璧な結果をもたらしません。インシデントを解決したら、エンジニアリング チームと協力して、インシデントの事後分析テンプレートを作成します。パターンと原因を特定することで、ソフトウェアの更新を戦略的に計画して、将来の問題を防ぐことができます。

テンプレートを表示する →